タブをクリックしてご覧ください。

2018年

Uchida J, Oikawa Y, Katsuki T, Takeda H, Shimada A, Kawai T: Insulin degludec overdose may lead to long-lasting hypoglycaemia through its markedly prolonged half-life. Diabet Med 35:277-280,2018

2017年

Ueki K, Sasako T, Okazaki Y, Kato M, Okahata S, Katsuyama H, Haraguchi M, Morita A, Ohashi K, Hara K, Morise A, Izumi K, Ishizuka N, Ohashi Y, Noda M, Kadowaki T: Effect of an intensified multifactorial intervention on cardiovascular outcomes and mortality in type 2 diabetes (J-DOIT3): an open-label, randomised controlled trial. Lancet Diabetes Endocrinol 5:951-964,2017

Awata T, Shimada A, Maruyama T, Oikawa Y, Yasukawa N, Kurihara S, Miyashita Y, Hatano M, Ikegami Y, Matsuda M, Niwa M, Kazama Y, Tanaka S, Kobayashi T: Possible Long-Term Efficacy of Sitagliptin, a Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor, for Slowly Progressive Type 1 Diabetes (SPIDDM) in the Stage of Non-Insulin-Dependency: An Open-Label Randomized Controlled Pilot Trial (SPAN-S). Diabetes Ther 8:1123-1134,2017

Ito D, Shimizu S, Inoue K, Saito D, Yanagisawa M, Inukai K, Akiyama Y, Morimoto Y, Noda M, Shimada A: Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients with Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial. Diabetes Care 40:1364-1372,2017

Sakai G, Inoue I, Suzuki T, Sumita T, Inukai K, Katayama S, Awata T, Yamada T, Asano T, Katagiri H, Noda M, Shimada A, Ono H: Effects of the Activation of Three Major Hepatic Akt Substrates on Glucose Metabolism in Male Mice. Endocrinology 158:2659-2671,2017

Kabeya Y, Uchida J, Toyoda M, Katsuki T, Oikawa Y, Kato K, Kawai T, Shimada A, Atsumi Y, Higaki M: Factors affecting consultation length in a Japanese diabetes practice. Diabetes Res Clin Pract 126:54-59,2017

Ito D, Ikuma-Suwa E, Inoue K, Kaneko K, Yanagisawa M, Inukai K, Noda M, Shimada A: Effects of Ipragliflozin on Diabetic Nephropathy and Blood Pressure in Patients with Type 2 Diabetes: An Open-Label Study. J Clin Med Res 9:154-162,2017

Teramoto Y, Nakamura Y, Asami Y, Imamura T, Takahira S, Nemoto M, Sakai G, Shimada A, Noda M, Yamamoto A: Case of type 1 diabetes associated with less-dose nivolumab therapy in a melanoma patient. J Dermatol 2017;44(5):605-606.

Yamamoto-Honda R, Takahashi Y, Mori Y, Yamashita S, Yoshida Y, Kawazu S, Iwamoto Y, Kajio H, Yanai H, Mishima S, Handa N, Shimokawa K, Yoshida A, Watanabe H, Ohe K, Shimbo T, Noda M: Changes in Antidiabetic Drug Prescription and Glycemic Control Trends in Elderly Patients with Type 2 Diabetes Mellitus from 2005-2013: An Analysis of the National Center Diabetes Database (NCDD-03). Intern Med ,2017

Narita S, Saito E, Sawada N, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Sasazuki S, Noda M, Inoue M, Tsugane S: Coffee Consumption and Lung Cancer Risk: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study. J Epidemiol ,2017

Kanamori K, Ihana-Sugiyama N, Yamamoto-Honda R, Nakamura T, Sobe C, Kamiya S, Kishimoto M, Kajio H, Kawano K, Noda M: Postprandial Glucose Surges after Extremely Low Carbohydrate Diet in Healthy Adults. Tohoku J Exp Med 243:35-39,2017

Ideno Y, Hayashi K, Abe Y, Ueda K, Iso H, Noda M, Lee JS, Suzuki S: Blood pressure-lowering effect of Shinrin-yoku (Forest bathing): a systematic review and meta-analysis. BMC Complement Altern Med 17:409,2017

Imai H, Furukawa TA, Hayashi SU, Goto A, Izumi K, Hayashino Y, Noda M: Risk perception, self-efficacy, trust for physician, depression, and behavior modification in diabetic patients. J Health Psychol 1359105317718057,2017

Katanoda K, Noda M, Goto A, Mizunuma H, Lee JS, Hayashi K: Impact of birth weight on adult-onset diabetes mellitus in relation to current body mass index: The Japan Nurses' Health Study. J Epidemiol 27:428-434,2017

Akter S, Kurotani K, Sato M, Hayashi T, Kuwahara K, Matsushita Y, Nakagawa T, Konishi M, Honda T, Yamamoto S, Hayashi T, Noda M, Mizoue T: High Serum Phospholipid Dihomo-gamma-Linoleic Acid Concentration and Low Delta5-Desaturase Activity Are Associated with Increased Risk of Type 2 Diabetes among Japanese Adults in the Hitachi Health Study. J Nutr 147:1558-1566,2017

Tsujimoto T, Sugiyama T, Shapiro MF, Noda M, Kajio H: Risk of Cardiovascular Events in Patients with Diabetes Mellitus on beta-Blockers. Hypertension 70:103-110,2017

Akter S, Nanri A, Mizoue T, Noda M, Sawada N, Sasazuki S, Tsugane S: Dietary acid load and mortality among Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr 106:146-154,2017

Nanri A, Mizoue T, Shimazu T, Ishihara J, Takachi R, Noda M, Iso H, Sasazuki S, Sawada N, Tsugane S: Dietary patterns and all-cause, cancer, and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: The Japan public health center-based prospective study. PLoS One 12:e0174848,2017

Goto A, Noda M, Goto M, Yasuda K, Mizoue T, Yamaji T, Sawada N, Iwasaki M, Inoue M, Tsugane S: Plasma adiponectin levels, ADIPOQ variants, and incidence of type 2 diabetes: A nested case-control study. Diabetes Res Clin Pract 127:254-264,2017

Ikeda N, Nishi N, Noda H, Noda M: Trends in prevalence and management of diabetes and related vascular risks in Japanese adults: Japan National Health and Nutrition Surveys 2003-2012. Diabetes Res Clin Pract 127:115-122,2017

Yamamoto-Honda R, Takahashi Y, Mori Y, Yamashita S, Yoshida Y, Kawazu S, Iwamoto Y, Kajio H, Yanai H, Mishima S, Handa N, Shimokawa K, Yoshida A, Watanabe H, Ohe K, Shimbo T, Noda M: A positive family history of hypertension might be associated with an accelerated onset of type 2 diabetes: Results from the National Center Diabetes Database (NCDD-02). Endocr J 64:515-520,2017

Ihana-Sugiyama N, Yamamoto-Honda R, Sugiyama T, Tsujimoto T, Kakei M, Noda M: Cross-Over Study Comparing Postprandial Glycemic Increase After Addition of a Fixed-Dose Mitiglinide/Voglibose Combination or a Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor to Basal Insulin Therapy in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus. Med Sci Monit Basic Res 23:36-44,2017

Takahashi E, Unoki-Kubota H, Shimizu Y, Okamura T, Iwata W, Kajio H, Yamamoto-Honda R, Shiga T, Yamashita S, Tobe K, Okumura A, Matsumoto M, Yasuda K, Noda M, Kaburagi Y: Proteomic analysis of serum biomarkers for prediabetes using the Long-Evans Agouti rat, a spontaneous animal model of type 2 diabetes mellitus. J Diabetes Investig 8:661-671,2017

Akter S, Nanri A, Kuwahara K, Matsushita Y, Nakagawa T, Konishi M, Honda T, Yamamoto S, Hayashi T, Noda M, Mizoue T: Circulating ferritin concentrations and risk of type 2 diabetes in Japanese individuals. J Diabetes Investig 8:462-470,2017

Oikawa Y, Shimada A, Awata T, Fukui T, Ikegami H, Imagawa A, Kajio H, kawabata Y, kawasaki E, Miura j, Osawa H, Takahashi K, Tanaka S, Uchigata Y, Yasuda H, Yasuda K, Hanafusa T, Kobayashi T, Research Committee on Type 1 Diabetes of the Japan Diabetes Society: Clinical features of cases of seroconversion of anti-glutamic acid decarboxylase antibody during the clinical course of type 2 diabetes: a nationwide survey in Japan. Diabetol Int 8:306-315,2017

Satoh H, Ohira T, Moriya C, Inoue I, Kuribayashi S, Seino H, Hirai H, Hiyoshi T, Watada H: Effects of linagliptin vs. voglibose on daily glucose excursions during continuous glucose monitoring of Japanese type 2 diabetes patients (L-CGM): A randomized, open-label, two-arm, parallel comparative trial. Diabetes Metab 43:550-553,2017

Inoue I, Kubota R, Yanagi S, Akita M, Nakano T, Katayama S, Shimada A, Noda M. The new molecular entity evolocumab, one kind of PCSK9 inhibitor, reduce plasma small size LDL-cholesterol levels by using a new standardized method of measuring LDL size. Open Journal of Molecular and Integrative Physiology 7:1-23, 2017

Sakai G, Inoue I, Suzuki T, Sumita T, Inukai K, Katayama S, Awata T, Yamada T, Asano T, Katagiri H, Noda M, Shimada A, Ono H. Effects of the activations of three major hepatic Akt substrates on glucose metabolism in male mice. Endocrinology 158:2659-2671, 2017

Sakai G, Shimada A, Saito D, Nakazima R, Hatano M, Noguchi Y, Kurihara S, Katayama S, Inoue I, Noda M. Intrinsic insulin secretion capacity may be preserved by discontinuing anti-PD-1 antibody treatment in “anti-PD-1 antibody-induced” fulminant type 1 diabetes. Journal of Diabetes Investigation. (in press)

Satoh H, Ohira T, Moriya C, Inoue I, Kuribayashi S, Seino H, Hirai H, Hiyoshi T, Watada H. Linagliptin versus Voglibose on Glucose Excursion in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: Effect of Linagliptin on Daily Glucose Excursion in Continuous Glucose Monitoring of Japanese Type 2 Diabetic Patients (L-CGM study): Randomized, Open-Label, 2-Arm Parallel Comparative Trial. Diabates & Metabolism 43:550-553,2017

Gen Mizutani, Yusuke Hikima, Atsushi Satomura, Takujiro Iuchi,Ritsuko Nakajima, Yumi Miyashita, Shigemitsu Yasuda, Yoichi Oikawa, Masashi Isshiki, Ikuo Inoue, Mitsuhiko Noda, Akira Shimada. Administration of thiamazole for Graves’ disease may trigger the onset of type 1 diabetes. Journal of Diabetes Investigation. (in press)

Takanari Nakano; Ikuo Inoue, MD, PhD.; Yasuhiro Takenaka, PhD; Akira Shimada, MD, PhD.; Mitsuhiko Noda, MD, PhD.; Takayuki Murakoshi, MD, PhD."Plant sterol promotes brush border membrane-to-lumen cholesterol efflux in the small intestine" Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition (in press)

Yasuhiro Takenaka1*, Ikuo Inoue2*, Takanari Nakano3, Masaaki Ikeda4, Yoshihiko Kakinuma1, Akira Shimada2, Mitsuhiko Noda. Evaluation of the effect of Teneligliptin on the transcriptional activity of PPARγ in cell-based assay. J Nippon Med Sch (in press)

Akira KUROZUMI1, Yosuke OKADA1, Hiroaki SATOH2, Ikuo INOUE3, Hiroko CHIMORI4, Etsuko AKITA5, Toshihiko SHIRAIWA6, Yoshio FUJITANI2, Tomoya MITA2, Masahiko GOSHO7 and Hirotaka WATADA2. Effects of linagliptin monotherapy compared with voglibose on postprandial lipid profiles in Japanese patients with type 2 diabetes: Linagliptin Study of Effects on Postprandial blood glucose (L-STEP) sub-study 1. Endocrine Journal (in press)

2016年

Pancreatic ductal hyperplasia/dysplasia with obstructive chronic pancreatitis: an
association with reduced pancreatic weight in type 1 diabetes. Diabetologia. 2016
;59(4):865-7.

Shimada A. Autoimmunity as an etiology of fulminant type 1 diabetes. Diabetol Int (2016) 7:104-5.

Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T; Japan Diabetes Society Committee on Type 1 Diabetes Mellitus Research. Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin- Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan. PLoS One. 2016 ;11(5):e0155643.

Tomita M, Kabeya Y, Okisugi M, Katsuki T, Oikawa Y, Atsumi Y, Matsuoka K,
Shimada A. Diabetic Microangiopathy Is an Independent Predictor of Incident Diabetic Foot Ulcer. J Diabetes Res. 2016;2016:5938540.

Ueki K, Sasako T, Kato M, Okazaki Y, Okahata S, Katsuyama H, Haraguchi M, Morita A, Ohashi K, Hara K, Morise A, Izumi K, Ohashi Y, Noda M, Kadowaki T, and the J-DOIT3 Study Group: Design of and rationale for the Japan Diabetes Optimal Integrated Treatment study for 3 major risk factors of cardiovascular diseases (J-DOIT3): a multicenter, open-label, randomized, parallel-group trial. BMJ Open Diabetes Res Care 4(1) Jan 25:e000123, 2016.

Kurotani K, Akter S, Kashino I, Goto A, Mizoue T, Noda M, Sasazuki S, Sawada N,Tsugane S; Japan Public Health Center based Prospective Study Group: Quality of diet and mortality among Japanese men and women: Japan Public Health Center based prospective study. BMJ Mar 22; 352: i1209, 2016.

Goto A, Noda M, Sawada N, Kato M, Hidaka A, Mizoue T, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Sasazuki S, Inoue M, Kadowaki T, Tsugane S; JPHC Study Group: High hemoglobin A1c levels within the non-diabetic range are associated with the risk of all cancers. Int J Cancer Apr 1; 138(7): 1741-53, 2016.

Goto A, Goto M, Terauchi Y, Yamaguchi N, Noda M: Association Between Severe
Hypoglycemia and cardiovascular disease risk in Japanese patients with type 2 diabetes. J Am Heart Assoc Mar 9; 4(3): e002875, 2016.

