埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2007年・業績(論文・著述)一覧

       

原著論文

  1. Asanuma Y, Chung CP, Oeser A, Solus JF, Avalos I, Gebretsadik T, Shintani A, Raggi P, Sokka T, Pincus T, Stein CM.
    Serum osteoprotegerin is increased and independently associated with coronary-artery atherosclerosis in patients with rheumatoid arthritis.
    Atherosclerosis. 2007 Dec;195(2):e135-41. Epub 2007 Jun 14.
  2. Ochi S, Shinohara M, Sato K, Gober HJ, Koga T, Kodama T, Takai T, Miyasaka N, Takayanagi H.
    Pathological role of osteoclast costimulation in arthritis-induced bone loss.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 2007 Jul 3;104(27):11394-9. Epub 2007 Jun 25.
  3. Kanda H, Yokota K, Kohno C, Sawada T, Sato K, Yamaguchi M, Komagata Y, Shimada K, Yamamoto K, Mimura T.
    Effects of low-dosage simvastatin on rheumatoid arthritis through reduction of Th1/Th2 and CD4/CD8 ratios.
    Mod Rheumatol. 2007;17(5):364-8. Epub 2007 Oct 19.
  4. Kano S, Sato K, Morishita Y, Vollstedt S, Kim S, Bishop K, Honda K, Kubo M, Taniguchi T.
    The contribution of transcription factor IRF1 to the interferon-gamma-interleukin 12 signaling axis and TH1 versus TH-17 differentiation of CD4+ T cells.
    Nat Immunol. 2008 Jan;9(1):34-41. Epub 2007 Dec 2.

著書

  1. 浅沼ゆう, 川合眞一:3.全身性硬化症.「在宅看護・介護のための難病ガイド」(編集 星恵子、下條貞友)、p117-119、日本医学出版、東京、2007(5月)
  2. 浅沼ゆう, 川合眞一:6.混合性結合組織病.「在宅看護・介護のための難病ガイド」(編集 星恵子、下條貞友)、p126-127、日本医学出版、東京、2007(5月)
  3. 三村俊英:10-4全身性エリテマトーデス 「内科学 第九版」 (総編集 杉本恒明、矢崎義雄) p1069-1076 朝倉書店 2007(9月)

総説

  1. 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチUp-Date。 看護師のための臨床講座その105「Pharmavision」11(1):2-9, 2007年1月
  2. 三村俊英:エビデンスをもとにした関節リウマチに対するステロイド治療「医学のあゆみ」221(5):359-362, 2007年5月
  3. 秋山雄次:関節リウマチの治療「埼玉医科大学病院病診連携だより」4:2-3, 2007
  4. 三村俊英:インフリキシマブとエタネルセプトの使い方。特集;生物学的製剤の免疫薬理と臨床「日本臨床」 65(7):1282-1286, 2007年7月
  5. 三村俊英, 矢野忠, 粕谷丈智, 小俣浩, 山口智:「内科系鍼灸」の可能性と展望「医道の日本」66(8):11-22, 2007年8月
  6. 三村俊英:-Journal club- Glomerular apoptotic nucleosomes are central target structures for nephritogenic antibodies in human SLE nephritis. Kalaaji M et al:Kidney Int 71:664—672, 2007 「分子リウマチ」4(3):85(273), 2007
  7. 三村俊英:-Journal club- Th17 functions as an osteoclastogenic helper T cell subset that links T Cell activation and bone destruction. Sato K et al: J Exp Med 203:2673—2682, 2006 「分子リウマチ」4(3):85(273), 2007
  8. 三村俊英:透析中の関節リウマチ患者の管理「ドクターサロン」51巻10月号、13-17(733-737), 2007年9月

