埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2014年・業績(論文・著述)一覧

       

原著論文

  1. Yokota K, Sato K, Miyazaki T, Kitaura H, Kayama H, Miyoshi F, Araki Y, Akiyama Y, Takeda K, Mimura T.
    Combination of tumor necrosis factor α and interleukin-6 induces mouse osteoclast-like cells with bone resorption activity both in vitro and in vivo.
    Arthritis Rheumatol. 2014 Jan;66(1):121-9. doi: 10.1002/art.38218.
  2. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N.
    Retreatment efficacy and safety of tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis in recurrence (RESTORE) study.
    Mod Rheumatol. 2014 Jan;24(1):26-32. doi: 10.3109/14397595.2013.854080.
  3. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N.
    Drug free REmission/low disease activity after cessation of tocilizumab (Actemra) Monotherapy (DREAM) study.
    Mod Rheumatol. 2014 Jan;24(1):17-25. doi: 10.3109/14397595.2013.854079.
  4. Ota M, Yanagisawa M, Tachibana H, Yokota K, Araki Y, Sato K, Mimura T.
    A significant induction of neutrophilic chemoattractants but not RANKL in synoviocytes stimulated with interleukin 17.
    J Bone Miner Metab. 2015 Jan;33(1):40-7. doi: 10.1007/s00774-014-0565-y. Epub 2014 Feb 21.
  5. Yokota K, Inoue T, Akiyama Y, Kajiyama H, Funakubo Asanuma Y, Arai E, Suzuki H, Mimura T.
    Acute kidney injury in a patient with polyarteritis nodosa and multiple myeloma.
    Intern Med. 2014;53(3):263-7.
  6. Wada TT, Araki Y, Sato K, Aizaki Y, Yokota K, Kim YT, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
    Aberrant histone acetylation contributes to elevated interleukin-6 production in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
    Biochem Biophys Res Commun. 2014 Feb 21;444(4):682-6. doi: 10.1016/j.bbrc.2014.01.195. Epub 2014 Feb 7.
  7. Akiyama Y, Sakurai Y, Kato Y, Furuta E, Mimura T.
    Retrospective study of salazosulfapyridine in eight patients with rheumatoid arthritis on hemodialysis.
    Mod Rheumatol. 2014 Mar;24(2):285-90. doi: 10.3109/14397595.2013.843746. Epub 2013 Nov 4.
  8. Harigai M, Mochida S, Mimura T, Koike T, Miyasaka N.
    A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving immunosuppressive therapy.
    od Rheumatol. 2014 Jan;24(1):1-7. doi: 10.3109/14397595.2013.852834.
  9. Terai C, Tsutsumi T, Sakurai T, Moriguchi M, Azuma T, Kaneko M, Kawagoe M, Hoshi K, Yoshida H, Matsui T, Nakajima K, Okuyama A, Nishi E, Amano K, Ota M, Mimura T, Chino K, Aoki K, Handa Y, Hirose T, Kida I, Kobayashi S, Suzuki K, Matsuzaki T, Kuga Y.
    The efficacy of mizoribine for the treatment of rheumatoid arthritis and its correlation with renal function.
    Mod Rheumatol. 2014 Nov;24(6):892-6. doi: 10.3109/14397595.2014.885376. Epub 2014 Mar 4.

著書

  1. 三村俊英:3)B型肝炎ウイルス再活性化. -3章ウイルス 感染症- 「関節リウマチ治療中における感染症のマネジメント」:63-73, 2014
  2. 三村俊英:Q&AテーマⅤ 関節リウマチの最新治療指針「免疫抑制・化学療法より発生するB型肝炎対策ガイドライン(2013 年改訂版)のポイントを教えてください」 関節リウマチクリニカルクエスチョン100;初版:99-101, 2014年10月
  3. 舟久保ゆう:関節リウマチの治療法. Q56. 「免疫調節薬(サラゾスルファピリジン、ブシラミン、アクタリット、イグラ チモド)の特徴と使用法は?」 関節リウマチクリニカルクエスチョン100:116-118, 2014年10月
  4. 三村俊英:乳がん治療とγグロブリン療法により軽快した皮膚筋炎症例. 6.膠原病 専門医とのカンファレンスQ&A 各領域専門医にきく 乳がん薬物療法ケースファイル:206-207, 2014.12.5

