埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2017年・業績(論文・著述)一覧

       

原著論文

  1. Araki Y, Mimura T.
    The Histone Modification Code in the Pathogenesis of Autoimmune Diseases.
    Mediators Inflamm. 2017;2017:2608605. doi: 10.1155/2017/2608605. Epub 2017 Jan 3.
  2. Araki Y, Mimura T.
    Matrix Metalloproteinase Gene Activation Resulting from Disordred Epigenetic Mechanisms in Rheumatoid Arthritis.
    Int J Mol Sci. 2017 Apr 25;18(5). pii: E905. doi: 10.3390/ijms18050905.
  3. Sharma J, Hampton JM, Valiente GR, Wada T, Steigelman H, Young MC, Spurbeck RR, Blazek AD, Bösh S, Jarjour WN, Young NA.
    Therapeutic Development of Mesenchymal Stem Cells or Their Extracellular Vesicles to Inhibit Autoimmune-Mediated Inflammatory Processes in Systemic Lupus Erythematosus.
    Front Immunol. 2017 May 10;8:526. doi: 10.3389/fimmu.2017.00526. eCollection 2017.
  4. Yokota K, Tsuzuki Wada T, Akiyama Y, Mimura T.
    Detection of synovial inflammation in rheumatic diseases using superb microvascular imaging: Comparison with conventional power Doppler imaging.
    Mod Rheumatol. 2018 Mar;28(2):327-333. doi: 10.1080/14397595.2017.1337288. Epub 2017 Jul 6.
  5. Ito D, Shimizu S, Inoue K, Saito D, Yanagisawa M, Inukai K, Akiyama Y, Morimoto Y, Noda M, Shimada A.
    Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial.
    Diabetes Care. 2017 Oct;40(10):1364-1372. doi: 10.2337/dc17-0518. Epub 2017 Jul 27.
  6. Ikuma D, Hiromura K, Kajiyama H, Suwa J, Ikeuchi H, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Kurosawa H, Hirayama Y, Yokota K, Araki Y, Sato K, Asanuma YF, Akiyama Y, Hara M, Nojima Y, Mimura T.
    The correlation of urinary podocytes and podocalyxin with histological features of lupus nephritis.
    Lupus. 2018 Mar;27(3):484-493. doi: 10.1177/0961203317734918. Epub 2017 Oct 19.
  7. Oku K, Atsumi T, Akiyama Y, Amano H, Azuma N, Bohgaki T, Asanuma YF, Horita T, Hosoya T, Ichinose K, Kato M, Katsumata Y, Kawaguchi Y, Kawakami A, Koga T, Kohsaka H, Kondo Y, Kubo K, Kuwana M, Mimori A, Mimori T, Mimura T, Murakami K, Nakano K, Nakayamada S, Ogishima H, Ohmura K, Saito K, Sano H, Shibuya M, Takahashi Y, Takasaki Y, Takeuchi T, Tamura N, Tanaka Y, Tsuboi H, Tsunoda S, Yukawa N, Yamakawa N, Yamamoto K, Sumida T.
    Evaluation of the alternative classification criteria of systemic lupus erythematosus established by Systemic Lupus International Collaborating Clinics (SLICC).
    Mod Rheumatol. 2018 Jul;28(4):642-648. doi: 10.1080/14397595.2017.1385154. Epub 2017 Nov 9.

症例報告

  1. Ikuma D, Yokota K, Sato K, Mimura T.
    A case of new-onset rheumatoid vasculitis becoming evident in the course of treatment for Pneumocystis jirovecii pneumonia.
    Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2017;40(1):78-82. doi: 10.2177/jsci.40.78.