Nakano T, Inoue I, Takenaka Y,Ono H, Katayama S, Awata T, Murakoshi T. Ezetimibe promotes brush bordermembrane-to- lumen cholesterol efflux in the small intestine. PLoS ONE 11(3): e0152207. doi:10.1371/journal.pone.015220、2016

2015年

Kobayashi T, Aida K, Fukui T, Jimbo E, Shimada A, Mori Y, Fujii T, Yagihashi S.
Tomita M, Kikuchi E, Maeda T, Kabeya Y, Katsuki T, Oikawa Y, Kato K, Ohashi M,
Nakamura S, Oya M, Shimada A. Clinical Background of Patients with Sperm in Their Urinary Sediment. PLoS One. 2015 ;10(9):e0136844.

Kabeya Y, Kato K, Tomita M, Katsuki T, Oikawa Y, Shimada A. Association between
diabetes and increased prevalence of paranasal sinus disease: a cross-sectional study in Japanese adults. J Epidemiol. 2015;25(4):297-302.

Uno K, Yamada T, Ishigaki Y, Imai J, Hasegawa Y, Sawada S, Kaneko K, Ono H, Asano T, Oka Y, Katagiri H: A hepatic amino acid/mTOR/S6K-dependent signalling pathway modulates systemic lipid metabolism via neuronal signals. Nat Commun Aug 13; 6: 7940, 2015.

Mizuno R, Isshiki M, Ono N, Nishimoto M, Fujita T. A High-Salt Diet Differentially Modulates Mechanical Activity of Afferent and Efferent Collecting Lymphatics in Murine Iliac Lymph Nodes. Lymphat Res Biol. 2015,13(2):85-92.

Mizuno R, Isshiki M, Ono N, Nishimoto M, Fujita T. A high salt diet alters pressure-induced mechanical activity of the rat lymphatics with enhancement of myogenic characteristics. Lymphat Res Biol. 2015,13(1):2-9.

Ito D, Iuchi T, Kurihara S, Inoue I, Katayama S, Inukai K. Efficacy and clinical characteristics of liraglutide in japanese patients with type 2 diabetes. J Clin Med Res 7: 694–699, 2015

Ito D, Inoue K, Kaneko K, Yanagisawa M, Sumita T, Ikegami Y, Awata T, Ishida H, Katayama S, Inukai K. The efficacy of vildagliptin concomitant with insulin therapy in type 2 diabetic subjects. J Clin Med Res 7(5); 303-307: 2015

2014年

Tsuchihashi T, Mori K, Horie-Inoue K, Okazaki Y, Awata T, Inoue S, Yoneya S.
Prognostic phenotypic and genotypic factors associated with photodynamic therapy response in patients with age-related macular degeneration.
Clin Ophthalmol. 8:2471-2478, 2014.

Awata T, Yamashita H, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Miyashita Y, Katayama S, Mori K, Yoneya S, Kohda M, Okazaki Y, Maruyama T, Shimada A, Yasuda K, Nishida N, Tokunaga K, Koike A
A genome-wide association study for diabetic retinopathy in a Japanese population: potential association with a long intergenic non-coding RNA.
PLoS One. 9:e111715, 2014.

Takenaka Y, Haga N, Inoue I, Nakano T, Ikeda M, Katayama S, Awata T. Identification of two nickel ion-induced genes, NCI16 and PcGST1, in Paramecium caudatum.
Eukaryot Cell. 13:1181-1190, 2014.

Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata N, Makino H, Hanafusa T.
Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012) - Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-Onset Type 1 Diabetes Mellitus -
Journal of Diabetes Investigation. 5:115-118, 2014.

Sumita T, Ono H, Suzuki T, Sakai G, Inukai K, Katagiri H, Asano T, Katayama S, Awata T.
Mediobasal hypothalamic PTEN modulates hepatic insulin resistance independently of food intake in rats.
Am J Physiol Endocrinol Metab. 307:E46-E60, 2014.

Aida K, Saitoh S, Nishida Y, Yokota S, Ohno S, Mao X, Akiyama D, Tanaka S, Awata T, Shimada A, Oikawa Y, Shimura H, Furuya F, Takizawa S, Ichijo M, Ichijo S, Itakura J, Fujii H, Hashiguchi A, Takasawa S, Endo T, Kobayashi T.
Distinct Cell Clusters Touching Islet Cells Induce Islet Cell Replication in Association with Over-Expression of Regenerating Gene (REG) Protein in Fulminant Type 1 Diabetes.
PLoS One. 9:e95110, 2014.

Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone D, on behalf of the Japan Diabetes Complications Study Group.
Cohort Profile: The Japan Diabetes Complications Study: a long-term follow-up of a randomised lifestyle intervention study of type 2 diabetes.
Intern J Epidemiol. 43:1054-1062, 2014.

2013年

Noso S, Kawabata Y, Babaya N, Hiromine Y, Kawasaki E, Awata T, Maruyama T, Sunanda B, Oiso N, Kawada A, Suzuki T, Eisenbarth GS, Ikegami H.
Association study of MAFA and MAFB, genes related to organ-specific autoimmunity, with susceptibility to type 1 diabetes in Japanese and Caucasian populations.
J Genet Syndr Gene Ther. 4:11, 2013.

Seo M, Inoue I, Tanaka M, Matsuda N, Nakano T, Awata T, Katayama S, Alpers DH, Komoda T.
Clostridium Butyricum MIYAIRI 588 Improves High-Fat Diet-Induced Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in Rats.
Dig Dis Sci. 58:3534-3544, 2013.

Awata T, Yamashita H, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Miyashita Y, Katayama S, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Takahashi K, Kawabata Y, Kobayashi T, Nishida N, Nawatari Y, Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics.
A low-frequency GLIS3 variant associated with resistance to Japanese type 1 diabetes.
Biochem Biophys Res Commun. 437:521-524, 2013.

Takenaka Y, Inoue I, Nakano T, Shinoda Y, Ikeda M, Awata T, Katayama S.
A novel splicing variant of peroxisome proliferator-activated receptor-g (Pparg1sv) cooperatively regulates adipocyte differentiation with Pparg2.
PLOS ONE. 8:e65583, 2013.

Kawasaki E, Maruyama T, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata N, Makino H, Hanafusa T.
Diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus (2012) - Report of the Committee of Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-Onset Type 1 Diabetes Mellitus -
Diabetology International. 4:221-225, 2013.

Moriya T, Tanaka S, Kawasaki R, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H, Yamashita H, Katayama S for the Japan Diabetes Complication Study Group.
Diabetic Retinopathy and Microalbuminuria Can Predict Macroalbuminuria and Renal Function Decline in Japanese Type 2 Diabetic Patients: Japan Diabetes Complications Study (JDCS)
Diabetes Care. 36:2803-2809, 2013.

Noguchi Y, Asayama K, Staessen JA, Inaba M, Ohkubo T, Hosaka M, Satoh M, Kamide K, Awata T, Katayama S, Imai Y, the HOMED-BP study group.
Predictive power of home blood pressure and clinic blood pressure in hypertensive patients with impaired glucose metabolism and diabetes.
J Hypertens. 31:1593-1602, 2013.

Yasuda S, Wada S, Kono S, Miyajima T, Oda H, Katayama S, Awata T.
Tumor-Induced Osteomalacia: Benign Tumor Recurrence after two Surgical Resections at two Different Medical Institutions.
Endocr Pract. 19:1-20, 2013.

Yang F, Inoue I, Kumagai M, Takahashi S, Nakajima Y, Ikeda M.
Real-Time Analysis of the Circadian Oscillation of the Rev-Erbβ Promoter.
J Atheroscler Thromb. 20(3):267-76, 2013.

Kawasaki R, Tanaka S, Tanaka S, Abe S, Sone H, Yokote K, Ishibashi S, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H for the Japan Diabetes Complications Group.
Risk of cardiovascular disease is increased even with mild diabetic retinopathy. The Japan Diabetes Complications Study.
Am Acad Opthal. 120:574-582, 2013.

Tanaka S, Tanaka S, Imuro S, Ishibashi S, Yamashita H, Katayama S, Akanuma Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H, Ohashi Y for the Japan Diabetes Complications Group, the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Group.
Predicting Macro- and Microvascular Complications in Type 2 Diabetes. The Japan Diabetes Complications Study/the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial risk engine.
Diabetes Care. 36:1193-1199, 2013.

Li Q, Hosaka T, Harada N, Nakaya Y, Funaki M.
Activation of Akt through 5-HT2A receptor ameliorate serotonin-induced degradationo of insulin receptor substrate-1 adipocytes.
Mol Cell Endocrinol. 365(1):25-35, 2013.

2012年

Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Imuro S, Ishibashi S, Oikawa S, Shimano H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N for the Japan Diabetes Complications Group.
Comparison of various lipid variables as predictor of coronary heart disease in Japanese men and women with type 2 diabetes.
Diabetes Care. 35:1150-1157, 2012.

Nagasaka H, Miida T, Inui A, Inoue I, Tsukahara H, Komatsu H, Hiejima E, Fujisawa T, Yorifuji T, Hiranao K, Okajima H, Inomata Y.
Fatty liver and anti-oxidant enzyme activities along with peroxisome proliferator-activated receptors γ and α expressions in the liver of Wilson's disease.
Mol Genet Metab. 107(3):542-7, 2012.

Miida T, Nishimura K, Okamura T, Hirayama S, Ohmura H, Yoshida H, Miyashita Y, Ai M, Tanaka A, Sumino H, Murakami M, Inoue I, Kayamori Y, Nakamura M, Nobori T, Miyazawa Y, Teramoto T, Yokoyama S.
A multicenter study on the precision and accuracy of homogeneous assays for LDL-cholesterol:Comparison with a beta-quantification method using fresh serum obtained from non-diseased and diseased subjects.
Atherosclerosis. 225(1):208-15, 2012.

Suge R, Shimazu T, Hasegawa H, Inoue I, Hayashibe H, Nagasaka H, Araki N, Katayama S, Nomura M, Watanabe S.
Cerebral antioxidant enzyme increase associated with learning deficit in type 2 diabetes rats.
Brain Res. 24;1481:97-106, 2012.

Imagawa A, Hanafusa T, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Maruyama T.
Report of the Committee of the Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus: New diagnostic criteria of fulminant type 1 diabetes mellitus (2012)
Journal of Diabetes Investigation. 3 (6):536-539, 2012.

Imagawa A, Hanafusa T, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kawasaki E, Kawabata Y, Kobayashi T, Shimada A, Shimizu I, Takahashi K, Nagata M, Makino H, Maruyama T.
Report of the Committee of the Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus: New diagnostic criteria of fulminant type 1 diabetes mellitus (2012)
Diabetology International. 3 (4):179-183, 2012

Menne J, Izzo JL Jr, Ito S, Januszewicz A, Katayama S, Chatzykirkoua C, Mimran A,. Rabelink TJ, Ritz E, Ruilope LM, Rump LC, Viberti G, Haller H, for the ROADMAP investigators.
Prevention of microalbuminuria in patients with type 2 diabetes and hypertension.
J Hypertens. 30(4):811-818, 2012.

Neda T, Inukai K, Kurihara S, Ono H, Hosaka T, Nakamoto H, Katayama S, Awata T.
Hypoglycemic effects of colestimide on type 2 diabetic patients with obesity.
Endocr J. 59(3):239-46, 2012.

Sakai T, Shuto E, Taki T, Imamura H, Kioka M, Nakamoto A, Mizoguchi S, Amano S, Kawano Y, Nakamoto M, Tsutsumi R, Hosaka T.
Decreased expression of MHC class II and cathepsin E in dendric cells might contribute to impaired induction of antigen-specific T cell response in NC/Nga mice.
J Med Invest. 59(1-2):95-101, 2012.

Tsutsumi R, Tsutsumi YM, Horikawa Y, Takehisa Y, Hosaka T, Harada N, Sakai T, Nakaya Y
Decline in anthropometric evaluation predicts a poor prognosis in geriatric patients.
Asia Pac J Clin Nutr. 21(1):44-51, 2012.

Li Q, Hosaka T, Shikama Y, Bando Y, Kosugi C , Kataoka N, Nakaya Y, Funaki M
Heparin-binding EGF-like growth factor (HB-EGF) mediates 5-HT-induced insulin resistance through activation of EGF receptor-ERK1/2-mTOR pathway.
Endocrinology. 153(1):56-68, 2012.

2011年

Lustig Y, Ruas JL, Estall JL, Lo JC, Devarakonda S, Laznik D, Choi JH, Ono H, Olsen JV, Spiegelman BM.
Separation of the gluconeogenic and mitochondrial functions ofPGC-1α through S6 kinase.
Genes Dev. 25(12):1232-44, 2011.

Yamashiro K, Mori K, Nakata I, Tsuchihashi T, Horie-Inoue K, Nakanishi H, Tsujikawa A, Saito M, Iida T, Yamada R, Matsuda F, Inoue S, Awata T, Yoneya S, Yoshimura N.
Association of elastin gene polymorphism to age-related macular degeneration and polypoidal choroidal vasculopathy.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 52(12):8780-8784, 2011.

Sone H, Tanaka S, Tanaka S,. Iimuro S, Oida ., Yamasaki Y,. Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Ohashi , Akanuma Y, Yamada .N, Japan Diabetes Complications Study Group.
Serum level of triglycerides is a potent risk factor comparable to LDL cholesterol for coronary heart disease in Japanese patients with type 2 diabetes: subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS).
J Clin Endocrin Metab 96(11):3448-3456, 2011.

Januszewicz A, Ritz E, Viberti G, Mimran A, Rabelink AJ, Rump LC, Ruilope LM, Katayama S, Ito S, Izzo JL Jr, Haller H.
Office and ambulatory pulse pressure-association with clinical characteristics and cardiovascular risk factors in normoalbuminuric patients with type 2 diabetes (ROADMAP study).
J Hum Hypertens. 25(11):679-85, 2011.

Nakatsu Y, Sakoda H, Kushiyama A, Zhang J, Ono H, Fujishiro M, Kikuchi T, Fukushima T, Yoneda M, Ohno H, Horike N, Kanna M, Tsuchiya Y, Kamata H, Nishimura F, Isobe T, Ogihara T, Katagiri H, Oka Y, Takahashi S, Kurihara H, Uchida T, Asano T.
Peptidyl-prolyl cis/trans isomerase NIMA-interacting 1 associates with insulin receptor substrate-1 and enhances insulin actions and adipogenesis.
J Biol Chem. 286(23):20812-22, 2011.

