研究・活動 Study & Activity
理学療法学科 School of Physical Therapy

理学療法学科 研究・活動内容

赤坂 清和(あかさか きよかず) Prof. Dr. Kiyokazu Akasaka
akasaka-smc@umin.ac.jp (if you email me, please swap @ with @)

主な担当科目
【保健医療学部 理学療法学科】
応用運動学 2年次
機能能力診断学応用演習2年次
筋骨格系理学療法学演習 3年次
筋骨格系徒手理学療法学演習 3年次
スポーツ系理学療法学 4年次

【大学院 医学研究科】
徒手理学療法学特論 M1
筋骨格系理学療法学特論Ⅰ(上肢・脊椎) M1
筋骨格系理学療法学特論Ⅱ(下肢) M1
理学療法研究方法論 M1
理学療法学演習 M2
理学療法学特別研究 M2
理学療法学特別演習D1
理学療法学特別実習D1&D2
資格・学位
【資格】
日本理学療法士協会専門理学療法士(基礎系、骨関節系)
【略歴】
金沢大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業、理学療法士
Wichita State University 卒業(学士)
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻修了(修士、博士)

研究紹介

専門分野
筋骨格理学療法 整形外科理学療法 スポーツ理学療法
研究テーマ
ストレッチやバランス、スポーツに於ける傷害やパフォーマンスにおける要因の解析、筋骨格系の機能障害及び整形外科術後の理学療法の効果を明らかにすることを研究テーマとしています。
研究概要
基本的には、Biodexや3次元動作解析装置Vicon、超音波診断装置、筋電図、床反力計などの機器と予防運動やセルフエクササイズ、アンケート調査、介入運動などを組み合わせて用いる研究を行なっています。スポーツに関しては、身体機能について評価を行い、傷害発生との関係を調べることや予防対策について介入比較研究をしています。また、筋骨格系の機能障害及び整形外科術後の理学療法の効果については、理学療法の効果や安全性が高く効率の良い理学療法の進め方を明らかにする科学的研究を行なっています。
著書・学術論文
主な著書:
2017
⦿ Akasaka K, Tamura A, Katsuta A, Sagawa A, Otsudo T, Okubo Y, Sawada Y, Hall T. Does trampoline or hard surface jumping influence lower extremity alignment? Journal of Physical Therapy Science, 29(12), pp.2147-2150, 2017
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T, Shiozawa J, Toda Y, Yamada K. Dynamic knee valgus alignment influences impact attenuation in the lower extremity during the deceleration phase of a single-leg landing. PLoS One. 2017 Jun 20;12(6):e0179810. doi: 10.1371/journal.pone.0179810. eCollection 2017.
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T, Shiozawa J, Toda Y, Yamada K. Fatigue influences lower extremity angular velocities during a single-leg drop vertical jump. Journal of Physical Therapy Science, 29(3), pp.498-504, 2017
⦿ Hattori H, Akasaka K, Otsudo T, Hall T, Amemiya K, Mori Y. The effect of repetitive baseball pitching on medial elbow joint space gapping associated with 2 elbow valgus stressors in high school baseball players. J Shoulder Elbow Surg. 2017 Dec 27. pii: S1058-2746(17)30691-2. doi: 10.1016/j.jse.2017.10.031.
⦿ Hattori H, Akasaka K, Otsudo T, Takei K, Yamamoto M. "The Effects of Elbow Bracing on Medial Elbow Joint Space Gapping Associated With Repetitive Throwing in High School Baseball Players. Orthopaedic Journal of Sports Medicine, 18;5(4):2325967117702361. doi: 10.1177/2325967117702361. eCollection, 2017
⦿ Uebayashi K, Akasaka K, Tamura A, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. Alignment of trunk and lower extremity during Star Excursion Balance Test might be useful for evaluation of ACL injury risk. 22nd annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Essen, 2017.