著書

  1. 梶山浩:総論 B診断.Q6 薬剤性腎障害ではどのような症状がみられますか? 各論 Hその他の薬剤.Q60 リウマチ治療薬による腎障害にはどのようなものがありますか? Q61 抗甲状腺薬による腎障害とはどのようなものですか? 薬剤性腎障害(DKI)診療Q&A―DKI診療ガイドラインを実践するために―:16-18,152-154,157-159
  2. 三村俊英:12 リウマチアレルギー性疾患およびアレルギー性疾患 Ⅰ.リウマチ性疾患.内科学 第11版.矢﨑義雄総編集:1244-1245, 朝倉書店,3月20日
  3. 舟久保ゆう, 三村俊英: §11 膠原病・アレルギー疾患. 1.SLE関連. §11-2 抗リン脂質抗体症候群. 1336専門家による私の治療 2017-18年度版:813-816, 日本医事新報社, 2017年7月28日
  4. 秋山雄次:特集 HBV・HCV感染症.月刊リウマチ科 第58巻2号 リウマチ性疾患治療時の感染症マネージメント;58(2):183-192,2017
  5. 三村俊英,舟久保ゆう:成人スチル病診療ガイドライン2017年版 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業自己免疫疾患に関する調査研究班編集

総説

  1. 舟久保ゆう, 三村俊英: 特集:非専門医でもできる!リウマチ・膠原病診断. 膠原病の疫学 「内科」119(2):187-194, 2017
  2. 三村俊英:特集 厚生労働省指定難病の診断基準と重症度.成人スティル病 「分子リウマチ治療」10(1):24-26, 2017
  3. 荒木靖人:特集 関節リウマチ滑膜のbiology update. 関節リウマチ滑膜におけるヒストンメチル化とIL-6誘導によるMMP遺伝子 「Keynote R・A」January; 5(1):14-18, 2017
  4. 舟久保ゆう:特集: リウマチ性疾患と動脈硬化.全身性エリテマトーデス・抗リン脂質抗体症候群.「炎症と免疫」25(3):36-41, 2017
  5. 横田和浩:炎症と破骨細胞.日本臨床免疫学会40(5):367-376,2017
  6. 舟久保ゆう, 三村俊英:週刊医学のあゆみ. 臨床検査の最前線―将来の検査を展望する. 抗リン脂質抗体. 263 (13): 1203-1208, 2017 (12月)