Nakamura K, Kawasaki E, Imagawa A, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Kobayashi T, Shimada A, Nakanishi K, Makino H, Maruyama T, Hanafusa T; Research Committee on Type 1 Diabetes of the Japan Diabetes Society.
Type 1 diabetes and interferon therapy: a nationwide survey in Japan.
Diabetes Care. 34(9):2084-2089, 2011.

Nakamoto M, Shuto E, Hosaka T, Sakai T.
Dietary deoxynucleic acid induces type 2 T-helper immune response through toll-like receptor 9 in mice.
Eur J Nutr. 50(6):421-426, 2011.

Yamashita H, Awata T, Kawasaki E, Ikegami H, Tanaka S, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Takahashi K, Kobayashi T, Kawabata Y, Miyashita Y, Kurihara S, Morita-Ohkubo T, Katayama S; Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics.
Analysis of the HLA and non-HLA susceptibility loci in Japanese type 1 diabetes.
Diabetes Metab Res Rev. 27(8):844-848, 2011.

Inoue T, Kozawa E, Okada H, Inukai K, Watanabe S, Kikuta T, Watanabe Y, Takenaka T, Katayama S, Tanaka J, Suzuki H.
Noninvasive evaluation of kidney hypoxia and fibrosis using magnetic resonance imaging.
J Am Soc Nephrol. 22(8):1429-1434, 2011.

Hosaka T, Nii Y, Tomotake H, Ito T, Tamanaha A , Yamasaka Y, Sasaga S, Edazawa K, Tsutsumi R, Shuto E, Okahisa N, Iwata S Sakai T.
Extracts of common buckwheat bran prevent sucrose digestion.
J Nutr Sci Vitaminol. 57(6):441-445, 2011.

Ohno H, Nakatsu Y, Sakoda H, Kushiyama A, Ono H, Fujishiro M, Otani Y, Okubo H, Yoneda M, Fukushima T, Tsuchiya Y, Kamata H, Nishimura F, Kurihara H, Katagiri H, Oka Y, Asano T.
4F2hc stabilizes GLUT1 protein and increases glucose transport activity.
Am J Physiol Cell Physiol. 300(5):C1047-54, 2011.

Kabasawa S, Mori K, Horie-Inoue K, Gehlbach PL, Inoue S, Awata T, Katayama S, Yoneya S.
Associations of cigarette smoking but not serum fatty acids with age-related macular degeneration in a Japanese population.
Ophthalmology. 118(6):1082-1088, 2011.

Nakano T, Matsui M, Inoue I, Awata T, Katayama S, Murakoshi T.
Free immunoglobulin light chain: its biology and implications in diseases.
Clinica Chimica Acta. 412(11-12):843-849, 2011

Katayama S, Moriya T, Tanaka S, Tanaka S, Yajima Y, Sone H, Iimuro S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N for the Japan Diabetes Complications Study Group.
Low transition rate from normo- and low microalbuminuria to proteinuria in Japanese type 2 diabetic individuals: the Japan Diabetes Complications Study (JDCS).
Diabetologia 54(5):1025-1031, 2011.

Aida K, Nishida Y, Tanaka S, Maruyama T, Shimada A, Awata T, Suzuki M, Shimura H, Takizawa S, Ichijo M, Akiyama D, Furuya F, Kawaguchi A, Kaneshige M, Itakura J, Fujii H, Endo T, Kobayashi T.
RIG-I- and MDA5-initiated innate immunity linked with adaptive immunity accelerates beta-cell death in fulminant type 1 diabetes.
Diabetes. 60(3):884-9, 2011.

Haller H, Ito S, Izzo Jr. JL, Januszewicz A, Katayama S, Menne J, Mimran A,. Rabelink TJ, Ritz E, Ruilope LM, Rump LC, Viberti G.
Prevention of microalbuminuria in type 2 diabetes (ROADMAP Trial).
N Engl J Med 364(10):907-917, 2011.

Tabuchi M, Seo M, Inoue T, Ikeda T, Kogure A, Inoue I, Katayama S, Matsunaga T, Hara A, Komoda T.
A novel geometrical separation method for lipoproteins using bioformulated-fiber matrix electrophoresis: the size of high-density lipoprotein does not reflect its density.
Anal Chem. 83(3):1131-1136, 2011

Ito D, Inukai K, Sumita T, Ono H, Katayama S, Awata T. Regulation of pigment epithelium-derived factor (PEDF), an insulin resistance-inducing adipocytokine, in 3T3-L1 adipocytes. Journal of Diabetes & Metabolism 2(8); 1000151: 2011

2010年

Ikeda T, Seo M, Inoue I, Katayama S, Matsunaga T, Hara A, Komoda T, Tabuchi M.
Direct and simple fluorescence detection method for oxidized lipoproteins.
Anal Chem. 82:1128-1132, 2010

Tsuchihashi T, Mori K, Horie-Inoue K, Gehlbach PL, Kabasawa S, Takita H, Ueyama K, Okazaki Y, Inoue S, Awata T, Katayama S, Yoneya S.
Complement Factor Hand High-Temperature Requirement A-1 Genotypes and Treatment Response of Age-related Macular Degeneration.
Ophthalmology. 118(1):93-100, 2010

Awata T
Vascular endothelial growth factor gene polymorphisms in susceptibility to coronary artery disease.
Am J Hypert. 23 : 938-939, 2010.

Inoue I, Awata T, Katayama S
Retrospective, observation study: Quantitative and qualitative effect of ezetimibe and HMG-CoA reductase inhibitors on LDL-cholesterol: are there disappearance thresholds for small , dense LDL and IDL?.
Recent Pat Cardiovasc Drug Discov. 5(2) : 143-152, 2010.

Mori K, Horie-Inoue K, Gehlbach PL, Takita H, Kabasawa S, Kawasaki I, Ohkubo T, Kurihara S, Iizuka H, Miyashita Y, Katayama S, Awata T, Yoneya S, Inoue S
Phenotype and genotype characteristics of age-related macular degeneration in a Japanese Popularion.
Ophthalmology. 117(5) : 928-938, 2010.

Seiichiro Takahashi, Ikuo Inoue, Yoshihiro Nakajima, Makoto Seo, Takanari Nakano, FangYang, Megumi Kumagai, Tsugikazu Komoda, Takuya Awata, Masaaki Ikeda, and Shigehiro Katayama:
A promoter the novel exon of hPPARγ directs the circadian expression of PPARγ.
J Atherosc Thromb. 17(1) : 73-83, 2010.

Sone H, Tanaka S, Iimuro S, Tanaka S, Oida K, Yamasaki Y, Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Yamashita H, Ito H, Yoshikura Y, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, for the Japan Diabetes Complications Study Group:
Long-term lifestyle intervention lowers the incidence of stroke in Japanese patients with type 2 diabetes: a nationwide multicenter randomized controlled trial:(the Japan Diabetes Complications Study).
Diabetologia. 53 : 419-428, 2010.

Ritz E, Viberti GC, Ruilope LM, Rabelink AJ, Izzo JL, Katayama S, S Ito, Mimran A, Menne J, Rump LC, Januszewicz, H Haller:
Determinants of urinary albumin excretion within the normal range in patients with type 2 diabetes: the Randomised Olmesartan and Diabetes Microalbuminuria Prevention (ROADMAP) study.
Diabetologia. 53 : 49-57, 2010.

Watanabe M, Inukai K, Sumita T, Ikebukuro K, Ito D, Kurihara S, Ono H, Awata T, Katayama S.
Effects of telmisartan on insulin resistance in Japanese type 2 diabetic patients.
Intern Med. 49(17) : 1843-7, 2010.

Nakatsu Y, Sakoda H, Kushiyama A, Ono H, Fujishiro M, Horike N, Yoneda M, Ohno H, Kamata H, Tahara H, Isobe T, Nishimura F, Katagiri H, Oka Y, Fukushima T, Takahashi SI, Kurihara H, Uchida T, Asano T.
Pin1 associates with and induces translocation of CRTC2 to the cytosol, thereby suppressing CRE transcriptional activity.
J Biol Chem. 2010 Jul 30. [Epub ahead of print]

Cui X, Kushiyama A, Yoneda M, Nakatsu Y, Guo Y, Zhang J, Ono H, Kanna M, Sakoda H, Ono H, Kikuchi T, Fujishiro M, Shiomi M, Kamata H, Kurihara H, Kikuchi M, Kawazu S, Nishimura F, Asano T.
Macrophage foam cell formation is augmented in serum from patients with diabetic angiopathy.
Diabetes Res Clin Pract. 87(1) : 57-63, 2010 Jan.

Lin HV, Plum L, Ono H, Gutierrez-Juarez R, Shanabrough M, Borok E, Horvath TL, Rossetti L, Accili D.
Divergent regulation of energy expenditure and hepatic glucose production by insulin receptor in agouti-related protein and POMC neurons.
Diabetes. 59(2) : 337-46, 2010 Feb.

2009年

Ono H.
The hypothalamus bridges the gap between physiology and biochemistry in high-fat diet-induced hepatic insulin resistance.
Cell Cycle. 8(18) : 2885-7, 2009 Sep 15.

Hashimoto K, Inoue T, Higashi T, Takei S, Awata T, Katayama S, Takagi R, Okada H, Matsushita S
Dopamine D1-like receptor antagonist, SCH23390, exhibits a preventive effect on mellitus that occurs naturally in NOD mice.
Biochem Biophys Res Commun. 383(4) : 460-463, 2009.

Kawabata Y, Ikegami H, Awata T, Imagawa A, Maruyama T, Kawasaki E, Tanaka S, Shimada A, Osawa H, Kobayashi T, Hanafusa T, Tokunaga K, Makino H, Committee on Type 1 Diabetes, Japan Diabetes Society
Differential association of HLA with three subtypes of type 1 diabetes:fulminant, slwly progressive and acute -onset.
Diabetologia. 52(12) : 2513-2521, 2009.

Hirohito Sone, Sachiko Tanaka, Satoshi Iimuro, Koji Oida, Yoshimitu Yamasaki, Shinichi Oikawa, Shun Ishibashi, Shigehiro Katayama, Hideki Ito, Yasuo Ohashi, Yasuo Akanuma, and Nobuhiro Yamada:
Components of Metabolic Syndrome and their Combinations as Predictors of Cardiovascular Disease in Japanese Patients with Type 2 Diabetes. Implications for Improved Definition. Analysis from Japan Diabetes Complications Study(JDCS).
J Atheroscler Thromb. 16(4) : 380-387, 2009.

Nakano T, Inoue I, Satoh K, Yamazaki M, Awata T, Kurihara S, Goto S, Shinoda Y, Komoda T, Katayama S.
Treatment with glimepiride, but not mitiglinide and short-acting insulin, resists body weight and abdominal fat reduction under dietary energy restriction.
J Atheroscler Thromb. 16(1) : 63-6, 2009 Mar.

Kawasaki E, Awata T, Ikegami H, Kobayashi T, Maruyama T, Nakanishi K, Shimada A, Uga M, Kurihara S, Kawabata Y, Tanaka S, Kanazawa Y, Eguchi K; Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics.
Genetic association between the interleukin-2 receptor-alpha gene and mode of onset of type 1 diabetes in the Japanese population.
J Clin Endocrinol Metab. 94(3) : 947-52, 2009 Mar.

Awata T, Kawasaki E, Tanaka S, Ikegami H, Maruyama T, Shimada A, Nakanishi K, Kobayashi T, Iizuka H, Uga M, Kawabata Y, Kanazawa Y, Kurihara S, Osaki M, Katayama S; Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics.
Association of type 1 diabetes with two Loci on 12q13 and 16p13 and the influence coexisting thyroid autoimmunity in Japanese.
J Clin Endocrinol Metab. 94(1) : 231-5, 2009 Jan.

Takanari Nakano, Ikuo inoue, Makoto Seo, Seiichiro Takahashi, Tsugikazu Komoda, Shigehiro Katayama:
Acarbose attenuates postprandial hyperlipidemia: investigation in an intestinal absorptive cell model.
Metabolism. 58 : 583-585, 2009.

Takanari Nakano, Ikuo Inoue, David H.Alpers, Yasutada Akiba, Shigehiro Katayama, Rina Shinozaki, Jonathan D Kaunitz, Susumu Ohshima, Masumi Akita, Seiichiro Takahashi, Iwao Koyama, Makoto Matsushita, and Tsugikazu Komoda:
Role of Iysophosphatidylcholine in brush-borderintestinal alkaline phosphatase release and restoration.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 297 : G207-G214, 2009.

Masatoshi Sasa, Ikuo Inoue, Yuichi Shinoda, Seiichiro Takahashi, Makoto Seo, Tsugikazu Komoda, Takuya Awata, Shigehiro Katayama:
Activating Effect of Momordin、Extract of Bitter Melon(Momordica Charantia L.)、on the Promoter of Human PPARδ.
J Atheroscler Thromb. 16(6) : 888-892, 2009.

Takanari Nakano, Ikuo Inoue, Rina Shinozaki, Masanori Matsui, Toshitaka Akatsuka, Seiichiro Takahashi, Kayoko Tanaka, Masumi Akita, Makoto Seo, Shigeru Hokari, Shigehiro Katayama, Tsugikazu Komoda:
A possible role of lysophospholipids produced by calcium-independent phospholipase A2 in membrane-raft budding and fission.
Biochim Biophys Acta. 1788 : 2222-2228, 2009.

Takanari Nakano, Ikuo Inoue, Shigehiro Katayama, Makoto Seo, Seiichiro Takahashi, Shigeru Hokari, Rina Shinozaki, Kazuhisa Hatayama, and Tsugikazu Komoda:
Lysophosphatidylcholine for efficient intestinal lipid absorption and lipoprotein secretion in Caco-2 Cells.
J.Clin. Biochem. Nutr. 45 : 227-234, 2009.

2008年

Shimada A, Kanazawa Y, Motohashi Y, Yamada S, Maruyama T, Ikegami H, Awata T, Kawasaki E, Kobayashi T, Nakanishi K, Kawabata Y, Kurihara S, Uga M, Tanaka S; Japanese Study Group on Type 1 Diabetes Genetics.
Evidence for association between vitamin D receptor BsmI polymorphism and type 1 diabetes in Japanese.
J Autoimmun. 30(4) : 207-11, 2008 Jun.

