看護学科

教育目的とディプロマ・ポリシー

看護学科
教育目的
深い人間理解に基づき、看護に求められる社会的使命を遂行し、生涯にわたり看護実践の能力の研鑽に努めることができる人材を育成する。
学科概要
本学看護学科は、緑豊かな敷地の中にたつ学び舎です。

キャンパスは、芝が植え込まれ、記念講堂やテレサホールと名づけられた厚生棟も並び、心豊かに学びあえる環境が整っています。

本学部は30年の歴史をもつ医学部の歴史のうえに、2006年4月より3学科をもって保健医療学部が新設されました。2007年4月には理学療法学科も加わり4学科となりました。医学部をはじめ、臨床検査技師や食品衛生監視員を育成する健康医療科学科、臨床工学技士を育成する医用生体工学科、理学療法学科の学生と学びの場を共有しあえるのです。今、チーム医療の重要性がいわれる中でこうした医療系の総合大学で学べることは、卒後によい医療人として仕事をしていけるための礎になると信じます。

また、埼玉医科大学病院、総合医療センターがあり、キャンパス内に最先端の医療をめざす国際医療センターも新しくオープンし、看護学の中で最も重要な実習を行う施設に十分に恵まれています。各病院とも、強力な実習指導体制をもって大切に学生を迎えてくださいます。看護学科と病院の看護部は常に連携を取り合い、実習を価値あるものにしようと努力しています。また、看護学科教員は建学の理念である「師弟同行」の気風そのものを大切に共に学ぶ姿勢を大事にしています。学生を全員で見守り、ともに看護を育てようと、よりよい看護者になるよう、学生と語り合いながらも厳しく指導していきます。心の豊かさを求めて、ともに専門職たりえる看護者をめざしましょう。2008年4月から3年次編入を行っています。大学院を2010年4月から開設しています。
看護学科ディプロマ・ポリシー
①幅広い教養と生命の尊重を基盤とした豊かな人間性を身につける。
②医療における看護の役割、とくにその倫理的側面を理解し行動できる。
③全人的医療、患者さん中心の医療を原点に、患者さんを思いやり、病める人の視点で考える態度をもち、個別性を重視した看護を行うことができる。
④患者さんの身体的、心理的問題を解決するために、医学的知識を活用し、科学的根拠をもった適切な判断ができる(看護過程の活用)。
⑤多様な臨床現場で実践可能な基本的な看護技術を身につける。
⑥チーム医療の中で調整・連携の役割をはたすための適切なコミュニケーション能力を身につける。
⑦看護の実践の中から看護研究の課題を発見し、それを発展させることができる。
⑧医療安全管理の重要性を理解し、状況に応じた適切な行動をとることができる。
⑨保健・福祉・医療チームの一員として地域医療に積極的に関わることができる。
⑩常に自らの能力を点検・評価し、生涯学びつづける姿勢を身につける。

看護学科コンテンツ



▲ ページトップへ