2017
        
原著論文

1.Araki Y, Mimura T.
The histone modification code in the pathogenesis of autoimmune diseases.
Mediators of Inflammation Jan. 3, 2017

2.Araki Y, Mimura T.
Matrix metalloproteinase gene activation resulting from disordered epigenetic mechanisms in rheumatoid arthritis.
Int J Mol Sci. 2017;18(5):905

3.Yokota K, Wada T, Akiyama Y, Mimura T.
Detection of synovial inflammation in rheumatic diseases using superb microvascular imaging: Comparison with conventional power Doppler imaging. Mod Rheumatol. July 6, 2017.[ Epub ahead of print]

4.Ito D, Shimizu S, Inoue K, Saito D, Yanagisawa M, Inukai K, Akiyama Y, Moritomo Y, Noda M, Shimada A
Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial. Diabetes Care. July 28, 2017. [published online]

5.Ikuma D, Hiromura K, Kajiyama H, Suwa J, Ikeuchi H, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Kurosawa H, Hirayama Y, Yokota K, Araki Y, Sato K, Asanuma YF, Akiyama Y, Hara M, Nojima Y, and Mimura T.
The correlation of urinary podocytes and podocalyxin with histological features of lupus nephritis. Lupus Sep 6,2017.in press

症例報告

1.Ikuma D, Yokota K, Sato K, and Mimura T.
A case of new-onset rheumatoid vasculitis becoming evident in the course of treatment for Pneumocystis jirovecii pneumonia. Japanese Journal of Clinical Immunology 2017;40(1):78-82

著書

1.梶山浩:総論 B診断.Q6 薬剤性腎障害ではどのような症状がみられますか? 各論 Hその他の薬剤.Q60 リウマチ治療薬による腎障害にはどのようなものがありますか? Q61 抗甲状腺薬による腎障害とはどのようなものですか? 薬剤性腎障害(DKI)診療Q&A―DKI診療ガイドラインを実践するために―:16-18,152-154,157-159

2.三村俊英:12 リウマチアレルギー性疾患およびアレルギー性疾患 Ⅰ.リウマチ性疾患.内科学 第11版.矢﨑義雄総編集:1244-1245, 朝倉書店,3月20日

3.舟久保ゆう, 三村俊英: §11 膠原病・アレルギー疾患. 1.SLE関連. §11-2 抗リン脂質抗体症候群. 1336専門家による私の治療 2017-18年度版:813-816, 日本医事新報社, 2017年7月28日

4.秋山雄次:特集 HBV・HCV感染症.月刊リウマチ科 第58巻2号 リウマチ性疾患治療時の感染症マネージメント;58(2):183-192,2017 

総説

1.舟久保ゆう, 三村俊英: 特集:非専門医でもできる!リウマチ・膠原病診断. 膠原病の疫学 「内科」119(2):187-194, 2017

2.三村俊英:特集 厚生労働省指定難病の診断基準と重症度.成人スティル病 「分子リウマチ治療」10(1):24-26, 2017

3.荒木靖人:特集 関節リウマチ滑膜のbiology update. 関節リウマチ滑膜におけるヒストンメチル化とIL-6誘導によるMMP遺伝子 「Keynote R・A」January; 5(1):14-18, 2017

4.舟久保ゆう:特集: リウマチ性疾患と動脈硬化.全身性エリテマトーデス・抗リン脂質抗体症候群.「炎症と免疫」25(3):36-41, 2017

学会発表

1.Araki Y, Mimura T,"Histone lysine methylation and STAT3 differentially regulate constitutive and IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" Keystone symposia, Epigenetics and human disease: Progress from mechanisms to therapeutics, January 30, 2017 (Seattle Washigton, USA)

2.Hiroshi Kajiyama, Daisuke Ikuma, Keiju Hiromura, Junya Suwa, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima, Toshihide Mimura, "Urinary Podocyte Markers and Renal Histology in ANCA-Associated Vasculitis - Comparison with Systemic Lupus Erythematosus" The 18th International Vasculitis & ANCA Workshop 東京大学 2017年3月27日

3.柳澤麻依子,高松真裕子,舟久保ゆう,三村俊英:成人Still病患者における重症度スコアの有用性検討.第114回日本内科学会総会・講演会 東京国際フォーラム 2017年4月15日

4.荒木靖人, 相崎良美,横田和浩,梶山浩,舟久保ゆう,佐藤浩二郎,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストンH3リシン4メチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子転写制御.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日

5.梶山浩,野間久史,井熊大輔,津野宏隆,橋本篤,松井利浩,金子敦史,角田慎一郎,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,税所幸一郎,西野仁樹,當間重人,三村俊英:Ninja2012-2015を用いた関節リウマチ患者腎機能変化の解析.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日

6. 矢澤宏晃,舟久保ゆう,松田真弓,中尾嘉修,井熊大輔,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:高齢関節リウマチ患者におけるインフリキシマブの有効性、安全性、継続率の評価.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日

7. 松田真弓,舟久保ゆう,中尾嘉修,矢澤宏晃,井熊大輔,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:高齢関節リウマチ患者におけるアバタセプトの有効性、安全性、継続率の検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日

8.Kazuhiro Yokota, Takanori Azuma, Hayato Nagasawa, Junji Hayashi, Kenji Takagi, Yuji Akiyama, Yoshihiro Yoshida, Hiroshi Kajiyama, Yu Funakubo Asanuma, Toshihide Mimura, "The Efficacy and Safety of Adding Low-Dose Prednisolone (PSL) Induction Therapy of Tocilizumab (TCZ) in Patients with Rhematoid Arthritis (RA).第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日

9. 吉田佳弘,松田真弓,中尾嘉修,矢澤宏晃,井熊大輔,立花秀介,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,秋山雄次,三村俊英:結合組織病診療に際し、潜在的なEBウイルス(Epstein-Barr virus; EBV)感染の可能性を検討する必要性がある.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日

10.中尾嘉修,舟久保ゆう,松田真弓,矢澤宏晃,井熊大輔,佐藤浩二郎,三村俊英:関節リウマチ患者でバイオナイーブおよびスイッチ症例におけるトシリズマブの有効性、安全性、継続率の比較検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日

11. 相崎良美,荒木靖人,佐藤浩二郎,横田和浩,三村俊英:ベーチェット病患者γδT細胞におけるヒストンメチル化の解析.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日

12. 秋山雄次,和田琢,高松真裕子,丸山崇,井熊大輔,柳澤麻依子,島田祐樹,吉田佳弘,立花秀介,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績の比較検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日

13. 秋山雄次,田中政彦,浅岡俊之,大野修嗣,竹石美智雄,阿達大介,中田緑,井熊大輔,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:限局性皮膚硬化型全身性強皮症の臨床的検討~30例の20年経過.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日

14. 丸山崇,秋山雄次,三村俊英:小川赤十字病院におけるリウマチ性多発筋痛症患者の検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日

15. 進藤靖史,中嶋京一,井熊大輔,吉田佳弘,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:IgG4関連疾患(IgG4-RD)の臨床的検討(第3報).第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日

16.K.Sato, Y.Aizaki, Y.Araki, T.Mimura, "A NOVEL HIERARCHICAL RELATIONSHIP BETWEEN INTERLEUKINT-17A AND INTERFERON-ALPHA IS INDICATED BY ANALYSIS OF MULTIPLE CYTOKINES IN THE SERUM OF ADULT-ONSET STILL'S DISEASE AND BEHCET'S DISEASE" EULAR 2017 June 16, 2017 (Madrid, Spain)

17.三村俊英:透析患者と膠原病治療.第62回日本透析医学会学術集会・総会 パシフィコ横浜 2017年6月18日

18.横田和浩,相崎良美,三村俊英:IL-6刺激によるヒト末梢血単核球から骨芽細胞様細胞への分化誘導機構の解析. 第3回日本骨免疫学会 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 2017年6月28日

19.Hideyuki Tachibana, “The functional difference among NFATc1 isoforms during osteoclastogenesis” EAGOR2017, July 8, 2017 (Hotel Chinzanso Tokyo)

20.Yuji Akiyama, Yoshihiro Yoshida, Kazuhiro Yokota, Yasuto Araki, Kojiro Sato, Yu Funakubo, Toshihide Mimura, “Clinical Evaluation in Patients with Limited Cutaneous Systemic Sclerosis ~Retrospective Analysis of 30 cases for 20 Years~” EAGOR2017, July 8, 2017 (Hotel Chinzanso Tokyo)

21.Jeffrey Hampton , Giancarlo R. Valiente , Armin Munir , Takuma Tsuzuki Wada , William Willis , Nicholas A. Young , Lai-Chu Wu , Jian Zhang and Wael Jarjour, “Cbl-b Associates with Bcl-6 and Is Differentially Expressed in Circulating Follicular T Helper Cells of Patients with Systemic Lupus Erythematosus” 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 6, 2017 (San Diego, USA)

22. Mayumi Matsuda , Yu Funakubo Asanuma , Noritsune Kouzu and Toshihide Mimura, “Analysis of the Efficacy, Safety and Continuation Rate of Abatacept in Elderly Patients with Rheumatoid Arthritis”2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)

23.Koichi Amano , Kazutoshi Aoki , Yoshiaki Kuga , Koji Nishimura , Hayato Nagasawa , Takuma Tsuzuki Wada , Kenji Takagi , Junji Hayashi , Motohide Kaneko , Ryota Sakai , Akiko Shibata , Kentaro Chino , Shuntaro Saito , Ayumi Okuyama , Tsuneo Kondo , Hirofumi Takei and Toshihide Mimura, “Prospective Study of Bio-Free Remission Maintenance Using Ultrasonography in Rheumatoid Arthritis Patients: 52-Week Result” 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)

24. Giancarlo R. Valiente , Jeffrey Hampton , Takuma Wada , Perry Blough , William Willis , Nicholas A. Young , Lai-Chu Wu and Wael Jarjour,” Segmented Filamentous Bacteria Colonization Exacerbate Lupus Nephritis in NZM2410 Mice and Causes an Expansion of Intestinal Group 3 Innate Lymphoid Cells” 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)

研究会発表

1.中尾嘉修:高安動脈炎にて右肺動脈を閉塞した一例.第30回埼玉膠原病肺研究会 グランドホテルWIN,埼玉 2017年2月8日

2.吉田佳弘:右肺動脈閉塞をきたし、肺動脈圧の上昇傾向を認めた高安動脈炎の一例.第4回膠原病PAHカンファレンス ラ・ボア・ラクテ,埼玉 2017年2月17日

3.中尾嘉修:リウマチ性多発筋痛症の再燃が疑われた症例からの考察.第10回シンフォニー 埼玉医科大学,埼玉 2017年3月9日

4. 荒木靖人:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4メチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子活性化の機構.第11回日本エピジェネティクス研究会年会 学術総合センター 一橋講堂, 東京 2017年5月22日 

5.吉田佳弘:右肺動脈の高度狭窄を呈した高安動脈炎で、肺動脈圧上昇も伴った一例.第13回腎・膠原病治療研究会 山の上ホテル, 東京 2017年9月15日

社会貢献
研究分担者:三村俊英,他 研究協力者:舟久保ゆう,他:成人発症スティル病の重症度分類の確立と検証に関する研究.
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患 等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 自己免疫疾患に関する調査研究
平成28年度 総括・分担研究報告書:199-201,2017年3月
TOPへ
2016
        
原著論文
1. Miyoshi F, Sato K, Mimura T.
Changes in the pattern of cytokine production from peripheral blood mononuclear cells in patients with rheumatoid arthritis treated with infliximab and their relation to plasma arginase activity.
International Journal of Rheumatic Diseases Feb 17, 2016

2.Araki Y, Wada TT, Aizaki Y, Sato K, Yokota K, Fujimoto K, Yoon-Tae, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
Histone methylation and STAT3 differentially regulate IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts. Arthritis & Rheumatol. May;68(5):1111-23, 2016

3.Miyoshi F, Honne K, Minota S, Okada M, Ogawa N, Mimura T.
A novel method predicting clinical response using only background clinical data in RA patients before treatment with infliximab. Mod Rheumatol. 2016;26(6):813-816

4.Wada Y, Abe M, Moritani H, Mitori H, Kondo M, Tanaka-Amino K, Eguchi M, Imasato A, Inoki Y, Kajiyama H, Mimura T, Tomura Y.
Potential of urinary nephrin as a biomarker reflecting podocyte dysfunction in various kidney disease models.
Exp Biol Med (Maywood). 2016;241(16):1865-76

5.Usui J, Yamagata K, Imai E, Okuyama H, Kajiyama H, Kanamori H, Kaneko S, Kono E, Sakai Y, Sakai N, Sakamaki Y, Taniguchi Y, Nakai K, Nishiwaki H, Hirata S, Yamaya H, Tsuruoka S, TeradaY, Yokoyama H, Wada T, Narita I.
Clinical practice guideline for drug-induced kidney injury in Japan 2016: digest version
Clin Exp Nephrol. 2016 Dec;20(6):827-831

6.Mochida S, Nakao M, Nakayama N, Uchida Y, Nagoshi S, Ido A, Mimura T, Harigai M, Kaneko H, Kobayashi H, Tsuchida T, Suzuki H, Ura N, Nakamura Y, Bessho M, Dan K, Kusumoto S, Sasaki Y, Fujii H, Suzuki F, Ikeda K, Yamamoto K, Takikawa H, Tsubouchi H, Mizokami M.
Nationwide prospective and retrospective surveys for hepatitis B virus reactivation during immunosuppressive therapies.
J Gastroenterol. 2016 Oct;51(10):999-1010

7.Araki Y, Mimura T.
The mechanisms underlying chronic inflammation in rheumatoid arthritis from the perspective of the epigenetic landscape. Journal of Immunology Research Dec. 7, 2016

症例報告
1.Yokota K, Kishida D, Kayano H, Yazaki M, Shimada Y, Akiyama Y, Mimura T.
A Case of Abdominal Aortic Retroperitoneal and Mesenteric Amyloid Light Chain Amyloidoma.
Case Reports in Rheumatology Sept 26, 2016 [Epub ahead of print]

著書
1. 三村俊英:14.膠原病および類縁疾患.成人発症スチル病(成人発症スティル病).今日の治療指針2016年版―私はこう治療している:884-885,2016

2. 梶山浩:第2章 併発症のあるリウマチ・膠原病症例の診療マネジメント.3.腎機能障害のあるRAでのDMARDsや生物学的製剤の使用法.リウマチ・膠原病の合併症や諸問題を解く:124-138

3. 三村俊英:Ⅹ膠原病・類縁疾患.9.成人スティル病.診療ガイドラインUP-TO-DATE2016-2017:614-618

4. 三村俊英:第6章 膠原病・リウマチ・アレルギー疾患を診療する.A 膠原病・リウマチ.2-⑪全身性結合組織病..成人still病.膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート:366-369

5.舟久保ゆう:第3章 見逃してはいけないステロイドの副作用と対処法. 5.脂質異常症・動脈硬化.月刊薬事7月増刊号 ステロイド療法のエッセンス;58(10):83-88

総説
1. 三村俊英:関節リウマチと自己抗体.関節外病変と自己抗体 「炎症と免疫」24(1):56-60,2016

2. 吉田佳弘,三村俊英:特集Ⅰ 新たな指定難病としての膠原病関連疾患.成人スチル病 「臨床免疫・アレルギー科」65(1):6-9, 2016

3.三村俊英:[特集]プライマリケア医もできる!関節リウマチ治療.関節リウマチ治療各論―エビデンスも踏まえて.経口DMARDsを使いこなす 「内科」117(5):1149-1154, 2016

4.秋山雄次:全身性強皮症の診断と治療~最近の話題~ 「埼玉県医師会誌」796:57-60, 2016 June

5.梶山浩,三村俊英:特集 膠原病と腎障害.【各論】結節性多発動脈炎 「腎と透析」81(3):358-363,Sep.2016

6.島田祐樹,三村俊英:特集 リウマチ性疾患に使用する免疫抑制薬の使い方.レフルノミド 「リウマチ科」56(3):262-265, 2016

7.荒木靖人:特集 リウマチ性疾患のゲノム&エピゲノム解析:GWASから次世代シークエンサーの時代へ. 次世代シークエンサーを用いたエピゲノム解析で病態にせまれるか? 「分子リウマチ治療」 8(3):136-140, 2015

学会発表
1. 相崎良美,荒木靖人,三村俊英:ベーチェット病患者末梢血白血球におけるヒストンメチル化の解析.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

2. 秋山雄次,和田琢,高松真裕子,井熊大輔,丸山崇,柳澤麻依子,吉田佳弘,島田祐樹,立花秀介,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績の比較検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

3. 柳澤麻依子,立花秀介,相崎良美,佐藤浩二郎,三村俊英:キメラ培養系を用いたヒト破骨細胞の共存培養系確立の試み.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

4. 立花秀介,相崎良美,柳澤麻依子,佐藤浩二郎,三村俊英:破骨細胞分化におけるNFATc1 isoformによる機能的差異の検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

5. Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Hiroshi Kajiyama, Yu Funakubo Asanuma, Yuji Akiyama, Toshihide Mimura, "IL-1β Promotes Differentiation of Human Osteoclast-like Cells Induced by a Combination of TNFα and IL-6 from CD14+ Monocytes" 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

6. 井熊大輔,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:尿中ポドサイトマーカーによるループス腎炎治療後の腎機能及び尿蛋白予測.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

7. 島田祐樹,梶山浩,丸山崇,井熊大輔,吉田佳弘,横田和浩,三村俊英:当科における抗aminoacyl tRNA synthetase抗体.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月21日

