糖尿病の自覚症状として、口渇, 多飲, 多尿, 体重減少, 全身倦怠感などがよく知られていますが、
  実際にはこれらの症状を伴わないことがほとんどです。

  しかし、症状がないからといって治療もせずに放置すると、やがては慢性合併症を

  併発してきます。
  糖尿病慢性合併症には失明, 人工透析, 足壊疽, 心筋梗塞,脳梗塞など、どれも楽観視することの
  できない病気が多いのです。

  そこで自覚症状がないのはむしろ治療の好機と捉え、この時期に糖尿病について良く知り、

  慢性合併症から身を守る方法を身につけることが大切です。
  糖尿病と診断された患者さんを対象に、入院をして診療を行うのがこのプログラムです。
  入院期間中に集中的に糖尿病についての知識と理解を深め、その後の治療指針を立てるための
  とても有効な方法です。

  また、教育入院のアフターケアとして、外来通院に加えて糖友会の様々なイベントに

  参加することも有意義です。
 

 対象  
    1. 新たに糖尿病と診断された方
  2. 糖尿病についてもっと良く知りたい方

 スケジュール  
    ・ 入院日は月曜日の午前中です。
  ・ 退院日はその週の日曜日となることが一般的です。
  ・ 1週間のなかで下記についてのレクチャーがあります。
    (月曜日) (1) オリエンテーション  (2) 運動療法について
    (火曜日) (1) 糖尿病とはなにか  (2) 自己血糖測定について
    (水曜日) (1) 食事療法について  (2) 合併症について
    (木曜日) (1) 糖尿病のお薬  (2) 日常生活の注意点
    (金曜日) (1) 食事療法(個人面談)  (2) 検査と治療について
    (土曜日) (1) 食事と運動のまとめ  (2) 退院にあたって
    (日曜日) 退院(病状により退院延期となることがあります)

 費用   約75,000円前後です。
 用意していただくもの   
      1. 食品交換表(¥850)
  2. ノート
  3. 筆記用具(食事の記録、講義の記録用として。)
  4. 運動靴
    (運動療法実施用として。なるべく履きなれた運動靴をご用意ください。)
  5. A4ファイル(教育用プリントを保管していただく為のものです。)
  6. カメラ(食事を撮影するため。)

  ご不明な点は遠慮なく担当医もしくは医局までご質問ください。
  E-MAIL:endodiab@saitama-med.ac.jp