若手医師からのメッセージ

埼玉医大整形外科・脊椎外科では,多くの若手医師が活躍しています。近年は他大学出身の入局員も増えています。大学病院や関連施設でも研修を経て,専門医および学位の取得を目指します。大学院に進む後期研修医もいます。画一的ではなく,個々の研修医の先生の将来を見据えた研修を心掛けています。

男澤紘太(平成28年入局)

平成28年入局の男澤紘太です。私は、埼玉医科大学を卒業後、母校で2年間の初期研修を行いました。

元々、スポーツが好きでスポーツに関わる仕事に興味があり、研修した際も医局や病棟の雰囲気が良く、特に年齢の近い先生方とは和気藹々と仕事をしたり飲みに行ったり、居心地の良い環境だと感じ入局を決めました。

当院の整形外科は、多くの専門診があり多くの疾患を経験することができることに加え、埼玉の田舎にあるため、外来やERに来院される外傷患者を多く診察・経験できることが特長です。

また、上級医の先生方は教育熱心であり、身体所見や画像の読影、些細な質問など丁寧に指導してくれる先生ばかりで、夜が明けるまで付き合って頂いたこともありました。

徐々に任される症例も多くなり、責任や不安を感じつつも、外来や外傷の手術の執刀などやれることが多くなっていくのも実感しています。

私個人の意見ですが、整形外科に興味がある人はもちろん、手術が好きとかバタバタしている方がいいという方にはお勧めです。

都心や主要都市からは離れていますが、自然が多くのびのびと過ごすことができます。

魅力のある医局ですので、興味がある方は一度見学に来て下さい。

若い医師で埼玉の田舎を盛り上げましょう。

写真:埼玉医科大学病院優秀研修医受賞表彰

堀越隆二(平成26年入局)

(右から2人目:堀越隆二先生)

初めまして。平成26年入局の堀越隆二です。

出身は群馬県太田市で、金沢医科大学卒業後、初期研修から埼玉医科大学病院に来ました。

学生の頃から外科系に興味があり、初期研修中に消化器外科や泌尿器科もローテートしましたが、沢山の専門分野に分かれる整形外科に一番興味を持ち入局を決めました。

埼玉医科大学病院は埼玉県の地域医療を担っています。

そのため沢山の症例が集まり、入局1年目から様々な症例を経験できます。

恐らくですが、都内の大学病院などではここまで多種多様な症例や手術を入局1年目では経験出来ないのではないかなと思います。

始めは仕事に慣れること自体が大変ですが、同期や先輩方に助けられながら成長して行ける医局だと思っています。

さて、僕自身は入局1年目の終わりに耳鼻咽喉科の女医と結婚し、入局2年目の夏に息子が生まれました。

妻は僕と同じ学年であったため産休、育休含め5ヵ月という早さで職場に復帰しました。

そのため入局2年目の冬から家事、育児、仕事の両立が始まり、その頃は小川日赤病院に出向していましたが子供が発熱し仕事に遅れて行ったり、保育園のお迎えに行くために早めに上がらせてもらったり上級医の先生方には大変お世話になりました。

今は朝霞台中央総合病院に出向していますが、小川日赤病院と同じような勤務体制にして頂いています。

今の時代、夫婦共働きは一般的なことであり、男性も積極的に家事、育児に参加することが当たり前になってきています。

医師という職業は仕事自体が責任重大であり、とても大変な仕事であると日々感じていますが、その中でもこのような体制にして頂き、仕事も家庭も両立出来るのは埼玉医科大学整形外科医局のおかげだと思っています。

もし、僕のような境遇で、入局に迷っている方がいたら是非僕に相談して下さい!

また、上記のような悩みは全くない方でも、1人でも多くの入局者を待っています。