⦿ Akasaka K, Tamura A, Katsuta A, Sagawa A, Otsudo T. The effect of the repeated jump exercise on the mini trampoline for the lower extremity alignment. 2nd World Conference on Sports Physical Therapy, Belfast, 2017
⦿ Hasebe Y, Akasaka K, Otsudo T, Takei K, Yamamoto M. Injury and disorder prevalence and current injury prevention methods in high school soccer players in Japan. 2nd World Conference on Sports Physical Therapy, Belfast, 2017
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T. Energy absorption strategy in the lower extremity by knee valgus/varus alignment during drop vertical jumps. 22nd annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Essen, 2017.
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T. Knee valgus alignment influences the energy absorption on the hip joint during a drop vertical jump. 2nd World Conference on Sports Physical Therapy, Belfast, 2017
⦿ Otsudo T, Hattori H, Sawada Y, Okubo Y, Akasaka K. Can Elbow Brace Change Valgus Acceleration During Throwing? 64th American college of sports medicine annual meeting, Denver, 2017
⦿ 乙戸崇寛,赤坂清和,陶山哲夫. 3-D デジタイザー法による投球後の肩甲骨位置測定の試み. 日本臨床スポーツ医学会誌, 25(1), pp.7-15, 2017
⦿ 武井圭一,赤坂清和. 早期離床・早期回復のためのリハビリテーションの取り組み. 日本クリニカルパス学会誌19(3),pp.233-236, 2017
⦿ 赤坂清和,高橋信夫. テニス肘, ケースで学ぶ徒手理学療法クリニカルリーズニング,P220-223,文光堂,2017
⦿ 赤坂清和. 股関節唇損傷. ケースで学ぶ徒手理学療法クリニカルリーズニング,P268-273,文光堂,2017
⦿ 赤坂清和,新沼慎平. 足関節内反捻挫. ケースで学ぶ徒手理学療法クリニカルリーズニング,P315-319,文光堂,2017
⦿ 赤坂清和. マリガンコンセプトの日本における現状と展望. 第22回日本徒手理学療法学会学術大会, 越谷, 2017
⦿ 赤坂清和. 運動器障害に対する理学療法の評価・アプローチ. 第5回日本運動器理学療法学会学術集会,札幌,2017
⦿ 赤坂清和. Mulligan conceptによる評価治療の基盤と実践. 第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会,金沢,2017
⦿ 田村暁大,赤坂清和,乙戸崇寛,立花陽明. 片脚着地時の膝関節外反アライメントによる股関節のエネルギー吸収能への影響. 第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,宮崎市,2017
⦿ 長谷部悠葵,赤坂清和,乙戸崇寛,武井圭一,山本満,立花陽明. 高校サッカー選手におけるスポーツ外傷・障害発生の調査. 第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,宮崎市,2017
⦿ 服部寛,赤坂清和,乙戸崇寛,田村暁大,立花陽明. 高校野球選手における反復投球時の肘装具使用による肘関節内側裂隙およびパフォーマンスへの影響. 第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,宮崎市,2017
⦿ 服部寛,赤坂清和,高橋信夫,松本高志郎,後藤ちひろ,松本あさみ,立花陽明. 埼玉県高校硬式テニス大会におけるメディカルサポートの試み. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会,渋谷,2017
⦿ 神部周仁,大久保雄,武井宏光,安川亮,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和. 異なる姿勢でのDraw-inの効果検証. 第22回日本徒手理学療法学会学術大会, 埼玉, 2017
⦿ 大久保雄,神部周仁,武井宏光,安川亮,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和. 側臥位でのdraw-in(side draw-in)の効果検証. 第5回早稲田体幹筋機能研究会, 2017

2016
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T, Yutaka Sawada, Okubo Y, Shiozawa J, Toda Y, and Yamada K. Fatigue Alters Landing Shock Attenuation During a Single-Leg Vertical Drop Jump. Orthopaedic Journal of Sports Medicine 4(1), pp.1-7, 2016.