Kojima K, Motoshima H, Tsutsumi A, Igata M, Matsumura T, Kondo T, Kawashima J, Ichinose K, Furukawa N, Inukai K, Katayama S, Goldstein BJ, Nishikawa T, Tsurunose K, Araki E,
Rottlerin activates AMPK possibly through LKB1 in vascular cells and tissues.
Biochem Biophys Res Commun. 376 : 434-438, 2008.

Nakashima Y, Inukai K, Imai K, Ikegami Y, Awata T, Katayama S,
Involvement of low adiponectin levels in impaired glucose tolerance (IGT).
Metabolism. 57 : 1350-1354, 2008.

Ikegami Y, Inukai K, Imai K, Sakamoto Y, Katagiri H, Kurihara S, Awata T, Katayama, S,
Adiponectin up-regulates Ferritin Heavy Chain in skeletal muscle cells.
Diabetes 58 : 61-70, 2009.

Kim SY, Jeoung NH, Oh CJ, Choi YK, Lee HJ, Kim HJ, Kim JY, Hwang JH, Tadi S, Yim YH, Lee KU, Park KG, Huh S, Min KN, Jeong KH, Park MG, Kwak TH, Kweon GR, Inukai K, Shong M, Lee IK. Activation of NAD(P)H:
quinone oxidoreductase 1 prevents arterial restenosis by suppressing vascular smooth muscle cell proliferation.
Circ Res. 104 : 842-850, 2009.

Nakamura K , Inoue I , Takahashi S , Komoda T , Katayama S :
Cryptochrome and period proteins are regulated by the CLOCK/BMAL1 gen: Crosstalk between the PPARs/RXRα- regulated and CLOCK/BMAL1- regulated Systems .
PPAR Research 2008 : 1-10, 2008.

Ikegami Y , Inukai K , Awata T , Asano T , Katayama S :
SH3 domain of the phosphatidylinositol 3-kinase regulatory subunit is responsible for the formation of a sequestration complex with insulin receptor substrate-1.
Biochem Biophys Res Commun. 365 : 433-438 , 2008.

Ushiyama M , Kuramochi T , Yagi S , and Katayama S :
Antioxidant Treatmrnt with α ? Tocopherol Improves Erectile Function in Hypertensive Rats .
Hypertens Res. 31(5) : 1007-1013, 2008.

Makino H , Haneda M , Babazono T , Moriya T , Ito S , Iwamoto Y , Kawamori R , Takeuchi M , and Katayama S for the INNOVATION Study Group :
Microalbuminuria Reduction with Telmisartan in Normotensive and Hypertensive Japanese Patients with Type 2 Diabetes : A Post-Hoc Anlysis of the Incipient to Overt : Angiotensin II Blocker , Telmisartan , Investigation on Type 2 Diabetic Nephropathy (INNOVATON)Study .
Hypertens Res. 31(4) : 657-664, 2008.

Hattori Y, Nakano Y, Hattori S, Tomizawa A, Inukai K, Kasai K :
High molecular weight adiponectin activates AMPK and suppresses cytokine-induced NF-kappaB activation in vascular endothelial cells.
FEBS Lett. 582 : 1719-1724, 2008.

Katayama S, Kawamori R, Iwamoto Y, Saito I , and Kuramoto K, on behalf of the ATTEST study group :
In Half of Hypertensive Diabetics, Co-Administration of a Calcium Channel Blocker and an Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor Achieved a Target Bllod Paessure of <130/80mmHg; The Azelnidipine and Temocapril in Hypertensive Patients with Type 2 Diabetes (ATTEST) Study.8
Hypertension Res. 31(8) : 1499-1508, 2008.

Seo M, Inoue I, Ikeda M, Nakano T, Takahashi T, Katayama S, Komoda T:
Statins activate human PPARa promoter and increase PPARa mRNA expression and activation in HepG2 cells.
PPAR Research 2008 : 316303, 2008.

過去の英文原著


2017年

齋藤太吾,井上和之,大竹啓之,小野 啓,粟田卓也,野田光彦,島田 朗 : GAD抗体およびIA-2抗体陽性劇症1型糖尿病の1例
糖尿病 60(6):456-460,2017

富田 益臣, 島田 朗: Research 臨床研究 イプラグリフロジンの血糖,腎機能に与える影響 SGLT2阻害薬の有用性. 糖尿病診療マスター 15(3):264-269,2017

野田 光彦, 岡本 将英, 後藤 温, 林野 泰明, 峯山 智佳, 能登 洋, 山崎 勝也, 泉 和生: 「糖尿病受診中断対策マニュアル」の有効性についてのパイロット研究 解析結果と考察. プラクティス 34(5):544-550,2017

2016年

栗原 進:思春期以降血糖コントロールが不良となりその後改善が見られない1型糖尿病の一例. 日本糖尿病医療学研究会会誌 1(1):110-112,2016.

伊藤大輔, 金子貴美江, 梶由依子, 福井三恵子, 犬飼浩一 :肥満2型糖尿病患者60名に対するSGLT2阻害薬の有効利用に関する観察研究
Progress in Medicine 36(4): 555-559 ,2016年4月

内田 順子, 壁谷 悠介, 及川 洋一, 田中 肇, 渥美 義大, 大澤 昌也, 香月 健志, 河合 俊英: SGLT2阻害薬イプラグリフロジンによる体重変化と独立した肝機能の改善効果. 糖尿病 59(12):782-790,2016

後藤 温, 後藤 麻貴, 寺内 康夫, 山口 直人, 野田 光彦: 2型糖尿病患者における重症低血糖と心血管疾患発症との関連 複数の重症低血糖の定義を用いた検討. 日本循環器病予防学会誌 51(1):41-48,2016

2015年

なし(集計中)

2014年

千葉 泰世, 井上 郁夫, 佐藤 健太郎, 久保田 亮, 金澤 敏行, 松田 武英, 山崎 哲資, 田中 嘉代子, 穐田 真澄:ポリアクリルアミドゲルディスク電気泳動法を用いた正脂血清中のリポ蛋白分画の性状の調査研究(第2報) small dense LDL-コレステロール濃度値算出とその基準値.Progress in Medicine. 34(6):1091-1096, 2014.

2013年

保川 信行, 栗原 進, 小野 啓, 保坂 利男, 井上 郁夫, 片山 茂裕, 粟田 卓也:持続血糖モニターによる混合型インスリンアナログ製剤アスパルト30とリスプロ50の比較検討 1日2回投与および1日3回投与におけるクロスオーバー. Therapeutic Research. 34(9):1243-1250, 2013.

池上 裕一, 小野 啓, 安田 重光, 皆川 晃伸, 波多野 雅子, 池袋 香織, 伊藤 大輔, 片山 茂裕, 粟田 卓也:原発巣不明にも関わらず自然寛解した異所性ACTH症候群の1例. 日本内分泌学会雑誌. 6:11-14, 2013.

井上郁夫、山崎哲資:新規LDL-C測定試薬の特異性評価. 医学と薬学. 69:163-169,2013.

2012年

福嶋 典子, 菅野 義彦, 斎藤 寅武, 粟田 卓也, 鈴木 洋通:PD患者の栄養管理指導のポイント 腹膜透析患者に対するNST管理.腎と透析73巻別冊(腹膜透析2012):99-100,2012.

大堀 哲也, 犬飼 浩一, 今井 健太, 安田 重光, 神垣 多希, 小野 啓, 栗原 進, 片山 茂裕, 粟田 卓也:長期に意識障害を認めたが救命し顕著な意識状態の改善を認めた2型糖尿病患者における低血糖脳症の1例.糖尿病55(10):774-780, 2012.

平田 匠, 島田 朗, 今川 彰久, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 清水 一紀, 高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 花房 俊昭:1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告:2型糖尿病経過中に劇症1型糖尿病様の発症様式を呈した症例の臨床的特性.糖尿病55(7):505-511, 2012.

栗原 進, 森田 智子, 保川 信行, 山下 富都, 小野 啓, 犬飼 浩一, 井上 郁夫, 片山 茂裕, 粟田 卓也:1型糖尿病における基礎インスリンとしてのグラルギンとデテミルの比較.Therapeutic Research 33(9):1389-1396,2012

金澤敏行、井上郁夫、高橋誠一郎、小柳裕昭、久保田 亮、松田武英、山崎哲資:ポリアクリルアミドゲルディスク電気泳動法を用いた生脂血清中のリポ蛋白分画の性状の調査研究.Prog Med 32(3):673-675, 2012.

大堀哲也、野口雄一、山本仁至、波多野雅子、泉田太郎、稲葉宗通、粟田卓也、田中政彦、鈴木将夫、千田宣克、柳澤守文、片山茂裕、彩の国糖尿病カンファレンスグループ:糖尿病合併高血圧患者に対する積極的降圧治療による降圧目標達成と代謝機能の変化に関する多施設共同前向き観察研究:DIAMOND (Diabetes in Moroyama with Nulotan/Dichlotride) Study. 血圧 19(2):56-62, 2012.

鈴木元晴、田中沙綾香、山岡 稔、井上郁夫、中山真人、梶原 健、岡崎竜吾、石原 理、板倉敦夫:妊娠中に高トリグリセリド血症を認め、帝王切開に急性膵炎を来した1例.埼玉産科婦人科学会雑誌41:21-24, 2011.

2011年

犬飼浩一, 井内卓次郎, 住田崇, 伊藤大輔, 池袋香織, 今井健太, 池上裕一, 栗原進, 小野啓, 片山茂裕, 粟田卓也:2型糖尿病患者に対するARB/アトルバスタチン併用による尿蛋白減少効果. Therapeutic Research 32(7):947-953, 2011.

関谷健一、栗原進、八木慎次、山下富都、野口雄一、波多野雅子、犬飼浩一、井上郁夫、片山 茂裕、粟田卓也:混合型インスリンアナログ製剤治療中に生じたインスリン抗体による血糖不安定性を来たした糖尿病の2症例―成因に関する考察を含めて―. 糖尿病54(5):361-368, 2011.

田中昌一郎、粟田卓也、島田朗、村尾敏、丸山太郎、鴨井久司、川崎英二、中西幸二、永田正男、藤井寿美枝、池上博司、今川彰久、内潟安子、大久保実、大澤春彦、梶尾裕、川口章夫、川畑由美子、佐藤譲、清水一紀、高橋和眞、 牧野英一、三浦順之助、花房俊昭、小林哲郎、日本糖尿病学会調査研究委員会:緩徐進行1型糖尿病(slowly progressive insulin-dependent diabetes mellitus : SPIDDM)の臨床的特徴-日本糖尿病学会調査研究委員会緩徐進行1型糖尿病文科会報告(第一報)-.糖尿病54(1):65-75, 2011.

2010年

犬飼浩一、池袋香織、住田崇、伊藤大輔、今井健太、池上裕一、栗原進、小野啓、片山茂裕、粟田卓也:ミグリトールの2型糖尿病患者に対する臨床使用成績 Therapeutic Research 31(12):1733-1739, 2010

森圭介、粟田卓也、樺沢昌、田北博保、大崎昌孝、米谷新:眼内血管新生病の遺伝子解析と抗血管新生治療に対する個別化医療の確立.埼玉医科大学雑誌37(1):21-25, 2010

山下富都、八木慎次、栗原進、山口雅子、野口雄一、保川伸行、根田保、犬飼浩一、粟田卓也、片山茂裕:著明な高血糖と空腹時低血糖を繰り返した抗インスリン抗体陽性糖尿病の1例 Diabetes Frontier 21(2):241-247,2010

犬飼浩一、渡邉昌樹、栗原進、小野啓、粟田卓也、片山茂裕:日本人2型糖尿病患者におけるグリメピリドとグリベンクラミドの血糖コントロールおよび大血管イベントに対する長期5年間の臨床成績 新薬と臨床 59(4):622-629,2010

2009年

大久保智子、粟田卓也、大崎昌孝、山下富都、栗原進、片山茂裕:インスリングラルギンとインスリンデテミルの効果:持続血統モニター(CGM)による比較検討、日本先進糖尿病治療研究会誌 6:14-18,2009

犬飼浩一、金澤健太、住田崇、伊藤大輔、池袋香織、磯山藍、栗原進、小野啓、粟田卓也、片山茂裕:糖尿病合併高血圧患者199例に対するARB(ロサルタン50mg)/少量利尿薬(ヒドロクロロチアジド12.5mg)の臨床成績 血圧 16(9):793-796,2009

末次麻里子、仲島弥生、若林貞男、犬飼良尚、竹林晃三、麻生好正、犬飼敏彦、粟田卓也、田中祐司、石川三衛、生井一之、金澤康徳、河津捷二、湯澤美保、大村栄治:妊娠25週に発症した劇症1型糖尿病と考えられる1例 Diabetes Frontier 20(4):499-505,2009

2008年

石丸安昭1、今井富彦1、後藤明子2、内田壱夫2、中村尚弘1、斉藤隆恵1、佐藤富美子1、大嶋由加利1、磯山 藍、片山茂裕、石丸安世1:2型糖尿病患者における血清、および尿中Cystatin-Cの検討 糖尿病 51(6):489-495、2008.

井上郁夫、粟田卓也、片山茂裕、池淵研二:LDL-C測定試薬の特異性評価. 医学と薬学 60: 553-557、2008.

山下富都、粟田卓也、保川信行、渡邉昌樹、井上清彰、中島洋平、大﨑昌孝、根田 保、栗原 進、犬飼浩一、片山茂裕:Preprogrammable CSIIの導入により分娩に至った1型糖尿病の3例.  糖尿病と妊娠 8:126-130,2008.

2007年

井上郁夫, 中村浩一, 池田正明: 時計遺伝子によるPPARのプロモーターへのコアクチベーターCBP/p300およびSRC-1を介する作用究明. 埼玉医科大学雑誌34(1):27-32、 2007.

2006年

栗原 進、粟田卓也、渡邉昌樹、犬飼浩一、井上郁夫、斉藤健一、片山茂裕:2型糖尿病におけるヒトインスリン混合製剤から二相性インスリンアナログ製剤ノボラピット30ミックスへの切り替えの有用性.プラクティス
23(3):321-325.2006.

角田清子、渡邉昌樹、今井富彦、犬飼浩一、中山耕之介、片山茂裕:多発骨折を呈し、悪性腫瘍の骨転移との鑑別が問題となった胃切除後骨粗鬆症の1例 Osteoporosis International 14: 577-580, 2006.

