看護学科

在校生メッセージ

看護学科3年 男性

私は子どもの頃から看護師として働く親の姿を見て育ちました。看護師が病気で苦しんでいる方をケアすることで、その人が頑張ろうという気持ちになってくれるということを聞き、感銘を受け自分の進路を決めました。保健医療学部がある日高キャンパスは豊かな自然の中にも大学の施設の他、病院などもあり勉強や実習をするのに最適な環境があります。私が好きな科目は基礎看護技術で、この科目は患者さんの日常生活や自立に必要な援助を学ぶことができ、看護師になることへのモチベーションが高まります。看護学科は、講義も多く覚えることがいっぱいあり勉強も大変ですが、自分や患者さんのためになることが学べる素晴らしい学科だと思います。

看護学科4年 女性

私自身の闘病体験から看護の道に進みたいと思うようになり、看護学科を選択しました。埼玉医科大学保健医療学部には、高度先進医療を提供している国際医療センターが隣接していて、学ぶ環境が整っています。また、先生方の熱心なサポートや、実際に臨床で働くドクターやナースの方々の講義があることも埼玉医科大学の特徴です。母性看護学の演習では、妊婦体験ジャケットを着用し、日常生活動作の不自由さを体感したり、新生児の人形を使用して沐浴を実施したりすることで、母親の気持ちを味わうなど貴重な体験をしました。将来は女性、妊産褥婦さんやその家族にとって妊娠、出産というライフイベントがより素晴らしいものとなるよう援助できる助産師を目指しています。皆さんにも楽しいキャンパスライフが待っているので頑張ってください。
▲ ページトップへ