8. Yasuto Araki, Takuma Tsuzuki Wada, Yoshimi Aizaki, Hiroshi Kajiyama, Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato, Yu Funakubo Asanuma, Yoon-Taek Kim, Hiromi Oda, Toshihide Mimura, "The epigenetic mechanism of constitutive and IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月22日

9. 進藤靖史,秋山雄次,矢澤宏晃,井熊大輔,和田琢,島田祐樹,吉田佳弘,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,中嶋京一,三村俊英:IgG4関連疾患(IgG4-RD)の臨床的検討(第2報).第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月22日

10. 矢澤宏晃,吉田佳弘,井熊大輔,和田琢,島田祐樹,梶山浩,横田和浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:膠原病との鑑別に難渋した悪性中皮腫の2例.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月22日

11. Kazuhiro Yokota, Yuji Akiyama, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Hiroshi Kajiyama, Yu Funakubo Asanuma, Toshihide Mimura, "TNFα Induces the Calcified Nodule Formations and Increased Osteoblastic Marker Expression in Human Peripheral Blood Mononuclear Cells on Dentin Slices" 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月23日

12. 梶山浩,井熊大輔,津野宏隆,松井利浩,金子敦史,角田慎一郎,税所幸一郎,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,西野仁樹,當間重人,三村俊英:関節リウマチ活動性の経時的変化に対する腎機能の影響.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月23日

13. 吉田佳弘,秋山雄次,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:自験例における強皮症関連間質性肺疾患に対する間歇的シクロホスファミド大量静注療法の効果;CT画像の比較検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月23日

14. 中尾嘉修,徳田悠希子,小野行秀,田代知子,丸山暁人,小野伸之,小荒田秀一,大田明英,多田芳史:血栓性微小血管障害症と肺胞出血を併発し急速な経過をとった多発性筋炎・筋膜炎の1例.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 パシフィコ横浜 2016年4月23日

15.Y.Araki, T.T.Wada, Y.Aizaki, H.Kajiyama, K.Yokota, K.Sato, Y.F.Asanuma, Y.-T.Kim, H.Oda, T.Mimura, "Altered profiles of histone lysine Methylation affect MMP gene transcription in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" EULAR 2016 June 10, 2016 (London, UK)

16.井熊大輔,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:サルファメソキサゾール/トリメトプリム合剤による電解質異常の検討.第59回日本腎臓学会学術総会 パシフィコ横浜 2016年6月18日

17.梶山浩,井熊大輔,松井利浩,當間重人,三村俊英:関節リウマチ疾患活動性と腎機能との関連.第59回日本腎臓学会学術総会 パシフィコ横浜 2016年6月19日

18.横田和浩,相崎良美,三村俊英:TNFαはヒト末梢血単核球から骨芽細胞様細胞を誘導する.第2回日本骨免疫学会 ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート 2016年7月6日

19.荒木靖人,和田琢,相崎良美,佐藤浩二郎,金潤澤,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストンメチル化とSTAT3によるIL-6誘導性MMP遺伝子活性化.第2回日本骨免疫学会 ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート 2016年7月7日

20. 横田和浩,相崎良美,秋山雄次,三村俊英:IL-6刺激によるヒト末梢血単核球の骨芽細胞様細胞への分化誘導と機能解析.第44回日本臨床免疫学会総会 京王プラザホテル 2016年9月9日

21.梶山浩,井上勉,井熊大輔,栗原進,島田朗,岡田浩一,三村俊英:微小変化型ネフローゼ症候群の維持療法中に関節リウマチを発症した1例.第46回日本腎臓学会東部学術大会 京王プラザホテル 2016年10月8日

22.横田和浩:関節リウマチにおける新規炎症性骨吸収細胞の発現・機能・分化誘導機構の解析. 次世代リーダーセッション.第3回ベーシックリサーチカンファレンス アキバプラザ 2016年10月15日

23.Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Kojiro Sato, Kazuhiro Yokota and Toshihide Mimura, "Histone Methylation in γδ T Cells As a Biomarker of Bechet's Disease Activity" 2016 ACR/ARHP Annual Meeting, November 13, 2016(Washington D.C., USA)

24.Yasuto Araki, Takuma Tsuzuki Wada, Yoshimi Aizaki, Kazuhiro Yokota, Hiroshi Kajiyama, Yu Funakubo Asanuma, Kojiro Sato, Hiromi Oda and Toshihide Mimura, "Histone Lysine Methylation and STAT3 Differntially Regulate Constitutive and IL-6-Induced MMPs Gene Activation in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts" 2016 ACR/ARHP Annual Meeting, November 14, 2016(Washington D.C., USA)

25.梶山浩,和田琢,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:トファシチニブが無効であったトシリズマブ2次無効関節リウマチの1例.第27回日本リウマチ学会 関東支部学術集会 御茶ノ水ソラシティ 2016年12月3日

26.中尾嘉修,横田和浩,熊川友子,山崎太郎,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,大竹明,三村俊英:原因不明の高アンモニア血症を呈した多発筋炎の一例.第27回日本リウマチ学会 関東支部学術集会 御茶ノ水ソラシティ 2016年12月3日

27.丸山崇,秋山雄次,三村俊英:小川赤十字病院におけるリウマチ性多発筋痛症患者の検討.第27回日本リウマチ学会 関東支部学術集会 御茶ノ水ソラシティ 2016年12月3日

28.横田和浩,岸田大,茅野秀一,矢崎正英,島田祐樹,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,秋山雄次,三村俊英:ステロイド抵抗性の後腹膜線維症からアミロイドーマの診断に至った一例.第27回日本リウマチ学会 関東支部学術集会 御茶ノ水ソラシティ 2016年12月3日

29.井熊大輔,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:スルファメトキサゾール/トリメトプリム合剤予防投与量における低Na血症と高K血症の検討.第27回日本リウマチ学会 関東支部学術集会 御茶ノ水ソラシティ 2016年12月3日

30.Y. Araki, T.T. Wada, Y. Aizaki, K. Sato T. Mimura, "Histone lysine methylation and STAT3 differentially regulate constitutive and IL-6-induced MMPs gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" 第45回日本免疫学会総会・学術集会 沖縄コンベンションセンター ラグナガーデンホテル 2016年12月6日

31.Y. Araki, N. Kurosawa, Y. Aizaki, H. Oda, R. Kurokawa, T. Mimura, "H3K4 methyltransferases regulate chemokine gene transcription in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" The 14th RCGM International Symposium of Academic Frontier, Nov 11-12, 2016(Saitama Medical University, Saitama, Japan)

研究会発表
1. 吉田佳弘,秋山雄次,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,酒井文和,三村俊英:全身性強皮症関連間質性肺疾患(SSc-ILD)に対するシクロホスファミド間歇大量静注療法の画像所見を中心とした効果検討.第19回強皮症研究会議 大正製薬(株)本社2号館,東京 2016年1月16日

2. 和田琢:非定型抗酸菌症合併関節リウマチ症例に対するアバタセプトの使用経験.第66回埼玉リウマチ研究会 ラフレ埼玉,埼玉 2016年1月29日

3. 梶山浩:関節リウマチに合併する自己免疫疾患の診断.第3回骨・リウマチ性疾患の診療連携を考える会 川越プリンスホテル,埼玉 2016年2月18日

4. 吉田佳弘:内科的治療が効果不十分で肺移植を検討中のMCTDに伴う難治性PAHの一例.第3回膠原病PAHカンファレンス ラ・ボア・ラクテ,埼玉 2016年2月26日

5. 矢澤宏晃:MCTDの診断基準を満たした患者に出現した片側胸水の一例.第28回埼玉膠原病肺研究会 グランドホテルWin,埼玉 2016年3月2日

6. 横田和浩:関節リウマチ患者由来滑膜組織における炎症性サイトカイン誘導性破骨細胞様細胞の解析.公益財団法人 東京生化学研究会 平成27年度助成研究報告会 野村コンファレンスプラザ日本橋YUITO,東京 2016年3月3日

7. 梶山浩:HIV関連腎症とポドサイト.第22回Sendai Renal Research Seminar アークホテル仙台,宮城 2016年3月11日

8. 梶山浩,井熊大輔,Jeffrey B. Kopp,三村俊英:培養マウスポドサイトにおけるandrogen receptorに関する検討.第11回弥彦ポドサイトセミナー コープシティ花園,新潟 2016年3月12日

9. 吉田佳弘:当院におけるセルトリズマブペゴルの使用経験.女性患者のライフステージと関節リウマチ治療 PARTⅢ アルカーサル迎賓館川越,埼玉 2016年3月17日

10.矢澤宏晃,井熊大輔,和田琢,島田祐樹,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,秋山雄次,三村俊英:鑑別を要した手指尖部壊死の一例.第57回関東リウマチ研究会 大正製薬2号館(大正富山医薬品本社) 上原記念ホール,東京 2016年6月25日

11.中尾嘉修:病診連携を使用し関節リウマチを寛解維持している症例.第9回毛呂山リウマチ性疾患病診連携の会 坂戸グランドホテルWIN,埼玉 2016年7月13日

12.矢澤宏晃:当科におけるレミケード治療.第15回北関東Biologics Forum ベルサール八重洲,東京 2016年10月15日

社会貢献
研究分担者:三村俊英,他 研究協力者:舟久保ゆう,他:成人スチル病ガイドライン作成に関する研究.
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患 等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 自己免疫疾患に関する調査研究
平成27年度 総括・分担研究報告書:72-86,2016年3月
TOPへ
2015
        
原著論文
1. Asanuma YF, Mimura T, Tsuboi H, Noma H, Miyoshi F, Yamamoto K, Sumida T.
Nationwide epidemiological survey of 169 patients with adult Still's disease in Japan.
Mod Rheumatol. 2015;25(3):393-400

2.Yamane T, Seto A, Suzuki T, Yokota K, Li CP, Mimura T, Kuji I.
Orbital IgG4-Related Disease Detected by 11C-Methionine PET/CT.
Clin Nucl Med. 2015 Oct; 40(10):826-7

3.Akiyama Y, Yokota K, Nakajima K, Yoshida Y, Araki Y, Kajiyama H, Asanuma YF, Sato K, Mimura T.
Effects of Bosentan on the Skin Temperature of Hands and Feet in Patients with Connective Tissue Diseases Complicated with Raynaud's Phenomenon: A Prospective, Open-Label, Uncontrolled, Single-Center Study.
Global Journal of Medical Research. 2015;15(2-F) ver1.0:7-15

4.Sato T, Enoki Y, Sakamoto Y, Yokota K, Okubo M, Matsumoto M, Hayashi N, Usui M, Kokabu S, Mimura T, Nakazato Y, Araki N, Fukuda T, Okazaki Y, Suda T, Takeda S, Yoda T.
Donepezil prevents RANK-induced bone loss via inhibition of osteoclast differentiation by downregulating acetylcholinesterase. Heliyon 2015 Sept. 21:e00013

症例報告
1.Wada TT, Sato K, Mimura T:A case of systemic lupus erythematosus with multiple nodules in the bilateral lungs and vertebrae (Case Report). European Journal of Rheumatol. Aug 21, 2015

著書
1.舟久保ゆう:14. 膠原病および類縁疾患. 再発性多発軟骨炎. 今日の治療指針2015年版-私はこう治療している:828-829, 2015

2.秋山雄次:第4章 薬物治療・副作用. 合併症を伴うRAの薬物治療. 維持 透析中の関節リウマチ患者における抗リウマチ薬の使用法. リウマチクリニックQ&A集成:57-58, 2015年3月

3.秋山雄次:これだけは知っておきたい検査のポイント 第9集. 血液生化学 検査など 蛋白. 補体
medicina,vol.52(4):139-141,2015年増刊号

4.秋山雄次:これだけは知っておきたい検査のポイン ト 第9集. 血液生化学検査など 蛋白. クリオグロブリン.
medicina,vol.52(4):142-143, 2015年増刊号

5.秋山雄次:これだけは知っておきたい検査のポイン ト 第9集. 血液生化学検査など 蛋白. 免疫複合体.
medicina,vol.52(4):440-442, 2015年増刊号

6.秋山雄次,阿達大輔,三村俊英:Ⅲ.炎症性筋疾患― 非感染性筋炎―. その他の炎症性ミオパチー 好酸球性多発性筋炎. 骨格筋症候群(第2版)―その他の神経筋疾患を含めて― 上.           
別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 32:381-385, 2015年5月20日
 

7.三村俊英:Ⅱ疾患編 11.膠原病・免疫疾患. 成人 Still病. 今日の診断指針 第7版:1324-1326

8.秋山雄次:第4章 治療薬開発~製品コンセプト・適応症・臨床成績~.第1節 関節リウマチ薬(生物学的製剤)の開発事例.[3]ヒュミラ(アダリムマブ;adalimumab).骨・関節・軟骨治療のための新製品開発と臨床ニーズ:76-82, 2015年10月

総説
1.舟久保ゆう:関節リウマチの治療と妊娠の両立 「日本臨床免 疫学会会誌」 38(1): 45-56, 2015

2.梶山浩, 三村俊英:特集:腎と免疫. ループス腎炎―免疫 学的病態とポドサイト障害機序― 「腎と透析」78(5): 711-719, 2015

3.梶山浩, 三村俊英:第3章 腎臓. ループス腎炎 「内科」 115(6):1019-1023, 2015

4.舟久保ゆう:進化するリウマチ治療―診療ガイドライン2014からさらなる進化へ―.3.関節リウマチ治療を支える体制. 医療福祉制度 「カレントテラピー」33(8):60-65, 2015

5.佐藤浩二郎:実地医家が活用すべき治療の進歩とその実際を実践する.成人Still病の治療 「Medical Practice」32 (7):1207-1210, 2015

6.三村俊英:免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎の対策について 「Schneller」96:8-12, 2015 Autumn

7.秋山雄次, 吉田佳弘, 丸山崇, 飯田慎一郎, 秋葉春 彦, 三村俊英:PAHに伴う心肺病変について考えるシンポジウム. 軽症PHを有する強皮症に対する病態評価と治療介入の是非. 症例提示「間質性肺炎・肺高血圧症を合併した限局性皮膚硬化型全身性強皮症・皮膚筋炎の1例」. 「Pulmonary Hypertension Update 1(suppl.)」:69-74, 2015年10月

8.横田和浩:特集:抗炎症・抗自己免疫への新たな戦略.炎症性骨吸収細胞のサイトカインによる分化機構―TNFとIL-6による破骨細胞様細胞の分化機構― 「Keynote R・A」October;3(4):21-26, 2015

9.横田和浩,三村俊英:臨床講座.関節リウマチ Up-To-Date 「Pharma Tribune」;7(10):5-16, 2015

10.三村俊英:リウマチ膠原病領域の診断と治療 「日本内科学会雑誌」104(10):2107-2109,2015

11.舟久保ゆう:特集/膠原病に伴う循環器疾患. 膠原病と動脈硬化 「呼吸と循環」 63(11):1029-36, 2015

12.三村俊英:特集 膠原病研究 アップデート. Ⅸ. 成人発症スティル病 「アレルギー・免疫」 22(12):1764-1771, 2015

学会発表
1.和田琢:ヒストンアセチル化異常は関節リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6産生 上昇に関与する. Midwinter Seminar日本臨床免疫学会. ANAインターコンチネンタル万座ビーチ 2015年3月25日~28日

2.三村俊英:成人スティル病の難治例・重症例の予測と対策. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会. シンポジウム「次世代を越える膠原病医療が目指すもの」 名古屋国際会議場 2015年4月23日

3.Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Hiroshi Kajiyama, Yuji Akiyama, Toshihide Mimura, "Differentiation, Function, and Regulation of Human Osteoclast-like Cells Induced by Combination of Tumor Necrosis Factor α and Interleukin 6 from CD14+ Monocytes." 第59回日本 リウマチ学会総会・学術集会. 名古屋国際会議場 2015年4月23日 (JCR 2015 International Workshop Award 受賞)

4.荒木靖人, 和田琢,相崎良美, 横田和浩, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 金潤澤, 織田弘美, 三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストン3リシン4メチル基転移酵素の異常. 第59回 日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

5.吉岡浩之, 織田弘美,金潤澤, 三村俊英, 丸山崇, 田中淳司: X線Talbot-Lau撮影装置を用いた関節リウマチ患者の画像評価. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

6.和田琢, 國分昭紀, 柳澤麻依子, 丸山崇, 井熊大輔, 立花秀 介, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:悪性リンパ腫合併関節リウマチ 症例30例の臨床的検討~メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患を中心に~. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年 4月25日

7.井熊大輔, 梶山浩,廣村桂樹, 池内秀和, 佐藤浩二郎, 秋山雄 次, 野鳥美久, 三村俊英:尿中ポドサイトマーカーによるループス腎炎組織型の予測. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場  2015年4月25日

8.青木和利,久我芳昭,佐藤理仁,西村幸治,柴田明子,酒井 亮太,千野健太郎,近藤恒夫,奥山あゆみ,武井博文,永沢逸人,高島志乃,和田琢,松岡浩,林淳慈,金子元英,高木賢治,三村俊英,天野宏一 :関節超音波検査で評価する関節リウマチ寛解維持の検討―アダリムマブ(ADA)中止・維持後のPRIMULA多施設研究―. 第59回日本リウマチ学会総 会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

9. 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 秋山 雄次, 三村俊英:シクロホスファミド静注パルス療法(IVCY)を行った強皮症関連間質性肺障害自験例の検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

