理学療法学科

教育目的とディプロマ・ポリシー

教育目的
専門的な高い知識と技術を備え、国際的水準を満たした理学療法サービスを提供できる理学療法士を育成する。

理学療法で患者さんに笑顔をつくりたい

理学療法学科
理学療法士は、
医学的リハビリテーションの専門職であるとともに、
福祉・保健分野でも活躍が期待されています。
運動機能を評価するとともに、
運動療法や物理療法、生活環境整備等により、
生活機能を改善させることができる
理学療法士を育成します。

理学療法士の歴史と伝統

理学療法学科では理学療法士の国家試験受験資格と、学士(理学療法学)の学位が得られます。
埼玉医科大学における理学療法士教育の歴史は、1983年4月埼玉リハビリテーション専門学校より始まり、1989年より埼玉医科大学短期大学、2007年に埼玉医科大学保健医療学部に改組されました。合わせて20年以上にわたり700名以上の卒業生を輩出して、埼玉県内の病院施設を中心に、多くの先輩達が理学療法士として活躍しています。また、理学療法学科の教員は、理学療法士の卒後教育にも積極的に取り組んでいます。

大学病院および関連病院との連携

埼玉医科大学およびその関連の病院施設には、多くの理学療法士が勤務しています。埼玉医科大学病院(毛呂山町)、埼玉医科大学総合医療センター(川越市)、国際医療センター(日高市)、毛呂病院および光の家(毛呂山町)、埼玉精神神経センター(さいたま市)などを合わせると100名以上の理学療法士が、整形外科疾患、脳血管障害、呼吸循環器疾患等の理学療法の業務に携わっています。本学では、各病院施設のリハビリテーション科や理学療法士との連携が取られていますので、充実した施設環境を十分利用した実習を受けることができます。
理学療法学科ディプロマ・ポリシー
①幅広い教養と生命の尊重を基盤とした豊かな人間性を身につける。
②医療における理学療法の役割、特にその倫理的側面を理解し行動できる。
③全人的医療、患者さん中心の医療を原点に、患者さんを思いやり、病める人の視点で考える態度を持ち、個別性を重視した理学療法を行うことができる。
④患者さんの身体的、心理的問題を解決するために、医学的知識を活用し、科学的根拠を持った適切な判断ができる。
⑤多様な臨床現場で実践可能な基本的な理学療法技術を身につける。
⑥チーム医療の中で、調整・連携の役割を果たすための適切なコミュニケーション能力を身につける。
⑦理学療法の実践の中から理学療法研究の課題を発見し、それを発展させることができる。
⑧医療安全管理の重要性を理解し、状況に応じた適切な行動をとることができる。
⑨保健・福祉・医療チームの一員として地域医療に積極的に関わることができる。
⑩常に自らの能力を点検・評価し、生涯学び続ける姿勢を身につける。



▲ ページトップへ