研究成果 of 埼玉医科大学 FOP 診療・研究プロジェクト




HOME > 研究成果


本研究プロジェクト・メンバーにより 2006 年以降に発表された FOP を中心とした骨代謝関連の研究成果です。

※ 2016年 10月 31日 現在

2016年

原著論文


総説

Katagiri T: A door opens for fibrodysplasia ossificans progressiva. Trends in Biochemical Sciences. Feb;41(2):119-21, (2016).

Katagiri T , Watabe T: Bone Morphogenetic Proteins. The TGF-β Family. Jun 1;8(6). pii: a021899, (2016).

Katagiri T: Novel in vitro models to study osteogenesis and chondrogenesis for human skeletal disorders. Bone Morphogenetic Proteins: Systems Biology Regulators. in press, (2016).

招待講演


学会発表

Tsukamoto S, Ohte S, Sekine N, Kuratani M, Machiya A, Katagiri T: TGF-β signaling suppresses chondrocyte differentiation. 2016 Bones & Teeth Gordon Research Seminar (2016年 2月、ガルベストン)

Tsukamoto S, Ohte S, Sekine N, Kuratani M, Machiya A, Katagiri T: TGF-β signaling suppresses chondrocyte differentiation. 2016 Bones & Teeth Gordon Research Conference (2016年 2月、ガルベストン)

2015年

原著論文

Kotani M, Matsuda M, Murakami A, Takahashi I, Katagiri T, Hirata M. Involvement of PRIP (phospholipase C-related but catalytically inactive protein) in BMP-induced Smad signaling in osteoblast differentiation. J Cell Biochem. Dec;116(12):2814-23, (2015).

Nakahara Y, Suzuki R, Katagiri T, Toguchida J, Haga N. Phenotypic differences of patients with fibrodysplasia ossificans progressiva due to p.Arg258Ser variants of ACVR1.HumanGenomeVariation.Dec10;2:15055, (2015).

Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Tsukamoto S, Mizuta T, Kokabu S, Suda N, Katagiri T. Mutant activin receptor-like kinase 2 in fibrodysplasia ossificans progressiva are activated via T203 by BMP type II receptors. Mol Endocrinol. Jan;29(1):140-52, (2015).

総説

Katagiri T, Osawa K, Tsukamoto S, Fujimoto M, Miyamoto A, Mizuta T. Bone morphogenetic protein-induced heterotopic bone formation: What have we learned from the history of a half century?. Jpn Dent Sci Rev.51:42-50. (2015).

Katagiri T, Ohte S, Tsukamoto S, Kuratani M, Machiya A. 進行性骨化性線維異形成症. The BONE.29:309-316. (2015).

Katagiri T, Tsukamoto S, Osawa K, Kokabu S. Ligand-receptor Interactions and their Implications in delivering certain signaling for bone regeneration. A Tissue Regeneration Approach to Bone and Cartilage Repair, Mechanical Engineering Series.pp1-15. (2015).

招待講演

片桐岳信: 骨格筋組織における異所性骨形成. 九州大学口腔細胞工学セミナー (2015年 12月、福岡)

倉谷麻衣、町谷亜位子、藤本舞、大澤賢次、塚本翔、大手聡、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)における筋損傷後の骨化の誘発. 精神・神経疾患研究開発費「筋ジストロフィーモデル動物を用いた新たな治療法の開発」班班会議 (2015年 12月、東京)

片桐岳信: TGF-βファミリーによる運動器の制御. 第13回RCGMフロンティアシンポジウム (2015年 10月、埼玉)

片桐岳信: FOPの最前線. J-FOP患者家族会交流会 (2015年 9月、東京)

片桐岳信: BMPと骨形成. 第33回日本骨代謝学会学術集会 (2015年 7月、東京)

片桐岳信: 生理的および病的骨形成のメカニズム. 第33回日本骨代謝学会学術集会 Meet the Expert 6 (2015年 7月、東京)

Katagiri T: Molecular mechanisms of the activation of mutant ALK2. 9th International Meeting on FOP (2015年 3月、ローマ)

学会発表

Ohte S, Yoneyama K, Tsukamoto S, Kuratani M, Machiya A, Katagiri T: Establishment and characterization of C2C12 cells expressing human ALK2 under control of Tet-On system. 2015 ANZBMS (2015年 11月、タスマニア)

Machiya A, Fujimoto M, Ohte S, Tsukamoto S, Kuratani M, Suda N, T Katagiri T: A role of FKBP12 in activation of mutant ALK2 responsible for fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP) 2015 ANZBMS (2015年 11月、タスマニア)

町谷 亜位子,藤本 舞,須田 直人,片桐 岳信: 進行性骨化性線維異形成症 (FOP) の異所性骨化におけるFKBP12の役割。第74回日本矯正歯科学会大会 (2015年 11月、福岡)

倉谷麻衣、町谷亜位子、藤本舞、塚本翔、大手聡、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症における変異ALK2の活性化機序。第3回若手による骨格筋細胞研究 (2015年 11月、福岡)

Machiya A,Fujimoto M, Tsukamoto S, Kuratani M, Ohte S, Suda N, Katagiri T: Role of FKBP12 in Signal Transduction by Mutant ALK2 Responsible for Fibrodysplasia Ossificans Progressiva. 2015 ASBMR (2015年 10月、シアトル)

塚本翔、大手聡、関根典子、倉谷麻衣、町谷亜位子、片桐岳信: TGF-βシグナルによる軟骨細胞の分化調節機構の解析。第13回RCGMシンポジウム (2015年 10月、埼玉)

町谷亜位子、藤本舞、大手聡、塚本翔、倉谷麻衣、須田直人、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)の骨化シグナル活性化機構におけるFKBP12とII型BMP受容体の役割。第13回RCGMシンポジウム (2015年 10月、埼玉)

倉谷麻衣、町谷亜位子、塚本翔、大手聡、片桐岳信: 筋分化におけるTGF-βファミリーシグナル分子の発現。第13回RCGMシンポジウム (2015年 10月、埼玉)

大手聡、Tingting Yu, Steven Pregizer, Yiping Shen, Vicki Rosen: GDF6の機能獲得型変異は多発性骨癒合症症候群を引き起こす。第13回RCGMシンポジウム (2015年 10月、埼玉)

古株章一郎、中富千尋、浦田真梨子、松原琢磨、片桐岳信、自見英治郎: TLE3による筋分化調節機構。第57回歯科基礎医学会学術大会 (2015年 9月、新潟)

町谷 亜位子,藤本 舞,須田 直人,片桐 岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)のALK2変異体の活性化機構におけるFKBP12とBMP?型受容体の役割。第57回歯科基礎医学会学術大会 (2015年 9月、新潟)

古株章一郎、佐藤毅、榎木祐一郎、片桐岳信、自見英治郎: TLE3はMyoDの転写活性を調節する。 第33回日本骨代謝学会学術集会 (2015年 7月、東京)

町谷 亜位子,藤本 舞,塚本 翔,大澤 賢次,大手 聡,須田 直人,片桐 岳信: 進行型骨化性線維異形成症のALK2変異体活性化におけるFKBP12の役割。第33回日本骨代謝学会学術集会 (2015年 7月、東京)

Katagiri T, Tsukamoto S, Ohte S, Machiya A, Kuratani M: Establishment of a novel model of heterotopic ossification in skeletal muscle in fibrodysplasia ossificans progressiva. Gordon Research Conference on Myogenesis (2015年 6月、ルッカ)

2014年

原著論文

Tsukamoto S, Mizuta T, Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Yoneyama K, Murata E, Machiya A, Jimi E, Kokabu S, Katagiri T. Smad9 is a new type of transcriptional regulator in bone morphogenetic protein signaling. Sci Rep. Dec 23; 4: 7596, (2014).

Fujimoto M, Ohte S, Shin M, Yoneyama K, Osawa K, Miyamoto A, Tsukamoto S, Mizuta T, Kokabu S, Machiya A, Okuda A, Suda N, Katagiri T. Establishment of a novel model of chondrogenesis using murine embryonic stem cells carrying fibrodysplasia ossificans progressiva-associated mutant ALK2. Biochem Biophys Res Commun. Dec 12;455(3-4):347-52, (2014).

Hirata-Tsuchiya S, Fukushima H, Katagiri T, Ohte S, Shin M, Nagano K, Aoki K, Morotomi T, Sugiyama G, Nakatomi C, Kokabu S, Doi T, Takeuchi H, Ohya K, Terashita M, Hirata M, Kitamura C, Jimi E. Inhibition of BMP2-induced bone formation by the p65 subunit of NF-κB via an interaction with Smad4. Mol Endocrinol. Sep;28(9):1460-70, (2014).

Hirata-Tsuchiya S, Fukushima H, Katagiri T, Ohte S, Shin M, Nagano K, Aoki K, Morotomi T, Sugiyama G, Doi T, Takeuchi H, Ohya K, Terashita M, Hirata M, Kitamura C, Jimi E. The p65 subunit of NF-κB suppresses BMP2-induced bone formation by inhibiting Smad DNA binding via an interaction with Smad4. Mol Endocrinol. Sep;28(9):1460-70, (2014).

Uchida R, Nakai M, Ohte S, Onaka H, Katagiri T, Tomoda H. 5-Prenyltryptophol, a new inhibitor of bone morphogenetic protein-induced alkaline phosphatase expression in myoblasts, produced by Streptomyces colinus subsp. albescens HEK608. J Antibiot. Aug;67(8):589-91, (2014).