10. 進藤靖史, 秋山雄次, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶 山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 三村俊英:進藤靖史, 秋山雄次, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 三村俊英:当科 におけるIgG4関連疾患(IgG-RD)の臨床的検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

11. 丸山崇, 國分昭紀, 和田琢, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳 弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:TAFRO症候群と診断した1例. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月23日

12. 津野宏隆, 松井利浩, 金子敦史, 税所幸一郎, 梶山浩, 三 村俊英, 西野仁樹, 當間重人:MTX不使用の理由別患者profileの差異の検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年 4月24日

13. 横田和浩, 和田琢, 秋山雄次, 三村俊英:Superb Microvascular Imaging( SMI)によるリウマチ性疾患関節滑膜炎の評価-従 来のパワードプラ法との比較-. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月24日

14. 秋山雄次, 矢野裕也, 和田琢, 高松真裕子, 井熊大輔, 柳 澤麻依子, 島田祐樹, 吉田佳弘, 神津教倫, 横田和浩, 丸山崇, 立花秀介, 進藤靖史, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 舟久保ゆう, 佐藤浩二郎, 三村俊英:当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績の比較検討. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 名古屋国際会議場 2015年4月24日

15. 梶山浩, 井熊大輔, 津野宏隆, 松井利浩, 金子敦史, 角田 慎一郎, 税所幸一郎, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 當間重人, 三村俊英:腎機能と関節リウマチ活動性との関連. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集 会 名古屋国際会議場 2015年4月25日

16. 井熊大輔, 梶山浩, 黒澤寛之, 平山吉朗, 池内秀和, 廣村桂樹, 野島美久, 斎藤亮彦, 三村俊英:ループス腎炎における 新規尿中バイオマーカー megalinの解析. 第58回日本腎臓学会学術総会 名古屋国際会議場 2015年6月5日

17. 梶山浩, 井熊大輔, 黒澤寛之, 平山吉朗, 池内秀和, 廣村桂樹, 野島美久, 斎藤亮彦, 三村俊英:ANCA関連血管炎におけ る尿中メガリンの横断的検討. 第58回日本腎臓学会学術総会 名古屋国際会議場 2015年6月5日

18.横田和浩, 佐藤浩二郎, 相崎良美, 秋山雄次, 三村俊英:ヒトTNFα+IL-6誘導性破骨細胞様細胞の遺伝子発現の解析.第43回日本臨床免疫学会総会 神戸国際会議場 2015年10月22日

19. Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Junya Suwa, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Masanori Hara, Akihiko Saito, Yoshihisa Nojima, Toshihide Mimura, "Prospective Cross-Sectional and Longitudinal Observational Study of Urinary Podocyte Markers and Urinary Megalin in Kidney Disease of ANCA-Associated Vasculitis" ASN Kidney Week 2015 November 5, 2015 (San Diego, USA)

20. Keiju Hiromura, Hiroshi Kajiyama, Hidekazu Ikeuchi, Junya Suwa, Daisuke Ikuma, Toru Sakairi, Yoriaki Kaneko, Akito Maeshima, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Masanori Hara, Toshihide Mimura, Yoshihisa Nojima, "The Significance of Urinary Podocalyxin Level and Urinary Podocyte Number in Lupus Nephritis: A Longitudinal Study" ASN Kidney Week 2015 November 5, 2015 (San Diego, USA)

21. Kazuhiro Yokota, Takuma Tsuzuki Wada, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Detection of Power Doppler Ultrasound Signals in Rheumatic Diseases Using Superb Microvascular Imaging (SMI): Comparison with Conventional Power Doppler Ultrasound" 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, November 8, 2015(San Francisco, USA)

22. Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Kojiro Sato, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Histone Methylation Profiling in Peripheral White Blood Cells As a Candidate Biomarker for Behcet’s Disease" 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, November 8, 2015(San Francisco, USA)

23. Takuma Tsuzuki Wada, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Clinical Analysis of 30 Rheumatoid Arthritis Patients Complicated with Malignant Lymphoma, Especially Methotrexate-Related Lymphoproliferative Disorder" 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, November 9, 2015(San Francisco, USA)

24. Yu Asanuma, Yuki Shimada, Yoshimi Aizaki, Kazuhiro Yokota, Noritsune Kouzu, Yoshitake Takebayashi, Hisashi Noma, Shinichi Kawai and Toshihide Mimura, "Plasma Pentraxin 3 Concentration Is Associated with Progression of Radiographic Joint Damage but Not with Carotid Atherosclerosis in Female Patients with Rheumatoid Arthritis: Results from a 3-Year Prospective Study" 2015 ACR/ARHP Annual Meeting, November 9, 2015(San Francisco, USA)

25. 三村俊英:JCR関東地域教育研修講演.リウマチ膠原病と臓器障害.第26回日本リウマチ学会関東支部学術集会 栃木県総合文化センター2015年12月5日

研究会発表
1.梶山浩,三由文彦,井熊大輔,島田祐樹,横田和浩,秋葉春彦,佐藤浩二郎,秋山雄次,黒澤寛之,平山吉朗,原正則,三村俊英:腎生検施行不可であった糖尿病合併ループス腎炎における尿中ポドサイトマーカーの検討.第10回弥彦ポドサ イトセミナー コープシティ花園,新潟 2015年3月7日

2.進藤靖史:当科におけるIgG4関連疾患(IgG-RD)の臨床 的検討. 第8回IgG4研究会 福岡リーセントホテル,福岡 2015年3月21日

3.和田琢:SLE合併RAに対するオレンシアの使用経験.RA Conference 行田総合病院,埼玉 2015年4月17日

4. 荒木靖人:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4ヒスト ンメチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子発現の制御. 第9回日本エピジェネティクス研究会年会 学術総合センター一橋講堂 2015年5月25日

5.丸山崇,國分昭紀,和田琢,島田祐樹,進藤靖史,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,秋葉春彦,佐藤浩二郎,秋山 雄次,三村俊英:剖検にて診断に至ったIntravascular lymphomaの一例.第56回関東リウマチ研究会 大正製薬2号館(大正富山医薬品本社) 上原記念ホール,東京 2015年6月27日

6. 横田和浩, 秋山雄次, 三村俊英:炎症性サイトカイン刺激に よるヒトCD14陽性単球の分化誘導機構の解析. 第25回日本樹状細胞研究会 岡山コンベンションセンター 2015年7月10日

7.荒木靖人:心筋炎改善後に多発性関節炎が悪化し紹介受診となった1例.第8回毛呂山リウマチ性疾患 病診連携の会 坂戸グラン ドホテル,埼玉 2015年7月22日

8. 横田和浩, 三村俊英:ヒトRANKL非依存症(TNFα+IL-6 依存症)破骨細胞様細胞とRANKL依存性破骨細胞のサイトカイン発現の解析. 第2回JCRベーシックリサーチカンファレンス 東京大学鉄門記念講堂 (医学部教育研究棟)・伊藤謝恩ホール(伊藤国際学術研究センター) 2015年10月2日

9.丸山崇,佐藤浩二郎,吉田佳弘,横田和浩,梶山浩,和田琢,秋山雄次,三村俊英:イグラチモドを中止しなければならな かった一例.第4回クロモン研究会 川越東武ホテル, 埼玉 2015年10月7日

10.井熊大輔:ニューモシティス肺炎で入院加療中に血管炎が発覚した関節リウマチ症例.第27回埼玉膠原病肺研究会 グランドホテルWin, 埼玉  2015年10月28日
TOPへ
2014
        
原著論文
1. Yokota K, Sato K, Miyazaki T, Kitaura H, Kayama H, Miyoshi F, Araki Y, Akiyama Y, Takeda K, Mimura T.
Combination of tumor necrosis factor α and interleukin 6 induces mouse osteoclast-like cells with bone-resorption activity both in vitro and in vivo. Arthritis Rheumatol. 2014 Jan;66(1):121-9

2. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N.
Retreatment efficacy and safety of tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis in recurrence (RESTORE) study.
Mod Rheumatol. 2014 Jan;24(1):26-32

3. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N.
Drug free REmission/low disease activity after cessation of tocilizumab (Actemra) Monotherapy (DREAM) study.
Mod Rheumatol. 2014 Jan;24(1):17-25

4. Ota M, Yanagisawa M, Tachibana H, Yokota K, Araki Y, Sato K, Mimura T.
A significant induction of neutrophilic chemoattractants but not RANKL in syonoviocytes stimulated with interleukin 17.
Journal of Bone and Mineral Metabolism Feb. 21, 2014

5. Yokota K, Inoue T, Akiyama Y, Kajiyama H, Asanuma FY, Arai E, Suzuki H, Mimura T.
Acute kidney injury in polyarteritis nodosa and multiple myeloma. Intern Med. 2014;53(3):263-7

6. Wada TT, Araki Y, Sato K, Aizaki Y, Yokota K, Kim YT, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
Aberrant histone acetylation contributes to elevated interleukin-6 production in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
Biochemical and Biophysical Research Communications. 2014 Feb 21;444(4):682-6. Epub Feb.7 2014

7. Akiyama Y, Sakurai Y, Kato Y, Furuta E, Mimura T.
Retrospective study of salazosulfapyridine in eight patients with rheumatoid arthritis on hemodialysis.
Mod Rheumatol. 2014 24(2):285-290

8. Harigai M, Mochida S, Mimura T, Koike T, Miyasaka N.
A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving Immunosuppressive therapy. Mod Rheumatol. 2014 24(1):1-7

9. Terai C, Tsutsumi T, Sakurai T, Moriguchi M, Azuma T, Kaneko M, Kawagoe M, Hoshi K, Yoshida H, Matsui T, Nakajima K, Okuyama A, Nishi E, Amano K, Ota M, Mimura T, Chino K, Aoki K, Handa Y, Hirose T, Kida I, Kobayashi S, Suzuki K, Matsuzaki T, Kuga Y.
The efficacy of mizoribine for the treatment of rheumatoid arthritis and its correlation with renal function.
Modern Rheumatol. 2014 Nov;24(6):892-896

著書
1.三村俊英:3)B型肝炎ウイルス再活性化. -3章ウイルス 感染症- 「関節リウマチ治療中における感染症のマネジメント」:63-73, 2014

2.三村俊英:Q&AテーマⅤ 関節リウマチの最新治療指針「免疫抑制・化学療法より発生するB型肝炎対策ガイドライン(2013 年改訂版)のポイントを教えてください」 関節リウマチクリニカルクエスチョン100;初版:99-101, 2014年10月

3.舟久保ゆう:関節リウマチの治療法. Q56. 「免疫調節薬(サラゾスルファピリジン、ブシラミン、アクタリット、イグラ チモド)の特徴と使用法は?」 関節リウマチクリニカルクエスチョン100:116-118, 2014年10月

4.三村俊英:乳がん治療とγグロブリン療法により軽快した皮膚筋炎症例. 6.膠原病 専門医とのカンファレンスQ&A 各領域専門医にきく 乳がん薬物療法ケースファイル:206-207, 2014.12.5

総説
1.三村俊英:連載/関節リウマチ治療に問題とな る感染症(10)・8.B型肝炎ウィルス再活性化 「化学療法の領域」Vol.30 No.2:123-132, 2014

2.三村俊英:リウマチクリニックQ&A「de novo B 型肝炎になった症例の管理について教えてください(厚生労働省研究班の結果より)」 リウマチクリニック Vol.19,20:15, 2014年2月

3.横田和浩, 三村俊英:特集:合併症を有するRAのマネ ージメント. 肝炎ウイルス陽性RA 「リウマチ科」51(3):273-282, 2014

4.吉田佳弘, 三村俊英:特集・肺血管炎の基礎と臨床・ 高安動脈炎における肺血管病変 「呼吸器内科」25(4):334-338, 2014

5.梶山浩, 三村俊英:特集・一般内科医のための腎疾患 AtoZ. 他科・他疾患との関連. 膠原病 「内科」114(1):95-99, 2014

6.梶山浩, 三村俊英:最新関節リウマチ学. 寛解・治癒 を目指した研究と最新治療IX. 関節リウマチの合併症 腎病変 間質性腎炎 「日本臨床」72, Suppl3:594-597, 2014

7.田中淳司, 永島雅文, 百生敦, 長束澄也, 木戸一博, 星野 嘉秀, 織田弘美, 三村俊英:干渉計撮像装置によるX線位相コントラスト技術の臨床応用 「臨床放射線」59(8):1131-1138, 2014

8.三村俊英:AYUMI. 抗リウマチ薬とB型肝炎ウィルス 再活性化 「週刊医学のあゆみ」Vol.250 No.11:1034-1038, 2014

9.舟久保ゆう:最新関節リウマチ学. 寛解と治癒を目 指した研究と最新治療IV. 関節リウマチの合併症 5. 血管病変「日本臨牀」増刊号, 2014年4月

10.舟久保ゆう:特集:リウマチ性疾患における心血管 障害リスク. 全身性エリテマトーデスと心血管障害リスク-疫学的エビデンス「リウマチ科」52(2):131-8, 2014年8月

11.荒木靖人:関節リウマチとエピジェネティクス 「 生体の科学」Vol.65 No.6:601-605, 2014

12.荒木靖人:免疫疾患(リウマチ、膠原病など)とエ ピジェネティクス 「アレルギー・免疫」Vol.21 No.12:1900-1909, 2014

学会発表
1.秋山雄次, 高松真裕子, 和田琢, 吉田佳弘, 神津教倫, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英: 関節リウマチに対するインフリキシマブ強化療法.第58 回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日

2.矢野裕也, 秋山雄次, 吉田佳弘, 柳澤麻依子, 舟久保ゆう, 和田琢, 高松真裕子, 三由文彦, 丸山崇, 井熊大輔, 立花秀介 , 太田宗夫, 島田祐樹, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 三村俊英:当科における関節リウマチに対するゴリムマブ使用例の検討. 第58 回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日

3.進藤靖史, 中嶋京一: 無治療で観察し得た肺限局型 顕微鏡的多発血管炎の2例. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日

4.島田祐樹, 舟久保ゆう, 相崎良美, 神津教倫, 蓮沼 智子, 川合眞一, 三村俊英: 関節リウマチにおける血漿Pentraxin3濃度と骨関節破壊および動脈硬化の進行度との関連. 第58回日本リウマチ学会総 会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日

5.丸山崇, 秋山雄次, 東孝典, 廣瀬恒, 青木和利, 三由文彦, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 横田和浩,荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英: Tocilizumabの関節リウマ チにおける臨床的検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日

6.高松真裕子, 柳澤麻依子, 丸山崇, 井熊大輔, 和田 琢, 立花秀介, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: 当科お よび関連クリニックにおけるアバタセプト使用例の検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25 日

7.吉田佳弘, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三 村俊英: 当科で経験したHTLV-1関連関節症の一例の臨床的特徴.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.  第58回日本リウマチ学会総会・学術集 会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日

8.横田和浩, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 荒木靖人, 梶山 浩, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: TNFαIL-6により誘導される破骨細胞様細胞の分化機序-機能解析. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 . グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日

9.梶山浩, 廣村佳樹, 井熊大輔, 池内秀和, 加家壁健, 野島美久, 三村俊英: SLEにおける尿中ポドサイト数と尿中ポドカリキシン値の意義. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンス ホテル新高輪 2014年4月26日

10.和田琢, 荒木靖人, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 三由文 彦, 梶山浩, 舟久保ゆう, 金潤澤, 織田弘美, 秋山雄次, 三村俊英: ヒストンアセチル化関節リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6過剰産生に関与する. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日

11.舟久保ゆう, 三由文彦, 坪井洋人, 山本一彦, 住田 孝之, 三村俊英: 成人スティル病の全国疫学調査.  第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日

12.Kazuhiro Yokota: "Analysis of the Mechanism of Differentiation and Function of Osteoclast-like Cells Induced by Combination of Tumor Necrosis Factor α and Interleukin 6." 第58回日 本リウマチ学会総会・学術集会. International Concurrent Workshop1, グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日

13.Hiroshi Kajiyama: The significance of urinary podocyte number and urinary podocalyxin level in SLE. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. International Concurrent Workshop4, グラ ンドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日

14.Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Hidekazu Ikeuchi, Ken Kayakabe, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Fumio Gondaira, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima and Toshihide Mimura: "The significance of urinary podocyte number and urinary podocalyxin level in SLE." Asia Pacific Congress of Nephrology 2014. Lupus Nephritis / Renal Vasculitis, 品川プリンスホテル 2014年5月16日

15.梶山浩, 廣村桂樹, 井熊大輔, 池内秀和, 黒澤寛之 , 平山吉朗, 原正則, 野島美久, 三村俊英:ポドサイトバイオマーカーを用いたループス腎炎組織型予測ルール作成の試み. 第57回日本腎臓学会学 術総会, パシフィコ横浜 2014年7月5日

16.Kazuhiro Yokota, "Bone destruction in rheumatoid arthritis: the function of osteoclast-like cells induced by a combination of the proinflammatory cytokines TNFα and IL-6." JCR International School 2014, 軽井沢プリンスホテル 2014年7月31-8月2日

17.横田和浩, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英: マク ロファージの分化・誘導と炎症病態における役割. 第42回日本臨床免疫学会総会 専門スタディーフォーラム 樹状細胞・マクロファージ1, 京王プ ラザホテル 2014年9月25日

18.荒木靖人, 三村俊英: 関節リウマチ滑膜線維芽細胞 におけるヒストンメチル化の異常. 第42回日本臨床免疫学会総会. 京王プラザホテル 2014年9月26日

19.Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura: "Human CD14+ Monocytes Stimulated with a Combination of TNFα and IL-6 Differentiate into Osteoclast-like Cells with Bone-Resorption Activity" 2014 ACR/RHP Annual Meeting, November16, 2014(Boston, USA)

