埼玉医科大学リウマチ膠原病科

お問合わせ
埼玉医科大学リウマチ膠原病科
プロフィール

プロフィール

荒木 靖人 ARAKI, Yasuto 准教授、病棟医長
荒木 靖人 ARAKI, Yasuto
リウマチ性疾患、膠原病、免疫学
専門資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本リウマチ学会専門医・指導医

原著論文

  • Araki Y, Aizaki Y, Sato K, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
    Aberrant gene expression of histone lysine methyltransferases and demethylases in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
    Clin Exp Rheumatol. 36(2):314-6, 2018.
  • Araki Y, Mimura T.
    Matrix metalloproteinase gene activation resulting from disordered epigenetic mechanisms in rheumatoid arthritis.
    Int J Mol Sci. 18(5), 905, 2017.
  • Araki Y, Mimura T.
    The histone modification code in the pathogenesis of autoimmune diseases.
    Mediators Inflamm. 2017:2608605, 2017.
  • Araki Y, Mimura T.
    The mechanisms underlying chronic inflammation in rheumatoid arthritis from the perspective of the epigenetic landscape.
    J Immunol Res. 2016:6290682, 2016.
  • Araki Y, Wada TT, Aizaki Y, Sato K, Yokota K, Fujimoto K, Kim YT, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
    Histone methylation and STAT3 differentially regulate IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
    Arthritis Rheumatol. 68(5):1111-1123, 2016.
  • Wada TT, Araki Y, Sato K, Aizaki Y, Yokota K, Kim YT, Oda H, Kurokawa R, Mimura T.
    Aberrant histone acetylation contributes to elevated interleukin-6 production in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts.
    Biochem Biophys Res Commun. 444(4):682-6, 2014.
  • Fujimoto K, Arai S, Matsubara M, Du K, Araki Y, Matsushita A, Kurokawa R.
    Implicated role of liposarcoma related fusion oncoprotein TLS-CHOP in the dysregulation of arginine-specific methylation through PRMT1.
    Cell Biology. 1(2):18-23, 2013.
  • Weng NP, Araki Y, Subedi K.
    The chromatin basis of memory T cell response: differential gene expression and its epigenetic regulation.
    Nat Rev Immunol. 12(4):306-15, 2012.
  • Araki Y, Wang Z, Zang C, Wood WH, III, Schones D, Cui K, Roh TY, Lhotsky B, Wersto RP, Peng W, Becker KG, Zhao K, Weng NP.
    Genome-wide analysis of histone methylations reveals chromatin state-based complex regulation of differential gene transcription and function of CD8 memory T cells.
    Immunity. 30(6):912-925, 2009.
  • Araki Y, Fann M, Wersto R, Weng NP.
    Histone acetylation facilitates rapid and robust memory CD8 T cell response through differential expression of effector molecules (Eomesodermin and its targes: perforin and granzyme B).
    J Immunol. 180(12):8102-8108, 2008.

著書

  • Araki Y, Mimura T. Chapter 13: Epigenetic Basis of Autoimmune Disorders in Humans. Epigenetics in Human Disease, 2nd edition. Elsevier. pp353-386. 2018.
  • 荒木靖人.関節リウマチ滑膜におけるヒストンメチル化とIL-6誘導によるMMP遺伝子(特集 関節リウマチ滑膜のbiology update). Keynote R・A. 5(1):14-18. 2017.
  • 荒木靖人. 次世代シークエンサーを用いたエピゲノム解析で病態にせまれるか?(特集 リウマチ性疾患のゲノム&エピゲノム解析:GWASから次世代シークエンサーの時代へ). 分子リウマチ治療. 8(3):136-140. 2015.
  • 荒木靖人. 関節リウマチとエピジェネティクス. 生体の科学. 65(6):601-605. 2014.
  • 荒木靖人. 免疫疾患(リウマチ、膠原病など)とエピジェネティクス. アレルギー・免疫. 21(12):1900-1909. 2014.
  • 荒木靖人. CD8陽性T細胞の分化・機能におけるヒストン修飾の役割:ゲノムワイドな解析を含めた最新の知見. 日本臨床免疫学会誌. 34(3)号:131-137. 2011.

学会発表

  • Yasuto Araki, Keita Okamoto, Yoshimi Aizaki, Hiromi Oda, Toshihide Mimura.
    Histone lysine methyltransferase MLL1 regulates the expression of cytokines and chemokines in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts. American College of Rheumatology, the Annual Scientific Meeting 2019, Atlanta, Nov 12, George World Congress Center.
  • 荒木靖人、岡元啓太、相崎良美、横田和浩、織田弘美、三村俊英. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4メチル基転移酵素MLL1によるサイトカインとケモカインの発現制御の異常. 第5回日本骨免疫学会. 2019年6月25日. ANAインターコンチネンタル石垣.
  • 荒木靖人、和田琢、相崎良美、油谷浩幸、三村俊英. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるH3K4ヒストンメチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子活性化の機構. 第11回日本エピジェネティクス研究会年会. 2017年5月23日. 学術総合センター 一橋講堂.
  • 荒木靖人、相崎良美、横田和浩、梶山浩、舟久保ゆう、佐藤浩二郎、織田弘美、三村俊英. 関節リウマチ滑膜線維芽細胞におけるヒストンH3リシン4メチル基転移酵素によるケモカイン遺伝子転写制御の異常. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2017年4月21日. 福岡国際会議場.
  • Araki Y, Mimura T. Histone lysine methylation and STAT3 differentially regulate constitutive and IL-6-induced MMP gene activation in rheumatoid arthritis synovial fibroblasts. Keystone symposia, Epigenetics and human disease: progress from mechanisms to therapeutics, Seattle Washington, Jan 30, 2017, Sheraton Seattle Hotel.

研究助成

  • 平成31〜令和3年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)
  • 平成28〜平成30年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)
  • 平成26年度 先進医薬研究振興財団 血液医学分野 一般研究助成金(研究代表者)
  • 平成25〜平成27年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)(研究代表者)
  • 平成25年度 かなえ医薬振興財団 研究助成金(研究代表者)
  • 平成23〜平成24年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B)(研究代表者)
  • 平成23年度 第一三共生命科学研究振興財団 研究助成金(研究代表者)
  • 平成22年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 研究活動スタート支援(研究代表者)

受賞歴

  • 平成29年 第45回日本免疫学会学術集会 ベストプレゼンテーション賞
  • 平成28年 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会国際ワークショップ賞
  • 平成21年 FARE (Fellows Award for Research Excellence) award, NIH
↓
埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 
Tel:049-276-1111 (番号案内)