Mishima K, Kitoh H, Haga N, Nakashima Y, Kamizono J, Katagiri T, Susami T, Matsushita M, Ishiguro N. Radiographic characteristics of the hand and cervical spine in fibrodysplasia ossificans progressiva. Intractable Rare Dis Res. May;3(2):46-51, (2014).

Kokabu S, Sato T, Ohte S, Enoki Y, Okubo M, Hayashi N, Nojima J, Tsukamoto S, Fukushima Y, Sakata Y, Katagiri T, Rosen V, Yoda T. Expression of TLE3 by bone marrow stromal cells is regulated by canonical Wnt signaling. FEBS Lett. Feb14;588(4):614-9, (2014).

Nakahara Y, Katagiri T, Ogata N, Haga N. ACVR1 (587T>C) mutation in a variant form of fibrodysplasia ossificans progressiva: second report. Am J Med Genet A. Jan;164A(1):220-4, (2014).

総説

Katagiri T, Osawa K, Tsukamoto S, Fujimoto M, Miyamoto A and Mizuta T: Bone morphogenetic protein-induced heterotopic bone formation: What have we learned from the history of a half century? J Dent Sci Rev, in press. (2014).

片桐岳信、塚本翔、大澤賢次: TGF-βファミリーからみえる骨と筋の新しい接点。 骨代謝 つくり, 壊し, 変える -そのメカニズムと最新治療 実験医学増刊 Vol.32 No.7 1010-1016, (2014).

Nakahara Y, Katagiri T, Ogata N, Haga N. ACVR1 (587T>C) mutation in a variant form of fibrodysplasia ossificans progressiva: second report. Am J Med Genet A. Jan;164A(1):220-4, (2014).

招待講演

藤本舞、大手聡、塚本翔、水田誉人、宮本阿礼、大澤賢次、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)におけるBMPシグナルの活性化機序. 筋ジストロフィーモデル動物を用いた新たな治療法の開発 平成26年度研究班会議 (2014年 12月、東京)

Katagiri T: Establishment of a novel model of chondrogenesis using murine ES cells carrying FOP-associated ALK2. 1st FOP Drug Development Forum (2014年 11月、ボストン)

Katagiri T: Musculoskeletal system and TGF-β family. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

Katagiri T: Establishment of a novel model of chondrogenesis using murine ES cells carrying mutant ALK2 and more... 110th International Conference on BMPs (2014年 9月、ベルリン)

Katagiri T: Molecular mechanisms of activation of mutant ALK2. 8th International Meeting on FOP (2014年 4月、ジェノヴァ)

片桐岳信: 基礎研究. 昭和大学歯学部2年生講義 (2014年 3月、東京)

学会発表

Osawa K, Tsukamoto S, Fujimoto M, Miyamoto A, Mizuta T, Katagiri T: Establishment of a new in vivo experimental model for heterotopic bone formation in skeletal muscle. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

Tsukamoto S, Mizuta T, Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Yoneyama K, Murata E, Jimi E, Kokabu S, Katagiri T: Smad9 is a new type of transcriptional repressor in BMP signaling. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

Mizuta T, Tsukamoto S, Fujimoto M, Miyamoto A, Osawa K, Katagiri T: Establish of a new Luciferase reporter plasmid for monitoring intracellular signaling of non-osteogenic members of the TGF-β family. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

Miyamoto A, Osawa K, Tsukamoto S, Fujimoto M, Mizuta T, Ohte S, Katagiri T: Establishment of a new model of chondrogenesis using skeletal muscle cells. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

Fujimoto M, Ohte S, Shin M, Yoneyama K, Mizuta T, Osawa K, Tsukamoto S, Miyamoto A, Okuda A, Suda N, Katagiri T: Chondrogenic differentiation of murine embryonic stem cells carrying an active form of ALK2. The 12th RCGM International Symposium of Academic Frontier (2014年 11月、埼玉)

藤本舞、片桐岳信、須田直人: Tet-off システムを用いた野生型および変異ALK2発現ES細胞の樹立とその機能解析。 第73回日本矯正歯科学会大会 (2014年 10月、千葉)

Tsukamoto S, Mizuta T, Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Yoneyama K, Murata E, Jimi E, Kokabu S, Katagiri T: Smad8 is a novel regulator of BMP signaling. 10th International BMP Conference (2014年 9月、ベルリン)

Tsukamoto S, Mizuta T, Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Yoneyama K, Murata E, Jimi E, Kokabu S, Katagiri T: Smad8 negatively regulates BMP signaling in a dominant negative fashion. 2014 ASBMR Annual Meeting (2014年 9月、ヒューストン)

Fujimoto M, Ohte S, Shin M, Yoneyama K, Osawa K, Tsukamoto S, Miyamoto A, Mizuta T, Kokabu S, Okuda A, Suda N, Katagiri T: Establishment and characterization of a novel Tet-Off embryonic stem cell lines carrying ALK2.
2014 ASBMR Annual Meeting (2014年 9月、ヒューストン)

藤本舞、大澤賢次、宮本阿礼、古株彰一郎、須田直人、片桐岳信: Tet-offシステムを用いたBMP受容体ALK2発現ES細胞の樹立と機能解析。 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 (2014年 9月、福岡)

片桐岳信、藤本舞、大澤賢次、自見英治郎、古株彰一郎: Smad8はBMPシグナルの新しいタイプの制御因子である。 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 (2014年 9月、福岡)

Tsukamoto S, Mizuta T, Fujimoto M, Ohte S, Osawa K, Miyamoto A, Yoneyama K, Murata E, Jimi E, Kokabu S, Katagiri T: A novel regulation of BMP signaling by Smad8. FASEB Science Research Conferences Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells (2014年 7月、スティームボート・スプリングズ)

塚本翔、水田誉人、藤本舞、大手聡、大澤賢次、宮本阿礼、米山克美、村田栄子、自見英治郎、古株彰一郎、片桐岳信: Smad8による新たなBMPシグナルの制御機構。第21回BMP研究会 (2014年 7月、大阪)

Fujimoto M, Ohte S, Shin M, Yoneyama K, Osawa K, Tsukamoto S, Miyamoto A, Mizuta T, Kokabu S, Okuda A, Suda N, Katagiri T: Establishment of a novel model for chondrogenic differentiation using murine embryonic stem cells carrying mutant ALK2. FASEB Science Research Conferences Skeletal Muscle Satellite and Stem Cells (2014年7月、スティームボート・スプリングズ)

2013年

原著論文

Kokabu S, Nguyen T, Ohte S, Sato T, Katagiri T, Yoda T, and Rosen V. TLE3, transducing-like enhancer of split 3, suppresses osteoblast differentiation of bone marrow stromal cells. Biochem Biophys Res Commun 16;438(1):205-10, (2013).

Yamamoto R, Matsushita M, Kitoh H, Masuda A, Ito M, Katagiri T, Kawai T, Ishiguro N, and Ohno K. Clinically applicable antianginal agents suppress osteoblastic transformation of myogenic cells and heterotopic ossifications in mice. J Bone Miner Metab. 31(1):26-33, (2013).

Shin M, Ohte S, Fukuda T, Sasanuma H, Yoneyama K, Kokabu S, Miyamoto A, Tsukamoto S, Hohjoh H, Jimi E, and Katagiri T. dentification of a novel bone morphogenetic protein (BMP)-inducible transcript, BMP-inducible transcript-1, by utilizing the conserved BMP-responsive elements in the Id genes. J Bone Miner Metab 31 : 34-43, (2013).

総説

Katagiri T, and Tsukamoto S. The unique activity of bone morphogenetic proteins in bone: a critical role of the Smad signaling pathway. Biol Chem 394 : 703-714, (2013).

招待講演

片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究の取り組み。第11回RCGMフロンティアシンポジウム (2013年 11月、埼玉)

学会発表

大澤賢次、宮本阿礼、塚本翔、藤本舞、水田誉人、片桐岳信: FOPの変異ALK2は異所性骨化を誘導する。第11回RCGMフロンティアシンポジウム (2013年 11月、埼玉)

塚本翔、水田誉人、大澤賢次、藤本舞、宮本阿礼、片桐岳信: 転写因子Smad8によるBMPシグナル調節機構の解明。第11回RCGMフロンティアシンポジウム (2013年 11月、埼玉)

藤本舞、塚本翔、大澤賢次、宮本阿礼、水田誉人、須田直人、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症(FOP)におけるALK2変異体の活性化メカニズムの解析。第11回RCGMフロンティアシンポジウム (2013年 11月、埼玉)

水田誉人、塚本翔、藤本舞、宮本阿礼、大澤賢次、片桐岳信: TGF-bのI型受容体における活性化機序の解析。第11回RCGMフロンティアシンポジウム (2013年 11月、埼玉)

Sho Tsukamoto, Satoshi Ohte, Mai Fujimoto, Takato Mizuta, Arei Miyamoto, Kenji Osawa, Shoichiro Kokabu, Eiko Murata, Eijiro Jimi, Takenobu Katagiri :Smad8 is a Novel Type Regulator of BMP Signaling. 2013 ASBMR Annual Meeting (2013年 10月、ボルチモア)

Mai Fujimoto, Satoshi Ohte, Arei Miyamoto, Sho Tsukamoto, Kenji Osawa, Takato Mizuta, Shoichiro Kokabu, Naoto Suda, Takenobu Katagiri : Mutant ALK2 receptors identified in patients with typical and variant cases of fibrodysplasia ossificans progressiva are activated through phosphorylation at Thr203 by different BMP type II receptors. 2013 ASBMR Annual Meeting (2013年 10月、ボルチモア)

