埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
業績(論文・著述)

2018年・業績(論文・著述)一覧

原著論文

  1. Kochi Y, Kamatani Y, Kondo Y, Suzuki A, Kawakami E, Hiwa R, Momozawa Y, Fujimoto M, Jinnin M, Tanaka Y, Kanda T, Cooper RG, Chinoy H, Rothwell S, Lamb JA, Vencovský J, Mann H, Ohmura K, Myouzen K, Ishigaki K, Nakashima R, Hosono Y, Tsuboi H, Kawasumi H, Iwasaki Y, Kajiyama H, Horita T, Ogawa-Momohara M, Takamura A, Tsunoda S, Shimizu J, Fujio K, Amano H, Mimori A, Kawakami A, Umehara H, Takeuchi T, Sano H, Muro Y, Atsumi T, Mimura T, Kawaguchi Y, Mimori T, Takahashi A, Kubo M, Kohsaka H, Sumida T, Yamamoto K.
    Splicing variant of WDFY4 augments MDA5 signalling and the risk of clinically amyopathic dermatomyositis.
    Ann Rheum Dis. 2018 Apr;77(4):602-611. doi: 10.1136/annrheumdis-2017-212149. Epub 2018 Jan 13.
  2. Araki Y, Aizaki Y, Sato K, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
    Altered gene expression profiles of histone lysine methyltransferases and demethylases in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
    Clin Exp Rheumatol. 2018 Mar-Apr;36(2):314-316. Epub 2018 Jan 31.
  3. Willis WL, Wang L, Wada TT, Gardner M, Abdouni O, Hampton J, Valiente G, Young N, Ardoin S, Agarwal S, Freitas MA, Wu LC, Jarjour WN.
    The proinflammatory protein HMGB1 is a substrate of transglutaminase-2 and forms high-molecular weight complexes with autoantigens.
    J Biol Chem. 2018 Jun 1;293(22):8394-8409. doi: 10.1074/jbc.RA117.001078. Epub 2018 Apr 4.
  4. Mimura T, Kondo Y, Ohta A, Iwamoto M, Ota A, Okamoto N, Kawaguchi Y, Kono H, Takasaki Y, Takei S, Nishimoto N, Fujimoto M, Asanuma YF, Mimori A, Okiyama N, Kaneko S, Takahashi H, Yokosawa M, Sumida T.
    Evidence-based clinical practice guideline for adult Still's disease.
    Mod Rheumatol. 2018 Sep;28(5):736-757. doi: 10.1080/14397595.2018.1465633. Epub 2018 May 9.
  5. Ikeuchi H, Koinuma K, Nakasatomi M, Sakairi T, Kaneko Y, Maeshima A, Yamazaki Y, Okamoto H, Mimura T, Mochida S, Nojima Y, Hiromura K.
    Hepatitis E during Tocilizumab Therapy in a Patient with Rheumatoid Arthritis: Case Report and Literature Review. Case Rep Rheumatol. 2018 Jul 26;2018:6873276. doi: 10.1155/2018/6873276. eCollection 2018.

著書

  1. 吉田佳弘:14.膠原病および類縁疾患.全身性硬化症(強皮症).今日の治療指針2018年版―私はこう治療している:844-847,2018
  2. Araki Y, Mimura T: Chapter 12: Epigenetic Basis of Autoimmune Disorders in Humans. Epigenetics in Human Disease, 2nd edition. Elsevier:2018 May;6:353-386.
  3. 和田琢,三村俊英:17 免疫抑制療法により発症するB型肝炎対策.Ⅷ.最新の研究トピックス.日本臨牀 増刊号 血管炎(第2版);76(6):622-626,2018(7月)
  4. 三村俊英:11)成人Still病の診断と治療.教育講演. 日本内科学会雑誌;107(9):1892-1898
  5. 横田和浩:RA領域.関節リウマチにおける破骨細胞様細胞(osteoclast-like cells:OLCs)の役割.CLINICIAN;65(10):10-16

総説

  1. 三村俊英:Ⅹ膠原病・類縁疾患.9.成人スティル病 .「診療ガイドライン」UP-TO-DATE2018-2019:645-649
  2. 舟久保ゆう, 三村俊英: 特集 関節リウマチ治療の新しいエビデンス. Peficitinibのエビデンス.「リウマチ科」59 (3): 238-43, 2018 (3月)
  3. 三村俊英:Ⅲ章.B.生物学的製剤 1)TNF阻害薬 3.アダリムマブ.リウマチ・膠原病治療薬ハンドブック-エキスパートが教える極意:84-91,2018