山本仁至、泉田太郎、井上郁夫、柴崎智美1、片山茂裕:メタボリックシンドロームにおけるAdiponectin ,ApoB48の臨床的意義 ―日本のメタボリクシンドローム診断基準を用いた検討―. 糖尿病 49(9):699-706、2006.
1埼玉医科大学公衆衛生学

2005年

竹井眞一郎、合原進二、石窪力、鈴木美穂、粟田卓也、片山茂裕:ノボラピッド注300フレックスペン投与により良好な血糖コントロール維持が可能となった思春期発症1型糖尿病の1例. 新薬と臨床2005;53:1384-1388.

大崎昌孝、粟田卓也、犬飼浩一、中島洋平、渡邉昌樹、大久保智子、栗原進、根田保、澤貴広、片山茂裕、土田哲也:色素性痒疹を合併した抗IA-2抗体陽性1型糖尿病の2症例.糖尿病 123-129、2005.

丸山太郎1、青木博美2・3、浅葉義明4、石井 均5、稲村恒明6、犬飼敏彦7、今井康雄8、大澤真理9、大村榮治8、大森安恵10、片山茂裕11、金澤康徳12、川上正のぶ13、久貝信夫14、佐々木 望11、鈴木裕也1、高井孝二15、高橋きよ子16、竹村喜弘17、田中佑司14、根岸清彦18、前田俊彦19、稙田太郎20、河津捷二8:超速効型インスリンは強化インスリン療法患者のQOLと血糖コントロールを改善する―Saitama study第一報―. Diabetes Frontier 16(1):111-118、2005,
1埼玉社会保険病院 2東鷺宮病院 3西部総合病院 4さいたま市立病院 5天理よろづ相談所病院 6蕨市立病院 7獨協医科大学越谷病院 8埼玉医科大学総合医療センター 9埼玉県済生会川口総合病院 10東日本循環器病院 11埼玉医科大学病院 12自治医科大学 13自治医科大学付属病院大宮医療センター 14防衛医科大学校 15 JMA東埼玉総合病院 16埼玉共同病院 17獨協医科大学 18根岸医院

片山茂裕、横田千津子、守屋達美1、矢島義忠1、山田研一2、水野佐智子3、大橋靖雄3、曽根博仁4、山田信博4、赤沼安夫5:糖尿病腎症の発症と進展―JDC Study2006年次解析. 内分泌・糖尿病科 20(3):261-266、2005.
1北里大学医学部内科 2国立病院機構千葉東病院臨床研究センター 3東京大学大学院疫学・生物統計学 4筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系内科 5朝日生命糖尿病研究所

泉田太郎、山本仁至、今井富彦、加藤雅明1、山田裕一2、崔 正哉2、西村重敬2、片山茂裕:著明な動脈硬化性血管病変を伴った糖尿病の1例. THE CIRCULATION FRONTIER 9(4):90-93、2005.
1心臓血管外科 2内科学心臓内科部門

猪股茂樹1、羽田勝計2、守屋達美3、片山茂裕4、岩本安彦5、堺 秀人6、富野康日己7、松尾清一8、浅野 泰9、槙野博史10:糖尿病性腎症の新しい早期診断基準. 日腎会誌 47(7);767-769. 2005.
1秋田県成人病医療センター 2旭川医科科大学内科学第二講座 3北里大学医学部内科 5東京女子医科大学糖尿病センター 6東海大学医学部附属病院第七内科 7順天堂大学医学部腎臓内科 8名古屋大学大学院病態内科学講座免疫応答内科 9猿島赤十字病院 10岡山大学大学院医歯薬学総合研究科腎・免疫内分泌代謝内科学

栗原 進、中島洋平、中山伸朗1、大野明彦1、根田 保、大久保智子、渡邉昌樹、犬飼浩一、井上郁夫、粟田卓也、片山茂裕: 大腸菌由来ヒト中間型インスリン製剤開始後、肝機能障害をきたした1型糖尿病の1例. プラクティス 22(4);445-448. 2005.
1埼玉医科大学内科学 消化器・肝臓内科部門

栗原 進、粟田卓也、大久保智子、犬飼浩一、片山茂裕:劇症1型糖尿病7症例の臨床的および遺伝学的検討. 糖尿病第48巻 Supplement1、A33-A36、2005

井上郁夫、金沢健太、山口香壽美、栗原 進、後藤誠一、片山茂裕、篠田雄一、山崎望人:肥満糖尿病患者に対するフォーミュラ食を用いた低エネルギー食療法の意義. 肥満研究 11(3): 275-282、2005.

2004年

井上郁夫、金沢健太、山口香壽美、月岡稔雄、後藤誠一、片山茂裕:中等~重症の高コレステロール血症に対するシンバスタチン高用量投与の効果. Progress in Medicine 24(9):2318-2319、2004.

井上郁夫:ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)のステロイドレセプター活性化補助因子ー1(SRC-1)を介する、ベザフィラートのPPARパンアゴニストとしての側面. Ther Res  25(11): 2179-2183, 2004.

井上郁夫、荒木信夫、澤田雅彦、浅野賀雄、古屋大典、島津智一、名古屋春満、山里将瑞、片山茂裕、島津邦男:WisterラットおよびOLETFラットにおけるPPARの脳虚血・再灌流時の変化. 脳循環代謝 16: 51-52, 2004.

大久保智子、岨 真奈美、泉田太郎、進藤靖史、大熊 彩、横田千津子、井上郁夫、片山茂裕:重症筋無力症を伴った家族性高コレステロール血症の1例. 日本内分泌学会雑誌 80 Suppl: 98-100、2004.


2017年

【知って得するケトン体の不思議-ケトン体:敵か、味方か?-】
1型糖尿病におけるケトアシドーシスの成因・病態・治療 (解説/特集)
大久保 佳昭 (東京歯科大学市川総合病院 内科), 島田 朗
プラクティス (0289-4947)34巻1号 Page21-26 (2017.01)

【糖尿病治療の個別化-個々の症例にベストな治療とは】
糖尿病総論 糖尿病の診断 (解説/特集)
大久保 佳昭 (東京歯科大学市川総合病院 内科糖尿病・内分泌センター), 島田 朗
内科 (0022-1961) 119巻1号 Page31-36(2017.01)

【糖尿病治療の個別化-個々の症例にベストな治療とは】 1型糖尿病の疫学 (解説/特集)
及川 洋一 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 島田 朗
内科 (0022-1961) 119巻1号 Page11-15(2017.01)

【低血糖-診療の現場からとらえ直す】 
糖尿病の治療と低血糖 無自覚低血糖の医学的側面と社会的側面 (解説/特集)
及川 洋一 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 島田 朗
糖尿病診療マスター (1347-8176) 15巻2号 Page120-125(2017.02)

波多野 雅子, 一色 政志, 片山 茂裕: 【低血圧の診断と治療】 二次性低血圧 糖尿病性. 血圧 24(11):774-777,2017

及川 洋一, 島田 朗: 【多彩な糖尿病治療薬をどのように使い分ける?】1型糖尿病の治療がこう変わった 1型糖尿病のインスリン頻回注射療法 新しい進歩は?. カレントテラピー 35(11):1018-1024,2017

安田 重光: ガイドラインの更なる普及のためには分類の簡易化が必要. Diabetes Strategy 7(3):114-115,2017

植木 浩二郎, 羽田 勝計, 野田 光彦, 横手 幸太郎: 高齢者糖尿病の血糖管理目標の分類は本当に実用的なのか?. Diabetes Strategy 7(3):99-110,2017

一色 政志: 【私のこだわりの降圧治療薬の使い方-専門家はこの降圧薬を使う】 Ca拮抗薬. 血圧 24(7):460-465,2017

及川 洋一, 島田 朗: 【糖尿病の治療と合併症の最近の話題】 1型糖尿病の合併症に関する最近の話題. 成人病と生活習慣病 47(4):424-431,2017

片山 茂裕, 波多野 雅子, 野口 雄一, 一色 政志: 【糖尿病患者の腎機能障害】 高血圧性腎硬化症を合併した糖尿病患者の腎機能障害の特徴. 内分泌・糖尿病・代謝内科 44(3):185-189,2017

野田 光彦, 辻本 哲郎: 大規模臨床試験のエビデンス 私はこうみる ACCORD試験のサブ解析から見えてくるもの. 臨床医のための循環器診療(26)53-54,2017

及川 洋一, 島田 朗: 新しいGAD抗体アッセイと測定法の変更に伴う臨床上の注意点. 内分泌・糖尿病・代謝内科 44(2):159-163,2017

2016年

GAD抗体測定法の変更と臨床上の注意点(解説)
及川 洋一 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 島田 朗
Diabetes Journal: 糖尿病と代謝 (0303-6057) 44巻4号 Page170-174 (2016.12)

【DPP-4阻害薬を極める~有効性と安全性を踏まえた適正使用に向けて~】
1型糖尿病、とくに緩徐進行1型糖尿病におけるDPP-4阻害薬の可能性 (解説/特集)
税所 芳史 (慶応義塾大学 医学部腎臓内分泌代謝内科), 粟田 卓也, 保川 信行, 島田 朗
月刊糖尿病 8巻12号 Page85-1

1型糖尿病はどのようにして発症するのか 劇症1型糖尿病と妊娠を中心に (解説)
島田 朗 (埼玉医科大学 内分泌糖尿病内科)
糖尿病と妊娠 (1347-9172) 16巻2号 Page172-173(2016.08)

【迫りくる低血糖~糖尿病治療に伴う低血糖の危険性~】 1型糖尿病における低血糖の
特徴(解説/特集)
大久保 佳昭 (東京歯科大学市川総合病院 内科糖尿病・内分泌センター), 島田 朗
月刊糖尿病 8巻9号 Page36-42 (2016.09)

1型糖尿病の基礎研究 1型糖尿病の病態に関わるサイトカイン・ケモカイン(解説)
及川 洋一 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 島田 朗
Diabetes Frontier (0915-6593) 27巻5号 Page635-642 (2016.10)

Hand-foot syndromeに対するフットケア介入の改善効果 (原著論文)
沖杉 真理 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 富田 益臣, 香月 健志,
及川 洋一, 上口 茂徳, 高橋 幸子, 島田 朗
日本フットケア学会雑誌 (2187-7505) 14巻2号 Page62-67 (2016.07)

糖尿病の療養指導 Q&A 免疫チェックポイント阻害薬に関連した1型糖尿病の発症(Q&A)
及川 洋一 (東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科), 島田 朗
プラクティス (0289-4947)33巻4号 Page484-487(2016.07)

【糖尿病を診る ポケット検査事典】 免疫 抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ抗体
(抗GAD抗体) (解説/特集)
島田 朗 (埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科)
プラクティス(0289-4947)別冊糖尿病を診るポケット検査事典 Page32 (2016.05)

Basal-Bolusインスリン療法2型糖尿病におけるリナグリプチン追加投与の有効性
(原著論文)
堀井 剛史 (東京都済生会中央病院 薬剤部), 壁谷 悠介, 富田 益臣, 香月 健志,
及川 洋一, 清水 淳一, 島田 朗
プラクティス (0289-4947)33巻3号 Page367-371(2016.05)

糖尿病治療薬と癌リスク(解説)
能登 洋 (聖路加国際病院 内分泌代謝科), 野田 光彦
Diabetes Journal: 糖尿病と代謝 (0303-6057) 44巻2号 Page92-95 (2016.06)

一色 政志: 【主治医として診る高血圧診療】 臨床試験から学ぶこと SPRINT試験,ACCORD試験,Look AHEAD研究,DASH試験. Medicina 53(11):1818-1821,2016

及川 洋一: 【糖尿病を診る ポケット検査事典】 負荷試験 絶食試験. プラクティス 別冊(糖尿病を診るポケット検査事典):61-62,2016

及川 洋一: 【糖尿病を診る ポケット検査事典】 免疫 抗インスリン受容体抗体. プラクティス 別冊(糖尿病を診るポケット検査事典):46,2016

及川 洋一: 【糖尿病を診る ポケット検査事典】 免疫 ヒト白血球抗原(HLA). プラクティス 別冊(糖尿病を診るポケット検査事典):44-45,2016

及川 洋一: 【糖尿病を診る ポケット検査事典】 免疫 膵島細胞質抗体(ICA). プラクティス 別冊(糖尿病を診るポケット検査事典):43,2016

安田 重光: 糖尿病患者における骨粗鬆症の治療. 新薬と臨牀 65(8):1076-1081,2016

安田 重光: 【骨粗鬆症の診断と治療update】 骨粗鬆症と生活習慣病 糖尿病. Bone Joint Nerve 6(1):145-151,2016

及川 洋一, 島田 朗: 【代謝内分泌】 糖尿病ケトアシドーシス(DKA)/高浸透圧高血糖症候群(HHS) 主病態ならびに初期対応が異なる高血糖緊急症. Hospitalist 4(1):11-22,2016

後藤 温, 能登 洋, 野田 光彦, 植木 浩二郎, 春日 雅人, 田嶼 尚子, 大橋 健, 堺 隆一, 津金 昌一郎, 浜島 信之, 田島 和雄, 今井 浩三, 中釜 斉: 糖尿病と癌に関する委員会報告(第2報). 糖尿病 59(3):174-177,2016

津金 昌一郎, 野田 光彦: 【新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理をめざして-】 日本人患者を対象とした糖尿病大規模臨床研究 JPHCスタディ 糖尿病とがん、循環器疾患、および死亡リスクとの関連. 日本臨床 74(増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)):667-671,2016

野田 光彦, 泉 和生: 【新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理をめざして-】 糖尿病治療 概論 糖尿病受診中断の現状と対策. 日本臨床 74(増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)):447-454,2016

及川 洋一, 島田 朗: 【新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理をめざして-】 糖尿病の疾患概念・成因・病型分類・臨床的特徴・治療法 1型糖尿病 1型糖尿病治療法概論. 日本臨床 74(増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)):294-300,2016

及川 洋一, 島田 朗: 糖尿病の療養指導 GAD抗体の新しい検査法 GAD抗体の検査法が変更されましたが、その内容や結果の解釈も含め、具体的に教えてください. プラクティス 33(2):229-231,2016

大久保 佳昭, 島田 朗: 【糖尿病の新規治療薬-そのポジショニングと治療への展望-】 持効型溶解インスリンの新しい製剤 1型糖尿病治療へのインパクト. プラクティス 33(1):20-26,2016

島田 朗: 【糖尿病治療薬Update-適正使用に向けて】 1型糖尿病への対応 GAD抗体陽性インスリン非依存状態の症例への対応. Medicina 53(1):102-105,2016

2015年

粟田卓也:1型糖尿病に関連した遺伝子研究の歴史と最近の流れ.月刊糖尿病.7(5):76-86,2015.