Sho Tsukamoto, Satoshi Ohte, Mai Fujimoto, Takato Mizuta, Arei Miyamoto, Kenji Osawa, Shoichiro Kokabu, Eiko Murata, Eijiro Jimi, Takenobu Katagiri :Smad8 is a Novel Type Regulator of BMP Signaling. 2013 ASBMR Symposium Cutting Edge Discoveries in Muscle Biology, Disease and Therapeutics (2013年 10月、ボルチモア)【Invited Poster】

藤本舞、大澤賢次、古株彰一郎、須田直人、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症から同定された 2 種類の ALK2 変異体は II 型受容体に対する感受性が異なる。第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 (2013年 9月、岡山)

Mai Fujimoto, Satoshi Ohte, Sho Tsukamoto, Arei Miyamoto, Naoto Suda, Takenobu Katagiri : Mutant ALK2 receptors identified in patients with a typical and a variant fibrodysplasia ossificans progressiva show different sensitivities to type II receptors. 2nd Joint Meetingof the nternational Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research (2013年 5月、神戸)

古株彰一郎、片桐岳信、佐藤毅、榎木佑一郎、依田哲也:TLE3は骨髄間質の骨芽細胞分化を抑制する。第31回日本骨代謝学会学術集会 (2013年 5月、神戸)

藤本舞、大手聡、塚本翔、宮本阿礼、古株彰一郎、須田直人、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症の典型症例および亜型症例から同定されたALK2受容体はII型受容体に対する感受性が異なる。第31回日本骨代謝学会学術集会 (2013年 5月、神戸)

2012年

原著論文

Shin M, Ohte S, Fukuda T, Sasanuma H, Yoneyama K, Kokabu S, Miyamoto A, Tsukamoto S, Hohjoh H, Jimi E, and Katagiri T. (2012) Identification of a novel bone morphogenetic protein (BMP)-inducible transcript, BMP-inducible transcript-1, by utilizing the conserved BMP-responsive elements in the Id genes. J Bone Miner Metab, in press

Yamamoto R, Matsushita M, Kitoh H, Masuda A, Ito M, Katagiri T, Kawai T, Ishiguro N, and Ohno K. (2012) Clinically applicable antianginal agents suppress osteoblastic transformation of myogenic cells and heterotopic ossifications in mice. J Bone Miner Metab, in press

Fukuda T, Uchida R, Ohte S, Inoue H, Yamazaki H, Matsuda D, Nonaka K, Masuma R, Katagiri T, and Tomoda H. (2012) Trichocyalides A and B, new inhibitors of alkaline phosphatase activity in bone morphogenetic protein-stimulated myoblasts, produced by Trichoderma sp. FKI-5513. J Antibiot, in press

Seo Y, Fukushima H, Maruyama T, Kurikoshi K, Osawa K, Nagano K, Aoki K, Weih F, Doi T, Zhang M, Ohya K, Katagiri T, Hosokawa R, and Jimi E. (2012) Accumulation of p100, a precursor of NF-kB2, enhances osteoblastic differentiation in vitro and bone formation in vivo in aly/aly mice. Mol Endocrinol. 26, 414-422.

Fukuda T, Uchida R, Inoue H, Ohte S, Yamazaki Y, Matsuda D, Katagiri T, Tomoda H. (2012) Fungal pyrrolidine-containing metabolites inhibit alkaline phosphatase activity in bone morphogenetic protein-stimulated myoblastoma cells. Act Pharm Sin B. 2, 23-27.

Takahashi M, Katagiri T, Furuya H, Hohjoh H. (2012) Disease-causing allele-specific silencing against the ALK2 mutants, R206H and G356D, in fibrodysplasia ossificans progressiva. Gene Ther. 19, 781-785.

Tanaka K, Matsumoto E, Higashimaki Y, Katagiri T, Sugimoto T, Seino S, Kaji H. (2012) Role of osteoglycin in the linkage between muscle and bone. J Biol Chem. 287, 11616-11628.

Ohte S, Kokabu S, Iemura S, Sasanuma H, Yoneyama K, Shin M, Suzuki S, Fukuda T, Nakamura Y, Jimi E, Natsume T, Katagiri T. (2012) Identification and functional analysis of Zranb2 as a novel Smad-binding protein that suppresses BMP signaling. J Cell Biochem. 113, 808-814.

Seo Y, Fukushima H, Maruyama T, Kuroishi KN, Osawa K, Nagano K, Aoki K, Weih F, Doi T, Zhang M, Ohya K, Katagiri T, Hosokawa R, Jimi E. (2012) Accumulation of p100, a Precursor of NF-κB2, Enhances Osteoblastic Differentiation in Vitro and Bone Formation in Vivo in aly/aly Mice. Mol Endocrinol. 26, 414-422.

Yukita A, Hosoya A, Ito Y, Katagiri T, Asashima M, Nakamura H. (2012) Ubc9 negatively regulates BMP-mediated osteoblastic differentiation in cultured cells. Bone. 50,1092-1099.

Kokabu S, Gamer L, Cox K, Lowery J, Tsuji K, Raz R, Economides A, Katagiri T, Rosen V. (2012) BMP3 suppresses osteoblast differentiation of bone marrow stromal cells via interaction with Acvr2b. Mol Endocrinol. 26, 87-94.

総説

Katagiri T. (2012) Recent topic in fibrodysplasia ossificans progressiva. J Oral Biosci. 54, 119-123.

Kokabu S, Katagiri T, Yoda T, and Rosen V. (2012) Role of Smad phosphatases in BMP-Smad signaling axis-induced osteoblastic differentiation. J Oral Biosci. 54, 73-78.

片桐岳信(2012)レチノイン酸受容体-γアゴニストによる異所性骨化の強力な阻害. Olive.

招待講演


学会発表

片桐岳信:変異型 Smad1/5/8 を用いた BMP 細胞内シグナルの解析。第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 (2012年 9月、福島)

藤本舞、須田直人、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症から同定された新規 ALK2 変異体の機能解析。第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 (2012年 9月、福島)

Satohi Ohte, Mai Fujimoto, Sho Tsukamoto, Arei Miyamoto, Hiroki Sasanuma, Masashi Shin, Katsumi Yoneyama, Toru Fukuda, Shoichiro Kokabu, Takenobu Katagiri : Activation mechanisms of mutant ALK2 found in fibrodysplasia ossificans progressiva by type II BMP receptor. 1st asia-pacific bone and mineral research meeting (2012年 9月、パース(オーストラリア))

塚本翔、大手聡、米山克美、笹沼寛樹、藤本舞、宮本阿礼、片桐岳信:リガンド特異的シグナル伝達をする構成的活性型 Smad の解析。第19回BMP研究会 (2012年 7月、東京)

大手聡、藤本舞、米山克美、笹沼寛樹、進正史、塚本翔、宮本阿礼、福田亨、古株彰一郎、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症における変異型 BMP 受容体 ALK2 の活性化機構。第19回BMP研究会 (2012年 7月、東京)

塚本翔、大手聡、米山克美、藤本舞、進正史、笹沼寛樹、自見英治郎、片桐岳信:BMP および TGF-b 特異的シグナルを伝達する構成的活性型Smadの解析。第30回日本骨代謝学会学術集会 (2012年 7月、東京)

大手聡、藤本舞、米山克美、笹沼寛樹、進正史、塚本翔、福田亨、古株彰一郎、片桐岳信:I 型 BMP 受容体 ALK2 の活性化には II 型 BMP 受容体による GS ドメイン内 Thr203 のリン酸化が必須である。第30回日本骨代謝学会学術集会 (2012年 7月、東京)【ANZBMS Travel Grant】

曽根岳史、進正史、笹沼寛樹、大手聡、片桐岳信、三谷幸之介:成熟骨芽細胞をモニターできる新しい蛍光タンパク質レポーターシステムの開発。第30回日本骨代謝学会学術集会 (2012年 7月、東京)

片桐岳信、進正史、大手聡、福田亨、笹沼寛樹、米山克美、古株彰一郎、宮本阿礼、塚本翔、自見英治郎:Id 遺伝子の BMP 応答領域の解析に基づく新規 BMP 応答性転写産物の同定。第30回日本骨代謝学会学術集会 (2012年 7月、東京)

米山克美、塚本翔、大手聡、笹沼寛樹、進正史、藤本舞、片桐岳信:BMP 受容体 ALK2 の Tet-ON 誘導システムによる発現細胞の樹立。第30回日本骨代謝学会学術集会 (2012年 7月、東京)【優秀ポスター賞】

Satoshi Ohte, Mai Fujimoto, Sho Tsukamoto, Arei Miyamoto, Hiroki Sasanuma, Masashi Shin, Katsumi Yoneyama, Toru Fukuda, Shoichiro Kokabu, Takenobu Katagiri :Molecular Mechanisms of Activation of Mutant ALK2 in FOP. International conference on bone morphogenetic protein (2012年 6月、カリフォルニア)

2011年

原著論文

Nakamura Y, Inloes JB, Katagiri T, Kobayashi T. (2011) Chondrocyte-specific microRNA-140 regulates endochondral bone development and targets Dnpep to modulate bone morphogenetic protein signaling. Mol Cell Biol. 31, 3019-3028.

Mishima K, Kitoh H, Katagiri T, Kaneko H, Ishiguro N. (2011) Early clinical and radiographic characteristics in fibrodysplasia ossificans progressiva: a report of two cases. J Bone Joint Surg Am. 93, (10):e52.

Ito Y, Fukushima H, Katagiri T, Seo Y, Hirata S, Zhang M, Hosokawa R, Jimi E. (2011) Lactacystin, a proteasome inhibitor, enhances BMP-induced osteoblastic differentiation by increasing active Smads. Biochem Biophys Res Commun. 407, 225-229.