総説

  1. 三村俊英:連載/関節リウマチ治療に問題となる感染症(10)・8.B型肝炎ウィルス再活性化 「化学療法の領域」Vol.30 No.2:123-132, 2014
  2. 三村俊英:リウマチクリニックQ&A「de novo B 型肝炎になった症例の管理について教えてください(厚生労働省研究班の結果より)」 リウマチクリニック Vol.19,20:15, 2014年2月
  3. 横田和浩, 三村俊英:特集:合併症を有するRAのマネージメント. 肝炎ウイルス陽性RA 「リウマチ科」51(3):273-282, 2014
  4. 吉田佳弘, 三村俊英:特集・肺血管炎の基礎と臨床・高安動脈炎における肺血管病変 「呼吸器内科」25(4):334-338, 2014
  5. 梶山浩, 三村俊英:特集・一般内科医のための腎疾患 AtoZ. 他科・他疾患との関連. 膠原病 「内科」114(1):95-99, 2014
  6. 梶山浩, 三村俊英:最新関節リウマチ学. 寛解・治癒を目指した研究と最新治療IX. 関節リウマチの合併症 腎病変 間質性腎炎 「日本臨床」72, Suppl3:594-597, 2014
  7. 田中淳司, 永島雅文, 百生敦, 長束澄也, 木戸一博, 星野嘉秀, 織田弘美, 三村俊英:干渉計撮像装置によるX線位相コントラスト技術の臨床応用 「臨床放射線」59(8):1131-1138, 2014
  8. 三村俊英:AYUMI. 抗リウマチ薬とB型肝炎ウィルス再活性化 「週刊医学のあゆみ」Vol.250 No.11:1034-1038, 2014
  9. 舟久保ゆう:最新関節リウマチ学. 寛解と治癒を目 指した研究と最新治療IV. 関節リウマチの合併症 5. 血管病変「日本臨牀」増刊号, 2014年4月
  10. 舟久保ゆう:特集:リウマチ性疾患における心血管 障害リスク. 全身性エリテマトーデスと心血管障害リスク-疫学的エビデンス「リウマチ科」52(2):131-8, 2014年8月
  11. 荒木靖人:関節リウマチとエピジェネティクス 「生体の科学」Vol.65 No.6:601-605, 2014
  12. 荒木靖人:免疫疾患(リウマチ、膠原病など)とエピジェネティクス 「アレルギー・免疫」Vol.21 No.12:1900-1909, 2014