粟田卓也:緩徐進行1型糖尿病の病態と成因.最新医学.70 (増刊号):549-563,2015.

2014年

井上郁夫:脂質異常症予防とトクホ.カレントテラピー.32 (9):915-920,2014.

粟田卓也:インスリン製剤とGLP-1受容体作動薬開発の歴史.月刊糖尿病. 6 (9):11-18, 2014.

片山 茂裕, 野口 雄一, 波多野 雅子:年齢・合併症を考慮した降圧目標.糖尿病57 (7):501-503, 2014.

小林 哲郎, 難波 光義, 黒田 暁生, 松久 宗英, 山田 研太郎, 今村 洋一, 金重 勝博, 浜口 朋也, 川村 智行, 佐藤 譲, 高橋 和眞, 丸山 太郎, 西村 理明, 勝野 朋幸, 楠 宜樹, 清水 一紀, 柳澤 克之, 粟田 卓也, 雨宮 伸, 日本先進糖尿病治療研究会:日本先進糖尿病治療研究会によるCSIIおよびCGMに関するステートメント.糖尿病. 57 (6): 403-415, 2014.

曽根 博仁, 田中 司朗, 片山 茂裕, 山下 英俊, 赤沼 安夫, 山田 信博:糖尿病大血管症の予防・治療を目指した新しい治療戦略 糖尿病と脳・心血管イベント Japan Diabetes Complications Study(JDCS)からのメッセージ.糖尿病合併症.28 (1):59-65, 2014.

守屋 達美 (北里大学健康管理センター), 川崎 良, 曽根 博仁, 山下 英俊, 片山 茂裕:日本発臨床研究の紹介と反省点を語る 日本人2型糖尿病における顕性アルブミン尿発症と腎機能低下に対する糖尿病網膜症および微量アルブミン尿の影響 JDCSサブ解析から.日本内科学会雑誌.103 (4):987-993, 2014.

粟田卓也:臨床糖尿病マニュアル 改訂第3版(書評).内科. 114 (3):484, 2014.

片山 茂裕:【臨床医学の展望2014】 糖尿病・内分泌代謝学.日本医事新報.4684:30-35, 2014.

粟田卓也:1型糖尿病の遺伝素因.ホルモンと臨床. 60 (11):933-941, 2014.

2013年

田中 昌一郎, 大森 正幸, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川崎 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 岩橋 博見, 三浦 順之助, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎, 日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会:緩徐進行1型糖尿病 (SPIDDM) の診断基準 (2012) 1型糖尿病調査研究委員会(緩徐進行1型糖尿病分科会)報告.糖尿病.56 (8):590-597, 2013.

西村 重敬, 野口 雄一, 村松 俊裕, 栗原 進, 森本 義博, 粟田 卓也:早朝高血圧に対するアジルサルタンの可能性. Therapeutic Research.34 (8):1015-1020, 2013.

片山 茂裕:糖尿病合併高血圧の治療.腎と透析.75 (2):207-211, 2013.

野口 雄一, 浅山 敬, 大久保 孝義, 片山 茂裕, 今井 潤:糖尿病患者の高血圧治療計画と降圧目標 日本のエビデンス1 HOMED-BP研究.月刊糖尿病.5 (8):31-40, 2013.

波多野 雅子, 片山 茂裕:降圧薬の選択 インクレチン関連薬の降圧作用とACE阻害薬による血管浮腫の増強作用.月刊糖尿病.5 (8):96-101, 2013.

片山 茂裕:糖尿病患者の高血圧治療計画と降圧目標 ガイドラインにおける糖尿病患者の高血圧治療アルゴリズム.月刊糖尿病.5 (8):51-57, 2013.

川﨑英二、丸山太郎、今川彰久、粟田卓也、池上博司、内潟安子、大澤春彦、川畑由美子、小林哲郎、島田 朗、清水一紀、高橋和眞、永田正男、牧野英一、花房俊昭:急性発症1型糖尿病の診断基準 (2012)の策定 -1型糖尿病調査研究委員会 (劇症および急性発症 1 型糖尿病分科会) 報告-.糖尿病.56 (8):584-589, 2013.

粟田卓也:理想的な二相性インスリン製剤を目指して―溶解性の配合インスリンアナログ製剤の誕生―.DITN 422:6-7、2013.

粟田卓也:新世代の持効型インスリン製剤の誕生.DITN 420:5、2013.

片山 茂裕:レニン・アンジオテンシン系阻害薬を再考する 併用治療の功罪の面から.Diabetes Frontier.24(2):137-147, 2013.

片山 茂裕:ROADMAP ARBによる糖尿病患者の微量アルブミン尿発症予防.医学のあゆみ.244 (11):991-992, 2013.

片山 茂裕:インスリン抵抗性から糖尿病腎症へ.血圧. 20(1):151, 2013.

波多野 雅子, 片山 茂裕:インクレチン関連薬の降圧作用とACE阻害薬による血管浮腫の増強作用.血圧. 20 (1):49-54, 2013.

片山 茂裕:130/80mmHg未満という厳格な降圧目標は低すぎるのではないか?血圧.20 (1):20-23, 2013.

片山 茂裕:合併症対策 糖尿病合併高血圧.医学と薬学.71 (1):81-89, 2013.

粟田卓也:脂肪酸が付いた持効型インスリン製剤の誕生.DITN 418:6-7、2013.

井上郁夫:フィブラート系薬. 日本臨牀71巻 増刊号3:553~571、2013.

井上郁夫:これからのフォーミュラー食利用. 日本臨床栄養学会雑誌35:2-6,2013.

2012年

粟田卓也:持効型溶解インスリン製剤の誕生.DITN 416:5、2012.

今川 彰久, 花房 俊昭, 粟田 卓也, 池上 博司, 内潟 安子, 大澤 春彦, 川崎 英二, 川畑 由美子, 小林 哲郎, 島田 朗, 清水 一紀,高橋 和眞, 永田 正男, 牧野 英一, 丸山 太郎, 1型糖尿病調査研究委員会劇症および急性発症1型糖尿病分科会:1型糖尿病調査研究委員会報告 劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012).糖尿病55 (10):815-820, 2012.

粟田卓也:超速効型インスリン製剤の誕生―インスリンアナログの時代へ―.DITN 414:4、2012.

粟田卓也:新たなインスリンを求めて―単量体インスリンの開発―.DITN 412:6、2012

粟田卓也:薬剤による1型糖尿病の予防.カレントテラピー 30 (7):704-705、2012.

粟田卓也、山下富都:1型糖尿病遺伝子解析の最新情報.月刊糖尿病4 (9):120-130、2012.

粟田卓也:1型糖尿病の遺伝因子~特に日本と欧米の共通点・相違点について~.Diabetes Forntier 23 (3):267-278、2012.

井上郁夫:脂質異常症の治療 陰イオン交換樹脂薬.診断と治療. 100 (12)、2012. :2057-2063, 2012.

井上郁夫:脂肪酸とPPARと時計遺伝子.脂質栄養学誌. 21 (1):7-15, 2012.

粟田卓也:遺伝子工学によるヒトインスリン製剤.DITN 409:5、2012.

粟田卓也:ヒトインスリンを目指して 半合成ヒトインスリン製剤の開発.DITN 407:5、2012.

2011年

粟田卓也:インクレチン関連薬の可能性.月刊糖尿病3 (12) :113-121, 2011.

粟田卓也:動物インスリンとハーゲドンの時代.DITN 404:4、2011.

粟田卓也:治療薬としてのインスリンの誕生.DITN 402:6、2011.

粟田卓也:インスリンの発見.DITN 399:6、2011.

井上郁夫:最近話題の脂肪酸に強くなる 薬物療法は?.Q&Aでわかる肥満と糖尿病10 (6):894-897,2011.

保川信行、粟田卓也:各種混合インスリン製剤の血糖制御効果に差はありますか.糖尿病レクチャー2 (3):542-550, 2011.

小野 啓:中枢神経のインスリン作用と糖尿病. International Review of Diabetes 3 (2):28-31, 2011.

井上郁夫:ポリアクリルアミドゲルディスク電気泳動 (PAGE) 法のスゝメ.日本医事新報 4527:51-58, 2011.

粟田卓也:メタクト配合錠 メタクト配合錠の血糖降下作用と有用性について教えてください. Q&Aでわかる肥満と糖尿病10(2):254-256, 2011

粟田卓也:糖尿病網膜症の疾患感受性遺伝子 どこまでわかったのか? 血圧18 (2):140-143, 2011

2010年

粟田卓也:緩徐進行1型糖尿病におけるインクレチン関連薬の可能性~進展防止、さらには治癒に向けて~. DITN 392:4,2010.

片山茂裕:糖尿病における高血圧治療, Angiology Frontier 9 (1):42-46、2010.

片山茂裕:糖尿病合併高血圧の血糖厳格管理の意義. 血圧17 (5): 396-400、2010.

片山茂裕:血圧管理の意義と治療指針. 日本臨床68 (5): 898-902、2010.

片山茂裕:糖尿病. カレントテラピー 28 (7):634-638、2010.

片山茂裕:糖尿病患者の高血圧の治療, 日本臨床内科医会会誌25 (1):67-70、2010.

片山茂裕:特集「糖尿病の合併症-高血圧管理と薬物治療」 7.高血圧薬物治療-糖代謝より. 月刊糖尿病2 (1):57-61、2010.

片山茂裕:特集「糖尿病と大血管障害」 III-6.血圧管理. 月刊糖尿病2 (9):109 -114、2010.

粟田卓也:インスリンアナログ製剤の薬理学的特徴と有効性、安全性 月刊糖尿病 2 (6):21-32,2010

粟田卓也:2型糖尿病の血糖日内変動とは?2型糖尿病の血糖日内変動について教えて下さい Q&Aでわかる肥満と糖尿病 9 (2):239-242,2010

犬飼浩一:Physician's Therapy Manual(PTM) 長期的視点から考えた新たな糖尿病治療戦略:DPP-4阻害薬の位置づけ 日本メディス株式会社 2010、10月号

犬飼浩一:カレントテラピー インスリン抵抗性改善薬 ライフメディコム 2010、11月号

2009年

片山茂裕:糖尿病をともなう高血圧. からだの科学 261:122-125, 2009.

片山茂裕:糖尿病合併高血圧におけるCa拮抗薬、ACE阻害薬併用療法. 血圧16 (5): 390-391、2009.

片山茂裕:高血圧学会・糖尿病学会合同委員会のガイドラインJSH2009. Diabetes Journal 37 (4): 29-32、2009.

片山茂裕:高血圧症. カレントテラピー27 (4):37-41、2009.

片山茂裕:糖尿病患者における高血圧治療ガイドライン.  Diabetes Frontier 20 (6):674-677、2009.

片山茂裕:大きく変わった糖尿病患者の高血圧の治療. 医学のあゆみ230 (5):364-368、2009.

片山茂裕:糖尿病腎症の寛解を目指した降圧治療. 東京都医師会雑誌 62 (5): 358-371、2009.

片山茂裕:メタボリックシンドロームに至る概念の変遷. MB Med Reha107:1-5、2009.

片山茂裕:多価不飽和脂肪酸と疾患5 「高血圧」. 治療学43 (8):53-55、2009.

片山茂裕:メタボリックシンドロームとCKDの発症リスク. 腎と透析67 (2):153-155、2009.

山本仁至、片山茂裕 :高血圧上、基礎編 ―XI 降圧薬の臓器保護に関する最新知見-抗アルドステロン薬. 日本臨床67 (6):613-617、2009.

片山茂裕:高血圧下、臨床編 ―V 臓器障害進展予測検査の進歩―酸化ストレス. 日本臨床67 (7):202 -205、2009.

片山茂裕:高血圧下、臨床編 ―VII 合併症を伴った高血圧の治療―糖尿病. 日本臨床67 (7):427-430、2009.

片山茂裕:特集「糖尿病患者の血圧管理」2.高血圧治療ガイドライン2009. 糖尿病
52 (9):741-743、2009.

粟田卓也:1型糖尿病の成因 non-HLA 月刊糖尿病 1 (6):24-30,2009

野口雄一、片山茂裕:糖尿病や肥満にみられる高血圧は二次性高血圧か. Modern Physician 29-4 :461-465 、2009.

皆川晃伸、片山茂裕:甲状腺機能異常症と糖・脂質代謝異常. 総合臨床 58-7:1583-1586、2009.

2008年

片山茂裕:メタボリックシンドロームと高血圧-特定健診・特定保健指導への関わり. 日本医師会雑誌 137 (8):1667-1671、2008.

粟田卓也:【1型糖尿病の新展開】 1型糖尿病の成因 遺伝因子 (HLA以外)
Diabetes Frontier (0915-6593)19(2)pp174-179、2008.

井上郁夫:脂質代謝のメカニズム. トリグリセライド 臨床栄養 113: 400-409, 2008.

片山茂裕:高血圧と糖尿病.月刊ナーシング 28 (3):14-19、2008.

野口雄一、片山茂裕:降圧薬治療中に糖尿病が発見されたら.血圧 15 (3):243-247、2008.

片山茂裕:CKDとmetabolic syndrome. Medical Practice 25 (2):283-286、2008.

山口雅子、片山茂裕:糖代謝. ホルモンと臨床 56 (4):411-417、2008.

過去の総説


2016年

なし(集計中)

2015年

粟田卓也:インスリン(IRI)、プロインスリン、C-ペプチド(CPR).臨床検査ガイド2015〜2016.印刷中、文光堂、東京、2015.

粟田卓也:低血糖の対応.糖尿病治療のニューパラダイム第3巻:薬物療法の実践〜インスリンを中心に〜(池上博司編集).pp98-108、医薬ジャーナル社、大阪、2015.

2014年

栗原 進:有害事象と乳癌薬物療法 各種専門医にきく乳癌薬物療法ケースファイル(佐伯俊昭編集)、南江堂 .pp221-230、東京、2014.

片山 茂裕, 野口 雄一:ライフステージ・タイプ別の高血圧の治療・管理 合併症を有する高血圧 糖尿病.日本臨床72巻増刊号6(最新臨床高血圧学).pp463-468、日本臨牀社、東京、2014.