Ohte S, Shin M, Sasanuma H, Yoneyama K, Akita M, Ikebuchi K, Jimi E, Maruki Y, Matsuoka M, Namba A, Tomoda H, Okazaki Y, Ohtake A, Oda H, Owan I, Yoda T, Furuya H, Kamizono J, Kitoh H, Nakashima Y, Susami T, Haga N, Komori T, Katagiri T. (2011) A novel mutation of ALK2, L196P, found in the most benign case of fibrodysplasia ossificans progressiva activates BMP-specific intracellular signaling equivalent to a typical mutation, R206H. Biochem Biophys Res Commun. 407, 213-218.

Kokabu S, Ohte S, Sasanuma H, Shin M, Yoneyama K, Murata E, Kanomata K, Nojima J, Ono Y, Yoda T, Fukuda T, Katagiri T. (2011) Suppression of BMP-Smad signaling axis-induced osteoblastic differentiation by small C-terminal domain phosphatase 1, a Smad phosphatase. Mol Endocrinol. 25, 474-481.

Ono Y, Calbaheu F, Morgan JE, Katagiri T, Amthor H, Zammit PS. (2011) BMP signalling permits population expansion by preventing premature myogenic differentiation in muscle satellite cells. Cell Death Differ 18, 222-234.

総説


招待講演

片桐岳信:骨形成を促すメカニズム. 〜異所性骨化を伴う難病研究から〜 九州大学セミナー(2011年 12月、福岡)

片桐岳信: 筋肉が骨になるメカニズム。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

片桐岳信:筋肉が骨になるメカニズム. 北里大学大学院講義(2011年 11月、東京)

片桐岳信:BMPによる異所性骨形成. 旭化成ファーマ(株)講演会(2011年 10月、静岡)]

片桐岳信:BMPによる骨形成機序の解明と難病研究への展開. 第53回歯科基礎医学会学術大会・総会 ライオン学術賞受賞講演(2011年 10月、岐阜)

片桐岳信:筋が骨化する難病 進行性骨化性線維異形成症. 第29回日本骨代謝学会学術集会シンポジウム6(2011年 7月、大阪)

片桐岳信:筋の中に骨ができる. 第1回彩の国骨フォーラム(2011年 6月、埼玉)

片桐岳信:筋再生と異所性骨化. 九州歯科大学大学院講義(2011年 6月、福岡)

Takenobu Katagiri:Heterotopic bone formation and muscle regeneration. The 32nd Annual Meeting of Japanese Society of Inflammation and Regeneration (2011年 6月、京都)

片桐岳信:硬組織の基礎研究. 昭和大学歯学部講義(2011年 4月、東京)

学会発表

大手聡、笹沼寛樹、進正史、米山克美、鈴木星也、古株彰一郎、福田亨、片桐岳信: 進行性骨化性線維異形成症で同定されたALK2変異体とII型BMP受容体の相互作用解析。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

笹沼寛樹、米山克美、大手聡、進正史、古株彰一郎、福田亨、片桐岳信: 筋サテライト細胞はBMPシグナルにより骨芽細胞様細胞へ分化する。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

進正史、大手聡、笹沼寛樹、米山克美、古株彰一郎、鈴木星也、福田亨、自見英治郎、片桐岳信: BMP初期応答遺伝子Id2,Id3におけるBMP応答配列の解析。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

鈴木星也、大手聡、米山克美、進正史、笹沼寛樹、片桐岳信: 構成的活性型Smad5及びSmad8の構築。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

米山克美、笹沼寛樹、大手聡、進正史、鈴木星也、塚本翔、佐藤康敬、古株彰一郎、村田栄子、片桐岳信: 骨格筋組織の再生過程に関する組織学的研究。第9回RCGMフロンティアシンポジウム (2011年 11月、埼玉)

Masashi Shin, Satoshi Ohte, Katsumi Yoneyama, Hiroki Sasanuma, Shoichiro Kokabu, Toru Fukuda, Eijiro Jimi, Takenobu Katagiri: Identification of a Common BMP-responsive Element in the Id1, Id2 and Id3 Genes. 2011 ASBMR Annual Meeting (2011年 9月、カリフォルニア)

Hiroki Sasanuma, Katsumi Yoneyama, Satoshi Ohte, Masashi Shin, Shoichiro Kokabu, Toru Fukuda, Takenobu Katagiri :BMP Signaling Inhibits Myogenesis and Induces Osteoblastic Differentiation in Satellite Cells During Muscle Regeneration. 2011 ASBMR Annual Meeting (2011年 9月、カリフォルニア)

Ohte S, Sasanuma H, Shin M, Yoneyama K, Suzuki S, Fukuda T, Kokabu S, Katagiri T.: BMP type II receptors further stimulate constitutively activated mutant ALK2 found in fibrodysplasia ossificans progressiva. 2011 ASBMR Annual Meeting (2011年 9月、カリフォルニア)

大手聡、古株彰一郎、家村俊一郎、笹沼寛樹、米山克美、進正史、自見英治郎、夏目徹、福田亨、片桐岳信: 新規Smad結合分子Zranb2はBMPシグナル抑制因子である。第18回BMP研究会 (2011年 7月、大阪)

笹沼寛樹、米山克美、大手聡、進正史、福田亨、古株彰一郎、片桐岳信:骨格筋の再生と異所性骨化におけるサテライト細胞に対するBMPシグナルの役割。第29回日本骨代謝学会学術集会 (2011年 7月、大阪)

進正史、大手聡、米山克美、笹沼寛樹、古株彰一郎、福田亨、自見英治郎、片桐岳信: BMP初期応答遺伝子におけるBMP応答配列の解析。第29回日本骨代謝学会学術集会 (2011年 7月、大阪)

大手聡、福田亨、笹沼寛樹、進正史、米山克美、鈴木星也、古株彰一郎、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症(FOP)で同定されたBMP受容体ALK2の構成的活性型変異体はII型BMP受容体によってさらに活性化される。第29回日本骨代謝学会学術集会 (2011年 7月、大阪)

2010年

原著論文

Tokuzawa Y, Yagi K, Yamashita Y, Nakachi Y, Nikaido I, Bono H, Ninomiya Y, Kanesaki-Yatsuka Y, Akita M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Sablitzky F, Arai S, Kurokawa R, Fukuda T, Katagiri T, Schönbach C, Suda T, Mizuno Y, Okazaki Y. Id4, a new candidate gene for senile osteoporosis, acts as a molecular switch promoting osteoblast differentiation. PLoS Genet. 6, e1001019.

Fukuda, T., Kokabu, S., Ohte, S., Sasanuma, H., Kanomata, K., Yoneyama, K., Kato, H., Akita, M., Oda, H., and Katagiri, T. (2010) Canonical Wnts and BMPs cooperatively induce osteoblastic differentiation through a GSK3beta-dependent and beta-catenin-independent mechanism. Differentiation 80, 46-52.

Nojima, J., Kanomata, K., Takada, Y., Fukuda, T., Kokabu, S., Ohte, S., Takada, T., Tsukui, T., Yamamoto, T.S., Sasanuma, H., Yoneyama, K., Ueno, N., Okazaki, Y., Kamijo, R., Yoda, T., and Katagiri, T. (2010) Dual roles of Smad proteins in the conversion from myoblasts to osteoblastic cells by bone morphogenetic proteins. J Biol Chem 28, 15577-15586.

Nakashima, Y., Haga, N., Kitoh, H., Kamizono, J., Tozawa, K., Katagiri, T., Susami, T., Fukushi, J., Iwamoto, Y. (2010) Deformity of the great toe in fibrodysplasia ossificans progressiva. J Orthop Sci 15, 804-809.

Katagiri, T, (2010) Heterotopic bone formation induced by bone morphogenetic protein signaling: fibrodysplasia ossificans progressiva. J Oral Biosci 52, 33-41.

Kokabu, S., Nojima, J., Kanomata, K., Ohte, S., Yoda, T., Fukuda, T. and Katagiri, T. (2010) Protein phosphatase magnesium-dependent 1A-mediated inhibition of BMP signaling is independent of Smad-dephosphorylation. J Bone Miner Res 25, 653-660.

総説

Katagiri, T. (2010) The genetic basis for skeletal disease. Establishment of novel treatments for fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP). Clin Calcium 20, 1204-1211.

Katagiri, T., Kamizono, J., Nakashima, Y., Kitoh, H., Susami, T., Haga, N. (2010) Cytokines in bone diseases. BMP signaling and fibrodysplasia ossificans progressiva. Clin Calcium. 20, 1510-1517

片桐岳信(2010)進行性骨化性線維異形成症(FOP)の発症メカニズム. Clin Neurosci 28:480-481.

松崎 哲、片桐岳信、松崎文子、見崎 徹、大竹 明(2010)進行性骨化性線維異形成症の歯科治療について. 歯界展望 115:556-557.

