看護学科

学科長挨拶

看護の「心」と「技」を育てます。

看護の心とは、病む人の心に寄り添い、体や心の痛みや苦しみが消えることを願い、その人の生きる力が発揮できるよう力を尽くして支えることなのではないでしょうか。そのためには、科学的根拠のある知識に裏付けられた判断とそれに基づく卓越した技術をもち、そしてさらには個別の状況に応じた看護ケアができる、看護の技が必要です。また、これらは自らが積極的に求める姿勢がなければ学ぶことができません。

看護学科のカリキュラムは、看護の心と技を育てるために、生活している人間を深く理解する科目群、人の体や医療に関することを看護学の視点から学ぶ科目群、そして看護専門職に必要な基本的知識と技術・態度を身につける科目群から構成されています。特に演習科目は、実技指導だけでなく、グループワークや発表、ロールプレイングなど体験を重視した学習方法を取り入れ、学生が主体的に学べるよう工夫しています。また埼玉医科大学病院、総合医療センター、国際医療センターをはじめとする実習施設とは優れた看護職を育てるという共通の目標のもと、常に連携をとりながら実習での体験が知識・技術・態度を統合した学びとなるよう配慮しています。 医療はますます高度化専門化しています。本学卒業後もさらに高度な専門的知識と技術を磨き、医療人としての倫理観使命感をもって人に寄り添える看護職になることを期待しています。



▲ ページトップへ