粟田卓也:RAGEの遺伝子多型とリガンドについて教えてください.アンチエイジングのための100の質問.メディカルレビュー社、東京、pp50-51、2014.

粟田卓也:低血糖への対応、インスリンポンプ療法マニュアル ~CSII導入・活用のための手引き~ 改訂第2版(小林哲郎、難波光義編集)、南江堂、東京、pp125-131、2014.

保川信行、粟田卓也:CGMを使用したCSII療法の実際、インスリンポンプ療法マニュアル ~CSII導入・活用のための手引き~ 改訂第2版(小林哲郎、難波光義編集)、南江堂、東京、pp87-91、2014.

2013年

粟田卓也:インスリン製剤の変遷をたどる.メディカルジャーナル社、東京、全34ページ(単著).2013.

井上 郁夫:脂質異常症・動脈硬化症の治療 薬物治療の選択基準および使用上の留意点 フィブラート系薬.日本臨床71巻増刊号3(脂質異常症).pp553-571、日本臨牀社、東京、2013.

粟田卓也:インスリン(IRI)、プロインスリン.臨床検査ガイド2013〜2014.pp470-475、文光堂、東京、2013.

粟田卓也:インスリン療法:1型糖尿病.糖尿病最新の治療 2013-2015.pp121-126、南江堂、東京、2013.

2012年

粟田卓也:小児1型糖尿病とインクレチン関連薬.小児・思春期糖尿病の対応マニュアル.pp194-200、中山書店、東京、2012.

井上郁夫:家族性複合型高脂血症(FCHL). 日本臨牀、先天代謝異常症候群(下)(別冊号)63-78,2012.

粟田卓也:糖尿病大血管症の発症にかかわる遺伝子多型について教えてください.「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問.pp92-93、メディカルレビュー社、東京、2012.

粟田卓也:糖尿病腎症の発症にかかわる遺伝子多型について教えてください.「糖尿病と血管合併症」に関する100の質問.pp90-91、メディカルレビュー社、東京、2012.

粟田卓也:急性発症典型1型糖尿病.日本臨床70巻増刊号3(最新臨床糖尿病学・上).pp358-364、日本臨牀社、大阪、2012.

2011年

井上郁夫、片山茂裕:メタボリックシンドロームにおけるサプリメント(機能性食品) フォーミュラ食の有用性.日本臨牀増刊号(メタボリックシンドローム第2版)pp530-537、日本臨牀社、大阪、2011.

粟田卓也:インスリン(IRI)、プロインスリン.臨床検査ガイド2011〜2012.pp459-464、文光堂、東京、2011.

2010年

粟田卓也:インスリン. 糖尿病研修ノート(門脇孝編). pp164-168、診断と治療社、東京、2010.

粟田卓也:糖尿病の治療法. 家庭医学大全科六訂版(高久史麿ら監修). pp2135-2147、法研、東京、2010.

粟田卓也:肥満症. 家庭医学大全科六訂版(高久史麿ら監修). pp2147-2158、法研、東京、2010.

片山茂裕:糖尿病を合併した高血圧のエビデンス.糖尿病ナビゲーター(第2版)(門脇 孝編). pp 294-295、メディカルレビュー社、東京、2010.

片山茂裕:原発性アルドステロン症. 今日の治療指針(山口 徹、北原光夫、福井次矢編). P631、医学書院、東京、2010.

粟田卓也:1型糖尿病の疾患感受性遺伝子(HLA以外) 糖尿病ナビゲーター pp21-32,2010.

粟田卓也・栗原進:糖尿病 図説 臨床看護医学 デジタル版「代謝」 2010.

粟田卓也:持続皮下インスリン注入療法(CSII) 糖尿病 最新の治療 南江堂 pp122-127,2010.

犬飼浩一:脳の循環 脳卒中診療医にとって必要な糖尿病の診断と治療 メディカルレビュー社 pp135-135,2010.

犬飼浩一:内分泌栄養代謝コアカリキュラムテキスト 肥満症とメタボリックシンドローム 印刷中

2009年

片山茂裕:高血圧. 糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第4版)(日本糖尿病学会編). pp 242-246、診断と治療社、東京、2009.

片山茂裕:糖尿病腎症. 今日の治療指針(山口 徹、北原光夫、福井次矢編). Pp449-450、医学書院、東京、2009.

片山茂裕:副腎性器症候群. 今日の治療指針(山口 徹、北原光夫、福井次矢編). P578、医学書院、東京、2009.

片山茂裕:α遮断薬. ファーマナビゲーターβ遮断薬編(小室一成編). pp148-151、メディカルレビュー社、東京、2009.

片山茂裕:糖尿病を有する高血圧. 高血圧治療ハンドブック(浦信行編). pp 196-199、羊土社、東京、2009.

片山茂裕:ペントシジン.臨床検査ガイド2009-2010(Medical Practice編集員会編).  pp 200-201、文光堂、東京、2009.

片山茂裕:下垂体-副腎皮質異常症. 疾患と治療薬(改訂第6版)-医師・薬剤師のためのマニュアル(大内尉義、伊賀立二、小瀧 一編).  pp 407-416、南江堂、東京、2009.

片山茂裕:血圧測定と評価-治療対象と降圧目標. 患者抄録で究める循環器病シリーズ1 高血圧(小室一成編). pp 34-36、羊土社、東京、2009.

片山茂裕:コレステロールとステロイドホルモンの合成. コレステロール-基礎から臨床へ(寺本民生編). pp 56-59、ライフサイエンス出版、東京、2009.

片山茂裕:糖尿病を伴った高血圧とβ遮断薬. β遮断薬のすべて(第3版)(荻原俊男、築山急一郎、松崎益徳、島田和幸編). pp 225-230、先端医学社、東京、2009.

片山茂裕:ADVANCE. DATA UPDATE-Cardiovasular(第4版)(小川 聡、倉林正彦、小室一成、楽木宏美編). pp 254-255、先端医学社、東京、2009.

片山茂裕・埼玉医科大学薬剤部:内分泌代謝疾患処方例. 主要内科疾患投薬処方スタンダード((富野康日己編).  pp 421-521、医歯薬出版株式会社、東京、2009.

片山茂裕:高血圧. 糖尿病最新の治療2010-2012(河盛隆造、岩本安彦編). pp 225-229、南江堂、東京、2009.

粟田卓也:糖尿病研究の将来展望 遺伝子 糖尿病学の進歩2009 pp1-6,2009.

犬飼浩一:メタボリックシンドロームとリハビリテーション アディポサイトカイン 全日本病院出版会 pp10-14,2009.

犬飼浩一:月刊糖尿病 インスリン療法のステップアップ 医学出版 pp12-15,2009.

犬飼浩一:循環器ケアのトレーニングブック 糖尿病 MCメディカル出版 pp96-97,2009.

小野啓:視床下部S6キナーゼと糖代謝・摂食調節 分子糖尿病学の進歩2009基礎から臨床まで 金原出版 pp59-65,2009.

2008年

片山茂裕:性腺機能低下症. 今日の治療指針(山口 徹、北原光夫、福井次矢編). P586、医学書院、東京、2008.

片山茂裕:糖尿病合併時の薬物治療. 糖尿病を伴う高血圧のガイドライン.
高血圧ナビゲ−タ− 第2版(熊谷裕生、小室一成、堀内正嗣、森下竜一編集)
pp296-297、pp312-313、2008.

片山茂裕:高血圧発症を防ぐ対策ならびにメタボリックシンドロ−ムを呈する高血圧患者への対応. メタボリックシンドロ−ムリスク管理のための健診・保健指導ガイドライン(門脇 孝、島本和明、津下一代、松澤佑次編集)南山堂
pp177-183、2008.

片山茂裕:糖尿病と高血圧. 糖尿病セミナ− (後藤由夫監修、片山茂裕編集)
創新社 2008.

片山茂裕:α1遮断薬. 心血管疾患診療のエクセレンス(矢崎義雄監修 相澤義房、今泉 勉、島本和明、友池仁暢、永井良三、松崎益徳編集 山崎 力編集協力)日本医師会誌第137巻特別号(1)pp S228-S231、2008.

井上郁夫:ヘマクロマトーシス. TODAY’S THERAPY 2008 今日の治療指針. 山口 徹、他(総集編)、医学書院、東京、pp560-561、2008.

井上郁夫.:エゼチミブの作用と効果. Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2008.
金沢康徳、武谷雄二、関原久彦、山田信博(編)、中外医学社、東京、pp88-103, 2008.

井上郁夫: PPARs. キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp88-92、2008.

片山茂裕:腎実質性高血圧 2.糖尿病腎症.最新医学 別冊新しい診断と治療のABC 53, pp128-135、2008.

井上郁夫: リポフォー. キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp161-163、2008.

井上郁夫: 脂質異常症の診断基準と管理目標. キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp216-219、2008.

井上郁夫. フォーミュラー食. キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp276-282、2008.

井上郁夫:HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン). キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp300-307、2008.

井上郁夫:フィブラート. キーワードでわかる! メタボリックシンドローム.片山茂裕(編)、中外医学社、東京、pp308-312、2008.

粟田卓也:1型糖尿病の成因と病態. 糖尿病の病態・治療・予防と看護(梶尾 裕、石本洋子編集)、メデイカルフレンド社、東京、pp20-26,2008.

犬飼浩一:レジスチン 新時代の糖尿病学第1版 日本臨床社 pp471-474,2008.

犬飼浩一・片山茂裕:グリタゾン系薬物・ビグアナイド系薬物、SU薬の長期コントロールの比較研究 大規模臨床試験 日本臨床社 pp685-60、2008.

犬飼浩一:スルホニルウエラ尿素薬種類とその特徴 新時代の糖尿病学第3版 日本臨床社 pp236-242,2008.

犬飼浩一・片山茂裕:肥満とその関連遺伝子 成人病と生活習慣病 東京医学社 pp1133-1136、2008.

犬飼浩一:キーワードでわかるメタボリックシンドローム 中外医学社 2008.

犬飼浩一:3-5糖尿病とアディポネクチン受容体、アディポネクチンとその受容体 フジメディカル出版 2008.

犬飼浩一:5-2アンギオテンシン受容体拮抗薬、アディポネクチンとその受容体 フジメディカル出版 2008.

粟田卓也:低血糖時の対応、インスリンポンプ療法マニュアル 〜SCII導入・活用のための手引き〜 (小林哲郎、難波光義編集)、南江堂 pp97-103、2008.

過去の著書

2017年

1. Noda M. The Japanese experience (in symposium “East-West Forum: diabetes outcome trends”). 53rd Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, Lisbon, Portugal, 2017

2. Noda M. Clinical practice guideline for the treatment of diabetes in Japan - concept and essence (in symposium “International clinical practice guidelines for diabetes mellitus; NICE, IDF, AACE, JDS, and KDA”). 2017 International Congress of Diabetes & Metabolism, Seoul, Korea, 2017

3.Oikawa Y, Yajima K, Hashiguchi A, Shimada A. Immunological Significance of CD4+ T-Cells in Acute-Onset Type 1 Diabetes Characterized by CD4+ T-Cells–Dominant Insulitis. 76th American Diabetes Association Scientific Sessions, San Diego, California, USA, 2017

4.Shimada A, Satomura A, Miyashita Y, Oikawa Y, Inoue I, Noda M. Insulin Peptide Reactive T-Cells Detected in Ketosis-Prone Type 2 Diabetes. 76th American Diabetes Association Scientific Sessions, San Diego, California, USA, 2017

2017年

1. 橋本 塁, 小林 清香, 羽澄 恵, 浅原 哲子, 野田 光彦, 佐藤 俊哉, 伊藤 弘人: 双極性障害の合併による2型糖尿病における血糖コントロールおよび腎機能への影響. 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報(30)232,2017

2. 里村 敦, 飯田 慎一郎, 斎藤 太吾, 波多野 雅子, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: メチラポン投与により治療に難渋した異所性ACTH症候群疑いの一例. 日本内分泌学会雑誌 93(2):590,2017

3. 水谷 元, 井内 卓次郎, 里村 敦, 矢野 裕也, 佐藤 晴彦, 中島 理津子, 波多野 雅子, 安田 重光, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: バセドウ病治療開始後に1型糖尿病を発症し治療に難渋した症例. 日本内分泌学会雑誌 93(2):581,2017

4. 船登 智將, 引間 雄介, 矢野 裕也, 住田 崇, 波多野 雅子, 安田 重光, 井下 尚子, 山田 正三, 一色 政志, 野田 光彦, 島田 朗: 下垂体巨大腺腫からSubclinical Cushing病を来した症例. 日本内分泌学会雑誌 93(2):550,2017

5. 佐藤 晴彦, 井内 卓次郎, 矢野 裕也, 柳澤 慎之介, 安田 重光, 野田 光彦, 島田 朗: 糖尿病ケトーシスによる入院を契機に発見されたクラインフェルター症候群の一例. 糖尿病合併症 31(Suppl.1):380,2017

6. 沖杉 真理, 香月 健志, 及川 洋一, 加藤 清恵, 河合 俊英: 疫学・その他 当院における糖尿病外来の診療の質の評価. 糖尿病合併症 31(Suppl.1):323,2017

7. 高橋 枝里, 久保田 浩之, 姜 美子, 梶尾 裕, 岩田 和希子, 奥村 彰規, 野田 光彦, 武城 英明, 鏑木 康志: 肥満・MetS・脂肪細胞 2型糖尿病患者における血清可溶性受容体sLR11濃度の検討. 糖尿病合併症 31(Suppl.1):309,2017

8. 安田 重光, 後藤 温, 片野田 耕太, 井上 和之, 矢野 裕也, 井内 卓次郎, 飯田 慎一郎, 及川 洋一, 一色 政志, 井上 郁夫, 島田 朗, 野田 光彦: 興味ある症例・その他の合併症 妊娠糖尿病における母体のBMIと児の出生体重の関連性についての検討. 糖尿病合併症 31(Suppl.1):269,2017

9. 伊藤 大輔, 井上 和之, 齊藤 太吾, 住田 崇, 犬飼 浩一, 柳澤 守文, 野田 光彦, 島田 朗: 腎症 2型糖尿病患者に対するイプラグリフロジンの糖尿病腎症及び血圧に対する有効性の検討. 糖尿病合併症 31(Suppl.1):259,2017

