埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2019年・業績(論文・著述)一覧

       

原著論文

  1. Kitagawa A, Tsuboi N, Yokoe Y, Katsuno T, Ikeuchi H, Kajiyama H, Endo N, Sawa Y, Suwa J, Sugiyama Y, Hachiya A, Mimura T, Hiromura K, Maruyama S.
    Urinary levels of the leukocyte surface molecule CD11b associate with glomerular inflammation in lupus nephritis.
    Kidney Int. 2019 Mar;95(3):680-692. doi: 10.1016/j.kint.2018.10.025. Epub 2019 Jan 31.
  2. Sato K, Yazawa H, Ikuma D, Maruyama T, Kajiyama H, Mimura T.
    Osteomyelitis due to methicillin-resistant Staphylococcus aureus successfully treated by an oral combination of minocycline and trimethoprim-sulfamethoxazole.
    SAGE Open Med Case Rep. 2019 Apr 9;7:2050313X19841465. doi: 10.1177/2050313X19841465. eCollection 2019.
  3. Hatano M, Mimura T, Shimada A, Noda M, Katayama S.
    Hepatitis B virus reactivation with corticosteroid therapy in patients with adrenal insufficiency.
    Endocrinol Diabetes Metab. 2019 May 9;2(3):e00071. doi: 10.1002/edm2.71. eCollection 2019 Jul.
  4. Jinnin M, Ohta A, Ishihara S, Amano H, Atsumi T, Fujimoto M, Kanda T, Kawaguchi Y, Kawakami A, Mimori A, Mimori T, Mimura T, Muro Y, Sano H, Shimizu J, Takeuchi T, Tanaka Y, Yamamoto K, Sumida T, Kohsaka H; Research Team for Autoimmune Diseases, The Research Program for Intractable Disease of the Ministry of Health, Labor and Welfare.
    First external validation of sensitivity and specificity of the European League Against Rheumatism (EULAR)/American College of Rheumatology (ACR) classification criteria for idiopathic inflammatory myopathies with a Japanese cohort.
    Ann Rheum Dis.2020 Mar;79(3):387-392. doi: 10.1136/annrheumdis-2019-215488. Epub 2019 Nov 6.
  5. Kitamura T, Tomoda T, Yokota K, Ikami E, Yoda T, Hayashi N, Mimura T, Fukushima Y, Horishima Y, Sato T.
    A case of giant cell arteritis with jaw claudication and trismus treated with early steroid therapy.
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. Volume 32, Issue 3, May 2020, Pages 222-225.