⦿ Nagai H, Akasaka K, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. Deep abdominal muscle thickness measured under sitting conditions during different stability tasks. Journal of Physical Therapy Science, 28(3), pp.900-905, 2016
⦿ Akasaka K, Tamura A, Otsudo T, Sawada Y, Igarashi H, Yoshida S. Asymmetric Trunk Range of Motion in College Female Students with Low Back Pain. The International Federation of Orthopaedic Manipulative Physical Therapists Conference, Glasgow, 2016
⦿ Uebayashi K, Akasaka K, Tamura A, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. Alignment of Trunk and Lower Limbs during Star Excursion Balance Test might be useful to categorize ACL injury risk. 21st Annual Congress of the European College of Sports Medicine, Vienna, 2016
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y, Shiozawa J, Toda Y, Kaori Y. Dynamic knee valgus influences angular impulses in the lower extremity during the deceleration phase of a single-leg landing. 21st Annual Congress of the European College of Sports Medicine, Vienna, 2016
⦿ Hattori H, Akasaka K, Otsudo T, Sawada Y, Takei K, Yamamoto M. Immediate Changes in Medial Elbow Laxity during Repetitive Throwing in High School Baseball Players. 21st Annual Congress of the European College of Sports Medicine, Vienna, 2016
⦿ Otsudo T, Akasaka K, Mimura K. The effectiveness of direct stretching on bilateral psoas major to the limbar lordosis. The International Federation of Orthopaedic Manipulative Physical Therapists Conference, Glasgow, 2016
⦿ Okubo Y, Tanihara S, Otsudo T, Sawada Y, Akasaka K, Kaneoka K. Differential activity of regions of the Gluteus Maximus during prone hip extension. 9th Interdisciplinary World Congress on Low Back & Pelvic Girdle Pain, Singapore, 2016
⦿ 赤坂清和,田村曉大,簗瀬康,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄. 全国理学療法士養成校における関節モビライゼーション教育の現状. 理学療法−臨床・研究・教育23(1),pp.89-92,2016.
⦿ 赤坂清和. 運動器理学療法学における学習成果基盤型教育の考え方. 理学療法学,42(8),pp.783-784,2016
⦿ 赤坂清和. 運動器理学療法の標準化の歩み. 第3回日本運動器理学療法学会学術集会, 金沢, 2016
⦿ 原田拓也,小林夏美,赤坂清和,戸塚裕亮,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄. ジャンプ着地における多方向からの動画情報によるフィードバックの有効性. 第81回理学療法科学学会学術集会, 2016
⦿ 戸塚裕亮,坂本篤則,田村暁大,外崎一哉,上林和磨,刀根章浩,赤坂清和,山本邦彦. 人工膝関節全置換術(TKA)術前・術後の等尺性筋力の経時的変化について. 第51回日本理学療法学術集会, 2016
⦿ 乙戸崇寛, 服部寛, 福多佑貴, 赤坂清和. 3Dデジタイザーによる肩甲骨角度の測定信頼性. 第51回日本理学療法学術集会, 2016
⦿ 内山小春,藤田詩織,大久保雄,乙戸崇寛,澤田 豊,赤坂清和,金岡恒治. 荷重および非荷重ストレッチが筋硬度に及ぼす影響. 第35回東京都理学療法学術大会, 2016
⦿ 服部寛,赤坂清和,乙戸崇寛,武井圭一,山本満. 高校硬式野球選手における反復投球による肘関節内側裂隙の経時的変化. 第3回日本運動器理学療法学会関東甲信越ブロック学術小集会, 大宮, 2016
⦿ 乙戸崇寛,瀧口莉帆,澤田豊,大久保雄,赤坂清和. フォームローラー上の背臥位保持による頭部および肩甲骨位置の即時変化. 第3回日本運動器理学療法学会関東甲信越ブロック学術小集会, 大宮, 2016
⦿ 篠沢菜月,矢野莉穂,大久保雄,乙戸崇寛,赤坂清和,澤田豊. ラダー動作の運動力学的特徴と即時効果-膝関節を中心に検討したPilot Study-. 第3回日本運動器理学療法学会関東甲信越ブロック学術小集会, 大宮, 2016
⦿ 西川拓也,三瓶晃治,大久保雄,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和. 大学男子ラクロス選手の傷害調査. 第 42 回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 札幌,2016.
