• 助教  田丸 文信



    ・略歴:

    2001年 筑波大学大学院生物科学研究科 生物物理化学専攻 単位取得退学
    2001年 埼玉医科大学第二生理学 助手 埼玉医科大学生理学 助手
        博士(理学)取得
    2007年 埼玉医科大学医学部生理学 助教
    2008年 博士(医学)取得

    ・専門:

    電気生理学

    ・研究テーマ:
    網膜内視覚情報処理におけるアマクリン細胞の役割


    ・業績:
    【原著】
    Taku Tanaka, Tadashi Yokoi, Fuminobu Tamalu, Shu-Ichi Watanabe, Sachiko Nishina, and Noriyuki Azuma. Generation of retinal ganglion cells with functional axons from human induced pluripotent stem cells. Scientific Reports (2015) 5: 8344.

    Koji Shibasaki, Kazuhiro Ikenaka, Fuminobu Tamalu, Makoto Tominaga, and Yasuki Ishizaki. A novel subtype of astrocytes expressing TRPV4 regulates neuronal excitability via release of gliotransmitters. The Journal of Biological Chemistry (2014) 289 (21): 14470-14480.

    Tamalu, F. and Watanabe, S.-I. (2007). Glutamatergic input is coded by spike frequency at the soma and proximal dendrite of AII amacrine cells in the mouse retina. European Journal of Neuroscience, 25, 3243-3252.

    【その他】
    田丸文信(2009)。「IUPS 2009 Whole-day symposium “Processing and integration of sensory information”と感覚合同グループディナー“Sensory Physiology Social Dinner”に参加して」(日本神経科学学会 神経科学ニュース No.5(通巻177)p.18-20

    ・連絡先:
    tamalu(at)saitama-med.ac.jp

    電話:049-276-1152 (内2083)