10. 石丸 安明, 島田 朗, 野田 光彦, 片山 茂裕: ISO15197;2013施行前後における血糖自己測定器種間差とその精度試験について. 臨床病理 65(補冊):173,2017

11. 栗原 進, 波田 祐生子, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: 肥満2型糖尿病における栄養指導継続とインスリンとリラグルチド併用療法の長期の有用性の検討. 肥満研究 23(Suppl.):193,2017

12. 西本 光宏, 一色 政志, 水野 理介, 丸茂 丈史, 河原崎 和歌子, 鮎澤 信宏, 上田 浩平, 広浜 大五郎, 藤田 敏郎: STIM1は血管内皮細胞においてNO産生を介して血圧調節に関与する. 日本内分泌学会雑誌 92(3):891,2017

13. 齊藤 太吾, 中島 理津子, 波多野 雅子, 野口 雄一, 安田 重光, 一色 政志, 島田 朗, 野田 光彦: 小児喘息の既往のある甲状腺クリーぜ患者に短時間作用型β1選択的遮断薬ランジオロール塩酸塩を使用し改善した1症例. 日本内分泌学会雑誌 92(3):645,2017

14. 香月 健志, 及川 洋一, 菊池 隆秀, 河合 俊英: 慢性骨髄性白血病の経過中にバセドウ病の合併を認め、MMIによる顆粒球減少症の出現が危惧された1例. 日本内分泌学会雑誌 92(3):620,2017

15. 後藤 誠一, 井上 郁夫, 間柴 正二, 山崎 哲資: PCSK9阻害薬、ストロングスタチンなどの薬物治療によるLDL-C超低値とI、V、III型高脂血症などの原発性LDL-C超低値を示す患者比較. 糖尿病 60(Suppl.1):S-460,2017

16. 石丸 安明, 淺野 智子, 大嶋 由加里, 佐藤 富美子, 中村 尚弘, 齋藤 暁美, 関東 裕美, 松澤 義浩, 山田 穂高, 齊藤 智之, 野田 光彦, 島田 朗, 片山 茂裕: ISO2013施行前後における血糖自己測定器種間差の精度試験について. 糖尿病 60(Suppl.1):S-442,2017

17. 本田 律子, 高橋 義彦, 山下 滋雄, 梶尾 裕, 柳内 秀勝, 三島 修一, 吉田 洋子, 河津 捷二, 岩本 安彦, 下川 耕太郎, 吉田 明子, 半田 宣弘, 森 保道, 野田 光彦: 糖尿病患者のデータ収集と分析(第5報) 高齢糖尿病患者処方と血糖コントロールの実態. 糖尿病 60(Suppl.1):S-437,2017

18. 内田 順子, 及川 洋一, 田中 肇, 渥美 義大, 大澤 昌也, 香月 健志, 河合 俊英: SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンによる肝機能の改善効果. 糖尿病 60(Suppl.1):S-407,2017

19. 香月 健志, 田中 肇, 内田 順子, 大澤 昌也, 渥美 義大, 及川 洋一, 河合 俊英: SGLT2阻害薬服用経過中における早期体重変化が糖代謝に与える影響. 糖尿病 60(Suppl.1):S-405,2017

20. 沖杉 真理, 及川 洋一, 加藤 清恵, 松岡 健平, 河合 俊英: 当院における糖尿病外来の診療の質の評価. 糖尿病 60(Suppl.1):S-374,2017

21. 野口 雄一, 水谷 元, 波多野 雅子, 酒井 豪太, 井上 和之, 鈴木 清子, 新井 さえこ, 下地 成子, 安野 伸浩, 田中 政彦, 叶澤 孝一, 片山 茂裕, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: 2型糖尿病患者におけるトホグリフロジン長期投与の有用性の検討 52週投与の解析. 糖尿病 60(Suppl.1):S-355,2017

22. 矢野 裕也, 引間 雄介, 住田 崇, 一色 政志, 野田 光彦, 島田 朗: RIA法で陽性であった抗GAD抗体がELISA法で陰性であり、3年間でインスリン分泌能が低下した症例. 糖尿病 60(Suppl.1):S-354,2017

23. 里村 敦, 齊藤 太吾, 飯田 慎一郎, 小野 啓, 野田 光彦, 島田 朗: GAD抗体陽性の妊娠糖尿病患者に対しインスリンペプチド特異的T細胞反応を評価し得た一例. 糖尿病 60(Suppl.1):S-352,2017

24. 堀井 剛史, 壁谷 悠介, 石田 千香子, 富田 益臣, 及川 洋一: インスリンおよびインスリン分泌作用を有する血糖降下薬は2型糖尿病における低マグネシウム血症のリスクを低下させる. 糖尿病 60(Suppl.1):S-312,2017

25.齋藤 暁美, 石丸 安明, 大嶋 由加里, 佐藤 富美子, 中村 尚弘, 山田 穂高, 淺野 智子, 齊藤 智之, 松澤 義浩, 関東 裕美, 野田 光彦, 島田 朗, 片山 茂裕: 高齢者を含むSGLT2阻害薬の長期投与成績 eGFRやACRとの関連をふまえて. 糖尿病 60(Suppl.1):S-310,2017

26. 栗原 進, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: 肥満2型糖尿病におけるインスリンとリラグルチド併用の長期の有用性の検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-281,2017

27. 酒井 豪太, 小野 啓, 鈴木 徳子, 犬飼 浩一, 住田 崇, 片山 茂裕, 粟田 卓也, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: 肝Foxo1は糖新生律速酵素と独立してインスリンによる糖代謝を制御する. 糖尿病 60(Suppl.1):S-273,2017

28. 高橋 枝里, 久保田 浩之, 本田 律子, 山下 滋雄, 梶尾 裕, 野田 光彦, 鏑木 康志: 尿中afamin量と糖尿病腎症の発症・進展との関連の検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-261,2017

29. 加藤 清恵, 松岡 健平, 高尾 哲也, 湯浅 幸子, 香月 健志, 及川 洋一, 河井 俊英, 高田 明和: 2型糖尿病症例の血中トリプトファン代謝産物の上昇. 糖尿病 60(Suppl.1):S-238,2017

30. 矢島 賢, 及川 洋一, 橋口 明典, 島田 朗: IPMAを合併しCD4陽性T細胞が優位であった1A型糖尿病の膵島炎所見. 糖尿病 60(Suppl.1):S-232,2017

31. 河合 俊英, 香月 健志, 渥美 義大, 大澤 昌也, 内田 順子, 田中 肇, 及川 洋一: 糖尿病患者の「こむら返り」に対する診察室でのストレッチ指導の有効性の検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-220,2017

32. 田中 肇, 内田 順子, 渥美 義大, 大澤 昌也, 香月 健志, 及川 洋一, 河合 俊英: SGLT2阻害薬投与中止後のHt上昇が遷延した1例. 糖尿病 60(Suppl.1):S-178,2017

33. 井内 卓次郎, 安田 重光, 中島 理津子, 水谷 元, 酒井 豪太, 野田 光彦, 島田 朗: 持効型溶解インスリン使用中の糖尿病患者を対象としたグラルギンU-300への切替えによる有効性、安全性と糖尿病治療満足度の検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-161,2017

34. 井上 郁夫, 久保田 亮, 柳 捷凡, 穐田 真澄, 後藤 誠一, 中野 貴也, 野口 雄一, 片山 茂裕, 島田 朗, 野田 光彦: 新しい人工リポ蛋白粒子サイズマーカーによる高脂血症(アポE3/3)患者でのPCSK9阻害薬投与の小型LDL、超小型LDL低下作用. 糖尿病 60(Suppl.1):S-157,2017

35. 及川 洋一, 坂元 久美子, 服部 豊, 島田 朗: 1型糖尿病におけるインスリン関連ペプチド特異的Th1応答の経年的変化. 糖尿病 60(Suppl.1):S-153,2017

36. 中村 祐太, 永井 義夫, 小林 登史夫, 古川 健太郎, 及川 洋一, 島田 朗, 田中 逸: T-RFLP法とデータマイニング解析を用いた腸内細菌叢の解析と糖尿病の成因分類ごとの特徴. 糖尿病 60(Suppl.1):S-152,2017

37. 福井 智康, 小林 哲郎, 神保 江莉加, 島田 朗, 八木橋 操六, 会田 薫: 緩徐進行1型糖尿病の膵外分泌腺の病理学的検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-152,2017

38. 梶尾 裕, 中條 大輔, 安田 和基, 霜田 雅之, 春日 雅人, 今川 彰久, 岩橋 博見, 池上 博司, 大澤 春彦, 阿比留 教生, 島田 朗, 長澤 幹, 金重 勝博, 及川 洋一, 安田 尚史, 粟田 卓也, 川崎 英二, 高橋 和眞, 福井 智康, 小林 哲郎, 花房 俊昭: 日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第5報). 糖尿病 60(Suppl.1):S-152,2017

39. 川崎 英二, 及川 洋一, 岡田 朗, 金綱 規夫, 川村 智行, 菊池 唯史, 寺前 純吾, 三浦 順之助: 日本人糖尿病における新規ZnT8抗体ELISAキットの検討. 糖尿病 60(Suppl.1):S-152,2017

40. 佐藤 博亮, 大平 哲也, 森谷 千尋, 井上 郁夫, 栗林 伸一, 清野 弘明, 平井 裕之, 日吉 徹, 綿田 裕孝: 2型糖尿病患者におけるリナグリプチンの血糖日内変動に及ぼす影響の検討(L-CGM study). 糖尿病 60(Suppl.1):S-151,2017

41. 酒井 直, 加藤 昌之, 田中 隆久, 石塚 恒夫, 中山 桂司, 川口 里江子, 中村 勉, 里村 盟, 須賀 洋, 加計 正文, 野田 光彦, 金澤 康徳, 松本 雅彦: 特定健康診査における心血管障害リスクと年齢、歩行速度、糖尿病との関連. 糖尿病 60(Suppl.1):S-148,2017

42. 及川 洋一, 島田 朗, 粟田 卓也, 福井 智康, 池上 博司, 今川 彰久, 梶尾 裕, 川畑 由美子, 川崎 英二, 三浦 順之助, 大澤 春彦, 高橋 和眞, 田中 昌一郎, 内潟 安子, 安田 尚史, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎: 1型糖尿病update2017 2型糖尿病の経過中にGAD抗体の陽転化をみた症例の臨床像 日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員会報告. 糖尿病 60(Suppl.1):S-31,2017

43. 島田 朗, 里村 敦, 水谷 元, 酒井 豪太, 池上 裕一, 波多野 雅子, 安田 重光, 栗原 進, 井上 郁夫, 野田 光彦, 宮下 由美, 及川 洋一: 1型糖尿病update2017 1型糖尿病の病態update. 糖尿病 60(Suppl.1):S-29,2017

44. 井上 郁夫, 飯田 慎一郎, 後藤 誠一, 池上 裕一, 島田 朗, 野田 光彦, 富谷 智明, 丸山 義明, 山崎 哲資: 冠動脈CTにおけるPCSK9阻害薬の評価. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 49回:256,2017

45. 林 登志雄, 野田 光彦, 佐久間 一郎, 能登 洋, 松久 宗英: 簡便な導入を目指した高齢者糖尿病血糖管理基準の提唱. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 49回:214,2017

46. 後藤 誠一, 池上 裕一, 井上 郁夫, 島田 朗, 野田 光彦, 久保田 亮, 穐田 真澄, 中野 貴也, 柳 捷凡: PCSK9阻害薬の小型LDL、超小型LDL低下作用. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 49回:211,2017

47. 阿久澤 有, 伊藤 善啓, 奥田 糸子, 脇本 直樹, 森 茂久, 別所 正美, 中村 裕一, 斉藤 太悟, 島田 朗: 甲状腺クリーゼにより免疫性血小板減少症(ITP)の増悪を認めるも、集学的治療により寛解した1例. 日本内科学会関東地方会 636回:32,2017

48. 及川 洋一: 糖尿病の病型診断における新しい抗GAD抗体測定法の有用性と注意点. 日本臨床内科医会会誌 32(3):461,2017

49. 本田 律子, 高橋 義彦, 山下 滋雄, 梶尾 裕, 柳内 秀勝, 三島 修一, 野田 光彦, 吉田 洋子, 河津 捷二, 岩本 安彦, 森 保道, 半田 宣弘, 下川 耕太郎, 吉田 明子, 新保 卓郎, 渡辺 宏樹, 大江 和彦: 2型糖尿病の推定発症年齢と家族歴 National Center Diabetes Databaseの分析より. 人間ドック 32(2):294,2017

50. 引間 雄介, 矢野 裕也, 住田 崇, 一色 政志, 島田 朗, 野田 光彦: 低血糖精査からインスリノーマの診断となり、MEN1型が疑われた1例. 日本内分泌学会雑誌 93(1):325,2017

51. 井上 和之, 波多野 雅子, 引間 雄介, 安田 重光, 一色 政志, 野田 光彦, 島田 朗: 当科で経験した抗甲状腺薬による無顆粒球症15例の臨床的検討. 日本内分泌学会雑誌 93(1):320,2017

52. 波多野 雅子, 井上 和之, 酒井 豪太, 引間 雄介, 安田 重光, 野口 雄一, 本間 桂子, 一色 政志, 井上 郁夫, 石原 理, 片山 茂裕, 野田 光彦, 島田 朗: 著明なインスリン抵抗性と男性化徴候を認めたインスリン抵抗症A型の一例. 日本内分泌学会雑誌 93(1):309,2017

53. 野口 雄一, 波多野 雅子, 酒井 豪太, 井上 和之, 一色 政志, 水谷 元, 田中 政彦, 安野 伸浩, 井上 郁夫, 野田 光彦, 島田 朗: コントロール不良の2型糖尿病患者に対するトホグリフロジンの腎機能への影響. 日本内分泌学会雑誌 93(1):286,2017

54. 武藤 剛, 後藤 温, 野田 光彦, 遠藤 源樹, 片桐 諒子, 福田 洋, 横山 和仁: 職域健診での受診勧奨基準該当者の1年後未受療率は8割以上である 未治療者約53万人の健診・レセプトデータベース解析. 日本循環器病予防学会誌 52(2):184,2017

55. 井内 卓次郎, 小山 智代, 市川 優香, 矢野 裕也, 横田 敬之, 野田 光彦: 血清亜鉛濃度に影響を与える因子についての調査. 日本静脈経腸栄養学会雑誌 32(Suppl.):471,2017