学会発表

  1. Araki Y, Mimura T,"Histone lysine methylation and STAT3 differentially regulate constitutive and IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts" Keystone symposia, Epigenetics and human disease: Progress from mechanisms to therapeutics, January 30, 2017 (Seattle Washigton, USA)
  2. Hiroshi Kajiyama, Daisuke Ikuma, Keiju Hiromura, Junya Suwa, Hidekazu Ikeuchi, Hiroyuki Kurosawa, Yoshiaki Hirayama, Masanori Hara, Yoshihisa Nojima, Toshihide Mimura, "Urinary Podocyte Markers and Renal Histology in ANCA-Associated Vasculitis - Comparison with Systemic Lupus Erythematosus" The 18th International Vasculitis & ANCA Workshop 東京大学 2017年3月27日
  3. 柳澤麻依子,高松真裕子,舟久保ゆう,三村俊英:成人Still病患者における重症度スコアの有用性検討.第114回日本内科学会総会・講演会 東京国際フォーラム 2017年4月15日
  4. 荒木靖人, 相崎良美,横田和浩,梶山浩,舟久保ゆう,佐藤浩二郎,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストンH3リシン4メチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子転写制御.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日
  5. 梶山浩,野間久史,井熊大輔,津野宏隆,橋本篤,松井利浩,金子敦史,角田慎一郎,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,税所幸一郎,西野仁樹,當間重人,三村俊英:Ninja2012-2015を用いた関節リウマチ患者腎機能変化の解析.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日
  6. 矢澤宏晃,舟久保ゆう,松田真弓,中尾嘉修,井熊大輔,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:高齢関節リウマチ患者におけるインフリキシマブの有効性、安全性、継続率の評価.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日
  7. 松田真弓,舟久保ゆう,中尾嘉修,矢澤宏晃,井熊大輔,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:高齢関節リウマチ患者におけるアバタセプトの有効性、安全性、継続率の検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日
  8. Kazuhiro Yokota, Takanori Azuma, Hayato Nagasawa, Junji Hayashi, Kenji Takagi, Yuji Akiyama, Yoshihiro Yoshida, Hiroshi Kajiyama, Yu Funakubo Asanuma, Toshihide Mimura, "The Efficacy and Safety of Adding Low-Dose Prednisolone (PSL) Induction Therapy of Tocilizumab (TCZ) in Patients with Rhematoid Arthritis (RA)" 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日
  9. 吉田佳弘,松田真弓,中尾嘉修,矢澤宏晃,井熊大輔,立花秀介,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,秋山雄次,三村俊英:結合組織病診療に際し、潜在的なEBウイルス(Epstein-Barr virus; EBV)感染の可能性を検討する必要性がある.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日
  10. 中尾嘉修,舟久保ゆう,松田真弓,矢澤宏晃,井熊大輔,佐藤浩二郎,三村俊英:関節リウマチ患者でバイオナイーブおよびスイッチ症例におけるトシリズマブの有効性、安全性、継続率の比較検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月22日
  11. 相崎良美,荒木靖人,佐藤浩二郎,横田和浩,三村俊英:ベーチェット病患者γδT細胞におけるヒストンメチル化の解析.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日
  12. 秋山雄次,和田琢,高松真裕子,丸山崇,井熊大輔,柳澤麻依子,島田祐樹,吉田佳弘,立花秀介,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績の比較検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日
  13. 秋山雄次,田中政彦,浅岡俊之,大野修嗣,竹石美智雄,阿達大介,中田緑,井熊大輔,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:限局性皮膚硬化型全身性強皮症の臨床的検討~30例の20年経過.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月21日
  14. 丸山崇,秋山雄次,三村俊英:小川赤十字病院におけるリウマチ性多発筋痛症患者の検討.第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日
  15. 進藤靖史,中嶋京一,井熊大輔,吉田佳弘,梶山浩,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,秋山雄次,三村俊英:IgG4関連疾患(IgG4-RD)の臨床的検討(第3報).第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 福岡国際会議場 2017年4月20日
  16. K.Sato, Y.Aizaki, Y.Araki, T.Mimura, "A NOVEL HIERARCHICAL RELATIONSHIP BETWEEN INTERLEUKINT-17A AND INTERFERON-ALPHA IS INDICATED BY ANALYSIS OF MULTIPLE CYTOKINES IN THE SERUM OF ADULT-ONSET STILL'S DISEASE AND BEHCET'S DISEASE" EULAR 2017 June 16, 2017 (Madrid, Spain)
  17. 三村俊英:透析患者と膠原病治療.第62回日本透析医学会学術集会・総会 パシフィコ横浜 2017年6月18日
  18. 横田和浩,相崎良美,三村俊英:IL-6刺激によるヒト末梢血単核球から骨芽細胞様細胞への分化誘導機構の解析. 第3回日本骨免疫学会 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 2017年6月28日
  19. Hideyuki Tachibana, "The functional difference among NFATc1 isoforms during osteoclastogenesis" EAGOR2017, July 8, 2017 (Hotel Chinzanso Tokyo)
  20. Yuji Akiyama, Yoshihiro Yoshida, Kazuhiro Yokota, Yasuto Araki, Kojiro Sato, Yu Funakubo, Toshihide Mimura, "Clinical Evaluation in Patients with Limited Cutaneous Systemic Sclerosis ~Retrospective Analysis of 30 cases for 20 Years~" EAGOR2017, July 8, 2017 (Hotel Chinzanso Tokyo)
  21. Jeffrey Hampton , Giancarlo R. Valiente , Armin Munir , Takuma Tsuzuki Wada , William Willis , Nicholas A. Young , Lai-Chu Wu , Jian Zhang and Wael Jarjour, "Cbl-b Associates with Bcl-6 and Is Differentially Expressed in Circulating Follicular T Helper Cells of Patients with Systemic Lupus Erythematosus" 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 6, 2017 (San Diego, USA)
  22. Mayumi Matsuda , Yu Funakubo Asanuma , Noritsune Kouzu and Toshihide Mimura, "Analysis of the Efficacy, Safety and Continuation Rate of Abatacept in Elderly Patients with Rheumatoid Arthritis" 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)
  23. Koichi Amano , Kazutoshi Aoki , Yoshiaki Kuga , Koji Nishimura , Hayato Nagasawa , Takuma Tsuzuki Wada , Kenji Takagi , Junji Hayashi , Motohide Kaneko , Ryota Sakai , Akiko Shibata , Kentaro Chino , Shuntaro Saito , Ayumi Okuyama , Tsuneo Kondo , Hirofumi Takei and Toshihide Mimura, "Prospective Study of Bio-Free Remission Maintenance Using Ultrasonography in Rheumatoid Arthritis Patients: 52-Week Result" 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)
  24. Giancarlo R. Valiente , Jeffrey Hampton , Takuma Wada , Perry Blough , William Willis , Nicholas A. Young , Lai-Chu Wu and Wael Jarjour, "Segmented Filamentous Bacteria Colonization Exacerbate Lupus Nephritis in NZM2410 Mice and Causes an Expansion of Intestinal Group 3 Innate Lymphoid Cells" 2017 ACR/ARHP Annual Meeting, November 7, 2017 (San Diego, USA)
  25. 横田和浩,中尾嘉修,山崎太郎,吉田佳弘,齋藤恵,伏見拓矢,村山圭,大竹明,三村俊英:遅発型カルバミルリン酸合成酵素I欠損症(CPS I)による高アンモニア血症を呈した多発筋炎の一例.第28回日本リウマチ学会関東支部学術集会 京王プラザホテル 2017年12月9日
  26. 梶山浩,三宅高史,立花秀介,伊藤悠人,小島智亜里,横田和浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,井上勉,岡田浩一,三村俊英:尿所見で軽微であった顕微鏡的多発血管炎の1例.第28回日本リウマチ学会関東支部学術集会 京王プラザホテル 2017年12月9日
  27. Kojiro Sato,"Analysis of the function of Nfatc1 isoforms in the differentiation of osteoclasts and an attempt to make short-form specific Nfatc1 knockout mice with the CRISPR/Cas9 system" 第46回日本免疫学会学術集会 仙台国際センター 2017年12月12日

