This Page
トップページ
診療センター
短期滞在手術センター

診療部門のご案内

短期滞在手術センター

短期滞在手術とは?

手術を受けた当日または翌日に、退院できる手術のことです。
忙しい方、できるだけ入院はしたくないという方には、非常に便利なシステムです。

しかし、短期滞在手術はどなたにも可能なわけではなく、対象となるのは「健康な患者さん」です。
「健康な患者さん」とは、日常生活に何の支障もなく、手術を必要とする以外は“元気です”という方です。

短期滞在手術は、そんな健康な患者さんを対象に、もっと手軽に医療をうけていただける新しい医療システムです。

ページの先頭へ戻る

適応基準

  • 健康な患者さんであること
  • 短期滞在手術の適応疾患であること
  • 患者さんが短期滞在手術を理解し、また希望していること
  • 医師の勧めがあり、また患者さんが納得し、協力的であること
  • 生活が自立し大きな問題がなく、介助が最小限であること
  • 来院・帰宅に付き添える家族や知人がいること
  • 手術の合併症が少ないことが予測されること
  • 通院の際の交通手段に支障がないこと(90分以内の距離)

ページの先頭へ戻る

メリット

  1. ① 日常生活の延長線上で手術ができます。
    • 手術当日または翌日には退院できるので、入院のベッドを待つ必要がなく、診断から手術まで短期間で対応できます。
    • 全ての手術に治療計画が立てられているので、日常生活の計画が立てやすくなります。
    • お仕事が忙しい方、小さなお子さんを抱えたお母さん、学生さん等、長期間家を空けられない方に適しています。
  2. ② 体への負担が軽くすみます。
    • 近年、麻酔や手術を安全なものにする研究が進み成果をあげています。
    • 術後の生活復帰も早まり、早い人では手術の翌日に職場や学校に復帰できます。
  3. ③ 気持ちの負担が軽くすみます。
    • 仕事や家事の段取りを整えたり、子供の世話を誰かに頼んだり等の負担が少なくてすみます。
    • お年寄りやお子さんでは、家族と離れる期間が短いので、精神的な負担が少なくてすみます。
    • 入院負担が少ないので治療費が安くすみます。

※短期滞在手術は、患者さんの理解が何よりも大切です。
わからないこと、不安に思うことは、遠慮なくお聞きください。

手術可能な主な疾患(各診療科名の紹介は診療科名をクリックして下さい。)

ページの先頭へ戻る

スケジュール

〈手術前〉

外来診察
  • 医師の診察、必要な検査を行います。
  • 検査結果の評価、手術の決定をします。
    ※医師の診断により、お受けできない手術もあります。
手術室看護師との面談
  • 短期手術について、手術の流れを説明します。
  • 手術前のオリエンテーションを行います。
麻酔科診察
  • 麻酔の種類によって、麻酔科医師の診察があります。

〈手術前日〉

手術室看護師による電話訪問
  • 手術前日の体調についてお伺いします。
  • 手術当日の来院時間の確認。
    また内服薬の中止や飲食・飲水の制限の指示がある方には、再度確認します。

〈手術当日〉

短期滞在手術センターへ
  • 手続き無しで、直接短期滞在手術センターにおこしください。
  • 手術前の処置、準備をします。
手術室へ
  • 麻酔・手術を行います。
  • 日帰りの場合
  • 入院の場合
短期滞在手術センターへ帰室
  • 痛みや状態が安定しているか、飲水・歩行・排尿が可能であるかを確認します。
病棟へ移動・入院
  • 短期滞在手術センターには戻らずに、そのまま病棟に移動となります。
  • 付き添いの方は、入院手続き終了後、病棟でお待ちください。
医師の診察
  • 医師が帰宅の許可を出します。
  • 帰宅後の生活についてオリエンテーションをします。
医師の診察
  • 手術翌日、痛みや状態が安定しているか、飲水・歩行・排尿が可能であるかを確認し、医師が退院の許可を出します。
会計・帰宅
  • 本館1階会計窓口で会計をすませ、帰宅となります。
会計・退院
  • 本館1階会計窓口で会計をすませ、退院となります。

〈帰宅翌日〉

手術室看護師による電話訪問
  • 手術後の体調や、痛み・出血など具体的にお伺いしアドバイスします。
※入院された場合は、手術室看護師による電話訪問はございません。

〈職場・学校復帰〉

職場・学校復帰
  • 医師の指示にもよりますが、早い人では手術の翌日から復帰できます。

ページの先頭へ戻る

短期滞在手術 Q&A

Q.帰宅後、痛みや出血があったときはどうすればいいですか?
A.あらかじめ、手術内容や検査結果を考慮し、日帰りが可能かどうか医師が判断します。
手術後に、医師が帰宅してもよいか診察をしてからの帰宅となります。
患者さんが不安な場合は宿泊入院していただくことも可能です。
Q.帰宅後、痛みや出血があったときはどうすればいいですか?
A.短期滞在手術センターにご連絡下さい。
手術室看護師が24時間体制で体調や、痛み、出血など具体的にお伺いしアドバイスします。
症状により、主治医に連絡し、指示を仰ぎ対応いたします。
Q.日帰りで鼠径ヘルニアの手術を受けたいのですが、手術後は歩いて帰れるくらいに回復するのでしょうか? 自分で車を運転して帰るのは避けたほうがいいですか?
A.歩いて帰れるくらいになるまで、短期滞在手術センターでお休みいただいております。
車の運転は、麻酔の影響、痛みなどがある場合があるので、家族の送迎かタクシー、バス、電車などの公共の交通機関をご利用ください。
Q.費用はどのくらいかかりますか?
A.手術内容、麻酔方法にもよりますが、1万~5万円程度となります。
詳しい費用を知りたい方は、面談時にご相談ください。
Q.会計にクレジットカードは使えますか? どのカードが使えますか?
A.クレジットカードをご利用いただけます。しかし、入院の方は前納金を現金でご用意ください。
お取り扱いカード、VISA/MasterCard/JCB/AMERICANEXPRESS/Diners Club
Q.お化粧やマニュキアはしていってもいいですか?
A.顔色や爪の色は、全身状態を観察するための大変重要な項目になっておりますので、おとしてもらっています。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

各診療科外来窓口平日9:00~17:00

ページの先頭へ戻る

  • 診療科のご案内
  • 診療センター
  • 外来診療担当医表
  • 人間ドック(健康管理センター)
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ先一覧
お問い合わせ
049-276-1111 (番号案内)
お問い合わせ先一覧
所在地
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
周辺地図・交通案内・駐車場
診察・受付時間
[診察時間] 平日9:00〜17:00
[受付時間] 平日8:30〜17:00

初診の方、予約の無い方の受付時間は8:30〜11:00までとなっております。

採用・募集(研修医・看護師・医療事務)
ボランティア募集
病院ニュース