当科の研修システム

埼玉医科大学整形外科専門研修プログラムは到達目標を「自立したプロフェッショナルとしての整形外科医師」としています。


(写真)当科クリニカルカンファレンス

昭和47年に開講し、平成29年に開講45周年を迎えた本教室は、すべての病める人に満足度の高い医療を行うことを理念として、地域に根付いた診療を行っています。


連携施設は埼玉県内を中心とした23施設で構成され、年間総新患数75000名以上、年間総手術数10000件以上、指導医は45名在籍し、豊富な経験と十分で良質な指導を受ける事ができます。


埼玉医科大学付属病院を太陽とし、県内外の総合病院研修施設群(朝霞台中央総合病院、西東京中央総合病院、小川赤十字病院、丸山記念総合病院、市立甲府病院、立川相互病院、新座志木中央総合病院)、地域研修施設群(埼玉慈恵病院、埼玉よりい病院、坂戸中央病院、秩父市立病院、池袋病院、関口病院、青木病院、中田病院、関越病院、新山手病院、武蔵台病院、こうのす共生病院、東松山医師会病院)、専門領域研修施設群(埼玉県総合リハビリセンター、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉医科大学総合医療センター)の3群をローテーションします。


現在、埼玉医科大学整形外科には、脊椎、股関節、肩・膝関節・スポーツ医学、上肢・手外科、足の外科、小児整形外科、リウマチ、骨代謝、リハビリテーション、救急外傷などの診療・研究グループがあります。


研修プログラム終了後はサブスペシャリティ領域の臨床研修に進み、各分野の臨床・研究に従事しますが、国内外への留学でさらに知識の幅を広め、深める選択肢もあります。


機能再建・スポーツ医学の先端を行く」埼玉医科大学整形外科は、専攻医の皆様に素晴らしい研究環境を提供し、個々の能力を最大限に引き出す研修を目指します。

教育主任からのメッセージ:
門野 夕峰(かどの ゆうほ)


適切な診療を行えるようになるためには教科書や論文から新しい知識を得ることが重要です。

また同時に「自らが診療、勉強していく過程で疑問に思ったことを課題として取り上げ、解決していく」という医学に向き合う姿勢を保つことも重要です。

臨床の現場では、学習で得た知識を点として詰め込むのではなく、点をつなげて知識のネットワークを構築することが重要です。

一般常識に根付いた倫理観を備えて診療チームのひとりとして仲間とコミュニケーションを取ることが重要です。

整形外科は運動器を扱う診療科です。

日常生活動作ADLを改善して、生活の質QOLを高めることを第1の目標としています。

1つの関節だけに注目するだけでは十分ではなく、生活環境も含めてどのように診療をするのか総合的に人間の動作を考えることが重要です。

皆さん、整形外科の仲間として「人間が人間らしく生活する」ために、何ができるのか共に考えてみませんか?