理学療法学科

在校生メッセージ

理学療法学科3年生 女性

高校時代、部活動で大きな怪我をした際にお世話になった理学療法士に憧れ、自分も理学療法士を目指そうと思いました。先輩から勉強は大変かもしれないけど将来につながるし、先輩後輩のつながりも深く雰囲気もよいと聞いていたので埼玉医科大学を受験しようと決めました。先生方もとても丁寧に教えてくれ、医療センターや病院など、実際の現場に1年生から実習に行くことができ、整った環境で集中して学ぶことができます。今、授業で学校で学んでいる内容をしっかり自分のものにし、将来は患者さん一人ひとりに適したリハビリと精神面のサポートができる、頼りになる理学療法士になりたいです。また、川角キャンパスでは先生や先輩との距離が近くとてもアットホームなスペースであることも魅力の一つです。

理学療法学科4年生 男性

看護師である母からの勧めで理学療法学科に進学することを決め、将来、整形分野かスポーツ分野へ進みたいと考えています。学内では先輩後輩の交友関係や勉強会など、学生同士のつながりが多く沢山のことを学べます。実習で初めて患者さんを目の前にした時、患者さんの将来を左右する責任ある職業であることを痛感し、学んでいる内容をもっと理解しなくては臨床で活躍できる理学療法士になれないと感じました。またスポーツ医学を学ぶ同好会に参加し、他大学の部活動でメディカルチェックや外部講師による勉強会などを積極的に行っています。こういった外部の人とのつながりを大切にし、今後に活かしていきたいと思っています。
▲ ページトップへ