著書

  1. 舟久保ゆう:今日の治療指針2019年版-私はこう治療している. 好酸球性筋膜炎. p877-879, 2019年 (1月)
  2. 荒木靖人,三村俊英:4 免疫血清検査 3.自己抗体 免疫複合体(IC)C1q,抗C3d抗体,モノクローナルRF.臨床検査データブック:435-436,医学書院,2019年1月
  3. 横田和浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.リウマチ因子〔RF〕《リウマトイド因子》.臨床検査データブック:436-437,医学書院,2019年1月
  4. 横田和浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗ガラクトース欠損IgG抗体.臨床検査データブック:437,医学書院,2019年1月
  5. 横田和浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.マトリックスメタロプロテイナーゼ-3〔MMP-3〕.臨床検査データブック:438,医学書院,2019年1月
  6. 和田琢,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗シトルリン化ペプチド抗体《抗環状シトルリン化ペプチド抗体》〔抗CCP抗体《ACPA》〕.臨床検査データブック:438-439,医学書院,2019年1月
  7. 和田琢,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗核抗体〔ANA〕.臨床検査データブック:439-440,医学書院,2019年1月
  8. 荒木靖人,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.LE細胞.臨床検査データブック:440-441,医学書院,2019年1月
  9. 荒木靖人,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.LEテスト.臨床検査データブック:441,医学書院,2019年1月
  10. 佐藤浩二郎,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗DNA抗体 抗2本鎖DNA〔抗ds-DNA〕IgG抗体 抗1本鎖DNA〔抗ss-DNA〕IgG抗体.臨床検査データブック:441-442,医学書院,2019年1月
  11. 秋山雄次,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗RNP抗体《抗U1-RNP抗体》.臨床検査データブック:442-443,医学書院,2019年1月
  12. 横田和浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗Sm抗体.臨床検査データブック:443,医学書院,2019年1月
  13. 秋山雄次,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗Scl-70抗体《抗トポイソメラーゼⅠ抗体》.臨床検査データブック:444,医学書院,2019年1月
  14. 荒木靖人,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗SS-A/Ro抗体.臨床検査データブック:444-445,医学書院,2019年1月
  15. 荒木靖人,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗SS-B/La抗体.臨床検査データブック:445,医学書院,2019年1月
  16. 秋山雄次,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗セントロメア抗体.臨床検査データブック:445-446,医学書院,2019年1月
  17. 和田琢,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗アミノアシル tRNA 合成酵素抗体〔抗ARS抗体〕.臨床検査データブック:446,医学書院,2019年1月
  18. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗MDA5抗体《抗CADM 140抗体》.臨床検査データブック:447,医学書院,2019年1月
  19. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗TIF-γ抗体.臨床検査データブック:447,医学書院,2019年1月
  20. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗Mi-2抗体.臨床検査データブック:447-448,医学書院,2019年1月
  21. 梶山浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗RNA ポリメラーゼⅢ抗体〔抗RNAPⅢ抗体〕.臨床検査データブック:448-449,医学書院,2019年1月
  22. 舟久保ゆう,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗好中球細胞質抗体〔ANCA〕 抗好中球細胞質ミエロペルオキシダーゼ抗体〔MPO-ANCA,p-ANCA〕.臨床検査データブック:449-450,医学書院,2019年1月
  23. 舟久保ゆう,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗好中球細胞質抗体〔ANCA〕細胞質性抗好中球細胞質抗体〔PR3-ANCA,c-ANCA〕.臨床検査データブック:450,医学書院,2019年1月
  24. 佐藤浩二郎,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗ミトコンドリア抗体〔AMA〕.臨床検査データブック:450,医学書院,2019年1月
  25. 佐藤浩二郎,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗ミトコンドリアM2抗体.臨床検査データブック:450-451,医学書院,2019年1月
  26. 佐藤浩二郎,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗肝腎ミクロソーム抗体〔抗LKM-1 抗体〕.臨床検査データブック:451,医学書院,2019年1月
  27. 梶山浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗Jo-1抗体.臨床検査データブック:451-452,医学書院,2019年1月
  28. 梶山浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗カルジオリピン抗体《抗リン脂質抗体》.臨床検査データブック:453-454,医学書院,2019年1月
  29. 梶山浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗カルジオリピン-β2-グリコプロテインⅠ複合体抗体〔抗CL-β2-GPⅠ抗体〕.臨床検査データブック:454,医学書院,2019年1月
  30. 梶山浩,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.ループスアンチコアグラント〔LA,LAC〕.臨床検査データブック:455,医学書院,2019年1月
  31. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗血小板同種抗体.臨床検査データブック:456,医学書院,2019年1月
  32. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗HLA抗体.臨床検査データブック:456-457,医学書院,2019年1月
  33. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗血小板自己抗体《血小板関連IgG〔PAIgG〕》.臨床検査データブック:457,医学書院,2019年1月
  34. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗白血球抗体.臨床検査データブック:457,医学書院,2019年1月
  35. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗アセチルコリン受容体抗体〔抗AChR抗体〕.臨床検査データブック:458,医学書院,2019年1月
  36. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗SRP抗体.臨床検査データブック:459,医学書院,2019年1月
  37. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗HMGCR抗体.臨床検査データブック:459-460,医学書院,2019年1月
  38. 和田琢,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗トリコスポロン・アサヒ抗体.臨床検査データブック:460,医学書院,2019年1月
  39. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗内因子抗体.臨床検査データブック:460-461,医学書院,2019年1月
  40. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗平滑筋抗体.臨床検査データブック:461,医学書院,2019年1月
  41. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗横紋筋抗体《抗骨格筋抗体》.臨床検査データブック:461,医学書院,2019年1月
  42. 吉田佳弘,三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.抗壁細胞抗体《抗胃壁細胞抗体》.臨床検査データブック:462,医学書院,2019年1月
  43. 三村俊英:4 免疫血清検査.3.自己抗体.ドナート-ランドスタイナー試験《寒冷溶血反応》.臨床検査データブック:462,医学書院,2019年1月
  44. 三村俊英:Ⅱ主要疾患の診断・治療の進歩.7.スチル病.(2)成人スチル病.特集 膠原病診療 update ―診断・治療の最新知見―;77(3):497-503,日本臨牀,2019年3月
  45. 梶山浩,三村俊英:特集 腎泌尿器における膠原病最前線.抗リン脂質抗体症候群と腎障害.腎臓内科・泌尿科;9(3):196-202,科学評論社,2019年3月
  46. 吉田佳弘,三村俊英:Ⅱ薬効群別副作用.5.免疫抑制剤.医薬品副作用学(第3版)上;77(3):128-132,日本臨牀増刊号,2019年6月
  47. 三村俊英:膠原病・リウマチ性疾患.2各論.成人Still病;内科学書 改訂第9版:277-279,中山書店,2019年8月
  48. 舟久保ゆう,三村俊英:第Ⅰ部基礎知識編.第2章 関節リウマチの診断と検査の基本.②疾患活動性と身体機能の評価. 関節リウマチ看護ガイドブック:44-48,株式会社 羊土社,2019年9月
  49. 三村俊英:むかしの頭で診ていませんか?膠原病診療をスッキリまとめました -リウマチ、アレルギーも載ってます!- 編集者 三村俊英:南江堂,2019年10月
  50. 横田和浩:5 それは関節リウマチ?.むかしの頭で診ていませんか?膠原病診療をスッキリまとめました -リウマチ、アレルギーも載ってます!- :29-35,南江堂,2019年10月

