Facilities
facebook
施設紹介

開放的なスペースで、医療信念の原点を築いたソクラテスと、看護のあり方の原点を築いたナイチンゲールの肖像画が、みなさまをお迎えいたします。

通路はノースストリートとサウスストリートの二つからなります。広く天井も高く、自然な光が多く取りこまれる設計で、開放的な空間となっています。ローソンやスターバックス、美容院も併設されています。病院全体が5つのブロックから構成されており、ブロックごとに壁の色が分けられています。

ホールの吹き抜けの2階にあります。ガラス張りで明るく開放感があり、コーヒーを飲みながらゆったりした時間を過ごすことができます。

高い吹き抜けの天井とカラフルな色づかいが印象的なカジュアルなレストランです。カフェテリア形式でお飲み物、お食事を提供しています。

包括的がんセンターでは一つの大きな待合室を取り囲む形で25の診察室が配置されております。プライバシーを重んじた個室タイプです。

個室または4人部屋があります。双方にテレビ・冷蔵庫・金庫などが備わっています。
(写真は個室です)

外来で化学療法(抗がん剤治療)や点滴を受けたりする場所です。リクライニングの椅子とベッドの両方が備わっており、リラックスした状態で治療を受けることができます。

放射線治療を受けるお部屋です。サイバーナイフなどの最新設備も備えています。

がんの全身検査として近年話題となっているPET-CTを撮影するお部屋です。
がんの診断に有用な検査です。

3階と4階に、約20の手術室が備わっています。最新の設備がそろっています。