招待講演

片桐岳信:遺伝情報の不思議 ~難病研究の最前線から〜. 九州歯科大学 最新生命科学(2010年 12月、福岡)

片桐岳信:BMP-Smadによる筋組織での異所性骨化. 第14回骨分子生物学セミナー(2010年 12月、福岡)

片桐岳信:BMP-Smadによる細胞分化の制御. 昭和大学歯学部口腔生化学セミナー(2010年 11月、東京)

片桐岳信: 骨形成を促すBMP細胞内情報伝達系とその制御機構の解明。第8回RCGMフロンティア国際シンポジウム (2010年 11月、埼玉)

片桐岳信:筋の中に骨ができる難病・進行性骨化性線維異形成症. 第39回骨・カルシウム代謝研究会(2010年 9月、京都)

片桐岳信、福田亨、岡崎康司、織田弘美:進行性化骨筋炎(FOP)に関する国際的研究拠点の形成. 第1回埼玉医科大学学内グラント受賞者成果発表会(2010年 7月、埼玉)

片桐岳信:筋組織内での異所性骨化と難病(FOP). 第137回 藤田保健衛生大学医学セミナー(2010年 4月、愛知)

学会発表

大手聡、古株彰一郎、家村俊一郎、笹沼寛樹、米山克美、進正史、自見英治郎、夏目徹、福田亨、片桐岳信: 新規Smad結合因子Zranb2はBMPシグナル抑制因子である。第8回RCGMフロンティア国際シンポジウム (2010年 11月、埼玉)

笹沼寛樹、福田亨、大手聡、古株彰一郎、進正史、米山克美、加藤仁、秋田真澄、織田弘美、片桐岳信: 骨芽細胞分化におけるBMPとWntシグナルの相互作用の解明。第8回RCGMフロンティア国際シンポジウム (2010年 11月、埼玉)

進正史、古株彰一郎、大手聡、米山克美、笹沼寛樹、福田亨、片桐岳信: SCP1はBMP誘導性の骨芽細胞分化においてSmadの下流因子を抑制する。第8回RCGMフロンティア国際シンポジウム (2010年11月、埼玉)

Satoshi Ohte, Shoichiro Kokabu, Toru Fukuda, Shunichiro Iemura, Hiroki Sasanuma, Katsumi Yoneyama, Masashi Shin, Eijiro Jimi, Toru Natsume and Takenobu Katagiri: Identification of Zranb2, a novel R-Smads binding protein, as a suppressor of BMP signaling. 2010 ASBMR Annual Meeting (2010年 10月、トロント(カナダ) )

Takenobu Katagiri, Toru Fukuda, Akihiro Tomoyasu, Masaaki Goto, Kunihiko Kodaira, Shoichiro Kokabu, Satoshi Ohte, Kazuhiro Kanomata, Hidefumi Fukushima, Hiroko Serizawa, Junya Nojima, Atsushi Nakamura, Katsumi Yoneyama, Hiroki Sasanuma, Masashi Shin, Anna Kowalska, Eijiro Jimi, Hiromitsu Toyoda, Kunio Takaoka, Tatsuya Koike, Kanji Higashio, and Tatsuo Suda: Platelet factor 4 is a novel circulating potentiator of BMP-induced osteoblastic differentiation and bone formation. 2010 ASBMR Annual Meeting (2010年 10月、トロント(カナダ) )

Satoshi Ohte, Shoichiro Kokabu, Toru Fukuda, Shunichiro Iemura, Hiroki Sasanuma, Katsumi Yoneyama, Masashi Shin, Eijiro Jimi, Toru Natsume and Takenobu Katagiri: Identification and characterization of a nuclear protein as a co-suppressor of BMP-regulated R-Smads. 8th International BMP Conference (2010年 9月、ルーベン(ベルギー))

Takenobu Katagiri, Shoichiro Kokabu, Satoshi Ohte, Hiroki Sasanuma, Masashi Shin, Katsumi Yoneyama, Toru Fukuda: PPM1A and SCP1, Smad phosphatases, inhibit BMP-induced osteoblastic differentiation by different molecular mechanisms. 8th International BMP Conference (2010年 9月、ルーベン(ベルギー))

大手聡、古株彰一郎、福田亨、笹沼寛樹、米山克美、進正史、自見英治郎、片桐岳信:新規 R-Smad 結合分子 ZRANB2 の BMP シグナル阻害活性。第28回日本骨代謝学会学術集会 (2010年 7月、東京)

片桐岳信、福田亨、古株彰一郎、大手聡、福島秀文、野島淳也、米山克美、笹沼寛樹、進正史、自見英治郎、高岡邦夫、小池達也、須田立雄:血小板第4因子は血中の新規BMP活性促進因子である。第28回日本骨代謝学会学術集会 (2010年 7月、東京)

2009年

原著論文

Yamazaki, M., Fukushima, H., Shin, M., Katagiri, T., Takahashi, T. and Jimi, E. (2009) TNFα represses BMP signaling by interfering with the DNA binding of Smads through the activation of NF-κB. J Biol Chem 284, 35987-35995.

Shen, Q., Little, S.C., Xu, M., Haupt, J., Ast, C., Katagiri, T., Mundlos, S., Seemann, P., Kaplan, F.S., Mullins, M.C. and Shore, E.M. (2009) Fibrodysplasia ossificans progressiva ACVR1 R206H mutation activates ligand-independent and ligand-sensitive chondrogenesis and regulates zebrafish dorso-ventral patterning. J Clin Invest, 19, 3462-3472.

Kanomata, K., Kokabu, S., Nojima, J., Fukuda, T. and Katagiri, T. (2009) DRAGON, a GPI-anchored membrane protein, inhibits BMP signaling in C2C12 myoblasts. Genes Cells 14, 695-702.

Mizuno, Y., Tokuzawa, Y., Ninomiya, Y., Yagi, K., Yatsuka-Kanesaki, Y., Suda, T., Fukuda, T., Katagiri, T., Kondo, Y., Amemiya, T., Tashiro, H., and Okazaki, Y. (2009) miR-210 promotes osteoblastic differentiation through inhibition of AcvR1b. FEBS Lett 583, 2263-2268.

Fukuda, T., Kohda, M., Kanomata, K., Nojima, J., Nakamura, A., Kamizono, J., Noguchi, Y., Iwakiri, K., Kondo, T., Kurose, J., Endo, K., Awakura, T., Fukushi, J., Nakashima, Y., Chiyonobu, T., Kawara, A., Nishida, Y., Wada, I., Akita, M., Komori, T., Nakayama, K., Nanba, A., Maruki, Y., Yoda, T., Tomoda, H., Yu, PB., Shore, E.M., Kaplan, F.S., Miyazono, K., Matsuoka, M., Ikebuchi, K., Ohtake, A., Oda, H., Jimi, E., Owan, I., Okazaki, Y., and Katagiri, T. (2009) Constitutively activated ALK-2 and increased Smad1/5 cooperatively induce BMP signaling in fibrodysplasia ossificans progressiva. J Biol Chem 284, 7149-7156.

Sato, M.M., Nashimoto, M., Katagiri, T., Yawaka, Y. and Tamura, M. (2009) Bone morphogenetic protein-2 down-regulates miR-206 expression by blocking its maturation process. Biochem Biophys Res Commun 383, 125-129.

総説

片桐岳信(2009)FOP(進行性骨化性線維異形成症). Arthritis, 印刷中.

Katagiri T. (2010) Heterotopic bone formation induced by bone morphogenetic protein signaling: fibrodysplasia ossificans progressiva. J Oral Biosci, in press.

招待講演

古株彰一郎、野島淳也、福田亨、大手聡、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:R-Smad のホスファターゼ PPM1A による BMP 活性の抑制には Smad の脱リン酸化に依存しない分解が重要である。第8回松本ボーンフォーラム (2009年 5月、長野)

福田亨、古株彰一郎、大手聡、片桐岳信:筋組織内に異所性骨化を生じる遺伝性難病 (Fibrodysplasia Ossificans Progressiva)。運動器科学研究会 (2009年 9月、東京)

鹿又一洋、福田 亨、野島淳也、古株彰一郎、片桐岳信:BMP補助受容体DRAGONはBMPによる骨芽細胞分化を抑制する. 第4回Bone Forum in Hanno(2009年 1月、埼玉)

片桐岳信:全身の筋が骨化する難病 —進行性骨化性線維異形成症(FOP)—. 第319回明海大学研修会(2009年 1月、埼玉)

片桐岳信:難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)の新展開. 第16回母子医療センターシンポジウム(2009年 2月、大阪)

片桐岳信:筋肉が骨化する難病・FOP(進行性骨化性線維異形成症). 石川県リハビリテーションセンター難病専門研修会(2009年 3月、石川)

片桐岳信:仕事. 浦和ルーテル学院ボランティアティーチャー(2009年 3月、埼玉)

古株彰一郎、野島淳也、福田亨、大手聡、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:R-Smad のホスファターゼ PPM1A による BMP 活性の抑制には Smad の脱リン酸化に依存しない分解が重要である。第8回松本ボーンフォーラム (2009年 5月、長野)

片桐岳信:筋肉が骨になる難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第20回電顕サマースクール(2009年 7月、埼玉)

福田亨、古株彰一郎、大手聡、片桐岳信:筋組織内に異所性骨化を生じる遺伝性難病 (Fibrodysplasia Ossificans Progressiva)。運動器科学研究会 (2009年 9月、東京)

片桐岳信:筋組織における異所性骨化の機序解明と治療への応用. 第 7 回 RCGM フロンティアシンポジウム (2009年 11月、埼玉)

学会発表

古株彰一郎、大手聡、野島淳也、依田哲也、福田亨、片桐岳信:Smad C 末端のホスファターゼPPM1A と SCP1 はリンカー領域の MAPK リン酸化部位を介して BMP シグナルを抑制する。第27回日本骨代謝学会学術集会 (2009年 7月、大阪)

福田亨、古株彰一郎、大手聡、片桐岳信:Fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP) で同定された ALK2 変異体の解析。第27回日本骨代謝学会学術集会 (2009年 7月、大阪)