20. Kenji Miki, Hiroshi Kajiyama, Kenrin Shi, Shigeshi Mori, Masao Yukioka and Masao Akagi:"Reduced Estimated Glomerular Filtration Rate Was Improved after Cessation of NSAID and Switching to Tramadol Hydrochloride/Acetaminophen Tablets (UltracetTM) in Patients with Chronic Musculo-skeletal Pain."2014 ACR/RHP Annual Meeting, November16, 2014(Boston, USA)

21.Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Fumio Gondaira, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima and Toshihide Mimura : "The Relevance of Urinary Podocyte Number and Urinary Podocalyxin Level with Response to Treatment and 1 Year Renal Prognosis in Systemic Lupus Erythematosus"2014 ACR/RHP Annual Meeting, November17, 2014(Boston, USA)

研究会発表
1.梶山浩,三由文彦,廣村桂樹,井熊大輔,池内秀和,黒澤寛之,平山吉朗,権平文夫,原正則,野島美久,三村俊英:ポドサイトバイオマーカーを用いたループス腎炎組織型予測ルール作成の試み.第9回弥彦ポドサ イトセミナー コープシティ花園,新潟 2014年3月1日

2.和田琢:当院におけるベーチェット病患者に 対するインフリキシマブの使用経験. 第7回埼玉Biologics研究会 ラフレ埼玉,埼玉 2014年5月10日
TOPへ
2013
原著論文
1.Shimada Y, Asanuma FY, Yokota K, Yoshida Y, Kajiyama H, Sato K, Akiyama Y, Mimura T.
Pentraxin 3 is associated with disease activity but not atherosclerosis in patients with systemic lupus erythematosus.
Mod Rheumatol. 03 Feb. 2013

2. 中嶋京一, 進藤靖史, 神津教倫, 三村俊英:関節リウマチにお けるBAFFと臨床的指標ならびにSDAIとの関連
埼玉医科大学雑誌. 2013;39(2):113-120

3.Zhou H, Kajiyama H, Tsuji T, Hu X, Leelahavanichkul A, Vento S, Frank R, Kopp J B., Trachtman H, Star R A., Yuen P S.T.
Urinary exosomal Wilms tumor-1 as a potential biomarker for podocyte injury. Am J Physiol Renal Physiol. 15 Aug 2013;305(4):F553-9. Epub 12Jun. 2013

4. Watanabe K, Sakai R, Koike R, Sakai F, Sugiyama H, Tanaka M, Komano Y, Akiyama Y, Mimura T, Kaneko M, Tokuda H, Iso T, Motegi M, Ikeda K, Nakajima H, Taki H, Kubota T, Kodama H, Sugii S, Kuroiwa T, Nawata Y, Shiozawa K, Ogata A, Sawada S, Matsukawa Y, Okazaki T, Mukai M, Iwahashi M, Saito K, Tanaka Y, Nanki T, Miyasaka N, Harigai M.
Clinical characteristics and risk factors for Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with rheumatoid arthritis receiving adalimumab: a retrospective review and case-control study of 17 patients.
Mod Rheumatol. 2013 Nov;23(6):1085-93

著書
1.三村俊英, 秋山雄次, 舟久保ゆう, 佐藤浩二郎, 中嶋京一, 梶山浩, 横田和浩, 吉田佳弘:自己抗体, リウマチ性疾患・アレルギー性疾患・免疫不全症 「臨床検査データブッ ク」:430-451,889-899, 2013年2月

2.三村俊英:10.免疫・アレルギー疾患 Ⅰ 基礎的知識 1.構造と機能 2.症状と病態生理 臨床病態. 北村聖総編集, ヌーベルヒロカワ, :522-528, 2013年3月

総説
1.秋山雄次, 三村俊英:特集/関節リウマチ治療 におけるMTX高用量時代を迎えて, MTXと肝障害:予防とリスクマネジメント 「リウマチ科」 49(1):36-43, 2013年1月

2.舟久保ゆう, 三村俊英: 『血管炎―基礎と臨床のクロストーク 』IV. その他の血管炎の診断と治療. 結節性多発動脈炎の診断と治療 「日本臨床」71巻増刊号1: 401-7, 2013年2月

3.三村俊英:DMARDsの使い方 免疫抑制薬使用時の肝炎スクリー ニング.クリニシアン 関節リウマチ―トピックス:低分子化合物によるRA治療―2013;616(60)193-198

4. 横田和浩, 三村俊英:リウマチ性疾患におけるB型肝炎ウィル ス再活性化の現状.特集:B型肝炎再活性化の現状と対策 ―肝臓,血液,リウマチ,主要領域の現状を踏まえて― 「最新医学」2013;68(3):368-372

5.舟久保ゆう, 三村俊英:早期関節リウマチとは―その臨床的意 義― Medical Practice.30(4):635-642, 2013年

6.三村俊英:5.膠原病・リウマチ性疾患―ステロイド・生物学的 製剤による治療例を中心に― 「日本内科学会雑誌」102(4):862-868, 2013年

7.秋山雄次, 三村俊英:エタネルセプト:最近の新知見 「リウマ チ科」50(1):41-50, 2013年

8.三村俊英:Journal Club 「分子リウマチ治療」 vol.6 (3):51-52, 2013

9.三村俊英:「肝」の有害事象「Journal of Rheumatology Clinical Research」 Vol.2(2):59-64, 2013

10.秋山雄次:免疫抑制薬(methotrexate以外)が活用できたケー ス.tacrolimusが奏効した3例. Ⅶ・ケースから学ぶ上手は薬物療法 「関節リウマチ治療バイブル」:241-246, 2013年

11. 大野修嗣、秋山雄次:関節リウマチに対 するメソトレキサートと防己黄耆湯の長期併用効果と経済的有用性 「日本東洋医学雑誌」 Vol.64(6):319-325, 2013

学会発表
1.三村俊英:合併症のマネージメント(肝臓) .第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月20日

2.秋山雄次, 横田和浩, 中嶋京一, 井熊大輔, 和田琢, 坂本真裕子, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉 春彦,佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:膠原病におけるレイノー現象に対するボセンタンの有効性の検討(第II報).第57回日本リウマチ学会 総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月18日

3.舟久保ゆう, 神津教倫, 横田和浩, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 秋山 雄次, 三村俊英:トシリズマブ投与時の関節リウマチ(RA)患者におけるRoutine Assessment of Patient Index Date 3(RAPID3)を用いた疾 患活動性と身体機能の評価.第57回日本リウマチ学会総会・学術集 会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月20日

4.梶山浩, 井熊大輔, 太田宗夫, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:リウマチ性疾患患者におけるドラマドール塩酸塩・アセト アミノフェン配合製剤とジクロフェナ クナトリウムの推算糸球体濾過量への影響.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月19日

5.荒木靖人, 和田琢, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 三由文彦, 梶山浩, 舟久保ゆう, 金潤澤, 織田弘美, 秋山雄次, 三村俊英:関節 リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6依存性MMP遺伝子転写活性化におけるヒストンメチル化の役割.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国 際リウマチシンポジウム 2013年4月18日

6.横田和浩, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 荒木靖人, 梶山浩, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:TNFαと液性因子Xにより誘導され る破骨細胞様細胞の分化・機能の解析.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月18日

7.坂本真裕子, 柳澤麻依子, 丸山崇, 井熊大輔, 和田琢, 立花秀介, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶 山浩,秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋 山雄次, 三村俊英:当院および関連クリニックにおけるアバタセプト使用例の検討.第57回日本リウ マチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月18日

8.立花秀介, 横田和浩, 丸山崇, 柳澤麻依子, 井熊大輔, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久 保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:多様な 所見を呈し、IgG4関連疾患との鑑別を要した多中心型キャッスルマン病の1例.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシン ポジウム 2013年4月20日

9.和田琢, 秋山雄次, 丸山崇, 柳澤麻依子, 井熊大輔, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 立花秀介, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久 保ゆう, 三村俊英:全身性エリテマト ーデス合併関節リウマチに対してアバタセプトを投与した4例.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013 年4月19日

10.井熊大輔, 梶山浩, 神津教倫, 三由文彦, 丸山崇, 柳澤麻依子, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 立花秀介, 吉 田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:腎機能障害合併関節リウマチ患者における3 年間のエ タネルセプトとアダリムマブの安全性についての検討.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月18 日

11.丸山崇, 秋山雄次, 東孝典, 廣瀬恒, 青木和利, 柳澤麻依子, 井熊大輔, 和田琢, 立花秀介, 島田祐樹, 太田宗夫, 坂本真 裕子, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋 葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:Tocilizumabの関節リウマチにおける臨床的検討  第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム.2013年4月20日

12.柳澤麻依子, 秋山雄次, 舟久保ゆう, 神津教倫, 三由文彦, 丸山崇, 井熊大輔, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 立花秀介, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶 山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 三村俊英:当院における関節リウマチ(RA)に対するゴリムマブ使用 例の解析.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月19日

13.三由文彦, 本根杏子, 簑田清次, 三村俊英:infliximab投与前RA患者の臨床検査データを用いた新規効果判定予測法の開発 .第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月18日

14.中嶋京一, 進藤靖史, 三村俊英:肺アミロイドーシスを合併したシェーグレン症候群の1例.第57回日本リウマチ学会総会 ・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 2013年4月20日 

15.三村俊英:イブニングシンポジウム7 免疫抑制薬治療患者に おけるHBV感染の管理.第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013年5月11日

16.坂本真裕子, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:転写因子c- Mafトランスジェニックマウスに認められるB細胞増多の解析.第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013年5月11日

17.梶山浩, 井熊大輔, 三村俊英:リウマチ性疾患患者における鎮 痛剤の推算糸球体濾過量への影響.第56回日本腎臓学会学術総会 2013年5月12日

18.井熊大輔, 梶山浩, 三村俊英:腎機能障害合併関節リウマチ患 者におけるTNF-α阻害剤の中期的安全性の検討.第56回日本腎臓学会学術総会 2013年5月12日

19.三村俊英:B型肝炎ウイルス再活性化と 注意点.第23回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2013年10月12日

20.Yu F. Asanuma, Takashi Maruyama, Maiko Yanagisawa, Kazuhiro Yokota, Yoshihiro Yoshida, Hiroshi Kajiyama, Kojiro Sato, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Evaluation Of Disease Activity By The Routine Assessment Of Patient Index Data 3 In Patients With Rheumatoid Arthritis Receiving Tocilizumab" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 27, 2013 (San Diego, USA)

21.Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Fumio Gondaira, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima and Toshihide Mimura, "Role Of Urinary Podocyte Number and Urinary Podocalyxin Level As Biomarkers Of Glomerulonephritis In Systemic Lupus Erythematosus and ANCA-Associated Vasculitis" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 27, 2013 (San Diego, USA)

22.Fumihiko Miyoshi, Kyoko Honne, Seiji Minota, Masato Okada, Noriyoshi Ogawa and Toshihide Mimura, "A Novel Method Predicting Good Response Using Only Background Clinical Data In RA Patients Treated With Infliximab" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 28, 2013 (San Diego, USA)

23.Takuma Tsuzuki Wada, Yasuto Araki, Kazuhiro Yokota, Fumihiko Miyoshi, Kojiro Sato and Toshihide Mimura, "Histone Modifications In The Interluekin-6 Gene Promoter Region Of Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 28, 2013 (San Diego, USA)

24.Hiroshi Kajiyama, Daisuke Ikuma, Muneo Ota, Yuki Shimada, Kazuhiro Yokota, Yasuto Araki, Kojiro Sato, Yu F. Asanuma, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Maintenance Therapy With Taclorimus and Mizoribine Pulse In SLE" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 28, 2013 (San Diego, USA)

25.Yasuto Araki, Takuma Tsuzuki Wada, Kojiro Sato, Kazuhiro Yokota, Fumihiko Miyoshi, Yu F. Asanuma, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura, "Altered Histone Methylation Is Associated With IL-6 Dependent Matrix Metalloproteinases Gene Transcriptional Activation In Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 29, 2013 (San Diego, USA)

26.Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato and Toshihide Mimura, "Combination Of TNF and IL-6 Induces Osteoclast-Like Cells With Bone-Resorption Activity Both In Vitro and In Vivo" 2013 ACR/ARHP Annual Meeting, October 29, 2013 (San Diego, USA)

27.横田和浩, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 荒木 靖人, 秋山雄次, 三村俊英:炎症性サイトカインは骨吸収能を有する破骨細胞様細胞を誘導する.第41回日本臨床免疫学会総会 ワークショップ 2013年11月29日

28.丸山崇:Talbot-Lau 干渉計装置の関節 リウマチにおける臨床的検討.第28回日本臨床リウマチ学会 2013年12月1日

研究会発表
1.梶山浩,廣村桂樹,井熊大輔,池内秀和,黒澤寛之,平山吉朗,権平文夫,原正則,野島美久,三村俊英:リウマチ性疾患における尿中ポドサイト関連バイオマーカーの検討.第8回弥彦ポ ドサイトセミナー コープシティ花園,新潟 2013年3月2日

2.横田和浩:当科における肺結核・粟粒結核.  第22回埼玉膠原病肺研究会 2013年4月3日

3.和田琢:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるIL-6遺伝子プロモーター領域のヒストン修飾.第7回日本エピジェネティクス 研究会年会.2013年5月30日

4.荒木靖人:関節リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6依存性MMP遺伝子 転写活性化におけるヒストンメチル化の役割.第7回日本エピジェネティクス研究会年会.2013年5月30日

5.菊池梓, 横田和浩, 島田祐樹, 岸田大, 矢崎正英, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 池田修一, 三村俊英:診断に苦慮 した後腹膜軟部腫瘤の一例 第54回関東リウ マチ研究会 上原記念ホール,東京 2013年6月22日

TOPへ
2012
原著論文
1.Yokota K, Miyazaki T, Hemmatazad H, Gay RE, Kolling C, Fearon U, Suzuki H, Mimura T, Gay S, Ospelt C.
The Pattern-Recognition Receptor NOD1 Promotes Production of Inflammatory Mediators in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts. Arthritis Rheum. 2012 May;64(5):1329-37

2.Weng NP, Araki Y, Subedi K. The molecular basis of the memory T cell response: differential gene expression and its epigenetic regulation.Nat Rev Immunol. 2012 Mar 16;12(4):306-15.

3.Asanuma Y, Shimada Y, Kouzu N, Yokota K, Nakajima K, Sato K, Akiyama Y, Isozaki M, Mikami AS, Kobayashi H, Mimura T.
Serum Osteoprotegerin Concentration is Associated with Carotid Atherosclerotic Plaque in Patients withRheumatoid Arthritis. Mod Rheumatol. 15 May 2012

4.Nakajima R, Sakai F, Mimura T, Tokuda H, Takahashi M, Kimura F
Acute- or Subacute-Onset Lung Complications in Treating Patients with Rheumatoid Arthritis.Can Assoc Radiol J. 2012 Jun 15.

5.Kanemaru K, Nakamura Y,Sato K, Kojima R, Takahashi S, Yamaguchi M, Ichinohe M, Kiyonari H, Shioi G, Kabashima K, Nakahigashi K, Asagiri M, Jamora C, Yamaguchi H, Fukami K.
Epidermal phospholipase Cδ1 regulates granulocyte counts and systemic interleukin-17 levels in mice.Nat Commun. 2012 Jul 17;3:963

6.Harigai M, Mochida S,Mimura T, Koike T, Miyasaka N. A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving immunosuppressive therapy. Mod Rheumatol. 16 Dec 2012

7.Ota M, Sakamoto M, Sato K, Yoshida Y, Funakubo Asanuma Y, Akiyama Y, Yamakawa M, Mimura T. Immunopathological analysis of Erdheim-Chester disease with massive ascites. Intern Med. 2012;51(19):2825-2830.