学会発表

  1. 三村俊英:成人Still病の診断と治療.第115回日本内科学会総会・講演会 京都市勧業館 2018年4月14日
  2. 梶山浩,廣村桂樹,井熊大輔,諏訪絢也,池内秀和,黒沢寛之,平山吉朗,原正則,野島美久,三村俊英:全身性エリテマトーデスにおける尿中ポドサイトマーカー測定の意義 第115回日本内科学会総会・講演会 京都市勧業館 2018年4月15日
  3. 吉田佳弘,横田和浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:EBウイルス陽性を示した症例へ生物学的製剤を使用した自験8例の検討.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月26日
  4. 秋山雄次,和田琢,高松真裕子,丸山崇,柳澤麻依子,吉田佳弘,立花秀介,横田和浩,梶山浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:当科における関節リウマチに対するアバタセプトとゴリムマブの治療成績(208週)の比較検討.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月26日
  5. 丸山崇,伊藤達也,三村俊英,秋山雄次:自己免疫性好中球減少症を合併したシェーグレン症候群の1例.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月26日
  6. 梶山浩,野間久史,津野宏隆,橋本篤,松井利浩,金子敦史,角田慎一郎,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,税所幸一郎,西野仁樹,當間重人,三村俊英:Ninja2012とNinja2016における関節リウマチ患者の腎機能と治療内容の比較.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  7. 梶山浩,吉田佳弘,横田和浩,荒木靖人,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:全身性エリテマトーデス外来維持療法患者におけるヒドロキシクロロキン追加投与の効果と安全性.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  8. 中尾嘉修,松田真弓,矢澤宏晃,神津教倫,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:高齢関節リウマチ患者におけるトシリズマブの有効性,安全性,継続率の検討.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  9. 矢澤宏晃,松田真弓,中尾嘉修,神津教倫,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:関節リウマチ患者におけるインフリキシマブの増量・投与間隔短縮の承認前後における安全性と忍容性の比較検討. 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  10. 松田真弓,舟久保ゆう,中尾嘉修,矢澤宏晃,神津教倫,佐藤浩二郎,三村俊英:インフリキシマブまたはトシリズマブで治療された関節リウマチ患者における有効性,安全性,継続率の比較.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  11. 相崎良美,荒木靖人,三村俊英:ベーチェット病患者の末梢血白血球におけるヒストンメチル化の解析.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  12. 秋山雄次,高松真裕子,和田琢,吉田佳弘,鮫島辰美,神津教倫,横田和浩,荒木靖人,梶山浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:当科における関節リウマチに対するインフリキシマブ強化療法. 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  13. 井熊大輔,澤直樹,水野裕基,関根章成,川田真宏,平松里佳子,住田圭一,長谷川詠子,早見典子,山内真之,諏訪部達也,星野純一,高市憲明,乳原善文:回帰木(CART)を用いた18F-FDG Positron Emission Tomography(PET)所見によるリウマチ性多発筋痛症の関節リウマチの鑑別法.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  14. 伊藤達也,丸山崇,三宅高史,立花秀介,横田和浩,三村俊英,秋山雄次:成人発症リウマチ熱と,重篤な溶連菌感染症の2例.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月27日
  15. 進藤靖史,中嶋京一,相崎良美,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,秋山雄次,三村俊英:IgG4関連血管病変に対するステロイドの有効性.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月28日
  16. 野澤祥吾,横田和浩,立花秀介,三宅高史,三宅晃史,山元敏正,三村俊英:再発性多発軟骨炎の寛解維持療法中に髄膜脳炎を発症した一例.第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月28日
  17. Kazuhiro Yokota, Shinya Tanaka, Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Hiromi Oda, Toshihide Mimura,"Presence of RANK-Osteoclast-like Cells in the Bone of Patients with Rheumatoid Arthritis" 第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 東京国際フォーラム 2018年4月28日
  18. Yuji Akiyama, Yoshihiro Yoshida, Kazuhiro Yokota, Yasuto Araki, Yu Funakubo, Kojiro Sato, Toshihide Mimura,"Retrospective Analysis of 30 Patients with Limited Cutaneous Systemic Sclerosis for 20 Years"11th International Congress on Autoimmunity, May 19, 2018 (Lisbon, Portugal)
  19. 横田和浩,田中伸哉,関川三四子,相崎良美,佐藤浩二郎,織田弘美,三村 俊英:関節リウマチ患者骨組織における破骨細胞様細胞(osteoclast-like cells;OLCs)の同定.第4回日本骨免疫学会 万国津梁館 2018年6月25日
  20. Mayumi Matsuda, Yu Funakubo Asanuma, Yoshinobu Nakao, Hiroaki Yazawa, Takuma Tsuzuki Wada, Noritsune Kouzu and Toshihide Mimura, "The Comparative Observational Study about Efficacy, Safety and Adherence between Tocilizumab and Infliximab in Patients with Rheumatoid Arthritis" 2018 ACR/ARHP Annual Meeting,October 21, 2018(Chicago, USA)
  21. Kojiro Sato, Yoshimi Aizaki, Hiroaki Yazawa and Toshihide Mimura, "In the Presence of IL-18, IL-10 but Not IL-6 Induces IFN-γ Production and the Surface Expression of TRAIL on NK Cells" 2018 ACR/ARHP Annual Meeting,October 22, 2018(Chicago, USA)
  22. Kazuhiro Yokota, Shinya Tanaka, Miyoko Sekikawa, Yoshimi Aizaki, Kojiro Sato, Hiromi Oda and Toshihide Mimura, "Detection of Precursors of RANK- Osteoclast-like Cells (Olcs) in Peripheral Blood and Olcs in Bone Tissue from Rheumatoid Arthritis Patients" 2018 ACR/ARHP Annual Meeting,October 22, 2018(Chicago, USA)
  23. Takuma Tsuzuki Wada, Yu Funakubo Asanuma, Mayumi Matsuda, Hiroaki Yazawa, Yoshinobu Nakao, Noritsune Kozu and Toshihide Mimura, "The Efficacy, Safety and Adherence of Biologicbiological Disease-Modifying Anti Rheumatic Drugs, Infliximab, Tocilizumab and Abatacept, in Elderly Patients with Rheumatoid Arthritis" 2018 ACR/ARHP Annual Meeting,October 22, 2018(Chicago, USA)
  24. 三村俊英:骨免疫の基礎と臨床 第46回日本臨床免疫学会 ビギナーズセミナー 2018年11月9日
  25. 横田和浩,田中伸哉,関川三四子,相崎良美,佐藤浩二郎,織田弘美,三村俊英:関節リウマチ患者末梢血単核球における破骨細胞および破骨細胞様細胞の分化誘導能の解析.第46回日本臨床免疫学会総会 軽井沢プリンスホテルウエスト 2018年11月9日