古株彰一郎、大手聡、福田亨、片桐岳信:Smad1 のリン酸化・脱リン酸化による骨芽細胞分化誘導の制御。第16回 BMP 研究会 (2009年 7月、大阪)

福田亨、古株彰一郎、大手聡、片桐岳信:Fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP) で新たに同定された ALK2 変異体の解析。第16回 BMP 研究会 (2009年 7月、大阪)

片桐岳信、古株彰一郎、依田哲也:Smad1 のリン酸化・脱リン酸化による骨芽細胞分化誘導の制御。第51回歯科基礎医学会学術集会・総会 (2009年 9月、新潟)

Fukuda T, Kokabu S, Ohte S, Katagiri T.: Functional Analysis of Mutant ALK2 Receptors Found in Fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP). 31st ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2009, Denver, Colorado, USA)

Kokabu S, Ohte S, Nojima J, Kanomata K, Yoda T, Katagiri T.: PPM1A and SCP1 suppress BMP activity via novel mechanism independent of Smad C-terminal dephosphorylation. 31st ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2009, Denver, Colorado, USA)

古株彰一郎、野島淳也、堀直子、佐藤毅、安部貴大、依田哲也:Smad のホスファターゼ PPM1A による BMP シグナルの抑制機構。第54回日本口腔外科学会総会・学術集会 (2009年 10月、北海道)【ゴールドリボン賞受賞】

大手聡、福田亨、古株彰一郎、片桐岳信:骨芽細胞における Smad と Runx2 のクロストーク。第 7 回 RCGM フロンティアシンポジウム (2009年 11月、埼玉)

古株彰一郎、大手聡、依田哲也、福田亨、片桐岳信:Smad1 の骨芽細胞分化誘導活性は C 末端とリンカー領域のリン酸化により制御される。第 7 回 RCGM フロンティアシンポジウム (2009年 11月、埼玉)

塚本翔、佐藤康敬、鍋島麻子、大手聡、古株彰一郎、福田亨、片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症 (FOP) で同定された ALK2 変異体の安定発現細胞の樹立。第 7 回 RCGM フロンティアシンポジウム (2009年 11月埼玉)

福田亨、古株彰一郎、大手聡、片桐岳信:Fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP) で同定された 10 種類の ALK2 変異体の機能解析。第 7 回 RCGM フロンティアシンポジウム (2009年 11月、埼玉)

Kokabu S, Nojima J, Kanomata, Yoda T, Fukuda T, Katagiri T.: Protein phosphatase magnesium-dependent 1A inhibits BMP signaling by stimulating Smad degradation independent of dephosphorylation at the carboxyl termini. 2nd Joint Meeting International Bone & Mineral Society and Australian & New Zealand Bone & Mineral Society (March, 2009, Sydney, Australia)【Travel grant】

Katagiri T, Kanomata K, Kokabu S, Nojima J, Fukuda T.: DRAGON, a GPI-anchored membrane protein, inhibits BMP signaling in C2C12 myoblasts. 2nd Joint Meeting International Bone & Mineral Society and Australian & New Zealand Bone & Mineral Society (March, 2009, Sydney, Australia)

Katagiri T.: Roles of Smad pathways in the conversion of myoblasts to osteoblastic cells by BMPs. Gordon Research Conference on Bones & Teeth. (2009年 7月、米国メイン州)

古株彰一郎、大手聡、野島淳也、依田哲也、福田亨、片桐岳信:Smad C 末端のホスファターゼPPM1A と SCP1 はリンカー領域の MAPK リン酸化部位を介して BMP シグナルを抑制する. 第27回日本骨代謝学会学術集会 (2009年 7月、大阪)

2008年

原著論文

Yu, P.B., Deng, D.Y., Lai, C.S., Hong, C.C., Cuny, G.D., Bouxsein, M.L., Hong, D.W., McManus, P.M., Katagiri, T., Sachidanandan, C., Kamiya, N., Fukuda, T., Mishina, Y., Peterson, R.T., and Bloch, K.D. (2008) BMP type I receptor inhibition prevents ectopic ossification in a mouse model of fibrodysplasia ossificans progressiva. Nat Med 14, 1363-1369.

Fukuda, T., Kanomata, K., Nojima, J., Kokabu, S., Akita, M., Ikebuchi, K., Jimi, E., Komori, T., Maruki, Y., Matsuoka, M., Miyazono, K., Nakayama, K., Nanba, A., Tomoda, H., Okazaki, Y., Ohtake, A., Oda, H., Owan, I., Yoda, T., Haga, N., Furuya, H., and Katagiri, T. (2008) A unique mutation of ALK2, G356D, found in a patient with fibrodysplasia ossificans progressiva is a moderately activated BMP type I receptor. Biochem Biophys Res Comm 377, 905-909.

Mizuno, Y., Yagi, K., Tokuzawa, Y., Kanesaki-Yatsuka, Y., Suda, T., Katagiri, T., Fukuda, T., Maruyama, M., Okuda, A., Amemiya, T., et al. (2008). miR-125b inhibits osteoblastic differentiation by down-regulation of cell proliferation. Biochem Biophys Res Commun 368, 267-272.

Kaplan, F. S., Shen, Q., Lounev, V., Seemann, P., Groppe, J., Katagiri, T., Pignolo, R. J., and Shore, E. M. (2008) Skeletal Metamorphosis in fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP). J Bone Miner Metab 26, 521-530.

Katagiri, T., Suda, T., and Miyazono, K. (2008) The bone morphogenetic proteins. In The TGF-β Family. Miyazono K and Derynck R, editors.Cold Spring Harbor Press, New York, pp121-149.

総説

片桐岳信、高橋直之(2008)BMPシグナルと骨疾患. 骨粗鬆症治療7:98-101.

片桐岳信、福田 亨、野島淳也、鹿又一洋、中村 厚(2008)骨形成におけるBMPシグナルとWntシグナルのクロストークの重要性. クリニカルカルシウム18:194-201 .

Katagiri T, Suda T, and Miyazono K. (2008) The bone morphogenetic proteins. In The TGF-β Family. Miyazono K and Derynck R, editors. Cold Spring Harbor Press, New York, pp 121-149.

片桐岳信(2008)進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究における最近の進歩. 難病と在宅ケア 13:55-58.

Suzuki O, Imaizumi H, Kamakura S, and Katagiri T. (2008) Bone regeneration by synthetic octacalcium phosphate and its role in biological mineralization. Curr. Med. Chem. 15: 305-313.

片桐岳信(2008)Fibrodysplasia ossificans progressiva(FOP)とBMP情報伝達異常のup to date. リウマチ科 40: 175-180.

片桐岳信(2008)進行性骨化性線維異形成症(FOP)の病因と病態. 内分泌・糖尿病科 27: 270-276.

片桐岳信(2008)FOP(進行性骨化性線維異形成症)とBMP. 臨床整形外科 43: 1098-1101.

片桐岳信(2008)進行性骨化性線維異形成症の病態と治療. 日本医事新報社 4412: 70-74.

招待講演

福田 亨:筋組織内で異所性骨化が起こるFibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP)発症メカニズムの解析. 第3回Bone Forum in Hannno(2008年 1月、埼玉)

片桐岳信:成長に伴い筋が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症. 第19回小児成長研究会(2008年 2月、東京)

福田 亨:筋組織内で異所性骨化が起こるFibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP)発症メカニズムの解析. 第2回Bone Research Seminar(2008年 3月、東京)

片桐岳信:骨誘導因子(BMP)シグナルに基づく生理的及び病的骨形成の解明. 第179回北里研究会 北里研究所北里柴三郎記念賞、森村豊明会奨励賞受賞者特別講演会(2008年 3月、東京)【第5回森村豊明会奨励賞受賞】

片桐岳信:成長に伴い筋が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症. 東京慈恵会医科大学小児科学講座医局会(2008年 4月、東京)

片桐岳信:筋組織が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第26回埼玉医科大学整形外科同門会教育研究講演(2008年 5月、東京)

片桐岳信:進行性骨化性繊維異形成症(FOP)研究の現状. 難治性疾患克服研究事業 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 進行性骨化性線維異形成症研究班 平成20年度第1回班会議(2008年 6月、東京)

Katagiri T.: Constitutively activated ALK2 and increased Smad1/5 cooperatively induce BMP signaling in fibrodysplasia ossificans progressiva. 7th International Conference on BMPs. (2008年 7月、米国カリフォルニア州)

Katagiri T.: Constitutively activated ALK2 and increased Smad1/5 cooperatively induce BMP signaling in fibrodysplasia ossificans progressiva. Gordon Research Conference on Musculoskeletal Biology & Bioengineering. (2008年 7月、米国ニューハンプシャー州)

片桐岳信:全身の骨化を伴う難病:進行性骨化性線維異形成症(FOP) —発症メカニズムの解明から治療法に向けて−. 第50回歯科基礎医学会・シンポジウム3(2008年 9月、東京)

片桐岳信:難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究の進歩. 第6回RCGM国際シンポジウム(2008年 10月、埼玉)

片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究における最近の進歩. 第15回BMP研究会・教育講演(2008年 10月、大阪)

片桐岳信:骨と筋とBMP. 第26回日本骨代謝学会学術集会・受賞講演(2008年 10月、大阪)【第1回日本骨代謝学会研究奨励賞受賞】

片桐岳信:筋組織が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第26回日本骨代謝学会学術集会・ミニシンポジウム9(2008年 10月、大阪)

片桐岳信:筋組織が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). FOP講演会(2008年 11月、兵庫)

片桐岳信:小児の難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第26回小児代謝性骨疾患研究会・教育講演(2008年 12月、大阪)

