埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2009年・業績(論文・著述)一覧

原著論文

  1. Yokota K, Akiyama Y, Asanuma Y, Miyoshi F, Sato K, Mimura T.
    Efficacy of tacrolimus in infliximab-refractory progressive rheumatoid arthritis.
    Rheumatol Int. 2009 Feb;29(4):459-61. doi: 10.1007/s00296-008-0694-5. Epub 2008 Sep 18.
  2. Rho YH, Chung CP, Oeser A, Solus J, Asanuma Y, Sokka T, Pincus T, Raggi P, Gebretsadik T, Shintani A, Stein CM.
    Inflammatory mediators and premature coronary atherosclerosis in rheumatoid arthritis.
    Arthritis Rheum. 2009 Nov 15;61(11):1580-5. doi: 10.1002/art.25009.
  3. Yamamoto A, Sato K, Miyoshi F, Shindo Y, Yoshida Y, Yokota K, Nakajima K, Akiba H, Asanuma Y, Akiyama Y, Mimura T.
    Analysis of cytokine production patterns of peripheral blood mononuclear cells from a rheumatoid arthritis patient successfully treated with rituximab.
    Mod Rheumatol. 2010 Apr;20(2):183-7. doi: 10.1007/s10165-009-0244-3. Epub 2009 Nov 7.
  4. Yokota K, Akiyama Y, Adachi D, Shindo Y, Yoshida Y, Miyoshi F, Arai E, Kuramochi A, Tsuchida T, Mimura T.
    Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma accompanied by Sjögren's syndrome.
    Scand J Rheumatol. 2009 Nov-Dec;38(6):494-5. doi: 10.3109/03009740903173355.

著書

  1. 淺沼ゆう:第2章. 患者さんの状況別 関節リウマチの治療とケア. 抗リウマチ薬(DMARDs)服用中の患者さん「関節リウマチの治療とケア」(勝呂徹 監修), p44-54,メディカ出版, 東京, 2009 (11月)
  2. 三村俊英:7-2 全身性エリテマトーデ内科学症例図説 p313-315, 朝倉書店, 2009.11

総説

  1. 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチの診断と治療 「MEDICAMENT NEWS」 第1977号 2009
  2. 秋山雄次:分類不能関節炎/早期関節リウマチの治療方針をどう決定するか。「リウマチ科」41(6):558-568, 2009 6
  3. 淺沼ゆう:関節リウマチにおける炎症性メディエーターと動脈硬化.「 リウマチ科」 42(5):549-56, 2009
  4. 進藤靖史, 秋山雄次, 中嶋京一, 三村俊英:位相コントラストX線撮影法の有用性/新しい診断技術 「分子リウマチ治療」 2(4):187-190, 2009
  5. 中嶋京一, 三村俊英:ボセンタンが継続投与可能だった血小板減少をともなう1症例. 「Modern Physician」 vol.29 臨時増刊号 別刷:62-63, 2009
  6. 三村俊英:-Journal club- Kallikrein genes are associated with lupus and glomerular basement membrane-specific antibody-induced nephritis in mice and humans: Liu K et al : J Clin Invest 119 p911-923 2009 「分子リウマチ治療」 2(4):204, 2009
  7. 三村俊英:-Journal club- Orally delivered siRNA targeting macrophage Map4k4 suppresses systemic inflammation. Aouadi M et al :Nature 458:p1180-1184, 2009 「分子リウマチ治療」 2(4):204, 2009