研究会発表

  1. 中尾嘉修:原因不明の難治性胸水を呈した関節リウマチ.第32回埼玉膠原病肺研究会 グランドホテルWin,埼玉 2018年2月14日
  2. 進藤靖史,中嶋京一,相崎良美,立花秀介,吉田佳弘,横田和浩,秋山雄次,三村俊英:IgG4関連血管病変に対するステロイドの有効性.第11回 IgG4研究会 信州大学医学部附属病院,長野 2018年3月10日
  3. 丸山崇,伊藤達也,伊東克郎,秋山雄次:小川赤十字病院におけるヒドロキシクロロキン導入症例の検討.Lupus Erythematosus Expert Meeting in West Saitama ラ・ボア・ラクテ 2018.5.10
  4. 片山和紀,吉田佳弘,松田真弓,梶山浩,横田和浩,佐藤浩二郎,舟久保ゆう,三村俊英:突然の意識障害から深昏睡に陥り、MRIにて多発異常信号を認めたNPSLEの一例.第59回関東リウマチ研究会 大正製薬2号館上原記念ホール, 東京 2018年6月9日
  5. 秋山雄次,坂下徳,丸山崇,伊藤達也,清水聡,竹ノ谷正徳,釜津田雅樹,中埜信太郎,森本義博:肺高血圧症を合併した関節リウマチ・全身性強皮症の一例.関東甲信越PAHセミナー 大手町サンケイプラザ, 東京 2018年6月9日
  6. 和田琢:大腸癌手術時にエポプロステノールを導入し、術後にセレキシパグへスイッチした重症肺動脈性肺高血圧症合併全身性硬化症の一例.第71回埼玉リウマチ研究会 ラフレさいたま,埼玉 2018年6月29日
  7. 立花秀介:破骨細胞分化におけるNfatc1 isoformによる機能的差異の検討.第10回埼玉医大膠原病研究会 川越プリンス,埼玉 2018.7.15
  8. 和田琢:リウマチ性疾患における血漿由来エクソソーム内在マイクロ RNA解析とバイオマーカーの可能性.第10回埼玉医大膠原病研究会 川越プリンス,埼玉 2018.7.15
  9. 和田琢:高齢関節リウマチ症例における生物学的製剤の有効性、安全性およびアドヒアランスの臨床的検討.第17回北関東Biologics Forum ベルサール八重洲,東京 2018.10.6
  10. 秋山雄次,丸山崇,伊藤達也,横田和浩,土田哲也,三村俊英:血管炎を疑われた難治性皮膚病変合併多剤無効の高齢関節リウマチの治療経験. 第9回 埼玉抗IL-6療法研究会 パレスホテル大宮,埼玉 2018.11.21
  11. 横田和浩:関節リウマチと骨破壊.第16回 彩の国骨フォーラム 丸木記念館(埼玉医科大学構内),埼玉 2018.12.7

過去の業績(年度別)

2021年 2020年 2019年 2018年
2017年 2016年 2015年 2014年
2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年
2005年
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)