8.Watanabe K, Sakai R, Koike R, Sakai F, Sugiyama H, Tanaka M, Komano Y, Akiyama Y, Mimura T, Kaneko M, Tokuda H, Iso T, Motegi M, Ikeda K, Nakajima H, Taki H, Kubota T, Kodama H, Sugii S, Kuroiwa T, Nawata Y, Shiozawa K, Ogata A, Sawada S, Matsukawa Y, Okazaki T, Mukai M, Iwahashi M, Saito K, Tanaka Y, Nanki T, Miyasaka N, Harigai M.
Clinical characteristics and risk factors for Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with rheumatoid arthritis receiving adalimumab: a retrospective review and case-control study of 17 patients. Mod Rheumatol . 05 Dec 2012

著書
1.横田和浩, 三村俊英:19章 リウマチ性疾患, アレルギー性疾患, 免疫不全症 2-17.リウマチ性疾患-再発性多発軟骨炎 「カラー版 内科学」  p1293-1294 (門脇孝/永井良三総編集) 西村書店  2012年7月

2.秋山雄次:第3章免疫系疾患の医療ニーズ, 第6節悪性関節リウマチ.「希少疾患/難病の診断・治療と製品開発」.技術情報教会, 798-804, 2012年10月

総説
1.梶山浩:診断力をみがくイメージトレーニング・多関節痛を呈した3例 「内科」109(2) :317-322, 2012

2.舟久保ゆう, 三村俊英:免疫抑制薬の使い方と留意点 特集・最新の膠原病診療-そのパラダイムシフト 「日本医師会雑誌」140(11) :2337-2341, 2012年2月

3.横田和浩, 三村俊英:Rhoキナーゼ阻害薬と関節リウマチ―あらたな知見と治療薬としての可能性 炎症疾患におけるキナーゼ阻害薬の進歩 「医学のあゆみ」240(7) :571-575, 2012年2月

4.吉田佳弘, 三村俊英:膠原病・血管炎 結節性多発動脈炎 (ⅩⅡ 各種病態にみられる腎障害) 腎臓症候群(第2版)下 「別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ」 18 :518-522, 2012

5.秋山雄次, 三村俊英:治療薬のPros&Cons 生物学的製剤 「内科」109(4) :607-613, 2012

6.三村俊英:リウマチ膠原病・アレルギー学 「日本医事新報」別冊 :82-83, 2012年2月

7.舟久保ゆう:リウマチ膠原病・アレルギー学 Topic1 「日本医事新報」別冊:84-85, 2012年2月

8.中嶋京一:リウマチ膠原病・アレルギー学 Topic2 「日本医事新報」別冊:85, 2012年2月

9.秋山雄次:リウマチ膠原病・アレルギー学 Topic3 「日本医事新報」別冊:86-87, 2012年2月

10.梶山浩:リウマチ膠原病・アレルギー学 Topic4 「日本医事新報」別冊:87, 2012年2月

11.佐藤浩二郎:リウマチ膠原病・アレルギー学 Topic5 「日本医事新報」別冊:88, 2012年2月

12.三村俊英:特集Ⅱ/メトトレキサート高用量時代を迎えて ―最近注目されている副作用と対策― 「炎症と免疫」 24(3):60-66, 2012年7月

13.三村俊英:特集/リウマチ治療に伴う感染症の現況と対策, HBV再活性化の対策「リウマチ科」48(2):174-180, 2012年8月

14.三村俊英, 横田和浩:連載 第1回/生物学的製剤の臓器別有害事象の管理,治療,予防を徹底解説する生物学的製剤の「肺」の有害事象の管理,治療,予防を徹底解説するPart1.Rheumatology Clinical Research.1(1):48-52, 2012年12月 

15.舟久保ゆう: 全身性エリテマトーデスにおける炎症と動脈硬化. 日本臨床免疫学会会誌. 35(6):470-480,2012

16.和田琢, 秋山雄次, 横田和浩, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:「アバタセプト投与後に肺間質影が増悪した関節リウマチの1例」 日本臨床免疫学会会誌.35(5):433-438, 2012

学会発表
1.三村俊英:関節リウマチ治療におけるB型肝炎再活性化の現状とその対策―リウマチ専門医の立場から― 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月26日

2.秋山雄次, 中嶋京一, 井熊大輔, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 太田宗夫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:膠原病のレイノー現象に対するボセンタンの有効性 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月28日

3.舟久保ゆう, 島田祐樹, 横田和浩, 吉田佳弘, 進藤靖史, 中嶋京一, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:全身性エリテマトーデスにおける血漿Pentraxin 3濃度:重症度予測マーカーとしての有用性 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月28日

4.佐藤浩二郎:ヘルパーT細胞分化メカニズムと自己免疫 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム、2012年4月27日

5.梶山浩, 井熊大輔, 和田琢, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:慢性腎臓病合併RA患者における3年間の機能変化の検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月28日

6.Kazuhiro Yokota, Toshihide Mimura, Renate. E Gay, Steffen Gay, Caroline Ospelt, "The Pattern-Recognition Receptor NOD1 Promotes Production of Inflammatory Mediators in Rheumatoid Arthritis" 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月26日

7.吉田佳弘, 秋山雄次, 和田琢, 三由文彦, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:当科におけるアダリムマブ使用例の継続率を中心とした1年間の追跡結果 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月26日

8.進藤靖史, 秋山雄次, 神津教倫, 井熊大輔, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 中嶋京一, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩 二郎, 舟久保ゆう, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英: Phase Contrast Radiography(PCR)と単純X線からみた2010ACR/EULARの関節リウマチ(RA)分類新基準における診断率の比較  第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月27日

9.太田宗夫, 佐藤浩二郎, 和田琢, 坂本真裕子, 三由文彦, 横田和浩, 荒木靖人, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチ患者由来滑膜細胞におけるIL-17応答遺伝子のトランスクリプトーム解析 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム、2012年4月26日

10.坂本真裕子, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英, 中村晃一郎:ウステキヌマブが奏功した難治性乾癬性関節炎の1例 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月27日

11.立花秀介, 立石睦人, 大関恵理, 妹尾由美子, 栃本明子, 田辺学, 小笠原孝, 山田隆:筋サルコイドーシス、胸腺腫、重症筋無力症を合併した一例 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月27日

12.和田琢, 秋山雄次, 丸山崇, 柳澤麻依子, 井熊大輔, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京 一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:当院におけるアバタセプト使用例の検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム、2012年4月26日

13.井熊大輔, 秋山雄次, 三由文彦, 丸山崇, 柳澤麻依子, 和田琢,太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春 彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:2年間におけるエタネルセプトの継続率と有効性について患者背景からの検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月26日

14.中嶋京一, 秋山雄次, 神津教倫, 進藤靖史, 井熊大輔, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範,吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩 二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英:RAにおける臨床的指標とB細胞刺激因子(BAFF)についての検討 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会 第21回国際リウマチシンポジウム 2012年4月26日

15.Kojiro Sato, Toshihide Mimura,"THE TRANSCRIPTION FACTOR C-MAF PLAYS AN ESSENTIAL ROLE IN A MEMORY TH-CELL DEPENDENT MODEL OF INFLAMMATION" EULAR 2012, 8 June 2012 (Berlin, Germany)

16.梶山浩, 三村俊英:慢性腎臓病合併RA患者における3年間の腎機能変化の検討 第55回(平成24年度)日本腎臓学会学術集会 パシフィコ横浜 2012年6月3日

17.横田和浩, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 梶山浩, 秋山雄次, 三村俊英:炎症性サイトカインにより誘導される新規破骨細胞分化メカニズムの解析. 第3回彩の国骨フォーラム 2012年6月29日

18.横田和浩, 三村俊英, Renate E. Gay, Steffen Gay, Caroline Ospelt : 関節リウマチ線維芽細胞におけるNOD1の役割. 第11回リウマチ膠原病・よつやセミナー 2012年9月8日

19.佐藤浩二郎:Th17と炎症 第33回日本炎症・再生医学会 シンポジウム 2012年7月5日

20.Takuma Wada, Yuji Akiyama, Kojiro Sato, Yu Funakubo, Toshihide Mimura Clinical efficacy of infliximab in patients with Behcet’s disease 15th International Conference on Behcet’s Disease、2012年7月13日

21.佐藤浩二郎:T細胞性サイトカインと破骨細胞分化.第40回日本臨床免疫学会総会 シンポジウム 2012年9月27日

22.三村俊英:関節リウマチ治療とB型肝炎対策.第27回日本臨床リウマチ学会 教育講演 2012年11月23日

23. SATO Kojiro:Analysis of transcription-factor network in memory Th cells using c-Maf transgenic and c-Maf deficient mice. 第41回日本免疫学会学術集会 ワークショップ 2012年12月5日

症例報告
1.丸山崇, 横田和浩, 太田充彦, 中村智奈, 柳澤麻依子, 井熊大輔, 山本晃範, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチ経過中に後腹膜病変が発見された一例. 第58回埼玉リウマチ研究会 ラフレさいたま、埼玉 2012.1.20

2.吉田佳弘:Efficacy of Combination Therapy with Bosentan, Sildenafil, and Epoprostenol for Pulmonary Arterial Hypertention Associated with Systemic Sclerosis. Pulmonary Arterial Hypertension Conference in Saitama 埼玉医科大学 第三講堂 2012.4.23

3.柳澤麻依子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 梶山浩, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:SLE網膜症の二例. 第53回関東リウマチ研究会 上原記念ホール、東京 2012.6.23

4.横田和浩, 三村俊英:リウマチ膠原病領域における結核感染症. 第8回腎・膠原病治療研究会 2012年9月14日
TOPへ
2011
原著論文
1.Yokota K, Miyoshi F, Sato K, Asanuma Y, Akiyama Y, Mimura T.
Geranylgeranyl-pyrophosphate Regulates Secretion of Pentraxin 3 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 from Rheumatoid Fibroblast-like Synoviocytes in Distinct Manners. Clinical and Experimental of Rheumatology. Jan-Feb;29(1):43-9. Epub 2011 2

2.Sato K, Miyoshi F, Yokota K, Araki Y, Asanuma Y, Akiyama Y, Yoh K, Takahashi S, Aburatani H, Mimura T.
Marked induction of c-Maf protein during Th17 cell differentiation and its implication in memory Th cell development. J Biol Chem. 2011 Apr 29;286(17):14963-71. Epub 2011 Mar 14.

3. Yoshida Y, Sakamoto M, Yokota K, Sato K, Mimura T. Tocilizumab improved both clinical and laboratory manifestations except for interleukin-18 in a case of multiple drug-resistant adult-onset Still's disease. Intern Med. 2011;50(16):1757-60. Epub 2011 Aug 15.

著書
1.三村俊英:リウマチ性疾患・アレルギー性疾患・免疫不全症 「臨床検査データブック」 医学書院 p876-877 2011.2

2.三村俊英:14膠原病および類縁疾患 関節リウマチに伴うアミロイドーシス(AAアミロイドーシス) 「今日の治療指針」 医学書院 2011.1 p755-756

3.三村俊英:第1章、第3章、第5章 「基礎からわかる免疫学」三村俊英編著 ナツメ社 2011.6

4.秋山雄次:第4章 「基礎からわかる免疫学」三村俊英編著 ナツメ社 2011.6

5.佐藤浩二郎:第6章 「基礎からわかる免疫学」三村俊英編著 ナツメ社 2011.6

総説
1.三村俊英:診断・治療の進歩 全身性エリテマトーデス「内科臨床 INTERNAL MEDICINE」 4(107) :571-576, 2011年4月

2.荒木靖人, 三村俊英:患者の声に答える その3 「流」No.278:9-15, 2011

3.三村俊英:リウマチ(膠原病)・アレルギー学 「日本医事新報」 No.4531 :53-60, 2011年2月

4.横田和浩, 三村俊英:Topoisomerase阻害薬irinotecanのループスモデルマウスに対する効果 「リウマチ科」45(3) 291-298, 2011

5.梶山浩, 三村俊英:ループス腎炎(重症度の判定と治療指針)「Medical Practice」 28(7) :1187-1193, 2011

6.秋山雄次:第2章膠原病・リウマチ内科 第2節全身性エリテマトーデス 「治療/診断技術のニーズとシーズ評価表」 :19-27, 2011年5月

7.横田和浩, 三村俊英:副腎皮質ステロイドの主作用と副作用 「関節外科 基礎と臨床」30(7) :29-32, 2011

8.横田和浩:破骨細胞分化における転写因子ATF4の役割 「リウマチ科」 45(6) :629-637, 2011

9.舟久保ゆう, 三村俊英:アバタセプトの有効性と安全性「リウマチ科」 46(1) :18-25, 2011年7月

10.中嶋京一, 三村俊英:肝炎ウィルスを含めた感染症とMTXの処方「アルスライティス 運動器疾患と炎症」 9(1) :32-43, 2011年4月

11.三村俊英 監訳:スタチン誘発性ミオパチー 最近の進歩に関する総説 Statin myopathy:a review of recent progress Mammen AL and Amato AA 「Current Opinion in Rheumatology 日本語版」 4(1) :3-10, 2011

12.舟久保ゆう:診断力をみがくイメージトレーニング 「内科」108(3) :523-8, 2011年9月

13.舟久保ゆう:特集/リウマチ性疾患における心血管障害. 3全身性エリテマトーデスにおける動脈硬化 「リウマチ科」 46(4), 2011年10月

14.秋山雄次:維持透析中の関節リウマチ患者における抗リウマチ薬の使用法 「日本臨床免疫学会会誌」 Vol. 34 :485-492, 2011

15.梶山浩:リウマチ性疾患におけるポドサイトの研究「日本臨床免疫学会会誌」 Vol. 34 :40-48, 2011

学会発表
1.梶山浩, 重原哲也, 平松範行, 廣村桂樹, コップ ジェフリー, 三村俊英:HIVANとCollapsing FSGS(Collapsing Glomerulopathy)―ポドサイトは増殖するのか? 第54回日本腎臓学会学術集会、2011年6月16日

2.梶山浩, 黒澤寛之, 小笠原真也, 平山吉朗, 関根盛, 原正則, 三村俊英:SLE15例に於ける尿中ポドサイト関連マーカーの経時的検討 第54回日本腎臓学会学術集会、2011年6月15日

3.島田祐樹, 淺沼ゆう, 三由文彦, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 山本晃範, 進藤靖史, 横田和浩, 中嶋京一, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:ループス精神病の診断マーカーとして血漿Pentraxin3値の有用性の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月18日

4.梶山浩, 和田琢, 山本晃範, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:SLE15例に於ける尿中ポドサイト関連マーカーの経時的検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月18日

5.進藤靖史, 秋山雄次, 神津教倫, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼 ゆう, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英:関節リウマチの手指Phase Contrast Radiographyでの骨透亮像とMRIの骨髄浮腫の関連性 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月18日

6.山本晃範, 佐藤浩二郎, 吉田佳弘, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:難治性成人スチル病にトシリズマブが著効を示した2例 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月18日

7.清水陽子, 梶山浩, 太田宗夫, 山本晃範, 島田祐樹, 進藤靖史, 横田和浩, 秋山雄次, 三村俊英:トシリズマブで加療した高度腎障害合併AAアミロイドーシスのRA2例 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月18日

8..和田琢, 秋山雄次, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村 俊英:ベーチェット病に対するインフリキシマブ使用例の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月19日

9.坂本真裕子, 山本晃範, 進藤靖史, 梶山浩, 秋山雄次, 三村俊英:アダリムマブが奏功した乾癬性関節炎の2例 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月19日

10.中嶋京一, 秋山雄次, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村 俊英:多発性筋炎/皮膚筋炎(PM/DM)におけるステロイド抵抗例の検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月19日

11.島田祐樹, 中嶋京一, 三由文彦, 和田琢, 太田宗夫, 坂本真裕子, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山 雄次, 三村俊英:生物学的製剤投与中RA患者における好中球CD64分子のカットオフ値に関する検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月19日

12.吉田佳弘, 秋山雄次, 和田琢, 三由文彦, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 進藤靖史, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼 ゆう,三村俊英:関節リウマチにおけるアダリムマブの有効例と無効例との比較検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月20日

13.梶山浩, 坂本真裕子, 太田宗夫, 三由文彦, 荒木靖人, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:培養マウスポドサイトの細胞死に対するIL17の効果 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月20日

14.淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 梶山浩, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチにおけるトシリズマブの早期臨床効果は身体機能障害度と相関しない 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月20日

15.梶山浩, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:慢性腎臓病を合併したRA治療の疫学的検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月20日

16.秋山雄次, 中嶋京一, 吉田佳弘, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 太田宗夫, 進藤靖史, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:関節リウマチ(RA)におけるインフリキシマブ強化療法の臨床的検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月20日

17.三村俊英, 山本一彦, 野島美久, 廣村桂樹, 宮坂信之, 塩沢俊一, 柱本照, 三森経世, 湯川尚一郎, 桑名正隆, 住田孝之, 林太智, 折口智樹, 小池隆夫, 秋山雄次, 持田智:リウマチ膠原病領域におけるB型肝炎再活性化に関する検討 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム 2011年7月20日

18.荒木靖人, 横田和浩, 三由文彦, 佐藤浩二郎, 金潤澤, 織田弘美, 三村俊英:関節リウマチの滑膜線維芽細胞におけるヒストンメチル化はMMPs遺伝子発現と関連する 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 第20回国際リウマチシンポジウム、2011年7月20日

19.太田宗夫,佐藤浩二郎,和田琢,杉江真裕子,三由文彦,横田和浩,荒木靖人,秋山雄次,三村俊英 関節リウマチ患者由来滑膜細胞におけるIL17応答遺伝子のトランスクリプトーム解析 第39回日本臨床免疫学会総会 2011年9月15日

20.Yasuto Araki “Histone methylation is associated with MMP gene expressions in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts”The 4th East Asian Group of Rheumatology -EAGOR2011-, October 15, 2011, (Tokyo, Japan)

21.Kazuhiro Yokota, Toshihide Mimura, Renate E. Gay, Steffen Gay, Christoph Kolling and Caroline Ospelt “The Pattern-Recognition Receptor NOD1 Promotes Production of Inflammatory Mediators in Different Cell Types of the Synovium in Rheumatoid Arthritis” 2011 ACR/ARHP Annual Scientific Meeting, November 7, 2011 (Chicago, USA)

22.Kojiro Sato, Fumihiko Miyoshi and Toshihide Mimura, Saitama Medical University, Saitama, Japan “The Induction of c-Maf in Th17 Cells and Its Implications in the Development of Memory Th Cells” 2011 ACR/ARHP Annual Scientific Meeting, November 8, 2011 (Chicago, USA)

23.三村俊英:TNF 阻害薬以外の生物学的製剤による治療の進歩第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 シンポジウム、2011年11月12日(土)

24.SATO Kojiro:転写因子c-MafがTh17細胞分化およびメモリーTh細胞分化において果たす役割 The roles transcription factor c-Maf plays in Th17 and memory Th cells 第40回日本免疫学会学術集会、2011年11月28日 幕張メッセ