片桐岳信:国内のFOP患者で同定された新しいALK2変異の生化学的解析.  難治性疾患克服研究事業 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 進行性骨化性線維異形成症研究班 平成20年度第2回班会議(2008年 12月、東京)

片桐岳信、福田 亨、鹿又一洋、古株彰一郎、野島淳也、小森哲夫:難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)の発症機序に関する研究. 難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の生活の質(Quality of Life, QOL)の向上に関する研究 平成20年度研究報告会(2008年 12月、東京)

片桐岳信:筋組織が骨化する難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)の最前線. 神奈川県立こども医療センター・セミナー(2008年 12月、神奈川)

学会発表

大竹 明、織田弘美、池淵研二、片桐岳信、岡崎康司:進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva: FOP)の5症例. 第2回埼玉北西部骨代謝研究会(2008年 2月、埼玉)

大竹 明、織田弘美、池淵研二、片桐岳信、岡崎康司:進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva: FOP)の5症例. 第38回埼玉小児発育障害研究会(2008年 2月、埼玉)

野島淳也、古株彰一郎、依田哲也、片桐岳信:筋分化におけるSmad4 - E4F1相互作用の役割. 第50回歯科基礎医学会(2008年 9月、東京)

古株彰一郎、野島淳也、依田哲也、片桐岳信:BMPシグナルにおけるSmad1のリン酸化と脱リン酸化の役割. 第50回歯科基礎医学会学術大会(2008年 9月、東京)

Nojima J, Kanomata K, Fukuda T, Nakamura A, Tsukui T, Okazaki Y, Kamijo R, Yoda T, Katagiri T.: Dual Roles of Smad Proteins in the Conversion from Myoblasts to Osteoblastic Cells by BMPs. 30th ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2008, Montreal, Canada)

鹿又一洋、福田 亨、野島淳也、中村 厚、古株彰一郎、片桐岳信:BMP補助受容体DRAGONはBMPによる骨芽細胞分化を抑制する.第6回RCGMフロンティアシンポジウム(2008年 10月、埼玉)

古株彰一郎、野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、中村 厚、依田哲也、片桐岳信:R-SmadのホスファターゼPPM1AはSmadの脱リン酸化ではなく分解を促しBMP活性を抑制する. 第6回RCGMフロンティアシンポジウム(2008年 10月、埼玉)

野島淳也、鹿又一洋、福田 亨、中村 厚、古株彰一郎、岡崎康司、依田哲也、片桐岳信:BMPはSmad4-E4F1を介して筋分化を抑制する. 第15回BMP研究会(2008年 10月、大阪)

古株彰一郎、野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:R-SmadのホスファターゼPPM1AによるBMP活性の抑制はSmadの脱リン酸化に依存しない分解を介す. 第15回BMP研究会(2008年 10月、大阪)

野島淳也、鹿又一洋、福田 亨、中村 厚、古株彰一郎, 依田哲也、片桐岳信:BMPシグナルは核内のSmad4とE4F1の相互作用によって筋分化を抑制する. 第26回日本骨代謝学会学術集会(2008年 10月、大阪)

鹿又一洋、福田 亨、野島淳也、中村 厚、古株彰一郎、片桐岳信:BMP補助受容体DRAGONはBMPによる骨芽細胞分化を抑制する.第26回日本骨代謝学会学術集会(2008年 10月、大阪)

古株彰一郎、野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:SmadのホスファターゼPPM1AはSmadの脱リン酸化ではなく分解を促進してBMPシグナルを抑制する. 第26回日本骨代謝学会学術集会(2008年 10月、大阪)

古株彰一郎、野島淳也、福田 亨、中村 厚、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:R-SmadのホスファターゼPPM1AによるBMPの活性抑制には脱リン酸化に依存しないSmadの分解が重要である. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)・口演(2008年 12月、兵庫)

野島淳也、鹿又一洋、福田 亨、中村 厚、古株彰一郎、岡崎康司、依田哲也、片桐岳信:BMPシグナルはSmad4-E4F1を介して筋分化を制御する. 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会(BMB2008)・口演(2008年 12月、兵庫)

2007年

原著論文

Fukuda T, Kanomata K, Nojima J, Urakawa I, Suzawa T, Imada M, Kukita A, Kamijo R, Yamashita T, and Katagiri T. (2007) FGF23 induces expression of two isoforms of NAB2, which are corepressors of Egr-1. Biochem Biophys Res Commun 343: 147-151.

Tomoyasu A, Higashio K, Kanomata K, Goto M, Kodaira K, Serizawa H, Suda T, Nakamura A, Nojima J, Fukuda T, and Katagiri T. (2007) Platelet-rich plasma stimulates osteoblastic differentiation in the presence of BMPs. Biochem Biophys Res Commun 361: 62-67.

Yamada A, Takami M, Kawawa T, Yasuhara R, Zhao B, Mochizuki A, Miyamoto Y, Eto T, Yasuda H, Nakamichi Y, Kim N, Katagiri T, Suda T, and Kamijo, R. (2007) Interleukin-4 inhibition of osteoclast differentiation is stronger than that of interleukin-13 and they are equivalent for induction of osteoprotegerin production from osteoblasts. Immunology 120: 573-579.

総説

片桐岳信(2007)BMPと骨形成. 医学の歩み 221: 57-61.

片桐岳信、福田 亨、野島淳也、鹿又一洋(2007)BMPの作用と骨疾患. 細胞 39: 327-330.

片桐岳信、大湾一郎(2007)進行性化骨筋炎とは、どのような病気でしょうか. 健 36: 10-12.

片桐岳信、福田 亨、鹿又一洋、中村 厚、野島淳也(2007)BMPシグナルと骨疾患:進行性骨化性線維異形成症(FOP). The Bone 21: 711-715.

招待講演

片桐岳信:骨形成の最前線. 第8回臨床骨代謝フォーラム(2007年 1月、埼玉)

片桐岳信:進行性化骨筋炎(FOP). 東北大学機能医科学講座運動学分野・セミナー(2007年 2月、宮城)

片桐岳信:骨形成研究の最前線. ペンタックス・セミナー(2007年 2月、東京)

片桐岳信:教科書にも載っていない将来の道. 獨協埼玉中学高等学校講演会(2007年 2月、埼玉)

片桐岳信:FOPに関する最近の進歩. FOP講演会(2007年 3月、岐阜)

片桐岳信:難病への理解を深めるために 新たな難病指定を受けたFOPの現状と最近の動向から. 神戸市平成19年度第2回地域保険事業関連研修会(2007年 7月、兵庫)

片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症(FOP)に関する基礎研究の進歩. 難治性疾患克服研究事業 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 進行性骨化性線維異形成症研究班 平成19年度第1回班会議(2007年 7月、東京)

片桐岳信:骨形成とBMPシグナル. 第25回日本骨代謝学会学術集会ミニシンポジウム(2007年 7月、大阪)

片桐岳信:埼玉医科大学が取り組む新規の難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第5回RCGMフロンティアシンポジウム(2007年 7月、埼玉)

片桐岳信:新規の難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 九州歯科大学セミナー(2007年 8月、福岡)

片桐岳信:新規の難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 佐賀県難病相談支援センター公開セミナー(2007年 8月、佐賀)

片桐岳信:BMPシグナルによる骨形成の制御. 第16回ROD-21研究会(2007年8月25日、神奈川)

片桐岳信:進行性骨化性線維異形成症(FOP)における骨形成. 第49回歯科基礎医学会学術大会サテライトシンポジウムII(2007年 8月、北海道)

片桐岳信:埼玉医科大学が取り組む難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第3回埼玉医大臨床遺伝カンファレンス(2007年 9月、埼玉)

片桐岳信:新規の難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP). 昭和大学歯学部口腔生化学教室セミナー(2007年 9月、東京)

片桐岳信:骨になる筋肉:進行性骨化性線維異形成症(FOP). 第62回日本体力医学会・教育講演(2007年 9月、秋田)

片桐岳信:新規難病・進行性骨化性線維異形成症(FOP)治療薬の開発に向けて. 北里大学大学院薬学研究科講義(2007年 10月、東京)

片桐岳信:IFOPAシンポジウム報告(基礎). 難治性疾患克服研究事業 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 進行性骨化性線維異形成症研究班 平成19年度第2回班会議(2007年 10月、東京)

福田 亨:FOPの遺伝子解析.  難治性疾患克服研究事業 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究 進行性骨化性線維異形成症研究班 平成19年度第2回班会議(2007年 10月、東京)

片桐岳信:筋肉が骨になる難病 〜進行性骨化性線維異形成症(FOP)〜. ひたちなか薬剤師会学術集会・特別講演(2007年 11月、茨城)

片桐岳信:難病指定されたFOPをもっと知ろう.「FOPとは」. なら地域ケア研究会 地域ケアについて考えるフォーラム・基調講演(2007年 11月)

片桐岳信:筋肉が骨に変わる難病:進行性骨化性線維異形成症(FOP). 福岡歯科大学 学術フロンティアシンポジウム・特別講演(2007年 12月、福岡)

Katagiri T.: Bone formation regulated by BMP signaling. Center for Research in FOP & Related Disorders Seminar. The University of Pennsylvania School of Medicine. (2007年 12月、米国ペンシルバニア州)

Katagiri T.: Bone formation regulated by BMP signaling. Department of Orthopeadic Surgery Reserch Laboratory Seminar. Jefferson Medical College of Thomas Jefferson University. (2007年 12月、米国ペンシルバニア州)