学会発表

  1. 進藤靖史, 秋山雄次, 神津教倫, 中嶋京一, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 織田弘美, 田中淳司, 三村俊英: 関節リウマチ診断における手指足趾レントゲン画像、MRI画像と比較した新規Phase Contrast Radiography (PCR)画像の有用性についての検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール,2009年4月23-26日
  2. 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 横田和浩, 吉田佳弘, 進藤靖史, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:エタネルセプトとメトトレキサートの併用療法による関節リウマチの身体機能改善効果. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  3. 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 石橋俊子, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチ発症早期におけるインフリキシマブ導入の身体機能改善効果. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  4. 高橋裕子, 山下裕之, 伊藤健司, 杉山温人, 三村俊英, 三森明夫:顕微鏡的多発血管炎とWegener肉芽腫症の予後決定因子。第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, 第18回国際リウマチシンポジウム, 2009.4
  5. 淺沼ゆう, 神津教倫, 佐藤浩二郎, 横田和浩, 吉田佳弘, 進藤靖史, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:関節リウマチにおける疾患活動性と骨関節破壊の関連因子. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  6. 梶山浩, 進藤靖史, 中嶋京一, 坂本真裕子, 太田宗夫, 島田祐樹, 山本晃範, 横田和浩, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英:当科に於ける胸膜炎合併原発性シェーグレン症候群. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  7. 秋山雄次, 中嶋京一, 神津教倫, 坂本真裕子, 山本晃範, 太田宗夫, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英:Tocilizumab (TOC)の関節リウマチ(RA)における臨床的検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  8. 山本晃範, 佐藤浩二郎, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 進藤靖史, 吉田佳弘, 中嶋京一, 秋葉春彦, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英:  急速に進行した手指壊疽に対し原発性クリオフィブリノーゲン血症と診断・治療した一例. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  9. 太田宗夫, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 山本晃範, 島田祐樹, 坂本真裕子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 梶山浩, 秋葉春彦, 中嶋京一, 秋山雄次, 三村俊英:心嚢水、胸水。腹水貯留と著明な下腿浮腫を呈し、画像所見及び免疫組織学的検索によりErdheim-Chester病と診断した一例. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  10. 中嶋京一, 秋山雄次, 神津教倫, 進藤靖史, 吉田佳弘, 横田和浩, 太田宗夫, 坂本真裕子, 島田祐樹, 山本晃範, 秋葉春彦, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 三村俊英: 関節リウマチ(RA)患者におけるインフリキシマブ(Inf)治療前後の抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体・血清cartilage oligomeric matrix protein (s-COMP)値とSharp scoreの検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  11. 吉田佳弘,秋山雄次,太田宗夫,坂本真裕子,島田祐樹,山本晃範,三由文彦,進藤靖史,横田和浩,梶山浩,秋葉春彦,中嶋京一,淺沼ゆう,三村俊英: 当科にてアダリムマブを投与した関節リウマチ症例の臨床的検討. 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 2009年4月23-26日
  12. 梶山浩, 坂入徹, 阿部祥英, 三村俊英: Kopp Jeffrey 「HIVアクセサリー蛋白Vprによるマウスポドサイトのカスパーゼ非依存性細胞死. 第52回日本腎臓学会学術総会, パシフィコ横浜、神奈川2009年6月
  13. 太田宗夫, 中嶋京一, 加賀亜希子, 杣知行, 島田祐樹, 山本晃範, 坂本真裕子, 進藤靖史, 吉田佳弘, 秋葉春彦, 梶山浩, 佐藤浩二郎, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 金澤貢, 三村俊英: ブシラミンによる胸部結節陰影を呈した関節リウマチの一例. 第50回関東リウマチ研究会, 大正製薬2号館上原記念ホール,東京 2009年6月20日
  14. 原宏明, 淺沼ゆう, 島田祐樹, 佐藤浩二郎, 秋山雄次, 三村俊英, 石沢圭介: 潰瘍性大腸炎で全結腸切除後に、肺梗塞にて発症した大動脈炎症候群の1例. 日本内科学会関東地方会564回, 都市センター, 2009年7月5日
  15. 吉田佳弘,佐藤浩二郎, 太田宗夫,坂本真裕子,島田祐樹,山本晃範,三由文彦,梶山浩,秋葉春彦,中嶋京一,淺沼ゆう,秋山雄次,山川光徳, 三村俊英: 著明な腹水貯留をきたし、画像所見並びに腹水中細胞の免疫病理学的検査所見から診断したErdheim-Chester病の一例. 第19回日本樹状細胞研究会, 淡路夢舞台国際会議場, 2009年7月10日-11日
  16. Yoshihiro Yoshida, Kojiro Sato, Muneo Ota, Yuji Akiyama, Mitunori Yamakawa, Toshihide Mimura, et al: A Case Report of Erdheim –Chester Disease Diagnosed by Immunohistochemical Analysis of the Cell Derived from the Ascites. 11th International Workshop on Langerhans Cells, September 6, 2009 (Funchal, Madeira, Portugal)