25.三村俊英:生物学的製剤使用の際のB 型肝炎対策 第22回日本リウマチ学会関東支部学術集会 シンポジウム 2011年12月11日 ラフレさいたま

症例報告
1.太田宗夫:「当科でのレミケード不応RA症例への治療について」 第4回埼玉Biologics研究会 ラフレ埼玉,埼玉 2011年5月7日

2.和田琢, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:「SLE精査中に多発肺結節影が認められた1例」 第52回 関東リウマチ研究会 上原記念ホール,東京 2011年6月18日

3.柳澤麻依子:珪肺症に合併した強皮症と皮膚筋炎のオーバーラップ症候群の一例 第22回日本リウマチ学会関東支部学術集会 ラフレ埼玉,埼玉 2011年12月11日

TOPへ
2010
原著論文

1.J Tanaka, H Oda, T Mimura, C Honda, H Oohara, H Kawasaki, A Kondo, Y Wada. "Innovative radiographic system to improve the sharpness of radiographs: could a phase-shift effect contribute to improved image-quality for plain computed radiographs for general use? "Jpn J Radiol. 28(1):79-85. Epub 2010 1. 85

2.Y Tanaka, T Takeuchi, T Mimori, K Saito, M Nawata, H Kameda, T Nojima, N Miyasaka, T Koike; for the RRR study investigators "Discontinuation of infl iximab after attaining low disease activity in patients with rheumatoid arthritis:RRR (remission induction by Remicade in RA) study" Ann Rheum Dis. 2010 Jul; 69(7):1286-1291. Epub 2010 Apr 1.
*the RRR study investigatorsにToshihide Mimura and Yuji Akiyama が含まれています。

著書
1.久保かなえ, 三村俊英:12 免疫疾患 膠原病に伴う腎症 「病気と薬パーフェクトブック 2010」 薬局 2010年3月増刊号 61(4) P808-811

2.秋山雄次, 三村俊英:2.結核「トシリズマブ ケーススタディー」(西本憲弘 監修)、メディカルレビュー社 2010年11月P24ー29

3.三村俊英:Ⅴ腎臓・泌尿器疾患と治療薬 2原発性糸球体腎炎、3ネフローゼ症候群 「疾患と治療薬ー医師・薬剤師のためのマニュアル(改訂第6版)」 南江堂 2010年4月 P337-340、P341-344

総説
1.淺沼ゆう, 島田祐樹:関節リウマチと臓器障害. 関節リウマチ患者における心血管病変について.「分子リウマチ治療」 3 (3) 33-35, 2010(8月) 1

2.淺沼ゆう, 島田祐樹: 三村俊英: 膠原病-その入り口から慢性期まで. III. 慢性期の臓器病変別フォローアップ. 動脈硬化病変. 「診断と治療」 98(10), 2010

3.淺沼ゆう, 島田祐樹 関節リウマチ-実地医家のための寛解を目指した診療ストラテジー. 《トピックス》2. 関節リウマチと心血管障害リスク. 「Medical Practice」 27(12), 2010

4.秋山雄次、三村俊英:免疫複合体. 「内科臨床誌medicina( 増刊号 これだけは知っておきたい検査のポイント第8集)」 47(11):477-479, 2010

5.三村俊英:Q&A テーマ② 免疫抑制治療前のB型肝炎ウィルスのスクリーニングと対応について 「Frontiers in Rheumatology & Clinical Immunology」 4(4), 2010.11

6.三村俊英:副腎皮質ステロイド 関節リウマチ(第2版) 「日本臨床」 68(増刊号5) 356-360, 2010.5

7.三村俊英:サルコイドーシス ドクターサロン 55巻2月号 17-19:97-100, 2011.1

8.荒木靖人, 三村俊英:関節リウマチ患者罹患関節における熱ショック蛋白96Toll-like receptor 「リウマチ科」43(4) :407-413 ,2010

学会発表
1.淺沼ゆう, 島田祐樹, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「関節リウマチ患者における血清osteoprotegerin濃度と頚動脈プラークの関連」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

2.三由文彦, 佐藤浩二郎, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「生物学的製剤の治療効果はRA患者の末梢血単核球からのサイトカイン産生と強く相関する」 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

3.秋山雄次, 中嶋京一, 吉田佳弘, 島田祐樹, 山本晃範, 坂本真裕子, 太田宗夫, 進藤靖史, 横田和浩, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「リウマチ性疾患におけるメトトレキサート(MTX)による骨髄抑制の臨床的検討」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

4.吉田佳弘, 秋山雄次, 進藤靖史, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「当科におけるアダリムマブを投与した関節リウマチ症例の臨床的検討」 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日(神戸ポートピアホテル,神戸)

5.梶山浩, 山本晃範, 太田宗夫, 島田祐樹, 坂本真裕子. 吉田佳弘, 中嶋京一, 佐藤浩二郎,淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「リウマチ性疾患の腎障害における尿中ポドサイトマーカーの検討」 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

6.進藤靖史, 秋山雄次, 神津教倫, 中嶋京一, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 梶山浩, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科, 同整形外科, 同放射線科「関節リウマチにおけるPhase Contrast Radiography (PCR)画像の有用性の検討」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

7.中嶋京一, 秋山雄次, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 秋葉春彦, 荒木靖人, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「RAにおけるインフリキシマブ治療前後の抗CCP抗体・COMP値の経時的測定と疾患活動性」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

8.島田祐樹, 中嶋京一, 太田宗夫, 坂本真裕子, 山本晃範, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「膠原病における感染症マーカーとしての好中球表面上CD64測定の有用性の検討」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

9.荒木靖人, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 梶山浩, 進藤靖史, 吉田佳弘, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 秋葉春彦, 中嶋京一, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「メモリーCD8T細胞における遺伝子発現に対するヒストン修飾の役割」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

10.佐藤浩二郎, 三由文彦, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「転写因子c-MafがTh細胞分化において果たす役割の解析」第54回日本リウマチ学会総会・学術集会 2010年4月22-25日

11. Asanuma Y, Shimada Y, Mimura T. “Association between Serum Osteoprotegerin Levels and Carotid Atherosclerotic Plaque in Patients with Rheumatoid Arthritis.”American College of Rheumatology 73th Annual Scientific Meeting, 2010(11月7日-10) (Atlanta, USA)

12. Yokota K, Araki Y, Miyoshi F, Sato K, Asanuma Y, Kajiyama H, Nakajima K, Akiyama Y, Mimura T,
"Histone acetylation is associated with arthritogenic properties of rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" 14th International Congress of Immunology, August 24, 2010 (Kobe, Japan)

13. Sato K, Miyoshi F, Mimura T, "OP0209 The transcription factor C-MAF plays critical roles in differentiation of thelper cells"Annual European Congress of Rheumatology, June 16-19, 2010

14. F.Mmiyoshi, K.Sato, T.Mimura, Saitama medical university, "AB0045 The cytokines production from nonspecifically stimulated pbmcs can constitute the mirror image of local inflammation"Annual European Congress of Rheumatology, June 16-19, 2010
TOPへ
2009
原著論文
1. Yokota K, Akiyama Y, Asanuma Y, Miyoshi F, Sato K, Mimura T. Efficacy of tacrolimus in infliximab-refractory progressive rheumatoid arthritis. Rheumatol Int 2009; 29:459-61.

2. Rho YH, Chung CP, Oeser A, Solus J,Asanuma Y, Sokka T, Pincus T, Raggi P, Gebretsadik T, Shintani A, Stein CM. Inflammatory mediators and premature coronary atherosclerosis in rheumatoid arthritis. Arthritis Care & Research 2009;61(11):1580-85.

3. Yamamoto A, Sato K, Miyoshi F, Shindo Y, Yoshida Y, Yokota K, Nakajima K, Akiba H, Asanuma Y, Akiyama Y, Mimura T.
Analysis of cytokine production patterns of peripheral blood mononuclear cells from a rheumatoid arthritis patient successfully treated with rituximab.Mod Rheumatol. 2009 Nov 7.

4. Yokota K, Akiyama Y, Adachi D, Shindo Y, Yoshida Y, Miyoshi F, Arai E, Kuramochi A, Tsuchida T, Mimura T. Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma accompanied by Sjögren's syndrome.
Scand J Rheumatol. 2009;38(6):494-5.

著書
1.淺沼ゆう:第2章. 患者さんの状況別 関節リウマチの治療とケア. 抗リウマチ薬(DMARDs)服用中の患者さん「関節リウマチの治療とケア」(勝呂徹 監修), p44-54,メディカ出版, 東京, 2009 (11月)

2.三村俊英:7-2 全身性エリテマトーデ内科学症例図説 p313-315, 朝倉書店, 2009.11

総説
1.秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチの診断と治療 「MEDICAMENT NEWS」 第1977号 2009

2.秋山雄次:分類不能関節炎/早期関節リウマチの治療方針をどう決定するか。「リウマチ科」41(6):558-568, 2009 6

3.淺沼ゆう:関節リウマチにおける炎症性メディエーターと動脈硬化.「 リウマチ科」 42(5):549-56, 2009

4.進藤靖史, 秋山雄次, 中嶋京一, 三村俊英:位相コントラストX線撮影法の有用性/新しい診断技術 「分子リウマチ治療」 2(4):187-190, 2009

5.中嶋京一, 三村俊英:ボセンタンが継続投与可能だった血小板減少をともなう1症例. 「Modern Physician」 vol.29 臨時増刊号 別刷:62-63, 2009

6.三村俊英:-Journal club- Kallikrein genes are associated with lupus and glomerular basement membrane-specific antibody-induced nephritis in mice and humans: Liu K et al : J Clin Invest 119 p911-923 2009 「分子リウマチ治療」 2(4):204, 2009

7.三村俊英:-Journal club- Orally delivered siRNA targeting macrophage Map4k4 suppresses systemic inflammation. Aouadi M et al :Nature 458:p1180-1184, 2009 「分子リウマチ治療」 2(4):204, 2009

学会発表
1.進藤靖史, 秋山雄次, 神津教倫, 中嶋京一, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英: 関節リウマチ診断における手指足趾レントゲン画像、MRI画像と比較した新規Phase Contrast Radiography (PCR)画像の有用性についての検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール,2009年4月23-26日

2.淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 横田和浩, 吉田佳弘, 進藤靖史, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:エタネルセプトとメトトレキサートの併用療法による関節リウマチの身体機能改善効果. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

3.淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチ発症早期におけるインフリキシマブ導入の身体機能改善効果. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

4.高橋裕子, 山下裕之, 伊藤健司, 杉山温人, 三村俊英, 三森明夫:顕微鏡的多発血管炎とWegener肉芽腫症の予後決定因子。第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, 第18回国際リウマチシンポジウム, 2009.4

5.淺沼ゆう, 神津教倫, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 吉田佳弘, 進藤靖史, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチにおける疾患活動性と骨関節破壊の関連因子. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

6.梶山浩, 進藤靖史, 中嶋京一, 坂本真裕子, 太田宗夫, 島田祐樹, 山本晃範, 横田和浩, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:当科に於ける胸膜炎合併原発性シェーグレン症候群. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

7.秋山雄次, 中嶋京一, 神津教倫, 坂本真裕子, 山本晃範, 太田宗夫, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:Tocilizumab (TOC)の関節リウマチ(RA)における臨床的検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

8.山本晃範, 佐藤浩二郎, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 中嶋京一, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:  急速に進行した手指壊疽に対し原発性クリオフィブリノーゲン血症と診断・治療した一例. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

9.太田宗夫, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 山本晃範, 島田祐樹, 坂本真裕子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:心嚢水、胸水。腹水貯留と著明な下腿浮腫を呈し、画像所見及び免疫組織学的検索によりErdheim-Chester病と診断した一例. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

10.中嶋京一, 秋山雄次, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英: 関節リウマチ(RA)患者におけるインフリキシマブ(Inf)治療前後の抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体・血清cartilage oligomeric matrix protein (s-COMP)値とSharp scoreの検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

11.吉田佳弘,秋山雄次,太田宗夫,坂本真裕子,島田祐樹,山本晃範,三由文彦,進藤靖史,横田和浩,梶山浩,秋葉春彦,中嶋京一,淺沼ゆう,三村俊英: 当科にてアダリムマブを投与した関節リウマチ症例の臨床的検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日

12.梶山浩, 坂入徹, 阿部祥英, 三村俊英: Kopp Jeffrey 「HIVアクセサリー蛋白Vprによるマウスポドサイトのカスパーゼ非依存性細胞死. 第52回日本腎臓学会学術総会, パシフィコ横浜、神奈川2009年6月

13.太田宗夫, 中嶋京一, 加賀亜希子, 杣知行, 島田祐樹, 山本晃範, 坂本真裕子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 金澤貢, 三村俊英: ブシラミンによる胸部結節陰影を呈した関節リウマチの一例. 第50回関東リウマチ研究会, 大正製薬2号館上原記念ホール,東京 2009年6月20日

14.原宏明, 淺沼ゆう, 島田祐樹, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英, 石沢圭介: 潰瘍性大腸炎で全結腸切除後に、肺梗塞にて発症した大動脈炎症候群の1例. 日本内科学会関東地方会564回, 都市センター, 2009年7月5日

15.吉田佳弘,佐藤浩二郎, 太田宗夫,坂本真裕子,島田祐樹,山本晃範,三由文彦,梶山浩,秋葉春彦,中嶋京一,淺沼ゆう,秋山雄次,山川光徳, 三村俊英: 著明な腹水貯留をきたし、画像所見並びに腹水中細胞の免疫病理学的検査所見から診断したErdheim-Chester病の一例. 第19回日本樹状細胞研究会, 淡路夢舞台国際会議場, 2009年7月10日-11日

16.Yoshihiro Yoshida, Kojiro Sato, Muneo Ota, Yuji Akiyama, Mitunori Yamakawa, Toshihide Mimura, et al: A Case Report of Erdheim –Chester Disease Diagnosed by Immunohistochemical Analysis of the Cell Derived from the Ascites. 11th International Workshop on Langerhans Cells, September 6, 2009 (Funchal, Madeira, Portugal)

17.Manavathongchai S, Rho YH, Oeser AM, Solus JF, Milne GL, Biar A, Gebretsadik T, Shintani A, Asanuma Y, Stein CM. “Determinants of hypertension in rheumatoid arthritis.” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, 2009年10月17日-21日(Philadelphia, USA)

18.Toru Sakairi, Yoshifusa Abe, Lilian Howard, Linda Barlett, Hiroshi Kajiyama, Parmijat S Jat, Jeffrey B.Kopp, :Establishment of Conditionally Immortalized Podocyte Cell Lines from Urine. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)

19.Hiroshi Kajiyama, Ken Kasahara, Sachiya Yamamoto, Jeffrey B Kopp, Toshihide Mimura :A Genetic Approach for Generating Cyclosporin A Derivatives with Protective Effects on Podocytes. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)

20.Hiroshi Kajiyama, Yoshifusa Abe, Toru Sakairi, Jeffrey B Kopp : HIV1 Accessory Protein Vpr Disrupts Cytoskeletal Structure of Mouse Podocytes In Vitro. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)

21. Yoshifusa Abe, Toru Sakairi, Hiroshi Kajiyama, Shashi Shrivastav, Craig Beeson, Jeffrey B Kopp : Bioenergetic Characterization of Mouse Podocytes.42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)

22.Hua Zhou, Hiroshi Kajiyama, Toru Sakairi, Lauren Dutcher, Asada Leelahavanichkul, Xuzhen Hu, Takayuki Tsuji, Lilian Howard, Suzzane Vento, Rachel Frank, Howard Trachtman, Colleen Hadigan, Jeffrey B Kopp, Peter Yuen, Robert Star : Urinary Exosomal Wilms Tumor 1 (WT-1) as a Biomarker for Glomerular Diseases. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)

23.Kazuhiro Yokota, Astrid Jungel, Christoph Kolling, Toshihide Mimura, Renate E. Gay, Beat A. Michel, Steffen Gay and Caroline Ospelt, Ctr Exp Rheum, Univ Hosp Zurich / Zurich Ctr Integr Hum Physiol (ZIHP), Zurich, Switzerland, ” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, October 18, 2009 (Philadelphia, USA)

24.Kajiyama Hiroshi, Nakajima kyoichi, Asanuma Yu, Sato Kojiro, Akiyama Yuji, Kopp Jeffrey, Mimura Toshihide: The introduction of podocyte research tools to rheumatology –the proposal of an innovative reserch area “nephrorheumatology”. 第37回日本臨床免疫学会総会, 東京ステーションコンファレンス, 2009年11月13日

25.Sato Kojiro, Miyoshi Fumihiko, Mimura Toshihide: The role transcription factor c-Maf plays in memory Th17 cells. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 大阪国際会議場, 2009年12月

26.Miyoshi Fumihiko, Sato Kojiro, Mimura Toshihide: The Th-cytokine production from non-speciffically stimulated PBMCs show the mirror image of local inflammation. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 大阪国際会議場, 2009年12月

27.大窪崇之, 梶山浩, 吉田佳弘, 佐藤浩二郎, 中嶋京一, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: 経過中にpauci-immune型半月体形成性腎炎を発症した重複症候群の一例. 第568回関東地方会, 日本都市センター, 2009年12月

28.Manavathongchai S, Rho YH, Oeser AM, Solus JF, Milne GL, Biar A, Gebretsadik T, Shintani A, Asanuma Y, Stein CM. Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN; Saitama Medical University, Saitama, Japan “Determinants of hypertension in rheumatoid arthritis.” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, 2009年10月17日-21日(Philadelphia, USA)
TOPへ
2008
原著論文
1. Yokota K, Miyoshi F, Miyazaki T, Sato K, Yoshida Y, Asanuma Y, Akiyama Y, Mimura T.
High Concentration Simvastatin Induces Apoptosis in Fibroblast-Like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis. J Rheumatol. 2008 Jan 15

2.Asanuma Y, Oeser A, Stanley E, Bailey DG, Shintani A, Stein CM. Effects of C-reactive protein and homocysteine on cytokine production: modulation by pravastatin. Archives Drug Info. 2008 Jul;1(1):14-22

3. Yokota K, Akiyama Y, Sato K, Shindo Y, Yoshida Y, Miyoshi F, Akiba H, Nakajima K, Asanuma Y, Mimura T.
Vasculo-Behçet's disease with non-traumatic subcapsular hematoma of the kidney and aneurysmal dilatations of the celiac and superior mesenteric arteries. Mod Rheumatol. 2008;18(6):615-8.