研究会発表

  1. 中尾嘉修:高安動脈炎にて右肺動脈を閉塞した一例.第30回埼玉膠原病肺研究会 グランドホテルWIN,埼玉 2017年2月8日
  2. 吉田佳弘:右肺動脈閉塞をきたし、肺動脈圧の上昇傾向を認めた高安動脈炎の一例.第4回膠原病PAHカンファレンス ラ・ボア・ラクテ,埼玉 2017年2月17日
  3. 中尾嘉修:リウマチ性多発筋痛症の再燃が疑われた症例からの考察.第10回シンフォニー 埼玉医科大学,埼玉 2017年3月9日
  4. 荒木靖人:関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4メチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子活性化の機構.第11回日本エピジェネティクス研究会年会 学術総合センター 一橋講堂, 東京 2017年5月22日
  5. 吉田佳弘:右肺動脈の高度狭窄を呈した高安動脈炎で、肺動脈圧上昇も伴った一例.第13回腎・膠原病治療研究会 山の上ホテル, 東京 2017年9月15日

社会貢献

  1. 研究分担者:三村俊英,他 研究協力者:舟久保ゆう,他:成人発症スティル病の重症度分類の確立と検証に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患 等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 自己免疫疾患に関する調査研究 平成28年度 総括・分担研究報告書:199-201,2017年3月

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)