ゲノム基礎医学 紹介

 

  • ゲノム基礎医学は、幹細胞・生殖細胞、転写関連疾患、進行性骨化性線維異形成症を中心とした筋・骨疾患という3つの研究グループにより構成されており、奥田晶彦、黒川理樹、片桐岳信教授が、それぞれの グループを牽引して研究を展開していきます。
  • 各研究グループは、それぞれが独立して活動しつつも、必要に応じて協力し合い、医学の発展の為に尽力していく所存です。

お知らせ・トピックス

2020年06月17日
片桐研究グループの研究論文がBone誌に掲載されました。
2020年06月09日
片桐研究グループの研究論文がBone誌に掲載されました。
2020年06月02日
片桐研究グループの研究論文がBone誌に掲載されました。
2020年05月01日
浦西洸介君が助教の任命を受けました。
2020年04月24日
黒川研究グループの研究論文がJ. Biol. Chem.に掲載されました。
2020年04月01日
ゲノム基礎医学は新規4件の文部科学省科学研究費を獲得しました。
» 続きを読む