総説

  1. 舟久保ゆう: 特集/バイオシミラーの基礎と臨床. 全身性エリテマトーデスに対するアタシセプトの24週間多施設ランダム化盲検試験の結果.「リウマチ科」61 (1): 73-80, 2019 (1月)
  2. 舟久保ゆう,和田琢,矢澤宏晃,松田真弓,原岡(小林)ひとみ,小林泰之:特集/大型・中型血管炎の画像診断.結節性多発動脈炎の診断のポイント.「画像診断」39(2):187-195,2019(2月)
  3. 和田琢,三村俊英:特集 SLEの新しい治療戦略.連載 不明熱の原因となるリウマチ性疾患.成人スチル病.「分子リウマチ治療」12(2):42-46,2019(4月)
  4. 三村俊英:指定難病ペディア2019.Ⅲ 個別の指定難病.C 免疫系.13成人スチル病〔指定難病54〕.「日本医師会雑誌」148(1):S168-S170,2019(6月)
  5. 横田和浩:解説 関節リウマチの骨破壊抑制を達成するための治療戦略.「リウマチ科」62 (4):393-400,2019(10月)

学会発表

  1. 秋山雄次,和田琢,高松真裕子,丸山崇,吉田佳弘,横田和浩,神津教倫,梶山浩,三村俊英: 当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績(260週)の比較検討.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月15日
  2. Kazuhiro Yokota, Shinya Tanaka, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Noritsune Kozu, Hiromi Oda, Toshihide Mimura: Functional differences between osteoclasts and osteoclast-like cells from peripheral blood mononuclear cells in patients with rheumatoid arthritis. 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月15日
  3. 梶山浩,野間久史,津野宏隆,橋本篤,松井利浩,金子敦史,角田慎一郎,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,松井聖,税所幸一郎,當間重人,三村俊英:NinJa 2012-2017コホートにおける生物学的製剤使用と5年間の腎機能変化との関連.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月15日
  4. 矢澤宏晃,柳澤麻依子,相崎良美,佐藤浩二郎,三村俊英:マウス骨芽細胞が高濃度OPGを産生し、可溶性RANKLによる破骨細胞分化を抑制する.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月15日
  5. 清水直樹,和田琢,池田桂,中里良彦,岡本啓太,松田真弓,矢澤宏晃,丸山崇,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,荒木信夫,三村俊英:好酸球性多発血管炎性肉芽腫症による多発脳幹梗塞の1例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月15日
  6. 梶山浩,松田真弓,和田琢,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:ステロイド減量困難な全身性エリテマトーデス3例に対するベリムマブの短期効果.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月16日
  7. 松田真弓,舟久保ゆう,和田琢,神津教倫,佐藤浩二郎,三村俊英:アバタセプトまたはトシリズマブで治療された関節リウマチ患者における有効性,安全性,継続率の比較.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月16日
  8. 相崎良美,荒木靖人,佐藤浩二郎,三村俊英:成人発症Still病患者の末梢血白血球におけるヒストンメチル化の解析.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月16日
  9. 吉田佳弘,松田真弓,中尾嘉修,丸山崇,横田和浩,梶山浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:右肺動脈閉塞を主病変とし、感染及び炎症コントロール不良で右肺切除術施行後にトシリズマブを導入した高安動脈炎の一例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月17日
  10. 和田琢,舟久保ゆう,松田真弓,矢澤宏晃,中尾嘉修,神津教倫,岡元啓太,丸山崇,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:高齢関節リウマチ症例における生物学的製剤の有効性,安全性及び継続率の臨床的検討.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 国立京都国際会館 2019年4月17日
  11. 横田和浩,大竹明,和田琢,菅原通子,持田智,村山圭,長谷川潔,三村俊英:生体肝移植を施行した遅発型カルバミルリン酸合成酵素1(CPS1)欠損症に合併した多発筋炎の一例.第116回日本内科学会 ポートメッセなごや 2019年4月27日
  12. 荒木靖人,岡元啓太,相崎良美,横田和浩,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4メチル基転移酵素MLL1によるサイトカインとケモカインの発現制御の異常.第5回日本骨免疫学会 ANAインターコンチネンタル石垣 2019年6月25日
  13. 横田和浩,田中伸哉,相崎良美,佐藤浩二郎,秋山雄次,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ患者末梢血単核球における破骨細胞および破骨細胞様細胞の機能解析.第29回日本樹状細胞研究会 出雲市民会館 2019年6月28日
