健康医療学科

教育目的とディプロマ・ポリシー

看護学科
教育目的
医療と保健の分野で貢献できる専門的な高い知識と技術を備えた臨床検査技師及び衛生分野の専門技術者を育成する。
学科概要
臨床検査学科では、国民の健康維持に対する関心や医療への期待に広く応えるために、医療と保健の分野で貢献できる人材の育成を目指しています。第一に、検体検査や生理機能検査に加え、輸血移植検査も正確に実施できる臨床検査技師の育成を目指しています。この目標を達成するために、国家試験関連のコア科目に重点をおく教育内容が提供されています。有資格者になると、卒業後、病院や診療所などの臨床検査部や検査センサーなどで、正しい診断に不可欠な検査データを提供し、医療を通じて多大な社会貢献をすることができます。
第二に、職場の衛生管理を行い、従業員の健康と安全を守る第一種衛生管理者を育成します。この資格取得のために、衛生管理学や労働衛生法規などの労働衛生関連科目に重点をおく教育内容が盛り込まれています。さらに、環境保健学や産業保健学などの保健分野の科目を開講し、広い分野で予防医学活動を実施できる人材の育成にも力を注いでいます。
臨床検査学科ディプロマ・ポリシー
①幅広い教養と生命の尊重を基盤とした豊かな人間性を身につける。
②医療関連分野に従事する者として、とくにその倫理的側面を理解し行動できる。
③全人的医療、患者さん中心の医療を原点に、患者さんの立場に立った保健・医療・福祉の実践にチームの一員として協力できる。
④患者さんの診断と治療に資するよう、臨床検査に関する最新の知識と技術を身につける。(臨床検査技師)
⑤環境衛生に関する基礎的な知識と技術を身につける。(第一種衛生管理者)
⑥ニューバイオテクノロジーに関する基礎的な知識と技術を身につける。
⑦危険物の取扱に関する基礎的な知識と技術を身につける。(甲種危険物取扱者)
⑧安全管理について常に細心の注意を怠らずに業務を遂行できる。
⑨常に自らの能力を点検・評価し、生涯学びつづける姿勢を身につける。

臨床検査学科コンテンツ



▲ ページトップへ