学会発表

千代延友裕、吉田路子、藤木敦、石井るみ子、貫名貞之、片桐岳信:進行性化骨性筋炎(FOP)の1例. 第41回日本小児神経学会近畿地方会(2007年 3月、大阪)

野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:BMPによる筋分化の抑制はSmad4の核移行によって制御される. 第25回日本骨代謝学会学術集会(2007年 7月、大阪)

福田 亨、鹿又一洋、野島淳也、神薗淳司、河原 啓、織田弘美、中山耕之介、宮園浩平、自見英治郎、大湾一郎、片桐岳信:筋組織内で異所性骨化が起こるFibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP)の発症メカニズムの解析. 第25回日本骨代謝学会学術集会(2007年 7月、大阪)

野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:BMPによる筋分化の抑制はSmad4の核移行で制御される. 第14回BMP研究会(2007年 7月、大阪)

福田 亨、神田将和、鹿又一洋、野島淳也、新垣晴美、神薗淳司、野口康男、岩切 清文、近藤健男、黒瀬純一、遠藤健一、中島康晴、千代延友裕、河原啓、西田佳 弘、織田弘美、大竹明、中山耕之介、小森哲夫、丸木雄一、宮園浩平、自見英 治郎、大湾一郎、岡崎康司、片桐岳信:Fibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP)で見られるBMP受容体Alk2 の変異とその機能解析. 第14回BMP研究会(2007年 7月、大阪)

福田 亨、神田将和、鹿又一洋、野島淳也、中村 篤、織田弘美、池淵研二、大竹明、小森哲夫、中山耕之介、難波 聡、丸木雄一、供田 洋、宮園浩平、自見英 治郎、大湾一郎、岡崎康司、片桐岳信:筋組織で異所骨形成を伴うFibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP)の発症メカニズムの解析. 第5回RCGMフロンティアシンポジウム(2007年 7月、埼玉)

野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、中村 厚、依田哲也、片桐岳信:BMPによる筋芽細胞から骨芽細胞への分化誘導におけるSmad依存的シグナルの役割. 第5回RCGMフロンティアシンポジウム(2007年 7月、埼玉)

水野洋介、八木 研、須田立雄、片桐岳信、福田 亨、岡崎康司:骨芽細胞分化に関与するマイクロRNAの同定. 第5回RCGMフロンティアシンポジウム(2007年 7月、埼玉)

野島淳也、依田哲也、片桐岳信:BMPによる筋芽細胞から骨芽細胞への分化誘導におけるSmad依存的シグナルの役割. 第49回歯科基礎医学会学術大会(2007年 8月、北海道)【ポスターワークショップ】

Fukuda T, Kohda M, Kanomata K, Nojima J, Kamizono J, Oda H, Nakayama K, Ohtake A, Miyazono K, Jimi E, Owan I, Okazaki Y, and Katagiri T.: A constitutively activated BMP receptor, ALK2, induces heterotopic bone formation in patients with fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP). 29th ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2007, Honolulu, Hawaii, USA)【Travel grant】

Nojima J, Fukuda T, Kanomata K, Yoda T, and Katagiri T.: Smad1 and Smad4 differentially regulate osteoblast differentiation and myogenesis in myoblasts. 29th ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2007, Honolulu, Hawaii, USA)【Travel grant】

大竹 明、片桐岳信、池淵研二、織田弘美、岡崎康司:埼玉医科大学進行性骨化性線維異形成症(FOP)診療・研究プロジェクトの現状. 第25回小児代謝骨疾患研究会(2007年 12月、東京)

水野洋介、八木 硏、須田立雄、片桐岳信、福田 亨、岡﨑康司:骨芽細胞分化に関与するマイクロRNAの探索.   第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会(2007年 12月、神奈川)

福田 亨、神田将和、鹿又一洋、野島淳也、中村 厚、神薗淳司、中島康晴、池淵研二、小森哲夫、中山耕之介、難波 聡、丸木雄一、供田 洋、大竹 明、織田弘美、宮園浩平、自見英治郎、大湾一郎、岡?康司、片桐岳信:筋組織で異所性骨化を伴うFibrodysplasia ossificans progressiva (FOP)の発症メカニズムの解析. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会・口演(2007年 12月、神奈川)

野島淳也、福田 亨、中村 厚、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:BMPによる細胞分化の制御におけるSmadの役割. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会・口演(2007年 12月、神奈川)

2006年

原著論文

Kodaira K, Imada M, Goto M, Tomoyasu A, Fukuda T, Kamijo R, Suda T, Higashio K, and Katagiri T. (2006) Purification and identification of a BMP-like factor from bovine serum. Biochem Biophys Res Commun 345: 1224-1231.

Zhao B, Katagiri T, Toyoda H, Takada T, Yanai T, Fukuda T, Chung U-I, Koike T, Takaoka K, and Kamijo R. (2006) Heparin potentiates the in vivo ectopic bone formation induced by bone morphogenetic protein-2. J Biol Chem 281: 23246-23253.

Suzuki O, Kamakura S, Katagiri T, Nakamura M, Zhao B, Honda Y, and Kamijo R. (2006) Bone formation enhanced by implanted octacalcium phosphate involving conversion into Ca-deficient hydroxyapatite. Biomaterials 27: 2671-2681.

Hattori H, Ishihara M, Fukuda T, Suda T, and Katagiri T. (2006) Establishment of a novel method for enriching osteoblast progenitors from adipose tissues using a difference in cell adhesive properties. Biochem Biophys Res Commun 343: 1118-1123.

Suzawa T, Itoh N, Takahashi N, Katagiri T, and Kamijo R. (2006) Establishment of primary cultures for mouse ameloblasts as a model of the lifetime. Biochem Biophys Res Commun 345: 1247-1253.

総説

片桐岳信、福田 亨(2006)BMPと骨代謝疾患のゲノム学. ゲノム医学 6: 39-43.

片桐岳信、福田 亨、野島淳也、鹿又一洋(2006)BMP応答遺伝子の転写制御. クリニカルカルシウム 16: 766-767.

片桐岳信、福田 亨、野島淳也、鹿又一洋(2006)BMPと骨代謝. The Bone 20: 605-611.

Suzuki O, Kamakura S, and Katagiri T. (2006) Surface chemistry and biological responses to synthetic octacalcium phosphate. J. Biomed. Matr. Res. B Appl. Biomater. 77B: 201-212.

招待講演

片桐岳信:骨誘導因子による新しい骨形成の制御機構. 第4回RCGMフロンティアシンポジウム(2006年 5月、埼玉)

片桐岳信:硫酸化多糖によるBMP活性の促進機構. 第13回BMP研究会(2006年 7月9日、東京)

Katagiri, T.:Bone formation controlled by BMPs. 3rd Meeting of Bone Biology Forum(August, 2006, Shizuoka)

片桐岳信:骨誘導因子(BMP)による骨形成の新しい調節機構. 第5回内分泌代謝と老化セミナー(2006年 9月、東京)

岡崎康司:バイオインフォマティクスを駆使した比較ゲノム学の展望. 日本DNA多型学会第15回学術集会(2006年 11月、広島)

岡崎康司:ゲノム医学を基盤としたトランスレーショナルリサーチへの展開. 第9回大阪急性冠症候群研究会(2006年 12月、大阪)

学会発表

野島淳也、福田 亨、鹿又一洋、依田哲也、片桐岳信:BMPによって活性化されるSmad1の転写活性が筋芽細胞の筋分化と骨芽細胞分化を制御する. 第4回RCGMフロンティアシンポジウム(2006年 5月、埼玉)

野島淳也、福田 亨、上條竜太郎、依田哲也、片桐岳信:Smad1による時間依存的な標的遺伝子の転写が筋分化の抑制と骨芽細胞への分化を誘導する. 第24回日本骨代謝学会学術集会(2006年 7月、東京)【優秀ポスター賞受賞】

Fukuda T, Kanomata K, Nojima J, Suzawa T, Kamijo R, Katagiri T.: FGF23 Induces Expression of NAB2, a corepressor of Egr-1. 28th ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2006, Philadelphia, Pennsylvania, USA)

Nojima J, Fukuda T, Kanomata K, Kamijo R, Yoda T, and Katagiri T.: Early and Late responsive genes of Smads regulate the conversion of differentiation pathway of myoblasts to osteoblasts. 28th ASBMR (American Society for Bone and Mineral Research) annual meeting (September, 2006, Philadelphia, Pennsylvania, USA)

片桐岳信、福田 亨、神田将和、鹿又一洋、野島淳也、神薗淳司、野口康男、岩切清文、近藤健男、宮園浩平、自見英治郎、大湾一郎、岡崎康司:Fibrodysplasia ossificans progressivaにおけるBMP受容体ALK2の変異とその機能解析. 第18回日本整形外科学会骨系統疾患研究会(2006年 12月、福岡)【最優秀ポスター賞受賞】

野島淳也、福田 亨、上條竜太郎、依田哲也、片桐岳信:BMPによる筋芽細胞から骨芽細胞への分化誘導はSmadを介した時間依存的な標的遺伝子の転写によって制御される. 日本分子生物学会2006フォーラム(2006年 12月、愛知)

福田 亨、神田将和、鹿又一洋、野島淳也、新垣晴美、神薗淳司、野口康男、岩切清文、近藤健男、宮園浩平、自見英治郎、大湾一郎、岡崎康司、片桐岳信:筋組織内の異所性骨化を伴うFibrodysplasia Ossificans Progressiva (FOP) におけるBMP受容体Alk2の機能解析. 日本分子生物学会2006フォーラム(2006年 12月、愛知)