学部について

ご挨拶

建学の理念と教育環境

理事長
理事長 丸木 清之
本学の建学の精神は、専門的な知識と技能及び高い倫理性を身につけた実地臨床医家並びに保健医療技術者を育成することにあります。2006年4月に開設した保健医療学部は、このような精神の下に、高度の専門知識と高い保健医療技術を持つ優れた医療人を養成し、健康と福祉に貢献できる人材を世に送り出すことを目指しています。 学部は4学科で構成されていますが、教育面では各専門分野に優れた多くの教員を配置しています。
また施設面では、新しい23,000 m²の校舎で、教育や研究が機能的に行われるように講義室、実習室、実験室などを配置し、また最新の機器類を導入しています。なお4学科のうち理学療法学科だけは、川角キャンパスに設置され、新しく改修した校舎には理学療法に必要な各種の実習室が配置されて、機能的な教育研究が行われます。 このような優れた教育環境とともに、臨床実習は本学の各附属病院などで行われますので、医療系の大学に学ぶ者にとって、最も適した教育環境といえましょう。

優れた医療人の育成をめざして

学長
学長 別所正美
埼玉医科大学は1972年(昭和47年)4月に開学されましたが、その起源は1892年(明治25年)に設立された毛呂病院に遡ることができます。毛呂病院は精神科の病院として出発しましたが、その後、総合病院として発展し、本学の設立母体となりました。このように、埼玉医科大学は地域医療を担う第一線の病院に原点があり、患者さん中心の医療を実践できる「埼玉医科大学の期待する医療人」を育成することを教育目標に掲げています。
埼玉医科大学保健医療学部では、社会的視点に立って、地域の人々の健康と福祉に貢献できる、国際水準の知識と技術、そして高い倫理観と豊かな人間性を身につけた保健医療技術の専門家を育成しています。また、そのための教育環境の整備、教育カリキュラムの改善、教職員の資質向上を継続的に行っています。
私たちは、医療や健康に積極的な関心を持ち、保健医療技術の専門家となって保健・医療・福祉の分野で活躍することを目指す学生に最適な学習の場を提供するよう務めていきます。

良い医療人になるために

学長
保健医療学部長 加藤木利行
医療人に求められる資質は何でしょうか。まず知識と技能を必要十分に身につけていて、医療現場で臨機応変に対応できる応用力も持っていることでしょう。そのうえで人を思いやる気持ちや、優しさを兼ね備えていてほしいというのが患者さんたちの願いだと思います。 保健医療学部を卒業し国家試験に合格し、医療現場に就職していくための知識・技能と考える力を本学在学中の4年間で獲得しなければなりません。さあ大変です。毎日毎日、一所懸命勉強しないと人の命にかかわる仕事に就くだけの実力が付きません。充分な能力を身につけたところで、はじめてゆとりを持って患者さんたちを思いやる気持ちや同僚と助け合う気持ちが生まれ、よき医療人への道が開けていくと思います。力が足りないまま、疑問を放置したままかろうじて医療に携わっているようでは、本人も周りも不幸です。
そういうことですから、私どもの大学では生真面目な教員が揃って、学生に実践的なプログラムを提供し、厳格な成績評価を行いながら、うんとたくさん勉強してもらって鍛え上げて社会に送り出します。

▲ ページトップへ