1. ホーム >
  2. 受診案内 >
  3. 中央放射線部のご案内 >
  4. CT検査
受診案内

CT検査

2016年7月5日更新

CT検査室の紹介 検査時間 注意事項 問い合わせ先

CT検査室の紹介

CTとはコンピュータ断層法(Computed Tomography)の略です。CT装置の中心にある大きな穴に体を入れて、X線をあて、体の中の様子をコンピュータ処理し画像化する検査です。体を輪切りにした画像が得られるほか、体の前や横からなど様々な方向から見た断面や3D画像を作成することができます。

当院のCT検査室には2010年4月より稼働している128列CT(SIEMENS:SOMATOM Definition Flash)1台と16列CT(SIEMENS:SOMATOM Emotion16)3台の計4台あり、毎日約100件のCT検査を行っています。

128列CTは1 mm以下の非常に細かく、高精細な画像を1度により速く取得でき、デュアルエナジーイメージングといい通常のCT検査では得られない物質の同定あるいは分離した画像も得られます。また、今までのCT装置より中心にある穴が大きくなったため(直径78cm)、検査が行いやすく圧迫感も少なくなりました。

また、通常心臓を栄養している冠状動脈という動脈の検査は、入院をして直接手足の動脈からカテーテル(管)を入れていく心臓カテーテル検査を行いますが、心臓CT検査は、CT装置にて心電図を装着し、通常の造影CT検査と同様に静脈から造影剤を注入することで、入院することなく冠状動脈の画像が得られるようになりました。心臓は常に動いているため速い時間分解能(カメラのシャッタースピードのようなもの)が必要になってきます。当院128列CTの時間分解能は、75msecで撮影を行えるため、高心拍や不整脈のある患者様など、あらゆる心臓の動きに対応した心臓CT検査が可能になってきました。

128列CT SOMATOM Definition Flash 16列CT SOMATOM Emotion16
128列CT SOMATOM Definition Flash 16列CT SOMATOM Emotion16

 

検査室 CT装置
X−12A SIEMENS製 SOMATOM Emotion16(16列CT)
X−12B
X−13
X−14 SIEMENS製 SOMATOM Definition Flash(128列CT)

 

▲このページの先頭に戻る

検査時間

検査時間は通常、単純CT検査で5分〜10分、造影CT検査で10分〜20分程度かかります。同じ検査部位でも検査内容によって異なってきます。実際X線をあてる時間も検査部位、内容によって異なりますが、CT装置の進歩により短縮されています。

▲このページの先頭に戻る

注意事項

検査前

検査中

検査後

▲このページの先頭に戻る

問い合わせ先

049‐228‐3518 [中央放射線部CT検査室直通]

▲このページの先頭に戻る