従来成人病といわれた糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病の著増に伴い、
  内科疾患のプライマリケアにおいて当科での研修の重要性がますます高まっています
  内分泌疾患に関しても、バセドウ病や橋本病などの甲状腺疾患はとても頻度が高い疾患ですが、
  最近では高血圧患者の5~10%を原発性アルドステロン症が占めることが認識されるなど、
  ありふれた疾患と考えられつつあります。

   当科は、埼玉県西北部の内分泌疾患や代謝疾患の診療の基幹施設として、全国でも有数の

  患者数を有しています。当科の特徴として、これら糖尿病をはじめとする生活習慣病の
  診断と治療全般を体系的に修得できます。特に糖尿病教育入院についてはクリニカルパスを
  使ったチーム医療を体験することができます。また、内分泌疾患の診断と治療についても、
  日常よく遭遇する甲状腺疾患や骨粗鬆症から比較的まれな下垂体疾患やCushing症候群などを
  経験できます。

   当科が担当する疾患については、インスリンアナログ・インクレチン関連薬・降圧薬・
  脂質改善薬・内分泌疾患治療薬など、新たな薬剤を含めて多くの治療薬があり、使いこなすことは
  容易ではなくなっていますが、当科ではそれらの適切な使い方をマスターすることができます。
   現在、糖尿病や高血圧の先進療法などにも力を入れており(持続血糖モニターや
  1型糖尿病患者に対するインスリンポンプ療法など)、先端的医療を提供できるよう
  努めています。

   研究面についても、インパクトファクターの高い国際誌に毎年多くの論文を発表
している
  ように、当科の研究体制・スタッフは充実しています(研究業績をご覧ください)。
   医学の発展にとって重要な課題を研究し、その成果を全世界に発信しようという
  研究マインドを持つことは、医学の真のプロフェッショナルになるためにとても重要なことです。
  当科では、研究に興味がある医師の参加も歓迎します。
  われわれと一緒に医学に新たなページを付け加えてみませんか?
 

     

     

 
 

   ・日本糖尿病学会認定教育施設    ・日本内分泌学会認定教育施設
 ・日本甲状腺学会認定専門医施設   ・日本高血圧学会専門医認定施設
 ・日本動脈硬化学会専門医教育施設

 
 

   3年目のローテートの一環として可能。また、4年目以降にも必要に応じて考慮。

 
 

   小川赤十字病院、関越病院、埼玉よりい病院、伊藤病院、藤間病院、鶴ヶ島池の台病院など。

 
 

   内科認定医・糖尿病専門医・内分泌代謝科専門医・高血圧専門医・内科専門医。

 
 

  4年目以降に必要に応じて考慮。

 
  
  引き続き、当科に所属し、臨床・研究を続け上級指導医としてのキャリアアップをはかる。
  あるいは、市中の病院に出向し、糖尿病あるいは内分泌専門医として勤務する。
  あるいは、実地医家として開業する。(実際、多くの当科出身者が近隣で開業し、
  多くの患者さんを診療しています。)

 
 

  一般目標(GIO)

   内分泌代謝疾患の診断と適切な治療を行うことができる。

  行動目標(SBOs)

   1. 内分泌代謝疾患に関連する基本的な身体所見がとれる。
   2. 内分泌代謝疾患の症状、症候、検査異常、治療法を述べることができる。
   3. 適切な初期治療計画を立てられる。
   4. ホルモン負荷試験を実施し、結果を解釈できる。
   5. 適切な画像診断法を選択し、結果を解釈できる。
   6. 食事療法・理学療法について説明できる。
   7. 適切な治療法を選択できる。
   8. 薬物の副作用について説明できる。
   9. 治療方針、予後について説明できる。