4. Kato T, Nakajima A, Soejima M, Nagai R, Yago T, Tanohara K, Ichida H, Masuda I, Yamada T, Taniguchi A, Akiyama Y, Mimura T, Tsuchida T, Kamatani N, Hara M.: Therapeutic efficacy of intravenous cyclophosphamide concomitant with moderate- to high-dose prednisolone in two patients with fasciitis panniculitis syndrome.Mod Rheumatol. 2008 Apr;18(2):193-199. Epub 2008 Feb 20.

著書
1.中嶋京一:血清病.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p755、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

2.秋山雄次:関節リウマチ.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p773、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

3.淺沼ゆう:血管炎症候群.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p788、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

4.上川哲平:ベーチェット病.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p800、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

5.吉田佳弘:全身性硬化症.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p803、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

6.横田和浩:多発性筋炎/皮膚筋炎.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p808、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

7.佐藤浩二郎:混合性結合組織病.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p812、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

8.秋葉春彦:成人スティル病.「看護に役立つ疾患・症候辞典」(監修 永井良三)、p815、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

9.三村俊英:多尿/頻尿、乏尿/無尿、血尿 「看護に役立つ疾患・症候事典」(監修者 永井良三)、p1575、p1577、p1579、メヂカルフレンド社、東京、2008(4月)

10.久保かなえ, 三村俊英:11 免疫疾患 膠原病に伴う腎症「病気と薬パーフェクトブック2009」薬局 2008, Vol.60, No.4,、p712

11.久保かなえ, 三村俊英:11 免疫疾患 膠原病に伴う腎症 「病気と薬パーフェクトブック2008」。薬局 2008, Vol.59, No.4,、p730

総説
1.淺沼ゆう:TNF阻害薬による心血管障害リスクの低下(特集—TNF阻害薬の新展開—有効性と安全性の新たなエビデンス). 「リウマチ科」39(1):45-50, 2008

2.佐藤浩二郎:関節リウマチにおける破骨細胞分化とIL-17. 「リウマチ科」 39(1): 67-73, 2008

3.佐藤浩二郎:破骨細胞を誘導するT細胞。「腎と骨代謝」21(1):61-68, 2008

4.秋山雄次, 三村俊英:早期関節リウマチに対するintensive therapy-CAMERAとCIMESTRA- 「リウマチ科」39(5):434-443, 2008

5.三村俊英:スタチンの免疫変調作用 「Medical Science Digest」34(9): 4-5(382-383), 2008

6.久保かなえ, 三村俊英:免疫抑制薬 (特集 各種薬物の処方と注意点(3)- その他の領域)  「医学と薬学」 60(4): 609-615, 2008年10月

7.三村俊英:スタチンの新規抗炎症作用 「リウマチ科」40(6):642-647, 2008

8.久保かなえ, 三村俊英:11免疫疾患 膠原病に伴う腎症「病気と薬パーフェクトブック2008」薬局2008. Vol.59 No.4:730-733

9.秋山雄次:SLE・全身性エリテマトーデスにおける樹状細胞機能異常と病因的役割 「実験医学」Vol.26 No.20(増刊)2008

10.中元秀友, 中村玲, 木下俊介, 井上清彰, 宇田川清司, 横田和浩:CAPD離脱症例の予後について 「日本透析医会雑誌」 23(2): 233-243, 2008

学会発表
1.進藤靖史, 秋山雄次, 中嶋京一, 神津教倫, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英, 織田弘美, 田中淳司  1埼玉医科大学リウマチ膠原病科, 2同整形外科, 3同放射線科, 4こうづ整形外科 「関節リウマチ診断における手指のレントゲン画像、MRI画像と比較した新規Phase Contrast Radiography (PCR)画像の有用性についての検討」 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日(ロイトン札幌, 北海道)

2.淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 横田和浩, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英  埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「全身性エリテマトーデスにおける血漿Pentraxin-3値の臨床的意義」 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

3. 横田和浩, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 三由文彦, 神津教倫, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 金潤澤, 織田弘美, 三村俊英 1埼玉医科大学リウマチ膠原病科, 2同整形外科 「シンバスタチンによる関節リウマチ滑膜線維芽細胞のPTX3、MCP-1産生抑制」 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

4. 三由文彦, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 淺沼ゆう, 中嶋京一, 秋葉春彦, 横田和浩,  吉田佳弘, 進藤靖史, 三村俊英  埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「Th1/2/17プロファイルによる各種膠原病の分類の試みと生物製剤投与後の同プロファイルの変化の解析」 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

5. 吉岡浩之, 金潤澤1, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英, 秋山雄次, 淺沼ゆう, 1埼玉医科大学整形外科, 2同放射線科, 3同リウマチ膠原病科「関節リウマチの手部位相コントラスト撮影法(PCR法)による骨梁定量の試み― 新しい早期診断法の開発」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

6. 吉田佳弘, 秋山雄次, 進藤靖史, 横田和浩, 中嶋京一, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「インフリキシマブが中止となった関節リウマチ症例の臨床的検討」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

7.秋山雄次, 中嶋京一, 進藤靖史, 神津教倫, 吉田佳弘, 竹石美智雄, 横田和浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科, 2こうづ整形外科, 3竹石内科クリニック「Infliximab長期使用関節リウマチ(RA)症例の臨床的検討」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

8.中嶋京一, 秋山雄次, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 1埼玉医科大学リウマチ膠原病科, 2こうづ整形外科「関節リウマチ(RA)患者におけるインフリキシマブ(Inf)治療前後の血清cartilage ologometric matrix protein (s-COMP)値とSharp scoreの検討」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

9.淺沼ゆう, 神津教倫, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 横田和浩, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英埼玉医科大学リウマチ膠原病科「RA骨関節破壊における尿中I型コラーゲンNテロペプチド測定の有用性」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

10.山本晃範, 三由文彦, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 中嶋京一, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英埼玉医科大学リウマチ膠原病科「リツキシマブ投与が奏効した多剤耐性関節リウマチの一例とその免疫学的検討」第52回日本リウマチ学会総会・学術集会 2008年4月20-23日

11.横田和浩 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「スタチンの関節リウマチ滑膜細胞に対する抗炎症作用機序の解明」 日本臨床免疫学会 Midwinter Seminar 2008 2008年2 月20-23日(沖縄)

12. Sato K, Miyoshi F, Aburatani H, Mimura T :TRANSCRIPTOME ANALYSIS DURING TH1/2/17 DIFFERENTIATION WITH AN AIM TO UNDERSTAND THE TH17 DIFFERENTIATION TRANSCRIPTION FACTOR NETWORK Authors: Session Info: Abstract Session: Cytokines and inflammatory mediators 2008

13.Miyoshi F, Sato K, Mimura T: A NOVEL APPROACH TO THE CLASSIFICATION OF COLLAGEN DISEASES UTILIZING TH1/TH2/TH17 CYTOKINE PROFILE IN THE PERIPHERAL BLOOD MONONUCLEAR CELLS AND ANALYSIS OF THE PROFILE BEFORE AND AFTER ADMINISTRATION OF INFLIXIMAB Authors: Session Info: Cytokines and inflammatory mediators: 2008

14. Yokota K, Ishibashi T, Asanuma Y, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Sato K, Akiyama Y, Mimura T: SIMVASTATIN INHIBITS PRODUCTION OF PENTRAXIN 3 AND MONOCYTE CHEMOATTRACTANT PROTEIN-1 IN FIBROBLAST-LIKE SYNOVIOCYTES FROM PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS Authors:Session Info: RA – Non-biologic treatment Year: 2008

15.進藤靖史, 秋山雄次, 横田和浩, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科「Infriximabにより寛解に達した後、減量中の2症例」  第2回埼玉Biologics研究会 2008年5月10日(ラフレ埼玉、埼玉)

症例報告
1.吉田佳弘, 佐藤浩二郎, 進藤靖史, 横田和浩, 中嶋京一, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:間質性肺炎に続発した肺高血圧症を合併した強皮症・関節リウマチの一例」 第12回埼玉膠原病肺研究会 2008年3月26日(グランドホテルWin, 埼玉)

2.横田和浩, 秋山雄次, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:結節性多発動脈炎に多発性骨髄腫を併発し、 腎不全に至った一例. 第49回関東リウマチ研究会 2008年6月21日

3.山本晃範, 住田崇, 太田宗夫, 坂本真裕 子, 島田 祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 中嶋京一, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:「急速に手指壊疽が進行し、原発性cryofibrinogenemiaとして 治療した一例」 第51回埼玉リウマチ研究会 大宮サンパレス 7月4日
TOPへ
2007
原著論文
1. Asanuma Y, Chung CP, Oeser A, Solus JF, Avalos I, Gebretsadik T, Shintani A, Raggi P, Sokka T,Pincus T,
Stein CM. Serum osteoprotegerin is increased and independently associated with coronary-artery atherosclerosis in patients with rheumatoid arthritis. Atheroscrerosis. 2007 Dec;195(2):e135-41. Epub 2007 Jun 14,

2. Ochi S, Shinohara M, Sato K, Gober HJ, Koga T, Kodama T, Takai T, Miyasaka N, Takayanagi H.
Pathological role of osteoclast costimulation in arthritis-induced boneloss. Proc Natl Acad Sci U S A. 2007 Jul 3;104(27):11394-9. Epub 2007 Jun 25

3. Kanda H, Yokota K, Kohno C, Sawada T, Sato K, Yamaguchi M, Komagata Y, Shimada K, Yamamoto K, Mimura T.
Effects of low-dosage simvastatin on rheumatoid arthritis through reduction of Th1/Th2 and CD4/CD8 ratios. Mod Rheumatol. 2007;17(5):364-8. Epub 2007 Oct 19

4.Kano SI, Sato K, Morishita Y, Vollstedt S, Kim S, Bishop K, Honda K, Kubo M, Taniguchi T.
The contribution of transcription factor IRF1 to the interferon-gamma-interleukin 12 signaling axis and T(H)1 versus T(H)-17 differentiation of CD4(+) T cells. Nat Immunol. 2008 Jan;9(1):33-41 Epub 2007 Dec 2.

著書
1. 浅沼ゆう, 川合眞一:3.全身性硬化症.「在宅看護・介護のための難病ガイド」(編集 星恵子、下條貞友)、p117-119、日本医学出版、東京、2007(5月)

2. 浅沼ゆう, 川合眞一:6.混合性結合組織病.「在宅看護・介護のための難病ガイド」(編集 星恵子、下條貞友)、p126-127、日本医学出版、東京、2007(5月)

3.三村俊英:10-4全身性エリテマトーデス 「内科学 第九版」 (総編集 杉本恒明、矢崎義雄) p1069-1076 朝倉書店 2007(9月)

総説
1.秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチUp-Date。 看護師のための臨床講座その105「Pharmavision」11(1):2-9, 2007年1月

2.三村俊英:エビデンスをもとにした関節リウマチに対するステロイド治療「医学のあゆみ」221(5):359-362, 2007年5月

3.秋山雄次:関節リウマチの治療「埼玉医科大学病院病診連携だより」4:2-3, 2007

4.三村俊英:インフリキシマブとエタネルセプトの使い方。特集;生物学的製剤の免疫薬理と臨床「日本臨床」 65(7):1282-1286, 2007年7月

5.三村俊英, 矢野忠, 粕谷丈智, 小俣浩, 山口智:「内科系鍼灸」の可能性と展望「医道の日本」66(8):11-22, 2007年8月

6.三村俊英:-Journal club- Glomerular apoptotic nucleosomes are central target structures for nephritogenic antibodies in human SLE nephritis. Kalaaji M et al:Kidney Int 71:664—672, 2007 「分子リウマチ」4(3):85(273), 2007

7.三村俊英:-Journal club- Th17 functions as an osteoclastogenic helper T cell subset that links T Cell activation and bone destruction. Sato K et al: J Exp Med 203:2673—2682, 2006 「分子リウマチ」4(3):85(273), 2007

8.三村俊英:透析中の関節リウマチ患者の管理「ドクターサロン」51巻10月号、13-17(733-737), 2007年9月

学会発表
1.小林泰輔, 横田和浩, 秋山雄次, 上川哲平, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「突然の高度蛋白尿が出現した関節リウマチの1例」 第48回埼玉リウマチ研究会 2007年1月19日(大宮サンパレス, 埼玉)

2.横田和浩1, 秋山雄次1, 阿達大介2, 進藤靖史1, 吉田佳宏1, 上川哲平1, 水上晶子3, 秋葉春彦1, 中嶋京一1, 佐藤浩二郎1, 淺沼ゆう1, 新井栄一4, 倉持朗3, 土田哲也3,三村俊英1   1埼玉医科大学リウマチ膠原病科,2阿達医院, 3埼玉医科大学皮膚科4埼玉医科大学病理部門 「皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫にシェーグレン症候群を合併した一例」 第6回埼玉シェーグレン症候群研究会 2007年2月22日(浦和ロイヤルパインズホテル, 埼玉)

3. 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 神津教倫, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチにおける血漿Pentraxin-3値の臨床的意義」第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)

4. 秋山雄次, 川井田望, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 上川哲平, 秋葉春彦,中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英: 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「ループス胆嚢炎の一例」 第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)

5. 中嶋京一, 秋山雄次, 石橋俊子, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 神津教倫, 横田和浩, 進藤靖史, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチ(RA)患者血清中におけるインフリキシマブ治療前後のcartilage oligomeric matrix protein (COMP)値の検討」 第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)

6. 横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチに対するエタネルセプト投与例の有効性の臨床的検討」第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)

7. Asanuma Y, Sato K, Ishibashi T, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H , Nakajima K, Sagara M, Ito Y, Akiyama Y, Mimura T, The Perseus Proteomics Inc., Tokyo, Japan “Increased concentration of pentraxin 3. in rheumatoid arthritis: relationship to chronic inflammation and cardiovascular risk factors” The Second East Asian Group of Rheumatology Meeting, 2007 5 19

8.Yokota K, Ishibashi T, Akiyama Y, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Sato K, Asanuma Y, Mimura T :High Concentration Simvastatin Induces Apoptosis in Fibroblast-Like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis. The Second East Asian Group of Rheumatology Meeting, 2007 5

9.進藤靖史:関節リウマチ罹病期間とinfliximab継続率に関する検討。第1回埼玉Biologics研究会、2007年5月

10.吉田佳弘:ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬:suberoyl bis-hydroxamic acid のヒト末梢血単球由来myeloid 系樹状細胞分化に対する影響。第18回日本樹状細胞研究会、2007年5月

11..和田琢, 横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科「タクロリムスが奏効した難治性関節リウマチの一例」 第1回埼玉リウマチ・膠原病フォーラム 2007年6月23日(浦和ロイヤルパインズホテ ル, 埼玉)

12.山本晃範:B細胞除去療法が著効を示したTMF阻害療法無効の多剤耐性関節リウマチ、第3回腎・膠原病治療研究会 2007年9月14日(山の上ホテル 東京)

13.小林泰輔, 横田和浩, 秋山雄次, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科「肺胞出血を繰り返したSLEの1例」 第11回埼玉膠原病肺研究会 2007年9月26日(グランドホテルWin, 埼玉)

14.Asanuma Y, Sato K, Yokota K, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Akiyama Y, Mimura T. Saitama Medical University, Saitama, Japan “Increased Concentration of Plasma Pentraxin 3 in Rheumatoid Arthritis: Relationship to Chronic Inflammation, Bone Destruction and Atherosclerosis” American College of Rheumatology 71th Annual Scientific Meeting, Nov 6-11,2007(Boston, USA)

15.Yokota K, Ishibashi T, Asanuma Y, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Sato K, Akiyama Y, Yoon Taek Kim, Mimura T.“Simvastatin Inhibits Production of Pentraxin 3 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 in Fibroblast-Like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis” American College of Rheumatology 71th Annual Scientific Meeting, 2007 11(Boston, USA)

16.佐藤浩二郎, 三由文彦, 油谷浩幸, 三村俊英:第37回日本免疫学会総会・学術集会膠原病患者由来単核球のサイトカインプロファイル解析及びマウスTh17細胞のトランスクリプトーム解析

症例報告
1.Tsuda T, Asanuma Y, Koyama S, Kawabata Y, Moriguchi M. A case of amyopathic dermatomyositis associated with rapid progressive interstitial pneumonia resistant to multi immnosuppressive therapy. Am J Med Sci 2007; 333(3):185-190

2.Tsuda T, Moriguchi M, Asanuma Y, Imamura S, Toyoda A, Yamada S, Terai C, Suzuki K, Tabei K. C4B deficiency associated with membranoproliferative glomerulonephritis. Intern Med 2007; 46(11):765-70

3. 佐野弘, 秋山雄次, 進藤靖史, 横田和浩, 上川哲平, 秋葉春彦、佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:器質化性肺炎を併発した全身性硬化症の一例。関東リウマチ、40:75-81、2007 1

