Malignant Hyperthermia Plan





麻酔計画


 悪性高熱症の既往を有する患者に対する麻酔計画を周術期の各時期別に取り扱う。
 これらはあくまでも参考であり、施設・患者の全身状態などにより適切な計画を立てるべきである。





MHホーム




周術期別麻酔計画


  1. 手術前

  2. 麻酔中

  3. 術後





MHホーム










手術前の計画

  1.  患者管理:安静を保つ。

  2.  前投薬:ダントロレンの投与は必ずしも必要ではないが、静注用のものを手元に置いておく。

     経口ダントロレンは5-80 mg/kgを麻酔導入4時間前と直前に内服、あるいは静注用ダントロレン2-3 mg/kgを麻酔導入直前にゆっくり(10ー15分かけて)静脈内に点滴注入する。

  3.  麻酔器、器材、薬品:麻酔器を純酸素で十分に洗いながしておく。特にソーダライムの交換は忘れないようにする。麻酔回路は新しいものを使用する。全身冷却のための準備をする(冷却した輸液剤、冷却装置など)。安全な薬物、誘発薬物のチックリストを周知徹底させ、よく見える所に貼っておく。

周術期別麻酔計画に かえる

MHホーム






麻酔中の計画

  1.  患者管理:安静、鎮痛を十分にする。

  2.  全身麻酔:
     NLA(フェンタネスト・モルヒネなど麻薬類。ドロペリドール・ジアゼパム・ミダゾラム・バルビツレートなど。)
     非脱分極性筋弛緩薬(ベクロニウム・パンクロニウムなど)

  3.  部分麻酔、局所麻酔:禁忌とはならない
     局所麻酔薬はアミド型でも臨床使用濃度であれば問題はないとされる。

     特に安静、鎮静を得ることが必要である。

  4.  その他の薬物:アミノフィリンの使用にはモニター下での使用が望まれる。

     ほとんどの薬物に関して、臨床使用濃度であれば、問題となるものは無いとされる。

  5.  モニター:呼気二酸化炭素濃度(分圧)測定、体温測定装置(できれば原理の異なる2種類が望ましい)、他は通常の全身麻酔時に用いられるモニターを準備しておく。

  6.  静注用ダントロレン:少なくとも2-3 mg/kg投与できるだけの準備は必要である。(安全な薬物を使用しているので、発症する危険性は無いはずである。念のために用意するべきであろう。)

     溶解するための滅菌した蒸留水:1バイアル(ダントロレン20mg)当たり60 ml必要である。


周術期別麻酔計画に かえる

MHホーム






術後の計画

  1.  患者管理:余裕があれば、一晩ICUに入室させる。安静、鎮痛(術後鎮痛)を十分にする。

     通常の手術であれば、必ずしもICU収容は必要でない。

  2.  モニター:頻繁に体温の監視。(術後何らかの原因で発症することも念頭に入れておく。)

     抜管していても鼻腔カテーテルから呼気二酸化炭素濃度(分圧)を監視できれば理想であるが、必須のモニターではない。


麻酔計画に かえる

MHホーム







Return to JapaneseEnglish
Malignant Hyperthermia悪性高熱症ホームMH Home