⦿ 谷原竜太,大久保雄,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和. 股関節伸展運動時の大殿筋活動は線維別で異なるか? 第 42 回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 札幌,2016.
⦿ 三瓶晃治,西川拓也,大久保雄,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和. 足尖方向の違いがカーフレイズにおける下腿筋群の筋活動に及ぼす影響. 第 42 回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 札幌,2016.
⦿ 山賀恭輔,三宮将一,坂本篤則,田村暁大,戸塚裕亮,上林和磨,刀根章浩,赤坂清和,山本邦彦. 大腿骨頚部骨折の転退院時早期杖歩行自立に関わる予測因子について. 第35回関東甲信越ブロック理学療法学会, 横浜, 2016
⦿ 鶴見京子,大久保雄,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和,金岡恒治. 男子エリート競泳選手の心理的競技能力と性格特性. 2016年日本水泳水中運動学会, 東京, 2016.
⦿ 武井圭一, 山本満, 赤坂清和. 早期離床・早期回復のためのリハビリテーションの取り組み. 第17回日本クリニカルパス学会, 金沢, 2016
⦿ 服部寛,赤坂清和,乙戸崇寛,山本満. 高校硬式野球選手の反復投球に対する肘装具の効果. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 千葉, 2016
⦿ 後藤ちひろ,亀田謙吾,喜田華子,小池義樹,赤坂清和,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,山本満. 2種類の靴底タイプにおける中距離走行の運動力学的特徴. 第3回日本運動器理学療法学会学術集会, 金沢, 2016
⦿ 乙戸崇寛,金井優作,赤坂清和 投球時ステップ長の短縮方略は投球速度を維持できるか. 第3回日本運動器理学療法学会学術集会, 金沢, 2016
⦿ 田村暁大,赤坂清和,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,五十嵐仁美,吉田早織. 腰痛既往のある女子大学生には非対称的な体幹可動域が存在するか? 第3回日本運動器理学療法学会学術集会, 金沢, 2016

2015
⦿ Akasaka K, Yanase K, Tamura A, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. A Survay of joint mobilization education in physical therapy schools in Japan. World Confederation for Physical Therapy Congress 2015, Singapore, 2015
⦿ Akasaka K, Tamura A, Shiozawa S, Toda Y, Yamada K, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. Fatigue Reduces the Ability of Shock Attenuation during Landings of Drop Vertical Jump. 62nd American College of Sports Medicine. San Diego, 2015
⦿ Tamura A, Akasaka K, Shiozawa J, Toda Y, Yamada K, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y. Fatigue alters shock attenuation during landings of side step cutting. 62nd American College of Sports Medicine. San Diego, 2015
⦿ Otsudo T, Fukuta Y, Akasaka K, Sawada Y, Okubo Y. The analysis of gleno-humeral rhythm after repetitive throwing by 3D digitizer. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science, Malmo, 2015