  14. 荒木靖人,岡元啓太,相崎良美,横田和浩,田中伸哉,門野夕峰,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるサイトカインとケモカインの発現のH3K4メチル基転移酵素MLL1による制御.第17回RCGMフロンティアシンポジウム 埼玉医科大学毛呂山キャンパス オルコスホール 2019年9月14日
  15. 横田和浩,相崎良美,田中伸哉,佐藤浩二郎,梶山浩,荒木靖人,神津教倫,舟久保ゆう,門野夕峰,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ患者の末梢血単核球から分化した破骨細胞と破骨細胞様細胞の機能の違い.第17回RCGMフロンティアシンポジウム 埼玉医科大学毛呂山キャンパス オルコスホール 2019年9月14日
  16. 梶山浩,Jeffrey B Kopp,三村俊英:HIVアクセサリー蛋白Vprを発現するマウス培養ポドサイトに対するヒドロキシクロロキンの効果.第17回RCGMフロンティアシンポジウム 埼玉医科大学毛呂山キャンパス オルコスホール 2019年9月14日
  17. 横田和浩,相崎良美,田中伸哉,佐藤浩二郎,梶山浩,荒木靖人,神津教倫,門野夕峰,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ患者の末梢血単核球から分化した破骨細胞と破骨細胞様細胞の機能の違い.第47回日本臨床免疫学会総会 ロイトン札幌 2019年10月18日
  18. Hiroshi Kjiyama, Kopp, Jeffrey B, Toshihide Mimura, “Protective effect of hydroxychloroquine on cultured mouse podocytes expressing the HIV accessory protein Vpr” ASN Kidney Week 2019 November 8, 2019 (Washington DC, USA)
  19. Hiroshi Kajiyama, Hidekazu Ikeuchi, Junya Suwa, Daisuke Ikuma, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Masanori Hara , Yoshihisa Nojima , Keiju Hiromura and Toshihide Mimura, “Association of Cumulative Urinary Podocyte Number and Urinary Podocalyxin with Long-term Renal Prognosis in Lupus Nephritis” 2019 ACR/ARP Annual Meeting, November 10, 2019(Atlanta, USA)
  20. Yoshimi Aizaki, Yasuto Araki, Kojiro Sato and Toshihide Mimura, “Aberration of Histone Lysine Methylation in Adult-Onset Still’s Disease Are Novel Biomarker Candidates Associated with the Disease Activity” 2019 ACR/ARP Annual Meeting, November 10, 2019(Atlanta, USA)
  21. Mayumi Matsuda, Yu Funakubo Asanuma, Takuma Wada, Noritsune Kouzu, Kojiro Sato and Toshihide Mimura,” Efficacy, Safety and Continuation Rate of Abatacept and Tocilizumab in Patients with Rheumatoid Arthritis : The Comparative Observational Study” 2019 ACR/ARP Annual Meeting, November 11, 2019(Atlanta, USA)
  22. Yasuto Araki, Keita Okamoto, Yoshimi Aizaki, Hiromi Oda and Toshihide Mimura, “Histone Lysine Methyltransferase MLL1 Regulates the Expression of Cytokines and Chemokines in Rheumatoid Arthritis Synovial Fibroblasts” 2019 ACR/ARP Annual Meeting, November 12, 2019(Atlanta, USA)
  23. Kazuhiro Yokota, Yoshimi Aizaki, Shinya Tanaka, Kojiro Sato, Yasuto Araki, Noritsune Kouzu, Yuho Kadono, Hiromi Oda and Toshihide Mimura, “Functional Differences Between Osteoclasts and Osteoclastlike Cells Differentiated from Peripheral Blood Mononuclear Cells in Patients with Rheumatoid Arthritis” 2019 ACR/ARP Annual Meeting, November 12, 2019(Atlanta, USA)

研究会発表

  1. 伊藤達也,丸山崇,秋山雄次:レミチェックQを用いた関節リウマチ治療の最適化.埼玉Biologics研究会 ラフレ埼玉 2019.6.1
  2. 小口由紀子,和田琢,田邊あゆみ,吉田佳弘,舟久保ゆう,三村俊英:後腹膜線維症と考えられていた骨髄肉腫の一例.第60回関東リウマチ研究会 大正製薬株式会社本社 上原記念ホール 2019.6.8
  3. 横田和浩:関節リウマチに対するプログラフの有効性ー骨破壊抑制への基礎的な検討ー.第13回 埼玉リウマチ・膠原病フォーラム 浦和ロイヤルパインズホテル 2019.7.13
  4. 横田和浩:サイトカイン刺激によるヒト末梢血単核球から骨芽細胞系細胞への分化機構.第18回 彩の国骨フォーラム 丸木記念館(埼玉医科大学構内) 2019.11.1

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)