4.横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:Infliximabにより骨関節病変が改善した関節リウマチの1症例.第5回北関東抗TNF療法研究会 2006年10月7日
TOPへ
2006
原著論文
1. Yokota K, Miyazaki M, Hirano T, Akiyama Y, and Mimura T : Simvastatin Inhibits Production of Interleukin 6 (IL-6) and IL-8 and Cell Proliferation Induced by Tumor Necrosis Factor-αin Fibroblast-like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis. J Rheumatol, 33(3):463-71, 2006

2. Sato K, Suematsu A, Okamoto K, Yamaguchi A, Morishita Y, Kadono Y, Tanaka S, Kodama T, Akira S, Iwakura Y, Daniel J. Cua, and Takayanagi H : Th17 functions as an osteoclastogenic helper T cell subset that links T cell activation and bone destruction. JEM, 203(12):2673-2682, 2006

3. Sato K, Suematsu A, Nakashima T, Takemoto-Kimura S, Aoki K, Morishita Y, Asahara H, Ohya K, Yamaguchi A, Takai T, Kodama T, Talal A Chatila, Bito H and Takayanagi H: Regulation of Osteoclast Differentiation and Finction by the CaMK-CREB Pathway. Nature Medicine, 12(12):1410-1416, 2006

4. Asanuma Y, Chung CP, Oeser A, Shintani A, Stanley E, Raggi P, Stein CM. Increased concentration of proatherogenic inflammatory cytokines in systemic lupus erythematosus: relationship to cardiovascular risk factors. J. Rheumatol. 33:539-545, 2006 J Rheumatol 2006; 33: 539-545

5. Chung CP, Asanuma Y, Raggi P, Stein CM. Cytokines in collagen disease-related atherogenesis-Dr. Chung, et al reply. J Rheumatol. 33:2548:2006

著書
1.三村俊英:Q51 合併症や既往歴のある場合の注意点―腎疾患。抗リウマチ薬Q&A、川合眞一、山本一彦、田中良哉編、日本医事出版、東京、2006 1189-191

2.三村俊英:Q52 合併症や既往歴のある場合の注意点―肝疾患。抗リウマチ薬Q&A、川合眞一、山本一彦、田中良哉編、日本医事出版、東京、2006 1、192-194

3.上川哲平, 三村俊英:143. 抗好中球細胞質抗体。検査値のみかた。中井利昭、尾崎由基男、小室一成、小田原雅人、野村文夫編、中外医学社、東京、2006 6,516-517

4.三村俊英:10. 免疫・アレルギー疾患 Ⅰ基礎的知識、1.構造と機能、2. 症状と病態生理。臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、 2006 11、514-520

5.三村俊英:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 ③免疫不全症 2. 続発性免疫不全症。臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、607-610

6.秋山雄次:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 1.アレルギー性疾患 5.植物アレルギー 6.職業アレルギー 7.花粉症 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、550-556

7.秋山雄次:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 1.関節リウマチ 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、550-556

8.竹石美智雄:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 9.ベーチェット病 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、589-592

9.竹石美智雄:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 14.その他の性関節炎 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、 603-604

10.秋葉春彦:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 血管炎症候群 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、569-573

11.阿達大介:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 12.成人スティル病 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、599-601

12.平野資晴:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 2.全身性硬化症(強皮症) 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、561-565

13.淺沼ゆう:抗リウマチ薬各論-本邦既承認薬, 6・3. 生物学的製剤 2.エタネルセプト「抗リウマチ薬の選び方と使い方」(川合眞一 編集), 南江堂,東京, 2006 1、60-65

14.淺沼ゆう:Part13 免疫系、結合組織、関節疾患. Section3 関節および関節周囲組織の疾患. 315.線維筋痛症、全身疾患に合併した関節炎、その他の関節炎.「ハリソン内科学(2版)日本語版第2版」(監修福井次夫、黒川清)翻訳、メディカル・サイセンス・インターナショナル、東京、2006 3、 2110-2118

15.横田和浩:免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 3.多発性筋炎・皮膚筋炎 臨床病態学2。北村望総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、565-569

16.佐藤浩二郎:10. 免疫・アレルギー疾患  II主な疾病と診療 2.膠原病 10.混合性結合組織病 臨床病態学2。北村聖総編集、ヌーベルヒロカワ(東京)、2006 11、592-596

総説
1.三村俊英:100%安全な医療に近づくためにどうしてもセルフマネジメントが必要(第2部パネルディスカッション051001)。患者中心の医療を考える国際シンポジウム2005実施報告書「慢性疾患セルフマネジメントプログラム」の日本導入に向けて:34-37, 2006年2月

2.三村俊英:関節リウマチの治療「埼玉新聞」 2006 38 17面, 2006年3月

3.三村俊英:全身性エリテマトーデス治療における炎症抑制薬。-免疫抑制薬の臨床応用実践論 第3回-「炎症と免疫」:101-107, 2006年4月

4.淺沼ゆう, 三村俊英:特集膠原病診療とピットフォール-知っておきたい基礎知識《早期診断・早期治療のこつと専門医紹介のタイミング》血管炎症候群「内科」197(4):612-617, 2006年4月

5.神田浩子, 三村俊英:(7)リウマチ・膠原病 Ⅲ各臓器における新たな薬物 特集 新たな薬物の登場―透析患者への適応「臨床透析」 22(6):715-723, 2006年6月

6.秋山雄次, 三村俊英:リウマチ治療薬:インフリキシマブ(抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体 )、エタネルセプト(可溶性TNF受容体-IgG融合蛋白) 特集;麻酔科関連の新しい薬物とその効果「麻酔」55(7):861-872, 2006年7月

7.三村俊英:生物学的製剤の選択と使用上のコツ。特集;関節リウマチ診療の進歩「日本医師会雑誌」135( 5):1063-1067, 2006年8月

学会発表
1.秋山雄次, 竹石美智雄, 阿達大介, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 上川哲平, 秋葉春彦, 浅岡俊之大, 野修嗣, 今井史彦, 三村俊英:関節リウマチ(RA)に対するInfliximabの臨床的検討(第II報).第50回日本リウマチ学会総会,2006 4

2.淺沼ゆう:全身性エリテマトーデスにおける肥満の影響.第50回日本リウマチ学会総会,2006 4

3.淺沼ゆう:関節リウマチ患者における血清Osteoprotegerin濃度と冠動脈硬化.第50回日本リウマチ学会総会,2006 4

4.淺沼ゆう:全身性エリテマトーデス患者における動脈硬化関連炎症性サイトカイン濃度の増加と冠動脈硬化.第50回日本リウマチ学会総会,2006 4

5.横田和浩, 平野資晴, 吉田佳弘, 上川哲平, 阿達大介, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 三村俊英:Etanercept投与中に発症した重症感染症2症例の臨床的検討.第50回日本リウマチ学会総会,2006 4

6.横田和浩, 石橋俊子, 平野資晴, 吉田佳弘, 上川哲平, 阿達大介, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 金潤澤, 三村俊英:シンバスタチンによる関節リウマチ滑膜繊維芽細胞の細胞増殖抑制、及びにアポトーシス誘導作用.第 50回日本リウマチ学会総会,2006 4

7.佐野弘, 中山淑子, 秋山雄次, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 三村俊英:COPを合併した強皮症の一.第47回関東リウマチ研究会,2006 6

8.進藤靖史, 上川哲平, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:エタネルセプトが有効であった、と考えられる関節リウマチに合併したアミドイドーシスの一例.第 22回内科リウマチ性疾患症例検討会,2006 6

9.横田和浩, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 水上晶子、荒木靖人, 阿達大介, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 新井栄一, 秋山雄次, 倉持朗, 土田哲也, 三村俊英:皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫にシェーグレン症候群を合併した一例.第 34回日本臨床免疫学会総会,2006 10

10.Yokota K, Ishibashi T, Hirano M, Yoshida Y, Kamikawa T, Adachi D, Akiba H, Takeishi M, Akiyama Y, Mimura T: Simbastatin Inhibits Production of Interleukin-6 and Interleukin-8 and Cell Proliferation Promoted by Tumor Necrosis Factor-Alpha or Induces Apoptosis in Fibroblast-Like Synoviocytes From Patients with Rheumatoid Arthritis.American Collegfe of Rheumatolocy(Washington DC), 2006 11

11.三村俊英:関節リウマチの抗サイトカイン療法・・・・TNFーα阻害剤を中心に・・・・. 第76回東京医科大学・東京薬科大学・免疫アレルギー研究会,2006 11

12.Sato K, Suematsu A, Iwakura Y, Mimura T, Takayanagi H : Th17 functions as an osteoclastogenic helper T cell subset that is responsible for inflammatory bone destoruction. 第36回日本免疫学会総会・学術集会 2006 12

13.横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:Infliximabにより骨関節病変が改善した関節リウマチの1症例.第5回北関東抗TNF療法研究会,2006 10

症例報告
1. Ishizawa K, Adachi D, Kuboi K, Yamaguchi T, Mitsuhashi T, Shimizu Y, Mimura T, Nishimura S, Shimizu M, Hirose T: Multiple organ Involvement In eosinophilic polymyositis: an autopsy report. Human Pathology, 37:231-235, 2006

2.村山淳子, 淺沼ゆう, 津田篤太郎, 西田淳一, 森口正人:赤芽球癆,抗リン脂質抗体症候群の治療中に発症した中枢神経ループスの1例, .日本臨床免疫学会雑誌 29: 43-47, 2006

3.Asanuma Y, Koichihara R, Koyama S, Kawabata Y, Kobayashi S, Mimori T, Moriguchi M. Antisynthetase syndrome associated with sarcoidosis. InternMed 2006;45(18):1065-8

4.進藤靖史, 上川哲平, 阿達大介, 笠原由貴, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 浅岡俊之, 三村俊英:腹腔内膿瘍を併発した関節リウマチの一例。関東リウマチ興味ある症例とその問題点。第39集、123-129、2006 2
TOPへ
2005
原著論文
1. Sato K, Tateishi S, Kubo K, Mimura T, Yamamoto K, Kanda H.:Downregulation of IL-12 and a Novel Negative Feedback system Mediated by CD25+CD4+T cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.330(1):226-232, 2005.

2. Kanda H, Kubo K, Tateishi S, Sato K, Yonezumi A, Yamamoto K, Mimura T: Antiproteinuric effect of ARB in lupus nephritis patients with persistent proteinuria despite immunosuppressive therapy. Lupus, 14(4):288-292, 2005.

3. Takeishi M, Akiyama Y, Akiba H, Adachi D, Hirano M, Mimura T,
Leflunomide Induced Acute Interstitial Pneumonia. J Rheumatol. 32(6):1160-3, 2005.

4. Asanuma Y, Xie HG, Stein CM. Pharmacogenetics and Rheumatology: Molecular mechanisms contributing to variability in drug response. Arthritis Rheum. 52: 1349-59, 2005.

5. Oeser A, Chung C, Asanuma Y, Stein CM. Obesity is an independent contributor to functional capacity and inflammation in systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum. 52:3651-3659, 2005.

6. Turner E, Dishy V, Chung CP, Harris P, Pierces R, Asanuma Y, Oeser A, Gebretsadik T, Shintani A, Raggi P, Stein CM. Endothelial function in systemic lupus erythematosus: relationship to disease activity, cardiovascular risk factors, corticosteroid therapy, and coronary calcification. Vasc Health Risk Manag. 1(4) 357-60, 2005.

著書
1.神田浩子, 三村俊英, 山本一彦:4.免疫疾患、1.免疫疾患へのアプローチ。薬剤師・薬学生のための臨床医学、矢崎義雄、乾賢一編、文光堂、東京、2005 5、265-273

2.佐藤浩二郎, 三村俊英:4.免疫疾患、2.リウマチ膠原病。II全身性エリテマトーデス(SLE)。薬剤師・薬学生のための臨床医学、矢崎義雄、乾賢一編、文光堂、東京、2005 5、279-284

3.立石晶子, 三村俊英:11.腎臓・泌尿生殖器系疾患、4.二次性糸球体腎炎 I糖尿病性腎症(腎障害)。薬剤師・薬学生のための臨床医学、矢崎義雄、乾賢一編、文光堂、東京、2005 5、866-869

4.三村俊英:11.腎臓・泌尿生殖器系疾患、4.二次性糸球体腎炎 IIループス腎炎。薬剤師・薬学生のための臨床医学、矢崎義雄、乾賢一編、文光堂、東京、2005 5、869-873

5.竹石美智雄, 三村俊英:Ⅲ症候編、11関節痛。薬剤師・薬学生のための臨床医学、矢崎義雄、乾賢一編、文光堂、東京、2005 5、1404-1407

総説
1. 三村俊英:関節リウマチー成因研究から治療の新時代へーIV関節リウマチの検査・診断。生検による病理組織学的検査「日本臨床」63増刊号1:367-370, 2005

2.三村俊英:-Journal club- Protein kinase D1 phosphorylates HDAC7 and induced its nuclear expert after T-cell receptor activation. Parra M et al:J Biol Chem 280:13762-13770, 2005 「分子リウマチ」2(2):85, 2005

3.三村俊英:-Journal club- Histone deacetylase inhibitor suppression of autoantibody-mediated arthritis in mice via regulation of p16INK4a and p21WAF1/Cip1 expression. Nishida K et al:Arthritis Rheum 50:3365—3376, 2004 「分子リウマチ」2(2):85, 2005

4.三村俊英:関節リウマチの腎病変。今月の主題 内科医が診る関節リウマチ 「Medicina」 42(5):819-821, 2005年5月

5.秋山雄次, 三村俊英:自己免疫疾患に対する新しい免疫抑制薬 「医学のあゆみ」 213(1):81-87, 2005-04-02

6.竹石美智雄, 三村俊英:症例からみたレフルノミド肺障害 31投与中止直後の発症例。特集:呼吸器科医が知っておくべきリウマチの最新治療薬と肺障害レフルノミド(アラバ)を中心に「呼吸器科」8(5):426-431, 2005 5

7.秋山雄次, 三村俊英:免疫複合体。免疫学的検査/自己免疫関連検査。これだけは知っておきたい検査のポイント 7集 「Medicina」42(12)増刊号:460-462, 2005年11月

学会発表
1.秋山雄次, 竹石美智雄, 阿達大介, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 上川哲平, 秋葉春彦, 浅岡俊之, 大野修嗣, 今井史彦, 三村俊英:当科における関節リウマチ(RA)に対するInfliximabの臨床的検討。第49回日本リウマチ学会総会、2005 4

2.上川哲平, 秋山雄次, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 阿達大介, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 佐藤いづみ, 三村俊英:Infliximab投与時のバイタルサイン変化と臨床所見に関する検討。第49回日本リウマチ学会総会、2005 4

3.横田和浩, 平野資晴, 吉田佳弘, 上川哲平, 阿達大介, 秋葉春彦, 石美智雄, 秋山雄次, 金潤澤, 三村俊英:シンバスタチンによる関節リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6、IL-8産生抑制。第49回日本リウマチ学会総会、2005 4

4.進藤靖史, 阿達大介, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 上川哲平, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 三村俊英:レフルノミド投与中に後腹膜膿瘍を併発した関節リウマチの一例。第46回関東リウマチ研究会、2005 6

5.竹石美智雄, 進藤靖史, 笠原由貴, 吉田佳弘, 横田和浩, 平野資晴, 上川哲平, 阿達大介, 秋葉春彦, 秋山雄次, 三村俊英:Octreotideが奏効した偽性腸閉塞を併発したオーバーラップ症候群(DM/SSc)の一例。第45回埼玉リウマチ研究会、2005 7

6.三村俊英:アミロイドーシスに対するエタネルセプトの使用例。第1回腎・膠原病治療研究会、2005 9

7.秋山雄次, 竹石美智雄, 阿達大介, 横田和浩, 上川哲平, 平野資晴, 秋葉春彦, 三村俊英 Infliximabの臨床的検討。第33回日本臨床免疫学会総会、2005 10

8.横田和浩, 石橋俊子, 平野資晴, 吉田佳弘, 上川哲平, 阿達大介, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 金潤澤, 三村俊英:Simvastatin Inhibits Production of IL-6 and IL-8 and Cell Proliferation Induced by TNF-αin the Fibroblast-like synoviocytes from RA Patient. 第33回日本臨床免疫学会総会、2005 10

9.秋山雄次:インフリキシマブの当科における臨床的検討。 第4回北関東リウマチ抗TNF療法研究会、2005 10

症例報告
1.池上裕一, 平野資晴, 山川晴重, 坂本安, 谷口彩子, 原田千絵, 小笠原均, 湯浅玲奈, 阿達大介, 横田和浩, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 橋本博史, 土田哲也, 松下祥, 三村俊英:抗GAD抗体陽性の混合性結合組織病の一例。関東リウマチ-興味ある症例とその問題点38:185-194, 2005 2

2.池上裕一, 平野資晴, 山川晴重, 坂本安, 谷口彩子, 原田千絵, 小笠原均, 湯浅玲奈, 阿達大介, 横田和浩, 秋葉春彦, 竹石美智雄, 秋山雄次, 橋本博史, 土田哲也, 松下祥, 三村俊英:抗GAD抗体陽性の混合性結合組織病の一例。関東リウマチ 興味ある症例とその問題点、38集、185-194, 2005 2

3.谷口彩子, 倉持朗, 秋山雄次, 土田哲也:Sweet症候群-MCTD、Sjogren症候群に合併した症例。皮膚病診療、27(12):1395-1398, 2005 12
TOPへ