医用生体工学科

学科長挨拶

臨床工学技士は命を守るエンジニア
臨床工学技士は人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸器など患者さんの命に直結する医療機器の操作と管理を担当する医療スタッフです。厚生労働省は高度先端医療を行う施設の認可条件として臨床工学技士の配置を義務付けています。まさに高度先進医療のスペシャリストたる存在ですが、医療職の中では最も新しい職種であり、全国的に人員不足の状態が続いています。

医用生体工学科の教員は各種工学のエキスパートと臨床経験豊かな臨床工学技士の集まりです。諸君が医療機器に関する深い理解と的確な手技を習得できるよう、カリキュラムや実習設備を整えて熱心に教育に励んでいます。当学科の臨床実習では素晴らしい環境で現場スタッフから直接の指導を受けることができます。卒業研究、さらに大学院に進学して研究に軸足を移せば、医療機器の開発者や臨床現場に直結した研究者への道も開けていきます。
 
臨床工学技士への道を目指し、日本の将来の医療を担う人材となる、それは素晴らしい選択です。しかし必ずしも楽な道ではありません。努力を惜しまない、強い志を持った学生の入学を期待しています。
医用生体工学科HPへ 臨床工学技士への道

▲ ページトップへ