⦿ Tamura A, Akasaka K, Otsudo T, Sawada Y, Okubo Y, Shiozawa J, Toda Y, Yamada K. The Effect of Deceleration Movements by The Differences of Valgus/Varus Alignment during The Single Leg Landing after Fatigue. 1st Meeting of International Federation of Sports Physical Therapy, Bern, 2015
⦿ 赤坂清和. 運動器理学療法学における学習成果基盤型教育の考え方. 理学療法学42(8), 783-784,2015
⦿ 赤坂清和,大久保雄. Mulligan Conceptの実践. 臨床スポーツ医学32(10),994-999, 文光堂
⦿ 乙戸崇寛、赤坂清和、澤田豊、大久保雄. 前十字靭帯損傷者の術後理学療法効果-HoppingおよびJumpパフォーマンスの変化に着目したランダム化比較試験に対すシステマティックレビュー, 徒手理学療法15(2),109-115,2015
⦿ 金岡恒治、赤坂清和(編集). ジュニアアスリートをサポートするスポーツ医科学ガイドブック,メジカルビュー,2015
⦿ 藤縄理,赤坂清和,濱口豊太(編集). 運動学テキスト,南江堂,2015
⦿ 陶山哲夫,赤坂清和(監訳). スポーツ外傷・障害ハンドブック―発生要因と予防戦略,医学書院,2015
⦿ 赤坂清和,澤田豊. ジュニアアスリートとのためのテーピング, ジュニアアスリートをサポートするスポーツ医科学ガイドブック,p92-105,メジカルビュー,2015
⦿ 赤坂清和,高橋信夫. テニス, ジュニアアスリートをサポートするスポーツ医科学ガイドブック,p300-313,メジカルビュー,2015
⦿ 赤坂清和. 大規模外傷予防プログラムの実施. スポーツ外傷・障害ハンドブック―発生要因と予防戦略,p193-208,医学書院,2015
⦿ 赤坂清和,澤田豊. 神経ダイナミクス, 運動学テキスト,p298-311,南江堂,2015
⦿ 赤坂清和. 運動器理学療法学における学習成果基盤型教育の考え方. 第50回日本理学療法学術集会, 東京,2015
⦿ 赤坂清和. 歪みを正して痛みのない体づくり. 家楽手帖, pp.14-15, 三井住友銀行, 2015-2016(Winter), 2015
⦿ 田口裕一,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,赤坂清和. 背部中指‐中指間距離と上肢関節可動域との関係 -野球経験者の特徴-. 第75回理学療法科学学会学術大会, 川越, 2015
⦿ 瀧澤正隆, 乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,赤坂清和. フォームローラー介入による肩甲骨位置および胸椎角度の即時変化. 第75回理学療法科学学会学術大会, 川越, 2015
⦿ 田村暁大,赤坂清和,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,陶山哲夫. 疲労下のジャンプ着地動作における膝関節衝撃吸収能に関する運動学的検討. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会.神戸,2015
⦿ 三村和也,乙戸崇寛,澤田豊,大久保雄,赤坂清和. 大腰筋へのダイレクトストレッチ法が腰椎椎間関節の可動性に与える影響. 第75回理学療法科学学会学術大会. 川越市,2015
⦿ 三橋彩乃,三上尚悟,大久保雄,乙戸崇寛,澤田豊,赤坂清和,金岡恒治. 有効な腰方形筋エクササイズの検討. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015
所属学会
International Society of Physiotherapy Journal Editors, WCPT (member)
日本理学療法士協会(会員、代議員)
日本運動器理学療法学会(会員、運営幹事2013年〜)
日本スポーツ理学療法学会(会員、運営幹事2013年〜)
理学療法科学学会(会員、評議員、理事)
日本徒手理学療法学会(会員、監事)
日本運動器科学学会(会員、評議員)
埼玉県理学療法士会(会員)
日本リハビリテーション医学会(会員)
臨床スポーツ医学会(会員)
教員からのメッセージ
病気やけがなどで困っている患者さんを助ける理学療法士という仕事はとてもやりがいのある仕事であると感じています。埼玉医科大学は、3つの大学病院やクリニック、関連施設が充実していて、工夫されたカリキュラムで勉強することができます。埼玉医科大学で一緒に理学療法士を目指してみませんか? 研究室の最新情報については、ブログをご覧ください。
http://smuptakasaka.blog.fc2.com/