学会発表

  1. 秋山雄次, 高松真裕子, 和田琢, 吉田佳弘, 神津教倫, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英: 関節リウマチに対するインフリキシマブ強化療法.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日
  2. 矢野裕也, 秋山雄次, 吉田佳弘, 柳澤麻依子, 舟久保ゆう, 和田琢, 高松真裕子, 三由文彦, 丸山崇, 井熊大輔, 立花秀介 , 太田宗夫, 島田祐樹, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 三村俊英:当科における関節リウマチに対するゴリムマブ使用例の検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日
  3. 進藤靖史, 中嶋京一: 無治療で観察し得た肺限局型顕微鏡的多発血管炎の2例. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日
  4. 島田祐樹, 舟久保ゆう, 相崎良美, 神津教倫, 蓮沼智子, 川合眞一, 三村俊英: 関節リウマチにおける血漿Pentraxin3濃度と骨関節破壊および動脈硬化の進行度との関連. 第58回日本リウマチ学会総 会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日
  5. 丸山崇, 秋山雄次, 東孝典, 廣瀬恒, 青木和利, 三由文彦, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 横田和浩,荒木靖人, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 三村俊英: Tocilizumabの関節リウマチにおける臨床的検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日
  6. 高松真裕子, 柳澤麻依子, 丸山崇, 井熊大輔, 和田琢, 立花秀介, 島田祐樹, 太田宗夫, 吉田佳弘, 横田和浩, 荒木靖人, 梶山浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: 当科および関連クリニックにおけるアバタセプト使用例の検討. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日
  7. 吉田佳弘, 佐藤浩二郎, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: 当科で経験したHTLV-1関連関節症の一例の臨床的特徴.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.  第58回日本リウマチ学会総会・学術集 会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日
  8. 横田和浩, 佐藤浩二郎, 三由文彦, 荒木靖人, 梶山浩, 舟久保ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: TNFαIL-6により誘導される破骨細胞様細胞の分化機序-機能解析. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 . グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日
  9. 梶山浩, 廣村佳樹, 井熊大輔, 池内秀和, 加家壁健, 野島美久, 三村俊英: SLEにおける尿中ポドサイト数と尿中ポドカリキシン値の意義. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日
  10. 和田琢, 荒木靖人, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 三由文彦, 梶山浩, 舟久保ゆう, 金潤澤, 織田弘美, 秋山雄次, 三村俊英: ヒストンアセチル化関節リウマチ滑膜線維芽細胞のIL-6過剰産生に関与する. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日
  11. 舟久保ゆう, 三由文彦, 坪井洋人, 山本一彦, 住田孝之, 三村俊英: 成人スティル病の全国疫学調査.  第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月26日
  12. Kazuhiro Yokota: "Analysis of the Mechanism of Differentiation and Function of Osteoclast-like Cells Induced by Combination of Tumor Necrosis Factor α and Interleukin 6." 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. International Concurrent Workshop1, グランドプリンスホテル新高輪 2014年4月24日
  13. Hiroshi Kajiyama: The significance of urinary podocyte number and urinary podocalyxin level in SLE. 第58回日本リウマチ学会総会・学術集会. International Concurrent Workshop4, グラ ンドプリンスホテル新高輪 2014年4月25日
  14. Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Hidekazu Ikeuchi, Ken Kayakabe, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Fumio Gondaira, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima and Toshihide Mimura: "The significance of urinary podocyte number and urinary podocalyxin level in SLE." Asia Pacific Congress of Nephrology 2014. Lupus Nephritis / Renal Vasculitis, 品川プリンスホテル 2014年5月16日
  15. 梶山浩, 廣村桂樹, 井熊大輔, 池内秀和, 黒澤寛之 , 平山吉朗, 原正則, 野島美久, 三村俊英:ポドサイトバイオマーカーを用いたループス腎炎組織型予測ルール作成の試み. 第57回日本腎臓学会学 術総会, パシフィコ横浜 2014年7月5日
  16. Kazuhiro Yokota, "Bone destruction in rheumatoid arthritis: the function of osteoclast-like cells induced by a combination of the proinflammatory cytokines TNFα and IL-6." JCR International School 2014, 軽井沢プリンスホテル 2014年7月31-8月2日
  17. 横田和浩, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英: マクロファージの分化・誘導と炎症病態における役割. 第42回日本臨床免疫学会総会 専門スタディーフォーラム 樹状細胞・マクロファージ1, 京王プ ラザホテル 2014年9月25日
  18. 荒木靖人, 三村俊英: 関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストンメチル化の異常. 第42回日本臨床免疫学会総会. 京王プラザホテル 2014年9月26日
  19. Kazuhiro Yokota, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Yuji Akiyama and Toshihide Mimura: "Human CD14+ Monocytes Stimulated with a Combination of TNFα and IL-6 Differentiate into Osteoclast-like Cells with Bone-Resorption Activity" 2014 ACR/RHP Annual Meeting, November16, 2014(Boston, USA)
  20. Kenji Miki, Hiroshi Kajiyama, Kenrin Shi, Shigeshi Mori, Masao Yukioka and Masao Akagi:"Reduced Estimated Glomerular Filtration Rate Was Improved after Cessation of NSAID and Switching to Tramadol Hydrochloride/Acetaminophen Tablets (UltracetTM) in Patients with Chronic Musculo-skeletal Pain."2014 ACR/RHP Annual Meeting, November16, 2014(Boston, USA)
  21. Hiroshi Kajiyama, Keiju Hiromura, Daisuke Ikuma, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Fumio Gondaira, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima and Toshihide Mimura : "The Relevance of Urinary Podocyte Number and Urinary Podocalyxin Level with Response to Treatment and 1 Year Renal Prognosis in Systemic Lupus Erythematosus"2014 ACR/RHP Annual Meeting, November17, 2014(Boston, USA)

研究会発表

  1. 梶山浩,三由文彦,廣村桂樹,井熊大輔,池内秀和,黒澤寛之,平山吉朗,権平文夫,原正則,野島美久,三村俊英:ポドサイトバイオマーカーを用いたループス腎炎組織型予測ルール作成の試み.第9回弥彦ポドサイトセミナー コープシティ花園,新潟 2014年3月1日
  2. 和田琢:当院におけるベーチェット病患者に対するインフリキシマブの使用経験. 第7回埼玉Biologics研究会 ラフレ埼玉,埼玉 2014年5月10日

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)