埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
研究内容

研究内容
- Research -

埼玉医科大学リウマチ膠原病科では、臨床研究・基礎研究を行っています。 それぞれの研究は、
・リウマチ膠原病疾患の解明
・重篤な疾患の治療法開発
を目的とし、地域医療や医学の発展に貢献できるよう尽力しています。

成人発症スチル病、ベーチェット病などの自然免疫系の異常によって発症する疾患の病態解明

研究代表者 三村 俊英   共同研究者 相崎 良美

リウマチ性疾患における炎症と動脈硬化

研究代表者 舟久保 ゆう

関節リウマチにおける薬剤の有効性と安全性を評価する前向き観察研究

研究代表者 舟久保 ゆう

脊椎関節炎の前向き観察研究

共同研究者 舟久保 ゆう

脊椎関節炎の病態解明に向けた疫学研究

研究代表者 舟久保 ゆう 共同研究者 和田 琢

関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるエピジェネティクス異常の解明

研究代表者 荒木 靖人 研究の詳細

CD8陽性T細胞記憶の機序の解明

研究代表者 荒木 靖人 研究の詳細

リウマチ性疾患における腎障害の研究

研究代表者・共同研究者 梶山 浩 研究の詳細

ポドサイト研究

研究代表者 梶山 浩 研究の詳細

遺伝子発現制御機構に基づく自己免疫疾患の患者層別化と個別化医療基盤の確立

共同研究者 三村俊英、 梶山 浩 研究の詳細

自己免疫性疾患の臓器病変局所におけるシングルセルRNAシークエンスを用いたマルチオミックス解析による病態解明基盤の構築

共同研究者 三村俊英、 梶山 浩 研究の詳細

関節リウマチの病態を担う炎症性破骨細胞の解析・同定

研究代表者 横田 和浩 共同研究者 佐藤 浩二郎(自治医科大学アレルギー・リウマチ科教授)

難治性関節リウマチの治療

研究代表者 秋山 雄次

自己免疫疾患に対する樹状細胞による免疫療法(基礎的な検討)

研究代表者 秋山 雄次

難治性関節リウマチの治療

研究代表者 佐藤 浩二郎

T細胞分化/機能における転写因子c-Mafの解析

研究代表者 佐藤 浩二郎

↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)