  17. Manavathongchai S, Rho YH, Oeser AM, Solus JF, Milne GL, Biar A, Gebretsadik T, Shintani A, Asanuma Y, Stein CM. “Determinants of hypertension in rheumatoid arthritis.” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, 2009年10月17日-21日(Philadelphia, USA)
  18. Toru Sakairi, Yoshifusa Abe, Lilian Howard, Linda Barlett, Hiroshi Kajiyama, Parmijat S Jat, Jeffrey B.Kopp, :Establishment of Conditionally Immortalized Podocyte Cell Lines from Urine. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)
  19. Hiroshi Kajiyama, Ken Kasahara, Sachiya Yamamoto, Jeffrey B Kopp, Toshihide Mimura :A Genetic Approach for Generating Cyclosporin A Derivatives with Protective Effects on Podocytes. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)
  20. Hiroshi Kajiyama, Yoshifusa Abe, Toru Sakairi, Jeffrey B Kopp : HIV1 Accessory Protein Vpr Disrupts Cytoskeletal Structure of Mouse Podocytes In Vitro. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)
  21. Yoshifusa Abe, Toru Sakairi, Hiroshi Kajiyama, Shashi Shrivastav, Craig Beeson, Jeffrey B Kopp : Bioenergetic Characterization of Mouse Podocytes.42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)
  22. Hua Zhou, Hiroshi Kajiyama, Toru Sakairi, Lauren Dutcher, Asada Leelahavanichkul, Xuzhen Hu, Takayuki Tsuji, Lilian Howard, Suzzane Vento, Rachel Frank, Howard Trachtman, Colleen Hadigan, Jeffrey B Kopp, Peter Yuen, Robert Star : Urinary Exosomal Wilms Tumor 1 (WT-1) as a Biomarker for Glomerular Diseases. 42nd Annual Meeting of American Society of Nephrology. oct,2009 (sandiego,CA,USA)
  23. Kazuhiro Yokota, Astrid Jungel, Christoph Kolling, Toshihide Mimura, Renate E. Gay, Beat A. Michel, Steffen Gay and Caroline Ospelt, Ctr Exp Rheum, Univ Hosp Zurich / Zurich Ctr Integr Hum Physiol (ZIHP), Zurich, Switzerland, ” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, October 18, 2009 (Philadelphia, USA)
  24. Kajiyama Hiroshi, Nakajima kyoichi, Asanuma Yu, Sato Kojiro, Akiyama Yuji, Kopp Jeffrey, Mimura Toshihide: The introduction of podocyte research tools to rheumatology –the proposal of an innovative reserch area “nephrorheumatology”. 第37回日本臨床免疫学会総会, 東京ステーションコンファレンス, 2009年11月13日
  25. Sato Kojiro, Miyoshi Fumihiko, Mimura Toshihide: The role transcription factor c-Maf plays in memory Th17 cells. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 大阪国際会議場, 2009年12月
  26. Miyoshi Fumihiko, Sato Kojiro, Mimura Toshihide: The Th-cytokine production from non-speciffically stimulated PBMCs show the mirror image of local inflammation. 第39回日本免疫学会総会・学術集会, 大阪国際会議場, 2009年12月
  27. 大窪崇之, 梶山浩, 吉田佳弘, 佐藤浩二郎, 中嶋京一, 淺沼ゆう, 秋山雄次, 三村俊英: 経過中にpauci-immune型半月体形成性腎炎を発症した重複症候群の一例. 第568回関東地方会, 日本都市センター, 2009年12月
  28. Manavathongchai S, Rho YH, Oeser AM, Solus JF, Milne GL, Biar A, Gebretsadik T, Shintani A, Asanuma Y, Stein CM. Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN; Saitama Medical University, Saitama, Japan “Determinants of hypertension in rheumatoid arthritis.” American College of Rheumatology 72th Annual Scientific Meeting, 2009年10月17日-21日(Philadelphia, USA)

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)