学会発表

  1. 小林泰輔, 横田和浩, 秋山雄次, 上川哲平, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「突然の高度蛋白尿が出現した関節リウマチの1例」 第48回埼玉リウマチ研究会 2007年1月19日(大宮サンパレス, 埼玉)
  2. 横田和浩1, 秋山雄次1, 阿達大介2, 進藤靖史1, 吉田佳宏1, 上川哲平1, 水上晶子3, 秋葉春彦1, 中嶋京一1, 佐藤浩二郎1, 淺沼ゆう1, 新井栄一4, 倉持朗3, 土田哲也3,三村俊英1   1埼玉医科大学リウマチ膠原病科,2阿達医院, 3埼玉医科大学皮膚科4埼玉医科大学病理部門 「皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫にシェーグレン症候群を合併した一例」 第6回埼玉シェーグレン症候群研究会 2007年2月22日(浦和ロイヤルパインズホテル, 埼玉)
  3. 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 神津教倫, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチにおける血漿Pentraxin-3値の臨床的意義」第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)
  4. 秋山雄次, 川井田望, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 上川哲平, 秋葉春彦,中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英: 埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「ループス胆嚢炎の一例」 第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)
  5. 中嶋京一, 秋山雄次, 石橋俊子, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 神津教倫, 横田和浩, 進藤靖史, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチ(RA)患者血清中におけるインフリキシマブ治療前後のcartilage oligomeric matrix protein (COMP)値の検討」 第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)
  6. 横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英埼玉医科大学リウマチ膠原病科 「関節リウマチに対するエタネルセプト投与例の有効性の臨床的検討」第51回日本リウマチ学会総会・学術集会 2007年4月26-29日(パシフィコ横浜, 神奈川)
  7. Asanuma Y, Sato K, Ishibashi T, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H , Nakajima K, Sagara M, Ito Y, Akiyama Y, Mimura T, The Perseus Proteomics Inc., Tokyo, Japan “Increased concentration of pentraxin 3. in rheumatoid arthritis: relationship to chronic inflammation and cardiovascular risk factors” The Second East Asian Group of Rheumatology Meeting, 2007 5 19
  8. Yokota K, Ishibashi T, Akiyama Y, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Sato K, Asanuma Y, Mimura T :High Concentration Simvastatin Induces Apoptosis in Fibroblast-Like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis. The Second East Asian Group of Rheumatology Meeting, 2007 5
  9. 進藤靖史:関節リウマチ罹病期間とinfliximab継続率に関する検討。第1回埼玉Biologics研究会、2007年5月
  10. 吉田佳弘:ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬:suberoyl bis-hydroxamic acid のヒト末梢血単球由来myeloid 系樹状細胞分化に対する影響。第18回日本樹状細胞研究会、2007年5月
  11. 和田琢, 横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科「タクロリムスが奏効した難治性関節リウマチの一例」 第1回埼玉リウマチ・膠原病フォーラム 2007年6月23日(浦和ロイヤルパインズホテ ル, 埼玉)
  12. 山本晃範:B細胞除去療法が著効を示したTMF阻害療法無効の多剤耐性関節リウマチ、第3回腎・膠原病治療研究会 2007年9月14日(山の上ホテル 東京)
  13. 小林泰輔, 横田和浩, 秋山雄次, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:埼玉医科大学リウマチ膠原病科「肺胞出血を繰り返したSLEの1例」 第11回埼玉膠原病肺研究会 2007年9月26日(グランドホテルWin, 埼玉)
  14. Asanuma Y, Sato K, Yokota K, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Akiyama Y, Mimura T. Saitama Medical University, Saitama, Japan “Increased Concentration of Plasma Pentraxin 3 in Rheumatoid Arthritis: Relationship to Chronic Inflammation, Bone Destruction and Atherosclerosis” American College of Rheumatology 71th Annual Scientific Meeting, Nov 6-11,2007(Boston, USA)
  15. Yokota K, Ishibashi T, Asanuma Y, Shindo Y, Yoshida Y, Akiba H, Nakajima K, Sato K, Akiyama Y, Yoon Taek Kim, Mimura T.“Simvastatin Inhibits Production of Pentraxin 3 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 in Fibroblast-Like Synoviocytes from Patients with Rheumatoid Arthritis” American College of Rheumatology 71th Annual Scientific Meeting, 2007 11(Boston, USA)
  16. 佐藤浩二郎, 三由文彦, 油谷浩幸, 三村俊英:第37回日本免疫学会総会・学術集会膠原病患者由来単核球のサイトカインプロファイル解析及びマウスTh17細胞のトランスクリプトーム解析

症例報告

  1. Tsuda T, Asanuma Y, Koyama S, Kawabata Y, Moriguchi M. A case of amyopathic dermatomyositis associated with rapid progressive interstitial pneumonia resistant to multi immnosuppressive therapy. Am J Med Sci 2007; 333(3):185-190
  2. Tsuda T, Moriguchi M, Asanuma Y, Imamura S, Toyoda A, Yamada S, Terai C, Suzuki K, Tabei K. C4B deficiency associated with membranoproliferative glomerulonephritis. Intern Med 2007; 46(11):765-70
  3. 佐野弘, 秋山雄次, 進藤靖史, 横田和浩, 上川哲平, 秋葉春彦、佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:器質化性肺炎を併発した全身性硬化症の一例。関東リウマチ、40:75-81、2007 1
  4. 横田和浩, 秋山雄次, 石橋俊子, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 上川哲平, 秋葉春彦, 中嶋京一, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:Infliximabにより骨関節病変が改善した関節リウマチの1症例.第5回北関東抗TNF療法研究会 2006年10月7日

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)